トップ :: G 物理学 :: G06 計算;計数

【発明の名称】 情報売買システム、情報売買方法、情報売買プログラム、及び、コンピュータ読取可能な記録媒体
【発明者】 【氏名】泉澤 幸志
【住所又は居所】宮城県仙台市青葉区五橋一丁目5番3号 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ東北内

【要約】 【課題】商品の見本の提示ができ、簡便な代金決済を可能とする情報売買システムを提供する。

【解決手段】この情報売買システム10は、譲渡人が譲渡しようとする情報を通信回線を経由して受信する受信部101と、情報を譲り受けようとする譲受人からの見本情報の提供を要求する見本要求を通信回線を経由して受信し、受信した見本要求に応じて譲受人に見本情報を送信する見本提供部103と、譲受人からの情報の提供を要求する情報要求を受信し、受信した情報要求に応じて譲受人に情報を送信する情報提供部104と、送信した情報に応じて、譲渡人に対する通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、譲受人に対する通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算する課金部105とを備える。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 譲渡人が譲渡しようとする情報を通信回線を経由して受信する受信手段と、当該受信した情報に基づいて、当該情報の一部を示す見本情報を生成する見本生成手段と、前記情報を譲り受けようとする譲受人からの前記見本情報の提供を要求する見本要求を通信回線を経由して受信し、当該受信した見本要求に応じて前記譲受人に前記見本情報を前記通信回線を経由して送信する見本提供手段と、前記譲受人からの前記情報の提供を要求する情報要求を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した情報要求に応じて前記譲受人に前記情報を前記通信回線を経由して送信する情報提供手段と、当該送信した情報に応じて、前記譲渡人に対する前記通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、前記譲受人に対する前記通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算する課金手段とを備える情報売買システム。
【請求項2】 譲渡人が譲渡しようとする情報と、当該情報の一部を示す見本情報とを通信回線を経由して受信する受信手段と、前記情報を譲り受けようとする譲受人からの前記見本情報の提供を要求する見本要求を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した見本要求に応じて前記譲受人に前記見本情報を前記通信回線を経由して送信する見本提供手段と、前記譲受人からの前記情報の提供を要求する情報要求を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した情報要求に応じて前記譲受人に前記情報を前記通信回線を経由して送信する情報提供手段と、当該送信した情報に応じて、前記譲渡人に対する前記通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、前記譲受人に対する前記通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算する課金手段とを備える情報売買システム。
【請求項3】 前記受信手段は、前記譲渡人が設定した前記情報に関連する付帯情報を受信し、前記見本提供手段は、前記見本情報と共に前記付帯情報を前記譲受人に送信する請求項1又は2に記載の情報売買システム。
【請求項4】 前記見本情報には、当該見本情報を分類するための属性情報が関連付けられており、前記見本提供手段は、前記譲受人が指定する前記属性情報を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した属性情報に対応する前記見本情報を前記譲受人に前記通信回線を経由して送信する請求項1又は2に記載の情報売買システム。
【請求項5】 前記情報は画像情報であり、前記見本情報は当該画像情報の一部を取り出した部分画像情報である請求項1〜4のいずれか1項に記載の情報売買システム。
【請求項6】 前記情報は画像情報であり、前記見本情報は当該画像情報の解像度を下げた低解像度画像情報である請求項1〜4のいずれか1項に記載の情報売買システム。
【請求項7】 前記情報は画像情報であり、前記見本情報は当該画像情報を縮小した縮小画像情報である請求項1〜4のいずれか1項に記載の情報売買システム。
【請求項8】 受信手段が、譲渡人が譲渡しようとする情報を通信回線を経由して受信するステップと、見本生成手段が、当該受信した情報に基づいて、当該情報の一部を示す見本情報を生成するステップと、見本提供手段が、前記情報を譲り受けようとする譲受人からの前記見本情報の提供を要求する見本要求を通信回線を経由して受信し、当該受信した見本要求に応じて前記譲受人に前記見本情報を前記通信回線を経由して送信するステップと、情報提供手段が、前記譲受人からの前記情報の提供を要求する情報要求を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した情報要求に応じて前記譲受人に前記情報を前記通信回線を経由して送信するステップと、課金手段が、当該送信した情報に応じて、前記譲渡人に対する前記通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、前記譲受人に対する前記通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算するステップとを備える情報売買方法。
【請求項9】 受信手段が、譲渡人が譲渡しようとする情報と、当該情報の一部を示す見本情報とを通信回線を経由して受信するステップと、見本提供手段が、前記情報を譲り受けようとする譲受人からの前記見本情報の提供を要求する見本要求を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した見本要求に応じて前記譲受人に前記見本情報を前記通信回線を経由して送信するステップと、情報提供手段が、前記譲受人からの前記情報の提供を要求する情報要求を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した情報要求に応じて前記譲受人に前記情報を前記通信回線を経由して送信するステップと、課金手段が、当該送信した情報に応じて、前記譲渡人に対する前記通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、前記譲受人に対する前記通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算するステップとを備える情報売買方法。
【請求項10】 前記受信手段は、前記譲渡人が設定した前記情報に関連する付帯情報を受信し、前記見本提供手段は、前記見本情報と共に前記付帯情報を前記譲受人に送信する請求項8又は9に記載の情報売買方法。
【請求項11】 前記見本情報には、当該見本情報を分類するための属性情報が関連付けられており、前記見本提供手段は、前記譲受人が指定する前記属性情報を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した属性情報に対応する前記見本情報を前記譲受人に前記通信回線を経由して送信する請求項8又は9に記載の情報売買方法。
【請求項12】 前記情報は画像情報であり、前記見本情報は当該画像情報の一部を取り出した部分画像情報である請求項8〜11のいずれか1項に記載の情報売買方法。
【請求項13】 前記情報は画像情報であり、前記見本情報は当該画像情報の解像度を下げた低解像度画像情報である請求項8〜11のいずれか1項に記載の情報売買方法。
【請求項14】 前記情報は画像情報であり、前記見本情報は当該画像情報を縮小した縮小画像情報である請求項8〜11のいずれか1項に記載の情報売買方法。
【請求項15】 コンピュータを、譲渡人が譲渡しようとする情報を通信回線を経由して受信する受信手段と、当該受信した情報に基づいて、当該情報の一部を示す見本情報を生成する見本生成手段と、前記情報を譲り受けようとする譲受人からの前記見本情報の提供を要求する見本要求を通信回線を経由して受信し、当該受信した見本要求に応じて前記譲受人に前記見本情報を前記通信回線を経由して送信する見本提供手段と、前記譲受人からの前記情報の提供を要求する情報要求を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した情報要求に応じて前記譲受人に前記情報を前記通信回線を経由して送信する情報提供手段と、当該送信した情報に応じて、前記譲渡人に対する前記通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、前記譲受人に対する前記通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算する課金手段として機能させるための情報売買プログラム。
【請求項16】 コンピュータを、譲渡人が譲渡しようとする情報と、当該情報の一部を示す見本情報とを通信回線を経由して受信する受信手段と、前記情報を譲り受けようとする譲受人からの前記見本情報の提供を要求する見本要求を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した見本要求に応じて前記譲受人に前記見本情報を前記通信回線を経由して送信する見本提供手段と、前記譲受人からの前記情報の提供を要求する情報要求を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した情報要求に応じて前記譲受人に前記情報を前記通信回線を経由して送信する情報提供手段と、当該送信した情報に応じて、前記譲渡人に対する前記通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、前記譲受人に対する前記通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算する課金手段として機能させるための情報売買プログラム。
【請求項17】 前記受信手段は、前記譲渡人が設定した前記情報に関連する付帯情報を受信し、前記見本提供手段は、前記見本情報と共に前記付帯情報を前記譲受人に送信する請求項15又は16に記載の情報売買プログラム。
【請求項18】 前記見本情報には、当該見本情報を分類するための属性情報が関連付けられており、前記見本提供手段は、前記譲受人が指定する前記属性情報を前記通信回線を経由して受信し、当該受信した属性情報に対応する前記見本情報を前記譲受人に前記通信回線を経由して送信する請求項15又は16に記載の情報売買プログラム。
【請求項19】 前記情報は画像情報であり、前記見本情報は当該画像情報の一部を取り出した部分画像情報である請求項15〜18のいずれか1項に記載の情報売買プログラム。
【請求項20】 前記情報は画像情報であり、前記見本情報は当該画像情報の解像度を下げた低解像度画像情報である請求項15〜18のいずれか1項に記載の情報売買プログラム。
【請求項21】 前記情報は画像情報であり、前記見本情報は当該画像情報を縮小した縮小画像情報である請求項15〜18のいずれか1項に記載の情報売買プログラム。
【請求項22】 請求項15〜21のいずれか1項に記載の情報売買プログラムが記録されたことを特徴とするコンピュータ読取可能な記録媒体。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、通信回線を経由して画像、音声、文字といった情報の売買を行なうための情報売買システム、情報売買方法、情報売買プログラム、及び、コンピュータ読取可能な記録媒体に関するものである。
【0002】
【従来の技術】インターネットを初めとする情報通信技術の発展により、通信回線を経由して物品の受発注を行なったり、通信回線を経由して画像、音声、文字といったいわゆる電子情報の売買を行なうことが多くなってきている。特に、通信回線の通信速度の上昇に伴い、電子情報の売買を行なうことは今後更に多くなってくるものと考えられている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、通信回線を経由して電子情報の売買を行なう場合には、第1の課題として、売買しようとしている電子情報の展示方法が挙げられる。例えば画像情報を例にとると、売買しようとしている画像情報を全て見せてしまっては商品価値がなくなってしまうこととなり、逆に画像情報を全く見せなければ買い手にはどのような商品であるかが判らないこととなる。第2の課題としては、代金決済のしくみが挙げられる。クレジットカードといった信用決済を行なう場合には、通信回線を経由してクレジットカードに関する情報をやり取りしなければならず、秘密保持性を確保するためには煩雑な手段が必要となる。
【0004】そこで本発明は、例えば青空フリーマーケットのように誰でもが自由に通信回線を経由して情報の売買を行なうために、商品の見本の提示ができ、更に、簡便な代金決済を可能とする情報売買システム、情報売買方法、情報売買プログラム、及び、コンピュータ読取可能な記録媒体を提供することを課題とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の情報売買システムは、譲渡人が譲渡しようとする情報を通信回線を経由して受信する受信手段と、受信した情報に基づいて、情報の一部を示す見本情報を生成する見本生成手段と、情報を譲り受けようとする譲受人からの見本情報の提供を要求する見本要求を通信回線を経由して受信し、受信した見本要求に応じて譲受人に見本情報を通信回線を経由して送信する見本提供手段と、譲受人からの情報の提供を要求する情報要求を通信回線を経由して受信し、受信した情報要求に応じて譲受人に情報を通信回線を経由して送信する情報提供手段と、送信した情報に応じて、譲渡人に対する通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、譲受人に対する通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算する課金手段とを備える。
【0006】本発明によれば、受信手段が受信した情報に基づいて、見本生成手段がその情報の一部を示す見本情報を生成するので、例えば画像情報であれば、カラー画像情報の明度のみを表示することによって白黒画像情報とすることができる。見本提供手段が、情報を譲り受けようとする譲受人からの要求に応じて見本情報を送信するので、譲受人がその情報を譲り受けるかどうかを判断する際の判断材料とすることができる。情報提供手段が、見本情報を確認した譲受人からの要求に応じて情報を送信するので、例えば譲受人の発注ミスなどの可能性を低減することができる。情報提供手段が送信した情報に応じて、課金手段が予め定められている料金を、課金プロセスが確立されている通信回線の利用料金に加算したり減算したりするので、譲渡人と譲受人との間で直接に金銭の授受を行なうこと無く決済が可能となる。
【0007】本発明の情報売買システムは、譲渡人が譲渡しようとする情報と、情報の一部を示す見本情報とを通信回線を経由して受信する受信手段と、情報を譲り受けようとする譲受人からの見本情報の提供を要求する見本要求を通信回線を経由して受信し、受信した見本要求に応じて譲受人に見本情報を通信回線を経由して送信する見本提供手段と、譲受人からの情報の提供を要求する情報要求を通信回線を経由して受信し、受信した情報要求に応じて譲受人に情報を通信回線を経由して送信する情報提供手段と、送信した情報に応じて、譲渡人に対する通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、譲受人に対する通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算する課金手段とを備える。
【0008】本発明によれば、譲渡人が譲渡しようとする情報とその情報の一部を示す見本情報とを受信手段が受信するので、例えば細部に渡って譲渡人が好ましいと判断する見本情報を提供することができる。見本提供手段が、情報を譲り受けようとする譲受人からの要求に応じて見本情報を送信するので、譲受人がその情報を譲り受けるかどうかを判断する際の判断材料とすることができる。情報提供手段が、見本情報を確認した譲受人からの要求に応じて情報を送信するので、例えば譲受人の発注ミスなどの可能性を低減することができる。情報提供手段が送信した情報に応じて、課金手段が予め定められている料金を、課金プロセスが確立されている通信回線の利用料金に加算したり減算したりするので、譲渡人と譲受人との間で直接に金銭の授受を行なうこと無く決済が可能となる。
【0009】また本発明の情報売買システムは、受信手段は譲渡人が設定した情報に関連する付帯情報を受信し、見本提供手段は見本情報と共に付帯情報を譲受人に送信するようにしてもよい。譲渡人が設定した付帯情報を譲受人に提供することができるので、見本情報と組み合せることによって情報の内容をより詳細に伝達することができる。
【0010】また本発明の情報売買システムは、見本情報には見本情報を分類するための属性情報が関連付けられており、見本提供手段は、譲受人が指定する属性情報を通信回線を経由して受信し、受信した属性情報に対応する見本情報を譲受人に通信回線を経由して送信するようにしてもよい。見本情報に関連付けられた属性情報と、譲受人が指定する属性情報とを対応させて見本情報を送信するので、譲受人が希望する見本情報を送信することとなる可能性が高くなる。
【0011】また本発明の情報売買システムは、情報は画像情報であり、見本情報は画像情報の一部を取り出した部分画像情報であるようにしてもよい。見本情報を画像情報の一部を取り出した部分画像情報としているので、譲受人は部分画像情報に基づいて画像情報の状態を推測することができる。一部を取り出す態様としては、領域的に一部を取り出したり、明度や彩度といった情報の一部を取り出して例えば明度のみによって表示したり、画素を間引いて表示したりする態様が例として挙げられる。
【0012】また本発明の情報売買システムは、情報は画像情報であり、見本情報は画像情報の解像度を下げた低解像度画像情報であるようにしてもよい。見本情報を画像情報の解像度を下げた低解像度画像情報としているので、譲受人は低解像度画像情報に基づいて画像情報の状態を推測することができる。
【0013】また本発明の情報売買システムは、情報は画像情報であり、見本情報は画像情報を縮小した縮小画像情報であるようにしてもよい。見本情報を画像情報を縮小した縮小画像情報としているので、譲受人は縮小画像情報に基づいて画像情報の状態を推測することができる。
【0014】本発明の情報売買方法は、受信手段が、譲渡人が譲渡しようとする情報を通信回線を経由して受信するステップと、見本生成手段が、受信した情報に基づいて、情報の一部を示す見本情報を生成するステップと、見本提供手段が、情報を譲り受けようとする譲受人からの見本情報の提供を要求する見本要求を通信回線を経由して受信し、受信した見本要求に応じて譲受人に見本情報を通信回線を経由して送信するステップと、情報提供手段が、譲受人からの情報の提供を要求する情報要求を通信回線を経由して受信し、受信した情報要求に応じて譲受人に情報を通信回線を経由して送信するステップと、課金手段が、送信した情報に応じて、譲渡人に対する通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、譲受人に対する通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算するステップとを備える。
【0015】本発明によれば、受信手段が受信した情報に基づいて、見本生成手段がその情報の一部を示す見本情報を生成するので、例えば画像情報であれば、カラー画像情報の明度のみを表示することによって白黒画像情報とすることができる。見本提供手段が、情報を譲り受けようとする譲受人からの要求に応じて見本情報を送信するので、譲受人がその情報を譲り受けるかどうかを判断する際の判断材料とすることができる。情報提供手段が、見本情報を確認した譲受人からの要求に応じて情報を送信するので、例えば譲受人の発注ミスなどの可能性を低減することができる。情報提供手段が送信した情報に応じて、課金手段が予め定められている料金を、課金プロセスが確立されている通信回線の利用料金に加算したり減算したりするので、譲渡人と譲受人との間で直接に金銭の授受を行なうこと無く決済が可能となる。
【0016】本発明の情報売買方法は、受信手段が、譲渡人が譲渡しようとする情報と、情報の一部を示す見本情報とを通信回線を経由して受信するステップと、見本提供手段が、情報を譲り受けようとする譲受人からの見本情報の提供を要求する見本要求を通信回線を経由して受信し、受信した見本要求に応じて譲受人に見本情報を通信回線を経由して送信するステップと、情報提供手段が、譲受人からの情報の提供を要求する情報要求を通信回線を経由して受信し、受信した情報要求に応じて譲受人に情報を通信回線を経由して送信するステップと、課金手段が、送信した情報に応じて、譲渡人に対する通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、譲受人に対する通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算するステップとを備える。
【0017】本発明によれば、譲渡人が譲渡しようとする情報とその情報の一部を示す見本情報とを受信手段が受信するので、例えば細部に渡って譲渡人が好ましいと判断する見本情報を提供することができる。見本提供手段が、情報を譲り受けようとする譲受人からの要求に応じて見本情報を送信するので、譲受人がその情報を譲り受けるかどうかを判断する際の判断材料とすることができる。情報提供手段が、見本情報を確認した譲受人からの要求に応じて情報を送信するので、例えば譲受人の発注ミスなどの可能性を低減することができる。情報提供手段が送信した情報に応じて、課金手段が予め定められている料金を、課金プロセスが確立されている通信回線の利用料金に加算したり減算したりするので、譲渡人と譲受人との間で直接に金銭の授受を行なうこと無く決済が可能となる。
【0018】また本発明の情報売買方法では、受信手段は譲渡人が設定した情報に関連する付帯情報を受信し、見本提供手段は見本情報と共に付帯情報を譲受人に送信するようにしてもよい。譲渡人が設定した付帯情報を譲受人に提供することができるので、見本情報と組み合せることによって情報の内容をより詳細に伝達することができる。
【0019】また本発明の情報売買方法では、見本情報には、見本情報を分類するための属性情報が関連付けられており、見本提供手段は、譲受人が指定する属性情報を通信回線を経由して受信し、受信した属性情報に対応する見本情報を譲受人に通信回線を経由して送信するようにしてもよい。見本情報に関連付けられた属性情報と、譲受人が指定する属性情報とを対応させて見本情報を送信するので、譲受人が希望する見本情報を送信することとなる可能性が高くなる。
【0020】また本発明の情報売買方法では、情報は画像情報であり、見本情報は画像情報の一部を取り出した部分画像情報であるようにしてもよい。見本情報を画像情報の一部を取り出した部分画像情報としているので、譲受人は部分画像情報に基づいて画像情報の状態を推測することができる。一部を取り出す態様としては、領域的に一部を取り出したり、明度や彩度といった情報の一部を取り出して例えば明度のみによって表示したり、画素を間引いて表示したりする態様が例として挙げられる。
【0021】また本発明の情報売買方法では、情報は画像情報であり、見本情報は画像情報の解像度を下げた低解像度画像情報であるようにしてもよい。見本情報を画像情報の解像度を下げた低解像度画像情報としているので、譲受人は低解像度画像情報に基づいて画像情報の状態を推測することができる。
【0022】また本発明の情報売買方法では、情報は画像情報であり、見本情報は画像情報を縮小した縮小画像情報であるようにしてもよい。見本情報を画像情報を縮小した縮小画像情報としているので、譲受人は縮小画像情報に基づいて画像情報の状態を推測することができる。
【0023】本発明の情報売買プログラムは、コンピュータを、譲渡人が譲渡しようとする情報を通信回線を経由して受信する受信手段と、受信した情報に基づいて、情報の一部を示す見本情報を生成する見本生成手段と、情報を譲り受けようとする譲受人からの見本情報の提供を要求する見本要求を通信回線を経由して受信し、受信した見本要求に応じて譲受人に見本情報を通信回線を経由して送信する見本提供手段と、譲受人からの情報の提供を要求する情報要求を通信回線を経由して受信し、受信した情報要求に応じて譲受人に情報を通信回線を経由して送信する情報提供手段と、送信した情報に応じて、譲渡人に対する通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、譲受人に対する通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算する課金手段として機能させる。
【0024】本発明の情報売買プログラムをコンピュータに実行させると、受信手段が受信した情報に基づいて、見本生成手段がその情報の一部を示す見本情報を生成するので、例えば画像情報であれば、カラー画像情報の明度のみを表示することによって白黒画像情報とすることができる。見本提供手段が、情報を譲り受けようとする譲受人からの要求に応じて見本情報を送信するので、譲受人がその情報を譲り受けるかどうかを判断する際の判断材料とすることができる。情報提供手段が、見本情報を確認した譲受人からの要求に応じて情報を送信するので、例えば譲受人の発注ミスなどの可能性を低減することができる。情報提供手段が送信した情報に応じて、課金手段が予め定められている料金を、課金プロセスが確立されている通信回線の利用料金に加算したり減算したりするので、譲渡人と譲受人との間で直接に金銭の授受を行なうこと無く決済が可能となる。
【0025】本発明の情報売買プログラムは、コンピュータを、譲渡人が譲渡しようとする情報と、情報の一部を示す見本情報とを通信回線を経由して受信する受信手段と、情報を譲り受けようとする譲受人からの見本情報の提供を要求する見本要求を通信回線を経由して受信し、受信した見本要求に応じて譲受人に見本情報を通信回線を経由して送信する見本提供手段と、譲受人からの情報の提供を要求する情報要求を通信回線を経由して受信し、受信した情報要求に応じて譲受人に情報を通信回線を経由して送信する情報提供手段と、送信した情報に応じて、譲渡人に対する通信回線の使用料金から予め定められている料金を減算すると共に、譲受人に対する通信回線の使用料金に予め定められている料金を加算する課金手段として機能させる。。
【0026】本発明の情報売買プログラムをコンピュータに実行させると、譲渡人が譲渡しようとする情報とその情報の一部を示す見本情報とを受信手段が受信するので、例えば細部に渡って譲渡人が好ましいと判断する見本情報を提供することができる。見本提供手段が、情報を譲り受けようとする譲受人からの要求に応じて見本情報を送信するので、譲受人がその情報を譲り受けるかどうかを判断する際の判断材料とすることができる。情報提供手段が、見本情報を確認した譲受人からの要求に応じて情報を送信するので、例えば譲受人の発注ミスなどの可能性を低減することができる。情報提供手段が送信した情報に応じて、課金手段が予め定められている料金を、課金プロセスが確立されている通信回線の利用料金に加算したり減算したりするので、譲渡人と譲受人との間で直接に金銭の授受を行なうこと無く決済が可能となる。
【0027】また本発明の情報売買プログラムをコンピュータに実行させて、受信手段は譲渡人が設定した情報に関連する付帯情報を受信し、見本提供手段は見本情報と共に付帯情報を譲受人に送信するようにしてもよい。譲渡人が設定した付帯情報を譲受人に提供することができるので、見本情報と組み合せることによって情報の内容をより詳細に伝達することができる。
【0028】また本発明の情報売買プログラムをコンピュータに実行させて、見本情報には見本情報を分類するための属性情報が関連付けられており、見本提供手段は、譲受人が指定する属性情報を通信回線を経由して受信し、受信した属性情報に対応する見本情報を譲受人に通信回線を経由して送信するようにしてもよい。見本情報に関連付けられた属性情報と、譲受人が指定する属性情報とを対応させて見本情報を送信するので、譲受人が希望する見本情報を送信することとなる可能性が高くなる。
【0029】また本発明の情報売買プログラムをコンピュータに実行させる際には、情報は画像情報であり、見本情報は画像情報の一部を取り出した部分画像情報であるようにしてもよい。見本情報を画像情報の一部を取り出した部分画像情報としているので、譲受人は部分画像情報に基づいて画像情報の状態を推測することができる。一部を取り出す態様としては、領域的に一部を取り出したり、明度や彩度といった情報の一部を取り出して例えば明度のみによって表示したり、画素を間引いて表示したりする態様が例として挙げられる。
【0030】また本発明の情報売買プログラムをコンピュータに実行させる際には、情報は画像情報であり、見本情報は画像情報の解像度を下げた低解像度画像情報であるようにしてもよい。見本情報を画像情報の解像度を下げた低解像度画像情報としているので、譲受人は低解像度画像情報に基づいて画像情報の状態を推測することができる。
【0031】また本発明の情報売買プログラムをコンピュータに実行させる際には、情報は画像情報であり、見本情報は画像情報を縮小した縮小画像情報であるようにしてもよい。見本情報を画像情報を縮小した縮小画像情報としているので、譲受人は縮小画像情報に基づいて画像情報の状態を推測することができる。
【0032】本発明のコンピュータ読取可能な記録媒体は、上記いずれかの情報売買プログラムが記録されている。
【0033】コンピュータを用いて、本発明の記録媒体に記録された情報売買プログラムを実行すると、受信手段が受信した情報に基づいて、見本生成手段がその情報の一部を示す見本情報を生成するので、例えば画像情報であれば、カラー画像情報の明度のみを表示することによって白黒画像情報とすることができる。見本提供手段が、情報を譲り受けようとする譲受人からの要求に応じて見本情報を送信するので、譲受人がその情報を譲り受けるかどうかを判断する際の判断材料とすることができる。情報提供手段が、見本情報を確認した譲受人からの要求に応じて情報を送信するので、例えば譲受人の発注ミスなどの可能性を低減することができる。情報提供手段が送信した情報に応じて、課金手段が予め定められている料金を、課金プロセスが確立されている通信回線の利用料金に加算したり減算したりするので、譲渡人と譲受人との間で直接に金銭の授受を行なうこと無く決済が可能となる。
【0034】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を図面を参照しながら説明する。可能な場合には、同一の部分には同一の符号を付して重複する説明を省略する。なお、本実施の形態においては移動機としてデータ通信機能を併せ持った携帯電話機を用いているが、通話機能のみの携帯電話機やPHSやデータ通信用PHSなどを用いてもよい。また、携帯電話機としては、TDMA(Time Division Multiple Access)方式の一つであるPDC(Personal Digital Cellular)方式を例にとって説明するが、CDMA(CodeDivision Multiple Access)方式といった他の方式のデジタル携帯電話機であってもアナログ携帯電話機であってもよい。更に、IMT−2000といったいわゆる第三世代の移動体通信方式であってもよい。
【0035】本発明の実施形態である画像売買システム(情報売買システム)10について説明する。図1は、画像売買システム10を用いたネットワークの構成を示した図である。画像売買システム10、携帯電話機30、31は通信回線20に接続されており、通信回線20を経由して相互にデータの送受信を行なうことができる。通信回線20は、基地局、交換局などからなる携帯電話網と、固定電話網とを含んで構成されている。
【0036】携帯電話機30は、画像を販売(有償での譲渡)しようとする販売者(譲渡人)が使用する端末であり、携帯電話機31は、画像を購入(有償での譲り受け)しようとする購入者(譲受人)が使用する端末である。販売者が販売しようとする画像を画像売買システム10に登録する際の、携帯電話機30の表示部301に表示される画面について説明する。図2は、携帯電話機30の表示部301に表示される画面を示した図である。販売者が画像を販売しようとする際にはまず、登録ID(identification、身元確認情報)を入力する(図2(a))。悪意の第三者が販売者の携帯電話機30を用いて画像の登録をすることを防止するためである。登録IDの入力をせずに、発呼する際の番号通知によって代用してもよい。
【0037】入力した登録IDが画像売買システム10によって認証されると、販売しようとする画像の入力が要求される(図2(b))。画像の入力は、デジタルカメラといった外部入力機器を用いてもよく、携帯電話機30に画像の入力装置が備え付けられているときはそれを用いてもよい。画像の入力が終了すると、画像に添付するコメントの入力が要求される(図2(c))。このコメントは画像の内容をアピールすることで、画像の販売を促進するためのものであり、入力するかどうかは販売者の任意である。コメントの入力が終了するか、コメントを入力せずにスキップすると、キーワードの入力が要求される(図2(d))。キーワードは、購入者が購入しようとする画像を探す際の補助となるものである。キーワードの入力は、図2(d)のようにチェックボックス方式にしても、プルダウンメニューといった方式にしてもよく、販売者が任意に入力するようにしてもよい。
【0038】キーワードの入力が終了すると、サンプル画像(見本画像)の入力方法の選択が要求される(図2(e))。図2(e)では「自動登録」となっているが、「カスタム登録」を選択すると、販売者が自分で作成したサンプル画像を登録することができる。見本画像の入力方法で「自動登録」を選択すると、「サンプル画像の種類」を入力するように要求される(図2(f))。ここで、「部分切り出し」とは、販売しようとする画像の一部分の領域を切り出してサンプル画像とすることであり、「白黒」とは販売しようとする画像の明度情報のみを取り出してサンプル画像とすることである。すなわち、「部分切り出し」も「白黒」も販売しようとする画像の一部を取り出していることとなる。また、「低解像度」とは、販売しようとする画像の画素データを間引くなどしてデータ量を削減したものである。「縮小」とは、販売しようとする画像全体の大きさを縮小したものである。「サンプル画像の種類」を選択すると、画像販売システム10が作成したサンプル画像を確認する画面になる(図2(g))。
【0039】次に、購入者が購入しようとする画像を探して購入する際の携帯電話機31の表示部311に表示される画面について説明する。図3は、携帯電話機31の表示部311に表示される画面を示した図である。購入者が画像を購入しようとする際にはまず、登録(identification、身元確認情報)を入力する(図3(a))。悪意の第三者が購入者の携帯電話機31を用いて画像の購入をすることを防止するためである。登録IDの入力をせずに、発呼する際の番号通知によって代用してもよい。
【0040】入力した登録IDが画像売買システム10によって認証されると、購入しようとする画像のキーワードの入力が要求される(図3(b))。購入者の画像の検索を容易にするためであり、例えば、販売されている画像の数量が少ないような場合にはこのような画面をスキップしてもよい。キーワードを入力すると、該当するサンプル画像が順次表示される(図3(c))。本実施形態の場合は、表示部311の大きさの関係で、一画面に一サンプル画像を表示しているが、表示部311が大きいような場合にはいわゆるサムネイル表示としてもよい。購入者は、他のサンプル画像を見たいときには「次の画像を見る」を選択し、そのサンプル画像のコメントを読みたいときには「コメントを読む」を選択する。購入者が「コメントを読む」を選択すると、表示されているサンプル画像に対応するコメントが表示される(図3(d))。この際、販売者の登録IDやそれに対応するペンネームなどを表示するようにしてもよい。購入者が画像の購入を決定すると、「NOW LOADING! しばらくお待ちください」といったような待ち画面になり、購入を決定した画像を携帯電話機31に取り込む(図3(e))。携帯電話機31への取り込みが終了すると、画像が表示される(図3(f))。
【0041】引き続いて、画像売買システム10について説明する。画像売買システム10は、物理的には、CPU(中央処理装置)、メモリ、マウスやキーボードといった入力装置、ディスプレイといった表示装置、ハードディスクといった格納装置などを備えたコンピュータシステム(例えばワークステーション、パーソナルコンピュータ)として構成され、通信回線20を経由して携帯電話機30、31と情報の授受が可能なように構成されている。
【0042】画像売買システム10は機能的な構成要素として、受信部(受信手段)101と、見本画像生成部(見本生成手段)102と、見本画像提供部(見本提供手段)103と、販売画像提供部(情報提供手段)104と、課金部(課金手段)105と、販売画像格納部106と、見本画像格納部107と、課金情報格納部108とを備えて構成される。以下、各構成要素について詳細に説明する。
【0043】受信部101は、販売者の携帯電話機30からは、登録ID、販売しようとする画像、その画像のサンプル画像、その画像に関するコメントといった情報を受信し、購入者の携帯電話機31からは、登録ID、購入しようとする画像に関するキーワードといった情報を受信すると共に、携帯電話機30、31に対して情報の要求を送信する部分である。受信部101は、受信した情報を販売画像格納部106、見本画像格納部107、及び、見本画像生成部102へ送信する。
【0044】見本画像生成部102は、受信部101から受信した販売しようとする画像のデータに基づいて、その画像のサンプル画像を生成する部分である。サンプル画像の生成方法としては、「部分切り出し」、「白黒」、「低解像度」、「縮小」といった方法が用いられる。ここで、「部分切り出し」とは、販売しようとする画像の一部分の領域を切り出してサンプル画像とすることであり、「白黒」とは販売しようとする画像の明度情報のみを取り出してサンプル画像とすることである。すなわち、「部分切り出し」も「白黒」も販売しようとする画像の一部を取り出していることとなる。また、「低解像度」とは、販売しようとする画像の画素データを間引くなどしてデータ量を削減したものである。「縮小」とは、販売しようとする画像全体の大きさを縮小したものである。
【0045】販売画像格納部106は、商品番号に、登録IDと、登録年月日と、販売用画像とを関連付けて格納する部分である。販売画像格納部106に格納される情報の一例を図4に示す。登録ID及び販売用画像は、受信部101が受信した情報である。商品番号及び登録年月日は、受信部101が、登録ID及び販売用画像を受信した順番と日時に応じて設定する。
【0046】見本画像格納部107は、商品番号に、登録IDと、登録年月日と、キーワードと、コメントと、サンプル画像とを関連付けて格納する部分である。見本画像格納部107に格納される情報の一例を図5に示す。登録ID、キーワード、及び、コメントは受信部101が受信した情報である。サンプル画像は、販売者が「カスタム登録」を選択した場合(図2(e)参照)には、販売者の携帯電話機30から入力されて送信されてきたサンプル画像をそのまま格納する。一方、販売者が「自動登録」を選択した場合(図2(e)参照)には、販売者の携帯電話機30から入力されて送信されてきた販売用画像に基づいて、見本画像生成部102がサンプル画像を生成して格納する。
【0047】見本画像提供部103は、画像を購入しようとする購入者の携帯電話機31から送信されてくるキーワードに基づいて、見本画像格納部107に格納されているサンプル画像を選択して携帯電話機31に送信する部分である。また、携帯電話機31からのコメントの送信要求に応じて、サンプル画像に対応するコメントも送信する部分である。
【0048】販売画像提供部104は、画像を購入しようとする購入者の携帯電話機31から送信されてくる画像の購入希望に基づいて、販売画像格納部106に格納されている販売用画像を選択して携帯電話機31に送信する部分である。販売画像提供部104は、販売用画像を送信する際には購入者の携帯電話機31から送信されてきた登録IDが実在するか否かを確認する。また、販売用画像を携帯電話機31に送信すると、販売用画像に対応する販売者の登録IDと、購入者の携帯電話機31から送信されてきた購入者の登録IDとを課金部105へ送信する。
【0049】課金部105は、販売画像提供部104から販売用画像に対応する販売者の登録IDと、購入者の携帯電話機31から送信されてきた購入者の登録IDとを受信し、課金情報格納部108に格納されている販売者の画像売買料金から販売用画像の料金を減算し、購入者の画像売買料金には販売用画像の料金を加算する。販売用画像の料金は一律であってもよいし、販売者が希望販売金額を登録するようにしてもよい。
【0050】ここで、図6に示す課金情報格納部108に格納されている情報の例に基づいて具体的に説明する。課金情報格納部108には、登録IDと、ユーザIDと、画像売買料金と、通信料金と、電話料金請求額とが対応づけられて格納されている。ユーザIDは、登録IDに対応するユーザの電話番号である。画像売買料金は、「売り」と「買い」とに分かれており、画像を販売した場合にはその画像の料金が「売り」側に加算され、画像を購入した場合にはその画像の料金が「買い」側に加算される。通信料金は、それぞれのユーザが通信した時間と距離に応じて決定される。電話料金請求額は、通信料金から「売り」の料金を差し引き、「買い」の料金を加えて算出される金額である。例えば、販売者の登録IDが「ABX2453」で、購入者の登録IDが「UDF5683」であり、画像の料金が100円であった場合には、登録IDが「ABX2453」の画像売買料金の「売り」欄に100円が加算され、登録IDが「UDF5683」の画像売買料金の「買い」欄に100円が加算される。この場合、販売者若しくは購入者に通信事業者の手数料を上乗せしてもよい。
【0051】次に画像売買システム10を用いて画像を登録し、画像を売買する方法について説明する。図7は、画像売買システム10を用いて画像を登録する方法を示したフローチャートである。引き続いて、図1及び図7を用いて画像を登録する方法について説明する。
【0052】受信部101は、販売者の携帯電話機30から登録IDを受信する待ち状態にある(ステップS01)。受信部101は販売者の登録IDを受信すると、携帯電話機30に対し「画像を入力してください」といった画像入力要求を送信する(ステップS02)。画像入力要求を送信すると、受信部101は携帯電話機30から販売する画像を受信する待ち状態になる(ステップS03)。受信部101は販売する画像を受信すると、携帯電話機30に対し「コメントを入力してください」といったコメント入力要求を送信する(ステップS04)。コメント入力要求を送信すると、受信部101は携帯電話機30からコメントを受信する待ち状態になる(ステップS05)。受信部101はコメントを受信すると、携帯電話機30に対し「キーワードを入力してください」といったキーワード入力要求を送信する(ステップS06)。キーワード入力要求を送信すると、受信部101は携帯電話機30からキーワードを受信する待ち状態になる(ステップS07)。受信部101はキーワードを受信すると、先に受信した登録ID、販売する画像を販売画像格納部106へ格納する(ステップS08)。
【0053】次に、受信部101は、販売者の携帯電話機30に対し、「サンプル画像はどうしますか?」といったメッセージ共に「自動登録」「カスタム登録」といった選択肢を含むサンプル生成選択要求を送信する(ステップS09)。サンプル生成選択要求を送信すると、受信部101は携帯電話機30からサンプル生成方法を受信する待ち状態になる(ステップS10)。受信部101は、携帯電話機30からサンプル生成方法を受信すると、サンプルを自動生成するかどうかを判断する(ステップS11)。受信部101が受信したのが「自動登録」といったサンプルの自動生成を意味するサンプル生成方法であった場合には、受信部101は携帯電話機30に対し、「サンプル画像の種類は?」といったメッセージと共に「部分切り出し」「白黒」「低解像度」「縮小」といった選択肢を含むサンプル種類選択方法を送信する(ステップS12)。受信部101が携帯電話機30からサンプル種類を受信すると、見本画像生成部102は販売用画像と、サンプル種類とに基づいてサンプル画像を生成し、携帯電話機30に確認のために送信する(ステップS13)。携帯電話機30から確認が取れれば、サンプル画像を見本画像格納部107へ格納する(ステップS14)。
【0054】ステップS11において、受信部101が受信したのが「カスタム登録」といったサンプルのユーザ登録を意味するサンプル生成方法であった場合には、受信部101は携帯電話機30に対し、「サンプル画像を送信してください」といったメッセージを送信する(ステップS15)。携帯電話機30からサンプル画像を受信した受信部101は、そのサンプル画像をそのまま見本画像格納部107へ格納する(ステップS16)。
【0055】図8は、画像売買システム10を用いて画像を販売する方法を示したフローチャートである。引き続いて、図1及び図8を用いて画像を販売する方法について説明する。
【0056】見本画像提供部103は、購入者の携帯電話機31から登録IDを受信する待ち状態にある(ステップS21)。見本画像提供部103は購入者の登録IDを受信すると、携帯電話機31に対し「キーワードを入力してください」といったキーワード入力要求を送信する(ステップS22)。キーワード入力要求を送信すると、見本画像提供部103は携帯電話機31からキーワードを受信する待ち状態になる(ステップS23)。見本画像提供部103はキーワードを受信すると、見本画像格納部107に格納されているサンプル画像を検索し、受信したキーワードに対応するサンプル画像を選択して携帯電話機31に送信する(ステップS24)。サンプル画像を送信すると、見本画像提供部103は携帯電話機31からコメント送信要求を受信する待ち状態になる(ステップS25)。ここで、コメント送信要求を受信すると、見本画像提供部103は携帯電話機31に対して該当するコメントを送信する(ステップS26)。
【0057】販売画像提供部104は、購入者の携帯電話機31から画像の販売要求を受信する待ち状態にある(ステップS27)。販売画像提供部104は、画像の販売要求を受信すると、販売画像格納部106に格納されている販売用画像から対応するものを選択して携帯電話機31に送信する(ステップS28)。また、販売用画像を携帯電話機31に送信すると、販売用画像に対応する販売者の登録IDと、購入者の携帯電話機31から送信されてきた購入者の登録IDとを課金部105へ送信する。
【0058】課金部105は、販売画像提供部104から販売用画像に対応する販売者の登録IDと、購入者の携帯電話機31から送信されてきた購入者の登録IDとを受信し、課金情報格納部108に格納されている販売者の画像売買料金から販売用画像の料金を減算し(ステップS29)、購入者の画像売買料金には販売用画像の料金を加算する(ステップS30)。
【0059】次にコンピュータを、本発明の実施形態である画像売買システム10として機能させるための画像売買プログラム92及びそれが記録されているコンピュータ読取可能な記録媒体9について説明する。図9は、画像売買プログラム92が記録されている記録媒体9の構成を示した構成図である。記録媒体9としては、例えば、磁気ディスク、光ディスク、CD−ROM、コンピュータに内蔵されたメモリなどが該当する。
【0060】記録媒体9は、図9に示すように、プログラムを記録するプログラム領域91と、データを記録するデータ領域93とを備えている。データ領域93には、図1及び図4を用いて説明した販売画像格納部106と同様の販売画像データベース931と、図1及び図5を用いて説明した見本画像格納部107と同様の見本画像データベース932と、図1及び図6を用いて説明した課金情報格納部108と同様の課金情報データベース933とが格納されている。
【0061】プログラム領域91には、画像売買プログラム92が記録されている。画像売買プログラム92は、処理を統括するメインモジュール921と、受信モジュール922と、見本画像生成モジュール923と、見本画像提供モジュール924と、販売画像提供モジュール925と、課金モジュール926とを備える。ここで、受信モジュール922、見本画像生成モジュール923、見本画像提供モジュール924、販売画像提供モジュール925、課金モジュール926のそれぞれを動作させることによって実現する機能は、上記画像売買システム10の受信部101、見本画像生成部102、見本画像提供部103、販売画像提供部104、課金部105のそれぞれの機能と同様である。
【0062】本実施形態の作用及び効果について説明する。受信部101が受信した販売用画像に基づいて、見本画像生成部102がその販売用画像の一部を示すサンプル画像を生成するので、例えば、カラー画像の明度のみを表示することによって白黒画像とすることができる。また、販売者が作成したサンプル画像を受信部101が受信すると、例えば細部に渡って販売者が好ましいと判断するサンプル画像を提供することができる。見本画像提供部103が、販売用画像を購入しようとする購入者からの要求に応じてサンプル画像を送信するので、購入者がその販売用画像を購入するかどうかを判断する際の判断材料とすることができる。販売画像提供部104が、サンプル画像を確認した購入者からの要求に応じて販売用画像を送信するので、例えば購入者の発注ミスなどの可能性を低減することができる。販売画像提供部104が送信した販売用画像に応じて、課金部105が予め定められている料金を、課金プロセスが確立されている通信回線の利用料金に加算したり減算したりするので、販売者と購入者との間で直接に金銭の授受を行なうこと無く決済が可能となる。
【0063】販売者が設定したコメントをサンプル画像と共に購入者に提供することができるので、販売用画像の内容をより詳細に伝達することができる。サンプル情報に関連付けられたキーワードと、購入者が指定するキーワードとを対応させてサンプル画像を選択して送信するので、購入者が希望するサンプル画像を送信する可能性が高くなる。
【0064】サンプル画像を、販売用画像の一部を取り出した部分画像とすれば、購入者はその部分画像に基づいて販売用画像の状態を推測することができる。一部を取り出す態様としては、一部を切り出してもよく、白黒画像のように明度のみをもって表示することにしてもよい。サンプル画像を、販売用画像の解像度を下げた低解像度画像とすれば、購入者はその低解像度画像に基づいて販売用画像の状態を推測することができる。サンプル画像を、販売用画像を縮小した縮小画像とすれば、購入者はその縮小画像に基づいて販売用画像の状態を推測することができる。
【0065】
【発明の効果】本発明によれば、受信手段が受信した情報に基づいて、見本生成手段がその情報の一部を示す見本情報を生成するので、例えば画像情報であれば、カラー画像情報の明度のみを表示することによって白黒画像情報とすることができる。見本提供手段が、情報を譲り受けようとする譲受人からの要求に応じて見本情報を送信するので、譲受人がその情報を譲り受けるかどうかを判断する際の判断材料とすることができる。情報提供手段が、見本情報を確認した譲受人からの要求に応じて情報を送信するので、例えば譲受人の発注ミスなどの可能性を低減することができる。情報提供手段が送信した情報に応じて、課金手段が予め定められている料金を加算したり減算したりするので、譲渡人と譲受人との間で直接に金銭の授受を行なうこと無く決済が可能となる。従って、本発明の目的とする、商品の見本の提示ができ、更に、簡便な代金決済を可能とする情報売買システムを提供することができた。
【出願人】 【識別番号】594169695
【氏名又は名称】株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ東北
【住所又は居所】宮城県仙台市青葉区五橋1丁目5番3号
【出願日】 平成13年7月11日(2001.7.11)
【代理人】 【識別番号】100088155
【弁理士】
【氏名又は名称】長谷川 芳樹 (外4名)
【公開番号】 特開2003−30473(P2003−30473A)
【公開日】 平成15年1月31日(2003.1.31)
【出願番号】 特願2001−211202(P2001−211202)