トップ :: D 繊維 紙 :: D04 組みひも;レ−ス編み;メリヤス編成;縁とり;不織布

【発明の名称】 高ストレッチたて編地およびその製造方法
【発明者】 【氏名】川島 保惠

【要約】 【課題】たて方向、よこ方向、斜め方向にほぼ同じ伸度と伸縮パワーを有する高ストレッチたて編地。

【解決手段】非弾性糸および弾性糸を編糸とし、弾性糸は2針にオーバーラップして編むダブルニードルピラーステッチの二目編又はダブルニードルトリコットラップ2目編によりフルセット又は1イン1アウトで編成する、非弾性糸は1×1、2×1、アトラス等の1目編により編成するとよい。インナーウエアのほか、スポーツウエア、医療・介護用衣料に好適である。
【特許請求の範囲】
【請求項1】非弾性糸および弾性糸を編糸とするたて編地であって、弾性糸を2針にオーバーラップして編む2目編により編成したことを特徴とする高ストレッチたて編地。
【請求項2】弾性糸が、ダブルニードルピラーステッチの二目編により編成されていることを特徴とする請求項1記載の高ストレッチたて編地。
【請求項3】弾性糸が、ダブルニードルトリコットラップの二目編により編成されていることを特徴とする請求項1記載の高ストレッチたて編地。
【請求項4】弾性糸が、フルセット(総詰ともいう)で編成されていることを特徴とする請求項1、2または3記載の高ストレッチたて編地。
【請求項5】弾性糸が、1イン1アウトで編成されていることを特徴とする請求項1、2または3記載の高ストレッチたて編地。
【請求項6】弾性糸が、2目編と挿入との繰り返しにより編成されていることを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載の高ストレッチたて編地。
【請求項7】非弾性糸が、1目編により編成されていることを特徴とする請求項1〜6のいずれかに記載の高ストレッチたて編地。
【請求項8】非弾性糸が、フルセットで編成されていることを特徴とする請求項1〜7のいずれかに記載の高ストレッチたて編地。
【請求項9】前記弾性糸とは別に、弾性糸が挿入されていることを特徴とする請求項1〜8のいずれかに記載の高ストレッチたて編地。
【請求項10】弾性糸のランナーが40〜180cm/ラックであることを特徴とする請求項1〜9のいずれかに記載の高ストレッチたて編地【請求項11】請求項1〜10のいずれかに記載の高ストレッチたて編地が、編成の異なる非弾性糸又は非弾性糸と弾性糸とを用いたたて編地と並べて一体に編成されていることを特徴とする高ストレッチたて編地。
【請求項12】請求項1〜11のいずれかに記載の高ストレッチたて編地中に抜き糸を、抜き糸の両側に耳環糸を編み込み、双方の耳環糸にそれぞれの耳環糸が属する側から弾性糸を挿入し、挿入した弾性糸の一部を抜き糸に絡めたたて編地を編成し、編成した編地から抜き糸を抜き取ることによって、複数の高ストレッチたて編地に分割することを特徴とする高ストレッチたて編地の製造方法。
【請求項13】請求項1〜11のいずれかに記載の高ストレッチたて編地を主編地として、編地のたて方向に主編地よりも締付パワーの大きいパワー強化編地を帯状に編成し、かつ、前記パワー強化編地中に抜き糸を、抜き糸の両側に耳環糸を編み込み、双方の耳環糸にそれぞれの耳環糸が属する側から弾性糸を挿入し、挿入した弾性糸の一部を抜き糸に絡めたたて編地を編成し、編成した編地から抜き糸を抜き取ることによって、複数の高ストレッチたて編地に分割することを特徴とする高ストレッチたて編地の製造方法。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明が属する技術分野】本願発明は、たて方向、よこ方向および斜め方向に均斉な伸度および伸縮パワーを有する高ストレッチたて編地、ならびにその製造方法に関する。
【0002】
【従来の技術】最近は、素材原糸の改良、編成方法やその組合せの進歩,縫製設計技術の向上等によって優れたたて編伸縮性編地が提供され、ショーツ、ソフトガードル、ブラジャーなどのインナーウエアのほか、スポーツウエア、医療・介護用衣料に使用して、着やすく体形にも程良くフィットして着心地のよい衣料を利用できるようになった。前記のたて編伸縮性編地の多くは、パワーネット、サテンなどの編地に弾性糸を挿入し、あるいは編糸の一部に弾性糸を使用して伸度や伸縮パワーを付与している。しかし、前記たて編伸縮性編地は、たて、よこ編地の方向によって伸度や伸縮パワーに大小があり、着用者の動作に追従して身体に均斉にフィットさせることができなかった。さらに、縫製に際しても編地の方向性を考慮しつつ裁断しなければならない不便があった。この問題を解消するために、たて方向、よこ方向ともに同じように適度に伸長し、回復性に優れ、薄く透明感があって、インナーウエア用、とくに軽くて小さいインナーウエア用の編地として、非弾性糸と弾性糸とを編糸とする、左右対象の編目により編成した新しい伸縮性たて編地が開発されている(特願2000−177213)。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところで、前記の新しい伸縮性たて編地が有するたて方向、よこ方向の均斉さに加えて、斜め方向にも同じように伸縮性、すなわち、あらゆる方向に均斉のとれた伸度と伸縮パワーを有する高ストレッチたて編地に対し、依然として大きな要望がある。本発明は、主としてインナーウエア、スポーツウエア、医療・介護用に使用する、たて方向、よこ方向、斜め方向にほぼ同じ伸度と伸縮パワーを有する高ストレッチ編地の提供を課題に研究し、試作、検討の結果完成されたものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】前記の課題を解決することのできる編地として、本発明は、非弾性糸および弾性糸を編糸とするたて編地であって、弾性糸を2針にオーバーラップして編む2目編により編成したことを特徴とする高ストレッチたて編地を提供する。2目編としては、ダブルニードルピラーステッチの二目編、もしくはダブルニードルトリコットラップの二目編が好ましい。弾性糸の編目は、フルセット(総詰ともいう)または1イン1アウトで編成するとよい。使用目的によって、弾性糸のループは、2目編と挿入との繰り返しにより編成することもできる。一方、非弾性糸は、一般に1目編によって編成するとよく、編目はフルセットが望ましい。また、前記弾性糸とは別に、挿入糸として弾性糸を用いても差し支えない。弾性糸のランナーは40〜180cm/ラックが好ましい。使用目的によっては、前記の本発明高ストレッチたて編地を、編成の異なる非弾性糸又は非弾性糸と弾性糸とを用いたたて編地と並べて一体に編成した編地も有用である。
【0005】また本発明は、前記したいずれかの高ストレッチたて編地中に抜き糸を、抜き糸の両側に耳環糸を編み込み、双方の耳環糸にそれぞれの耳環糸が属する側から弾性糸を挿入し、挿入した弾性糸の一部を抜き糸に絡めたたて編地を編成し、編成した編地から抜き糸を抜き取ることによって、複数の高ストレッチたて編地に分割することを特徴とする高ストレッチたて編地の製造方法を提供する。さらにまた、前記の本発明高ストレッチたて編地を主編地として、編地のたて方向に主編地よりも締付パワーの大きいパワー強化編地を帯状に編成し、かつ、前記パワー強化編地中に抜き糸を、抜き糸の両側に耳環糸を編み込み、双方の耳環糸にそれぞれの耳環糸が属する側から弾性糸を挿入し、挿入した弾性糸の一部を抜き糸に絡めたたて編地を編成し、編成した編地から抜き糸を抜き取ることによって、複数の高ストレッチたて編地に分割することを特徴とする高ストレッチたて編地の製造方法を提供する。
【0006】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係る高ストレッチたて編地(以下、たて編地という)について実施形態例をあげながら、図面を参照して具体的に説明する。図1〜3図に本発明高ストレッチたて編地の編組織を例示する。
【0007】さて、編糸(編物の基本となる組織(地編)を編成するための糸条)を2針にわたりオーバーラップして編成する2目編は、編地の伸縮性が少なくほつれにくいという特徴がある。従来、2目編、あるいは2目編と1×1、2×1、アトラス等の1目編とを組み合わせた編地は、伸縮性に乏しいことから、もっぱら非弾性糸の編地としてに用いられ、弾性糸を編込んだ伸縮性編地に用いられることはなかった。本発明にかかる高ストレッチたて編地は、弾性糸および非弾性糸を編糸とし、かつ、弾性糸を二目編にして編成することによって、縦方向、よこ方向および斜め方向に均斉な伸度および伸縮パワーが付与された編地となり、前記課題を容易に解決できることが見出した結果、提供されるものである。
【0008】さて、本発明の高ストレッチたて編地に編糸として使用する弾性糸としては、通常、ポリウレタン糸、あるいは被覆弾性糸を用いる。非弾性糸には、ポリエステル糸、ナイロン糸、ポリアクリル糸、レーヨン糸など合成繊維のマルチフィラメントが多く用いられる。なかでも吸水性に富むナイロン糸はインナーウエア用編地に好ましく用いられる。綿糸などの天然繊維を単独で、あるいは合成繊維と混紡や合撚して用いてもよい。
【0009】本発明編地の弾性糸を編成する2目編の種類にとくに制限はないが、図1で例示する同じウエールでラップして編成するダブルニードルピラーステッチの二目編が好ましい。編成条件にもよるが、編地が安定しヒステリシスが小さくなる傾向がある。また、隣接する編針に交互に掛け異なるウエール間に交互に編成するダブルニードルトリコットラップの二目編(図2)も好ましく利用することができる。たて、よこ、斜めの変形が大きく、伸度および伸縮パワーの調整が容易である。
【0010】これらの編地は、使用目的によって、1本の編針にに2ループを重ね、伸縮パワーが大きく堅牢、かつ解けにくいフルセット(総詰ともいう)の編目、または前記編目に較べて伸縮パワーが小さく伸縮性に富む1イン1アウトのいずれかが好ましいが、これらに限られるものではない。
【0011】弾性糸は、所要の伸縮性により適宜に開き目、閉じ目または両者を交互にループして編成することができる。さらに、同じ弾性糸を2目編、挿入を繰り返し編成することもできる。たて伸度を出したい場合や弾性糸の使用量を減らしたい場合などに使用するとよい。図3にその編成例を示す。また、他の弾性糸を挿入糸として用い伸縮性を調整することも可能である。
【0012】弾性糸のランナーは、編糸の場合、一般に40〜180cm/ラックの範囲であればよく、好ましくは80〜150cm/ラックである。ランナーが40cm/ラック未満になると弾性糸が切断しやすく、また180cm/ラックを超えると弾性糸が緩み編成しにくくなる傾向がある。前記の本発明高ストレッチたて編地は、トリコット編機、ラッシェル編み機を用いて容易に編成することができる。
【0013】非弾性糸は、要求される編地の性質にもとづいて1目編、2目編のいずれによって編成してもよいが、好ましくは1×1トリコット、2×1トリコット、アトラス等の1目編によって編成する。編目はフルセットが好ましく用いられるが、1イン1アウトなどで編成してもよい。また、弾性糸を挿入糸として利用する従来の伸縮性たて編地では、大繊度の弾性糸を用いても弾性糸の交編率は一般に20重量%程度までであった。しかし、本発明編地では、弾性糸を編糸として2目編により用いるので、繊度が小さくても50重量%を超えて使用することが可能になり、大きな伸縮パワーを等方的に付与することができ、かつゴム感を生じさせることはなく編地の風合いを損ねることもない。
【0014】本発明高ストレッチたて編地を、非弾性糸又は非弾性糸と弾性糸とを用いた異なる組織のたて編地に組み合わせて使用したい場合がある。たとえば、おむつに使用する場合、伸度や締付パワーに異方性の少ない本発明高ストレッチたて編地を部分的に使用したいことが多い。このような用途では、あらかじめ本発明編地と他の部位に用いる編成の異なるたて編地とを並べて一体に編成することによって、縫製の合理化に寄与することができる。本発明高ストレッチたて編地を含む複数の編地を縞状に並べて編成することもできる。
【0015】さらに、前記したいずれかの本発明高ストレッチたて編地中に抜き糸を、抜き糸の両側に耳環糸を編み込み、双方の耳環糸にそれぞれの耳環糸が属する側から弾性糸を挿入し、挿入した弾性糸の一部を抜き糸に絡め、複数の本発明編地を一体に編成することができる。この高ストレッチたて編地から抜き糸を抜き取ることによって、ヘムがほつれない複数の本発明編地を同時に製造することができる。また、前記の本発明高ストレッチたて編地を主編地とする編地中のたて方向に、主編地よりも締付パワーの大きいパワー強化編地を帯状に編成し、前記同様にパワー強化編地中に抜き糸を編み込んでおけば、、抜き糸を抜き取ることによって、複数の編地に分割され、かつ、分割されたパワー強化編地をほつれることのないヘム部として形成することができる。
【0016】
【実施例】以下、本発明の高ストレッチたて編地について、実施例をあげて具体的に説明する。まず、編地の物性測定方法を説明しておく。2.5センチ×17.0センチの試験片をたて・よこ方向にそれぞれ4枚採取し、2枚をパワー試験に、2枚を伸長試験に供した。
【0017】パワー試験;試験片を上部つかみ2.5センチ、下部つかみ3.5cm、引張間隔10cmとして定速伸長形引張試験機に取り付け、表1に示す条件で伸度を設定して30±2cm/minの速度で伸長回復を3回繰り返し、伸長回復曲線を描いた。この曲線から3回目における30%時の伸張力・緊迫力を読み取り、2点の和の平均を求め、荷重(gf)で表示した。
【0018】伸長試験; パワー試験と同様に試験片を定速伸長形引張試験機に取り付け30±2cm/minの速度で機械を操作し、2.25kgfの荷重をかけ、荷重1.0kgf・1.5kgf・2.25kgfの伸度を測定し、2点の平均値を求めた。
【0019】実施例1弾性糸として44dtexのポリウレタン糸を用い開き目のダブルニードルピラーステッチの二目編で、非弾性糸として22dtexの6ナイロン糸を用い閉じ目の1×1トリコットで、いずれもフルセットにして本発明高ストレッチたて編地を編成した。弾性糸のランナーを125cm/ラック、非弾性糸のランナーを120cm/ラックにして、外観上および感触に優れた編地を編成することができた。編成後に伸度および伸縮パワーを測定し次の結果を得た。
方 向 たて よこ 斜め右 斜め左 伸度(%) 220 190 206 204 伸縮パワー(gf) 71 70 64 57【0020】実施例2弾性糸として44dtexのポリウレタン糸を用い図3に示したのと同じ2目編と挿入とを繰り返し、非弾性糸として22dtexの6ナイロン糸を用い閉じ目の1×1トリコットで、いずれもフルセットにして本発明高ストレッチたて編地を編成した。弾性糸のランナーを105cm/ラック、非弾性糸のランナーを155cm/ラックにして、外観上および感触に優れた編地を編成することができた。編成後に伸度および伸縮パワーを測定し次の結果を得た。
方 向 たて よこ 斜め右 斜め左 伸度(%) 170 190 130 136 伸縮パワー(gf) 50 40 30 30【0021】
【発明の効果】本発明に係る高ストレッチたて編地は、たて方向、よこ方向、左右の斜め方向に、ほぼ同じ伸度と伸縮パワーを有し、回復性に優れ、薄く透明感がある。インナーウエア用、とくに軽くて小さいインナーウエア用の編地として好ましく用いられる。インナーウエアのほか、スポーツウエア、医療・介護用衣料に好適である。
【出願人】 【識別番号】593004094
【氏名又は名称】マツモト・テキスタイル株式会社
【出願日】 平成13年8月28日(2001.8.28)
【代理人】 【識別番号】100090505
【弁理士】
【氏名又は名称】中尾 充
【公開番号】 特開2003−73962(P2003−73962A)
【公開日】 平成15年3月12日(2003.3.12)
【出願番号】 特願2001−258588(P2001−258588)