トップ :: D 繊維 紙 :: D04 組みひも;レ−ス編み;メリヤス編成;縁とり;不織布

【発明の名称】 ガードルの作成法ならびにガードル
【発明者】 【氏名】越野 英隆

【要約】 【課題】ガードルの大腿部被覆部開口縁におけるレース等の飾り部材の別縫着をなくし、縫着の手間を省き、体裁を良好ならしめる。

【解決手段】抜き糸5により編み方向に対し直角方向に連接され、抜き糸5を挟む両側の伸縮性地編部の一方を地編部のまま隣接する単位素材の無地側Bとし、他方を伸縮性柄糸4を挿入した柄側Aとした編地を作成して、その抜き糸5を抜き、柄側Aに編み込まれた伸縮性柄糸4の収縮により山部と谷部よりなる波形形状を形成して該波形形状を大腿部被覆部開口縁に位置させ、ガードルを作成する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】編み方向に多数並列し、所要コース編成した後、隣りのウエールに移行し、所要コース編成して元のウエールに戻って同様に編成し、これを繰り返して隣接ウエール間で所要コースを単位として横振り編成した鎖編目列と、該編目列の各ウエールに挿入され、隣接ウエール間で所要コース毎に横振りして編み込まれた伸縮性糸条からなる伸縮性地編部を編み方向に直交する方向に複数区分して形成すると共に、互いに隣接した伸縮性地編部の間に抜き糸を挿入し、該抜き糸を挟む両側の地編部各端縁に夫々編み方向に鎖編目よりなる耳糸を延設し、かつ該耳糸より側方に突出する一方の地編部の前記伸縮性糸条を所要間隔で上記抜き糸に掛ける一方、対向する他の地編部の端縁では地編部内の複数ウエール間にわたり伸縮性糸条よりなる柄糸を所要コース毎に前記抜き糸に掛ける部分及び掛けない部分を交互に作成するようにして任意のコース深さに振り込み、柄部を編成して、編み方向に対し直交方向に連接された複数の編地を形成し、その後、抜き糸を抜くことにより、互いに隣接する編地が夫々複数の単位編地に分離され、分離された各単位編地の各柄部編成側端縁に山部と谷部の交互する波形形状を顕出させ、該波形形状端縁をもつ各伸縮性編地として、該編地の波形形状端部を大腿部開口縁部とし、レース等の飾り部材を用いることなく編地ガードルを作成することを特徴とするガードルの作成法。
【請求項2】鎖編目形成糸及び抜き糸ならびに耳糸にナイロン糸を用い、伸縮性糸条にポリウレタン弾性糸を用いると共に、柄糸に前記ナイロンに対し異染性のポリエステル糸又はポリウレタン糸を一部混入して用いる請求項1記載のガードルの作成法。
【請求項3】請求項1に記載された伸縮性地編部の単位素材により胴部被覆部と、腰部被覆部及び大腿部被覆部からなるガードル本体が形成されており、その大腿部被覆部の開口部端縁はレース地などの飾り部材を別縫着することなく柄糸の混入する模様部を有して端部が伸縮性糸条よりなる柄糸の編み込み深さにより山部と谷部の交互する波形形状に形成されていることを特徴とするガードル。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は着用者の腹部の張り出しを抑制し、胴部,腰部,腹部,ヒップ部などの体形を体裁良く整える婦人用下着、特にガードルの作成法ならびに該作成法により作成されたガードルに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来より婦人用下着として腹部の張り出しを抑制し、胴部,腹部,腰部,大腿部を夫々、抑圧して体形の体裁を整えるためガードルが広く用いられていることは周知である。このガードルは、従来、腹部押圧用の伸縮性を有する腹当て布と、腹側部ならびにヒップ部等を押圧する伸縮性の側面布ならびに背面布を主要部とすることによって縫製されて来たが、近時、装飾性を付加するため編地によるものが実用化され、ラッセル経編地の普及もあって経編編成生地によるガードルが多用されている。
【0003】この編地によるガードルは編み方向に並列して編成される鎖編目列と、該編目列間を連結する挿入糸を要部として、挿入糸に伸縮性弾性糸を用い、あるいはさらに柄糸などの各種糸を併用して胴部被覆部,腰部被覆部,大腿部被覆部を作成し、大腿部開口周縁部に別途作成した山,谷のスカラップ模様を有する伸縮性の編レースを飾り部材として所要幅、縫着して、この飾り部材により体裁を良好ならしめると共に着用者がガードル本体を被着した際に両足の大腿部にフィットして大腿部の形を整えるようにしている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記の如く、折角、ガードル本体を経編地で効率よく作成しても、大腿部被覆部下縁の波形形状を現出するため大腿部開口周縁に別途作成した編レースを使用することは、該編レースのガードル本体への縫着工程が必要であり、工程上、極めて煩雑であると共に、縫着に際しほつれ等を生じ易く、また体裁にも難があった。
【0005】従って、本発明は上述の如き実状に対処し、縫着工程を解消する手段を探求し、抜き糸の利用を見出すことによりガードルの大腿部開口縁における別途作成の飾り部材の縫着をなくし、ガードル作成時における縫着の手間,ほつれの懸念をなくし、かつ縫着による不体裁を解消してガードルの見栄えを良好ならしめることを目的とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】即ち、上記目的に適合する本発明は、1つは上記の如き改良されたガードルを作成する方法であり、他はこのようにして作成されたガードルである。請求項1の発明は前者の作成法であり、編み方向に多数並列し、所要コース編成した後、隣りのウエールに移行し、所要コース編成して元のウエールに戻って同様に編成し、これを繰り返して隣接ウエール間で所要コースを単位として横振り編成した鎖編目列と、該編目列の各ウエールに挿入され、隣接ウエール間で所要コース毎に横振りして編み込まれた伸縮性糸条からなる伸縮性地編部を編み方向に直交する方向に複数区分して形成すると共に、互いに隣接した伸縮性地編部の間に抜き糸を挿入し、該抜き糸を挟む両側の地編部各端縁に夫々編み方向に鎖編目よりなる耳糸を延設し、かつ該耳糸より側方に突出する一方の地編部の前記伸縮性糸条を所要間隔で上記抜き糸に掛ける一方、対向する他の地編部の端縁では地編部内の複数ウエール間にわたり伸縮性糸条よりなる柄糸を所要コース毎に前記抜き糸に掛ける部分及び掛けない部分を交互に作成するようにして任意のコース深さに振り込み、柄部を編成して、編み方向に直交する方向に連接された複数の編地を形成し、その後、抜き糸を抜くことにより、互いに隣接する編地が夫々複数の単位編地に分離され、分離された単位編地の各柄部編成側端縁に山部と谷部の交互する波形形状を顕出させ、該波形形状端縁をもつ各伸縮性地編部として、その波形形状端部を大腿部開口縁部とし、レース等の飾り部材を用いることなく編地ガードルを作成することを特徴とする。
【0007】請求項2の発明は上記ガードルの作成において、鎖編目形成糸及び抜き糸ならびに耳糸にナイロン糸を用い、伸縮性糸条にポリウレタン弾性糸を用いると共に、柄糸に前記ナイロンに対し異染性のポリエステル糸又はポリウレタン糸を一部混入して用いる具体的な作成法である。
【0008】また請求項3に係る発明は上記作成法により作成されるガードルであり、上記請求項1に係る発明における伸縮性地編部の単位素材により胴部被覆部と、腰部被覆部及び大腿部被覆部からなるガードル本体が形成されていると共に、その大腿部被覆部の開口部端縁はレース地などの飾り部材を別縫着することなく柄糸の混入する模様部を有して端部が伸縮性糸条よりなる柄糸の編み込み深さにより山部と谷部の交互する波形形状に形成されている構成からなる。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、更に添付図面を参照し、本発明の具体的実施の形態を説明する。
【0010】図1は本発明作成法により作成されるガードルの1例で、Gは胴部被覆部aと、腰部被覆部b及び大腿部被覆部cからなるガードル本体であり、胴部被覆部a及び腰部被覆部bの主要部は無地部、大腿部被覆部cは柄模様を有する柄部となっているが、胴部被覆部a,腰部被覆部bに対し適宜、柄模様を付与することを全く排除するものではない。しかし、ここでは一応、無地部として柄部と区別することにする。また、本発明においては上記の如く胴部,腰部,大腿部に区分しているが、厳密な意味での胴,腰,大腿に限るものではなく、ウエスト部,ヒップ部,臀部などと同様であると考えてよい。
【0011】しかして、本発明においては上記の如きガードル本体1の大腿部被覆部cの開口端縁が図示の如き波形形状の端縁dを形成しているが、この波形形状の端縁dは別作成の編レースの縫着によることなくガードル本体より連続した編地自身の波形形状によって形成されている。
【0012】図2,図3は上記の如き柄部をもつ大腿部被覆部c端縁に山部と谷部を形成する波形形状を連続一体に形成させたガードルの山部,谷部の各編成態様を示す編組織である。これら図に示されるように本発明はラッセル機などの経編機を用いて編成されており、1は編み方向に多数並列し所要コース編成した後、隣りのウエールに移行し、該ウエールで所要のコース編成して元のウエールに戻って同様に編成し、これを繰り返して隣接ウエール間で所要コースを単位として横振り編成した鎖編目列を形成する鎖編目列形成糸、2は前記編目列の各ウエールに挿入され、隣接ウエール間で所要コース毎に横振りして編み込まれた挿入糸で、この挿入糸2はポリウレタン弾性糸の如き伸縮性糸条が用いられていて、上記鎖編目列形成糸1と挿入糸2により伸縮性を有する地編部が、図では夫々、左右2列(但し、図示は一部である。)であるが、編み機の全幅において編み方向に直交する方向に複数に区分されて複数列の地編部が形成されるようになっている。なお、この区分された各地編部は夫々、ガードルの作成に際し、ガードルを型取りする単位素材として適当な長さとなっている。
【0013】図2,図3は夫々、前述のように隣接する2列の単位素材の夫々一部を示しているが、上記隣接した単位素材の地編部には夫々、端部に耳糸3が編み方向に延びる鎖編目を形成して夫々の端部を止着している。
【0014】以上のような構成において、本発明は特に一方の地編部、即ち、図における右側の地編部の端部のみに柄糸4が任意のコース深さに横振りして編み込まれて柄部を形成していると共に、隣接する左右の地編部、即ち、無地側Bと柄側Aの間には抜き糸5が編み方向に鎖編目を形成して挿入されている。この場合、柄糸4には各ウエールに挿入された伸縮性糸条と同じくポリウレタン弾性糸などの伸縮性糸条が用いられ、抜き糸5には前記の鎖編目形成糸1や耳糸3と同じく、例えばナイロン,ポリエステルの如き通常の合成繊維糸が用いられる。しかも、上記の抜き糸5には編成時、一方の柄部でない無地側Bの地編部においては側縁より突出する伸縮性糸条の挿入糸2が掛けられるように編成されており、他方の柄側の地編部の側縁においては、図2では数コース毎に耳糸3より突出する柄糸4が前記の抜き糸5に前記伸縮性糸条挿入糸2の掛かっている中間に、該挿入糸2と交互になるようにして掛けられて編成されているが、図3では柄糸4は全く抜き糸5に掛かることなく隣接した無地側の地編部とつながらなくなっている。
【0015】前者の図2の柄糸4が中間の抜き糸5に掛けられている編組織は抜き糸5を抜いた時、山部(図4のm参照)を形成する部分であり、一方、柄糸4を抜き糸5に掛けることなく、従って抜き糸5を挟み隣接した地編部側の編地とは全くつながらなくなっている編組織は谷部(図4のn参照)を形成する部分である。
【0016】通常、上記の編成において、好ましい糸使いとしては、地編部の鎖編目列形成糸1はナイロン等の30〜50d、好ましくは40dのフィラメント糸が、挿入糸2と柄糸4には210dのポリウレタン弾性糸が、また、耳糸3は細く20d位のナイロン等のフィラメント糸が、そして抜き糸5には140d位のナイロン等のフィラメント糸が用いられるが、これらはガードルの種別に合わせ、夫々、適切なものを選択し得ることは勿論である。
【0017】かくして、図2の編組織により抜き糸5を抜いた時、柄糸4の伸縮性糸条の伸縮の度合から山と谷の交互する波形形状の山部mを形成し、一方、図3の編組織では抜き糸5を抜いた時、柄糸4の収縮により谷部nを形成して、図4に示す如き両地編部の端部は夫々、山mと谷nの交互する波形形状が得られるようになっている。
【0018】そこで、上記の編地よりガードルを作成するにあたっては、経編機の巾方向に複数列並列して編成される上記図2,図3の編組織を編み方向に交互に有する複数列の編地を、抜き糸5を抜き夫々に分離することにより胴部及び腰部とさらに大腿部の一部被覆する範囲の無地側の伸縮性地編部と、大腿部被覆部の柄部分に相当する柄側編地が編機巾方向に対し一連の連続編地となっている単位素材を得て、その無地側伸縮性地編部で前記胴部被覆部,腰部被覆部と大腿部被覆部の一部を作成すると共に、柄部を含む柄側地編部の柄部端を波形形状をなす開口縁の端縁として配置し、ガードルを作成する。かくて、本発明においては、大腿部被覆部の開口縁に別に作成された編レース等の飾り部材を縫着することなく、レースの飾りの凹凸と同様の波形形状の飾り部材を有するガードルを形成することができる。
【0019】以上、本発明の具体的態様について種々説明して来たが、本発明は上記の態様に限定されるものではなく、その目的を逸脱しない範囲において種々の変形が可能であることは云うまでもない。
【0020】
【発明の効果】本発明は以上のように従来、別途作成のレース地等を縫着していたガードルの大腿部被覆部開口部端縁部の飾り部材をガードル本体に連続する一連の編地によって形成するようにしたものであり、編み方向と直角方向に複数並列して編成される複数の伸縮性地編部の間に抜き糸を配置し、その両側を無地側地編部,柄側地編部として、それら地編部の伸縮性糸条の挿入糸を抜き糸にかけ、更に柄糸を抜き糸に掛けるようにして山部を、また抜き糸に掛けないようにして谷部を形成するようにしたため、抜き糸を抜くだけでガードル作成の単位素材が得られ、極めて効率的であると共に、従来のレース等の飾り部材が編地と一体となって縫着部を有しておらず、従って縫着部による不体裁は全く解消され、婦人用下着の美観,体裁を良好ならしめる顕著な効果を有している。とりわけ、本発明方法は経編機により大量のガードル用素材を一度に作ることができるので、生産性向上に頗る有利である。
【出願人】 【識別番号】593046212
【氏名又は名称】北陸エステアール協同組合
【出願日】 平成13年7月9日(2001.7.9)
【代理人】 【識別番号】100066496
【弁理士】
【氏名又は名称】宮本 泰一
【公開番号】 特開2003−20550(P2003−20550A)
【公開日】 平成15年1月24日(2003.1.24)
【出願番号】 特願2001−207842(P2001−207842)