トップ :: D 繊維 紙 :: D04 組みひも;レ−ス編み;メリヤス編成;縁とり;不織布

【発明の名称】 リブ編地の増目方法及び当該方法で増目されたリブ編地
【発明者】 【氏名】岡本 一良
【住所又は居所】和歌山県和歌山市坂田85番地 株式会社島精機製作所内

【要約】 【課題】孔があくことがなく、ワイドリブ編地の目減らしがウェール単位で行えるようにしたワイドリブ編地の内増やし方法と、その方法で内増やしされたリブ編地を提供できるようにすることを目的とするものである。

【解決手段】既存のループを挟んで形成された増目の1部を形成し、既存のループを挟んで形成されたループを交差させすることにより増目ループ列を形成した後、更に他方の裏目または表目が2目以上連続して形成されたループ列の場合には既存のループを挟んで増目することにより増目ループ列を形成し、これら増目ループ列を隣接する既存のループ列の編組織に合わせて前後のニードルベッドに振り分けるようにした
【特許請求の範囲】
【請求項1】少なくとも前後一対に配設され、いずれか一方または双方が移動可能なニードルベッドを有する横編機で編成されるリブ編地を形成する表目と裏目が2目づつ交互に配置される2×2リブ編地において、ループを移動させて編幅内に空針を形成し該空針に新たにループを形成する増目方法であって、表目が2ウェール連続して形成される表目ループ列と該表目ループ列に隣接し、裏目が2ウェール連続して形成される裏目列の4目により構成される1ユニットの増目対象ループに対して以下のことを行うことを特徴とする増目方法1)ループの移動を行って裏目ループ列の既存のループの両側に夫々1本ずつ空針を形成する工程2)前記工程1で形成した空針の夫々に捻られた状態で増目を形成して増目対象ループを6目とする工程3)増やされた増目対象ループの内、表目ループ列の表目ループ2目と隣接する裏目ループ列の裏目ループ2目を、表目ループ列のループが表側に重なるように交差させる工程4)工程3の交差により交差の下側に重ねられた裏目ループ列の既存のループの両側にそれぞれ1目づつ空針を形成する工程5)前記工程4で形成した空針のそれぞれに捻られた状態で増目をして増目対象ループを8目とする工程6)工程5で新たに形成されたループを含む4目のループを、隣接するウェールの編組織に合わせ、表目ループ列と裏目ループ列が交互に配置されるように2目づつ表目ループ列と裏目ループ列に振り分ける工程【請求項2】請求項1に記載の増目方法により増目が形成されてなる増目されたリブ編地。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、編針を進退摺動可能に収納したニードルベッドを前後に配置した横編機を使用して編まれるリブ編地の増目方法及び当該方法で増目されたリブ編地に関する。尚、本発明では空針に給糸して編針に編糸を掛止させる工程を空針ニットと言い、この空針に形成されたループを空針ニットループという。
【0002】
【従来の技術】一般に、横編機で編地を編成する過程で、編地のウェール数を増加させることにより成形編等を行うことが行われ、このため新たに編目ループを形成する増し目が行われる。増し目は、編地端の外側に位置する空針に新たに編目ループを形成しながら徐々に編幅を広げる方法(以下、外増やしという)と、編地端の最側端ウェールを含む適宜ウェール数の編目群を編幅外側へと移動させ、この過程で発生する編成領域内の空針に編目を形成して編幅を広げる方法(以下、内増やしという)とがある。
【0003】外増やしでは、増し目により編地の端縁部に新たなウェールが形成され、編地の端縁部が不揃いとなる。これに対して、内増やしでは編地の内部に新たなウェールが形成され、端縁部には均斉のとれたウェールが現れるので、編地の端縁が綺麗に揃った仕上がりとなる。したがって編成完了後、編地の端縁部同士を縫製する等の後処理後の仕上がりの美しさや、作業効率の点で、内増やしは外増やしに対して優れており、一般に内増やしが用いられる。
【0004】図1に示す全体が2×2ワイドリブ組織で編成される編地における減らし編成と増やし編成を説明する。図1に示す編地1は矢印方向に編成が行われ、前身頃を裾側から肩に向かって編成した後、後身頃を肩から裾に向かって編成される。編地の左右のアームホールに沿って、前身頃2では減らし編成、後身頃3では増やし編成が行われる。2×2ワイドリブ組織における減らし編成は図8の(A)で示す前身頃の左側のように、白丸で示す表目ウェールのループ2目と黒丸で示す裏目ウェールのループ2目を1ユニットとし、一度減らしを行う毎に1ユニット4目を単位として減らしを行う。一方、後身頃で行う増目編成では、表目2目裏目2目の計4目を1度に増目すると、その増目箇所に孔が開くため、図8の(B)■〜■に示すように1目増目を4度繰り返して4目の増目を形成する。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】上記したように従来の増目方法では1目増目を4度繰り返して4ウェールの増目を形成するため、上記1度に4目の減らしを行った減らしラインに比べ増目ラインは緩やかな傾斜となる。したがって、前身頃の減らし箇所と後身頃の増やし箇所ではリブウェールの模様が異なり商品価値を落とす原因となっている。上記した問題はニットウェアにダーツを形成する場合にも発生し、この場合には減らし箇所と増やし箇所の両方が接近した箇所に形成されるため更に目立ってしまう。
【0006】本発明は上記問題に鑑みて提案されたもので、増目箇所に孔が開くことなく、所定本数の表目のループが連続配置される表目ウェール列と所定本数の裏目ウェール列を1ユニットとしてユニット単位で増やしを行うことができるワイドリブ編地の内増やし方法とその方法で内増やしされたリブ編地を提供できるようにすることを目的とするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために本発明にかかるリブ編地の増目方法は、少なくとも前後一対に配設され、いずれか一方または双方が移動可能なニードルベッドを有する横編機で編成されるリブ編地を形成する表目と裏目が2目づつ交互に配置される2×2リブ編地において、ループを移動させて編幅内に空針を形成し該空針に新たにループを形成する増目方法であって、表目が2ウェール連続して形成される表目ループ列と該表目ループ列に隣接し、裏目が2ウェール連続して形成される裏目列の4目により構成される1ユニットの増目対象ループに対して以下のことを行うことを特徴とする増目方法1)ループの移動を行って裏目ループ列の既存のループの両側に夫々1本ずつ空針を形成する工程2)記工程1で形成した空針の夫々に捻られた状態で増目を形成して増目対象ループを6目とする工程3)増やされた増目対象ループの内、表目ループ列の表目ループ2目と隣接する裏目ループ列の裏目ループ2目を、表目ループ列のループが表側ニードルプレート重なるように交差させる工程4)工程3の交差により交差の下側に重ねられた裏目ループ列の既存のループの両側にそれぞれ1目づつ空針を形成する工程5)前記工程4で形成した空針のそれぞれに捻られた状態で増目をして増目対象ループを8目とする工程6)工程5で新たに形成されたループを含む4目のループを、隣接するウェールの編組織に合わせ、表目ループ列と裏目ループ列が交互に配置されるように2目づつ表目ループ列と裏目ループ列に振り分ける工程からなるものである。
【0008】また本発明にかかるリブ編地は、上記した増目方法により増目が形成されてなるものである。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。本実施例では、少なくとも前後一対に配設され、いずれか一方または双方が左右にラッキング可能な横編機を使用し前後両方の針床の針に糸を供給して、表目と裏目とがそれぞれ2つづつで形成される所謂2×2のリブ編地による編地を編成する。この編地1は、図1に示すようにセータやベスト等の前身頃2と後身頃3とを連続して編成してなるもので図上下端から上端に向けて2×2ワイドリブ編み組織により編成されている。そして下端から編成された編地1はその中間部分、即ち、図上点線4で示す肩部分で最小の幅になるようにえぐられた形状になっている。
【0010】このえぐり部分5は下端からはリブ編みの2目の表目群と2目の裏目群からなる前記ユニット単位で編み幅が縮小され、一点鎖線の上方では前記ユニット単位で編み幅が拡大されて形成される。例えば、リブ編みの目減らしは、裏目に2ループを隣接する裏目の2ループに重ね、表目の2ループを隣接する表目の2ループに重ね、これら重ねあわされたループに新たなループを形成するという目減らしの手法で行われる。以下、図1中、一点鎖線4で示す方部分までの編成が完了した時点から目増やし編成を説明する。
【0011】上記ユニットごとの目増やしは図2乃至図6に示す左端の数字で表した編成コースにより行われる。ここで図2中の編成コース0を前後のニードルベッドの基準位置とし、その上下に英文字を付してある上段の英文字は後方のニードルベッドの編針及びこれに掛止するループを下段の英文字は前方のニードルベッドの編針及びこれに掛止するループを示すもので編成コース1から図6の編成コース22では便宜上英文字は主要部のみ表示してある。また、ニードルベッドに収納される編針の本数も説明の便宜上、実際の数よりも少なく表示してあり、図2中中央の点線6は編地1の中央を示す。
【0012】編成コース0で示すように、図1中一点鎖線4で示す肩部分以降ヤーンフィーダ(図示せず)を、編み幅間を往復させ、前方のニードルベッドの編針C〜bと後方のニードルベッドの編針E〜Zの所定の編針(2本置き)に編糸がジグザグに供給されて、リブ編みが内増やしを行う個所まで編成される。リブ編みが内増やしを行う個所になると、編成コース0でループが掛止されていた後方のニードルベッドの編針I及びVを空針にするために、それより端側のループを外側に移動させる(編成コース1参照)。
【0013】編成コース2では更に前方のニードルベッドの編針G及びXを空針にするために、それより端側のループを前記と同様にして外側に移動させる。編成コース3で前方のニードルベッドの編針Gより外方のリブ編み部分に編糸が左から右に給糸されてリブ編みの1部が編成され空針となった後方のニードルベッドの編針Iに編成コース4で右から左に向けて給糸される編糸により空針ニットループ10が形成される。
【0014】編成コース5で後方のニードルベッドの空針Gに左から右に給糸された編糸で空針ニットループ11が形成された後、隣接する後方のニードルベッドの編針Hに給糸し、続けて後方のニードルベッドの編針Iの空針ニットループ10を飛ばした状態で後方のニードルベッドの編針Uまでの間に編糸が左から右へ給糸されてリブ編みが編成される。編成コース6では後方のニードルベッドの空針Xに右方から左方に給糸された編糸で空針ニットループ12が形成され編成コース7で後方のニードルベッドの空針Vに左方から右方に給糸された編糸で空針ニットループ13が形成された後、隣接する後方のニードルベッドの編針Wに給糸し、続けて後方のニードルベッドの空針ニットループ12を飛ばした状態で給糸された編糸で編針Yから外方のリブ編地が編成される。
【0015】ここで上記編成コース4で後方のニードルベッドの空針Iと編成コース6で後方のニードルベッドの空針Xにおいて空針ニットを行う際には、その近傍のリブ編みの給糸方向とは異なる方向から空針ニットさせて捻られた状態の空針ニットループ10・12として形成し、編成コース5と編成コース7で後方のニードルベッドの編針I及び編針Xの空針ニットループを飛ばしてループを形成してあるのは、続く編成において新たなループが形成された時にこれら新たに形成された空針ニットループ同士が絡合して孔が開くのを防止するためである。
【0016】次に、編成コース8では上記空針ニットループ11・10・13・12を含む前後の編針に右方から左方に供給された編糸で新たなループが形成された後、編成コース9で前方のニードルベッドのループ20・21・22・23がこれに対面する後方のニードルベッドの編針K・L・S・Tに移される。編成コース10で後方のニードルベッドを右方に2ピッチ移動させた後、後方のニードルベッドの編針S・Tのループ22・23を前方のニードルベッドの編針U・Vに移し、編成コース11で後方のニードルベッドを基準の位置から左方に2ピッチ、編成コース10からは左方に4ピッチ移動させ後方のニードルベッドのループ20・21を前方のニードルベッドの編針I・Jに後方のニードルベッドのループ24・13を前方のニードルベッドの編針S・Tに移す。
【0017】編成コース12では後方のニードルベッドを基準位置から右方に2ピッチ移動させ後方のニードルベッドのループ10・25を前方のニードルベッドの編針K・Lに移し、編成コース13で前後のニードルベッドに渡って編糸が供給されて新たなループが形成され、増目形成前の図7の■の状態から■の状態となる。この状態では2目から4目に増やされた裏目の内、右側の2目が表目2目と交差し、更に編成コース13で次の編成コースのループを形成することにより表目4目が連続する状態となる。編成コース14で、前方のニードルベッドの編針K・Tを空針にするために、前方のニードルベッドの編針K・Tの外側部分のループを外側に移動させ編成コース15で前方のニードルベッドの編針I・Vを空針にするために、前方のニードルベッドの編針I・Vより外側部分のループを外側に更に移動させる。すると、編成コース0で前方のニードルベッドの編針C・Dに掛止されていたウェールは編成コース15の終了時には編針y・zに同じく編針a・bのウェールは編針e・fに掛止されて広がった状態になる。
【0018】そして編成コース16で前方のニードルベッドの編針Vより外側部分の前後の編針に編糸が右方から左方に向けて給糸されて当該部分に2×2のワイドリブ編が形成される。編成コース17で前方のニードルベッドの空針Tに編成コース16の給糸方向とは逆に、左方から右方に給糸された編糸で空針ニットループ26が形成された後編成コース18で左方に給糸された編糸で前方のニードルベッドの空針Vに空針ニットループ27が形成された後、隣接する前方のニードルベッドの編針Uに給糸し、続けて前方のニードルベッドの空針ニットループ26を飛び越した状態で給糸され当該部分に新たなループが形成される。尚、符号27は空針Vに形成された空針ニットループである。
【0019】編成コース19で前方のニードルベッドの空針Iに編成コース18の給糸方向とは逆に、左方から右方に給糸された編糸で空針ニットループ28が形成された後編成コース20で前方のニードルベッドの空針Kに編成コース19の給糸方向とは逆に、右方から左方に給糸された編糸で空針ニットループ29が形成されると同時に、空針ニットループ29が形成された後、隣接する前方のニードルベッドの編針Jに給糸し、続けて空針ニットループ28を飛び越した状態で給糸され当該部分に新たなループが形成される。しかる後、編成コース21で前方のニードルベッドの編針I・Jのループを後方のニードルベッドの編針I・Jに前方のニードルベッドの編針UVのループを後方のニードルベッドの編針UVにそれぞれ移した後、編成コース22で前後のニードルベッドの編針に給糸して2×2のリブ編みのループを形成すると2×2のリブ編の内増やしが終了するのである。
【0020】編成コース22が完了した状態では図7の■の状態となる。この状態では、2目から4目に増やされた表目の内、左側の2目に続き編成コース22で次の編成コースのループを形成することで図7の■状態から更に2目増やされ、表目2目、裏目2目の1ユニット分の目増やしが完了する。斯くして内増やしされた2×2のリブ編の内増やし部分は、編成コ一ス10から12の編目の移動により表目のウェールと裏目のウェールが交差するが、交差の下側ニードルプレート重なる側のループを裏目として形成することで、交差によるこの部分の膨らみを小さくすることができる。しかしながら本発明はこうしたものに限られず、交差の下側に重なるウェールが表目のウェールとして形成されていてもよいことはむろんである。
【0021】また、上記編成に加えて、交差の上側に重なるウェールのループを交差の下側に重なるウェールのループより適宜コース多めに編んでおく分離編みを必要に応じて行えば交差部分が突っ張るのを防ぐことができる。上記したように本実施例の増目方法では、目増やしを行う箇所で、表目が2ウェール連続して形成される表目ループ列と該表目ループ列に隣接し、裏目が2ウェール連続して形成される裏目列の4目により構成される1ユニットの増目対象ループに対して、ループの移動を行って裏目ループ列の既存のループの両側に夫々1本ずつ空針を形成し、この空針の夫々に捻られた状態で増目を形成して増目対象ループを6目とし、増やされた増目対象ループの内、表目ループ列の表目ループ2目と隣接する裏目ループ列の裏目ループ2目を、表目ループ列のループが表側ニードルプレート重なるように交差させ、交差の下側に重ねられた裏目ループ列の既存のループの両側にそれぞれ1目づつ空針を形成し、この空針のそれぞれに捻られた状態で増目をして増目対象ループを8目とする。
【0022】次いで、新たに形成されたループを含む4目のループを、隣接するウェールの編組織に合わせ、表目ループ列と裏目ループ列が交互に配置されるように2目づつ表目ループ列と裏目ループ列に振り分けるようにしてあるので、この編成により目増やしが行われた増目箇所では、前記表目と表目、裏目と裏目が重なるように1ユニット単位で目減らしを行って形成した目減らしラインを逆方向から見たかのような目増やしラインが形成される。尚、上記した実施例においては、例えば図2の編成コース0から編針C〜Hに掛止されるループを左側に2ピッチ、編針Iに掛止されるループを左側に1ピッチ移動させて図2の編成コース3に示すように空針としているが、空針とする編針は上記した実施例に示した編針に限定されず、既存のループを挟んでその両側に位置する編針を空針とすればよい。例えば図2の編成コース0の状態から編糸C〜Iに係止されるループを左側に2ピッチ、編針Jに係止されるループを左側に1ピッチ移動させて前方のニードルベッドの編針H及び編針Jを空針とすることもできる。このように上記した実施例の各部での編成は発明の主旨を逸脱しない範囲内において適宜変更可能である。
【0023】
【発明の効果】以上に説明したように本発明によれば、ループの移動を行って裏目ループ列の既存のループの両側に夫々1本ずつ空針を形成し、この空針の夫々に捻られた状態で増目を形成して増目対象ループを6目とする。次に、増やされた増目対象ループの内、表目ループ列の表目ループ2目と隣接する裏目ループ列の裏目ループ2目を、表目ループ列のループが表側ニードルプレート重なるように交差させ、交差により交差の下側に重ねられた裏目ループ列の既存のループの両側にそれぞれ1目づつ空針を形成し、形成された空針のそれぞれに捻られた状態で増目をして増目対称ループを8目とする。そして新たに形成されたループを含む4目のループを、隣接するウェールの編組織に合わせ、表目ループ列と裏目ループ列が交互に配置されるように2目づつ表目ループ列と裏目ループ列に振り分けるようにしてあるので、増目箇所では表目と表目、裏目と裏目が重なるように重ねて1度に1ユニット分の減らしを行う減らしラインを逆から見たのと同じような増やしラインが形成される。このように本発明では、減らしと同様の傾斜ラインを形成される増目箇所を形成可能で、増目箇所に孔が発生しない。したがって、前後身頃のいずれか1方の身頃で目減らしを行い、他方の身頃で目増やしを行う場合でも前身頃のウェール列と後身頃のウェール列の模様に大きな差が発生せず商品価値の高い編地が編成可能となる。
【出願人】 【識別番号】000151221
【氏名又は名称】株式会社島精機製作所
【住所又は居所】和歌山県和歌山市坂田85番地
【出願日】 平成13年6月15日(2001.6.15)
【代理人】 【識別番号】100076406
【弁理士】
【氏名又は名称】杉本 勝徳 (外1名)
【公開番号】 特開2003−3352(P2003−3352A)
【公開日】 平成15年1月8日(2003.1.8)
【出願番号】 特願2001−181965(P2001−181965)