トップ :: A 生活必需品 :: A61 医学または獣医学;衛生学

【発明の名称】 皮膚外用剤
【発明者】 【氏名】小路 哲生
【住所又は居所】兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目13番地の1 株式会社ノエビア神戸本社内

【氏名】前田 速
【住所又は居所】兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目13番地の1 株式会社ノエビア神戸本社内

【氏名】花野 彰紀
【住所又は居所】兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目13番地の1 株式会社ノエビア神戸本社内

【要約】 【課題】皮膚外用剤には種々の有効成分が配合されている。従来の保湿効果や肌荒れ改善効果を薬効とした皮膚外用剤は、その保湿効果、肌荒れ改善効果が必ずしも十分ではなく、より優れた有効成分の開発が求められていた。本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、その課題は、保湿性に優れ、肌荒れ改善効果に優れた皮膚外用剤を提供することに有る。

【解決手段】保湿性に優れ、肌荒れ改善効果に優れた成分を得るべく鋭意研究を重ねた結果、ハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から得られる成分が、保湿性に優れ、肌荒れ改善効果に優れていることを見出し、本発明を完成するに至った。
【特許請求の範囲】
【請求項1】ハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から得られる成分を含有する皮膚外用剤。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、保湿性に優れ、肌荒れ改善に優れた皮膚外用剤に関する。
【0002】
【従来の技術】皮膚外用剤には種々の有効成分が配合されている。保湿効果、肌荒れ改善効果はその薬効のひとつであり、これらの薬効を目的とした化粧品などの皮膚外用剤の有効成分としては、従来より、アミノ酸や多糖、脂質、植物抽出エキスなどが皮膚の炎症や角質層の水分の消失を防ぐ能力に優れているために用いられてきた。植物抽出エキスとしては、アロエエキス、オウバクエキス、キョウカツエキス、クズエキス、甘草エキス、コウホンエキス、サイコエキス、センキュウエキス、トウキエキス、人参エキス、ヨクイニンエキスなどが知られている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記の有効成分を含有する皮膚外用剤はいずれにおいてもその保湿効果、肌荒れ改善効果は必ずしも十分ではなく、より優れた有効成分の開発が求められていた。本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、その課題は、保湿性に優れ、肌荒れ改善効果に優れた皮膚外用剤を提供することに有る。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明者らは、上記課題を解決するために、保湿性に優れ、肌荒れ改善効果に優れた成分を得るべく鋭意研究を重ねた結果、ハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から得られる成分が、保湿性に優れ、肌荒れ改善効果に優れていることを見出し、本発明を完成するに至った。
【0005】すなわち、本発明は、ハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から得られる成分を含有する皮膚外用剤を提供するものである。
【0006】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を説明する。
【0007】ハマザクロ科(Sonneratiaceae)は2属10種からなる植物で、熱帯、亜熱帯の多雨林または山地林に生える高木である。
【0008】ハマザクロ(Sonneratia alba J.Sm.)は、マングローブに生える常緑高木で、大きなものでは高さ20mになる。泥の中を水平に伸びる根から、多数の筍に似た根を垂直に上方に伸ばす。葉は革質で厚く、卵型から卵状楕円形で、花は夕方に開き、日中は閉じる。ハマザクロ(Sonneratia alba J.Sm.)はマヤプシキとも言うが、これは西表島の方言名で「猫ヒルギ」の意味である。若葉や果実は食用になり、防潮、防風、護岸などのためにしばしば植栽されている。
【0009】インドから東南アジア、太平洋諸島に分布しているナンヨウマヤプシキ(Sonneratia caseolaris(L.)Engl.)は、常緑の小高木で、若い果実は酸味があり、カレー料理にも利用される。
【0010】また、ムベンハマザクロ(Sonneratia apetala Buch.Ham.)は、インド、バングラディッシュ、ミャンマーに分布する中程度の高木で、葉は狭い卵型ないし長楕円形で、先端へ向かって狭くなる。花は、この属の中では最も小さく、径1.5〜2.0cmで、花弁が無い。
【0011】グリフィスハマザクロ(Sonneratia griffithii Kurz.)は、バングラディッシュ、ミャンマー、タイのアンダマン海沿岸域にのみ見られる種で、葉が丸く、質はやや厚いが脈が目立つ。葉の色が濃い緑色で、マングローブ林の奥にわずかに見られる。
【0012】ニューギニア、オーストラリア、西太平洋地域にわずかに分布することが知られているグルンガイハマザクロ(Sonneratia gulngai N.C.Duke)は、ナンヨウマヤプシキ(Sonneratia caseolaris(L.)Engl.)とハマザクロ(Sonneratia alba J.Sm.)の自然雑種と言われている。ナンヨウマヤプシキ(Sonneratia caseolaris(L.)Engl.)のように花弁や雄しべの花糸が赤いことや、果実がハマザクロ(Sonneratia alba J.Sm.)と同じなど、両者の形質を備えた種である。
【0013】ホソバハマザクロ(Sonneratia lanceolata Bl.)も珍しい種で、オーストラリアとニューギニアのみで見られる。葉は長卵型で先がやや狭くなり、縁が外側にわずかに巻き込むものが多い。果実が他の種と違ってやや扁平であることや、花弁がないことなどから区別しやすい。オーストラリアではマックアイバー川の上流域にわずかに見られる珍しい種である。
【0014】マルバマヤプシキ(Sonneratia ovata Back.)は、丸みのある厚い葉で、基部がやや切り形というか湾入するような形になり、縁が濃い。果実は大きく、茶碗形のような形となる。中国、マレーシアからニューギニアまでの範囲に広く分布し、タイではアンダマン海側のマングローブ林の奥、泥の深いところに生育している。
【0015】また、ヒマラヤ東部からニューギニアにかけて分布するドゥアバンガ属は、常緑または落葉の高木で、3種が確認されている。ドゥアバンガ・グランディフロラ(Duabanga grandiflora Walp.;Duabanga sonneratioides Buch.-Ham.)は、落葉の高木で幹は垂直に立ち、高さ10〜40mになる。材は建築材や茶箱に用いられ、果実は酸味があり、食用にされることがある。ボルネオからニューギニアにかけての広い範囲に分布するドゥアバンガ・モルカナ(Duabanga moluccana Bl.)は高さ50〜60mになる大高木で、成長が早く、日本では心材が合板の芯用材や梱包用材として用いられている。
【0016】次に、ハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から成分を得る方法について説明する。上記の植物は、各種の全草又はその葉、幹、茎、枝、枝葉、果皮、果実、樹皮、樹液、種子、根茎、根皮、根、花穂、頭花、花などの1又は2以上の箇所を生のまま若しくは乾燥させて使用する。ハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から成分を得る方法としては、植物体をこのまま用いてもよく、また、圧搾などの処理物を得てもよいし、抽出溶媒を用いて抽出してもよい。抽出溶媒としては特に限定されず、水、エタノール、メタノール、イソプロパノール、イソブタノール、n-ヘキサノール、メチルアミルアルコール、2-エチルブタノール、n-オクチルアルコール等の1価アルコール類、グリセリン、エチレングリコール、エチレングリコールモノメチルエーテル、プロピレングリコール、プロピレングリコールモノメチルエーテル、プロピレングリコールモノエチルエーテル、トリエチレングリコール、1,3-ブチレングリコール、へキシレングリコール等の多価アルコール又はその誘導体、アセトン、メチルエチルケトン、メチルイソブチルケトン、メチル-n-プロピルケトン等のケトン類、酢酸エチル、酢酸イソプロピル等のエステル類、エチルエーテル、イソプロピルエーテル、n-ブチルエーテル等のエーテル類、スクワラン、ワセリン、パラフィンワックス、パラフィン油などの炭化水素類、オリーブ油、小麦胚芽油、米油、ゴマ油、マカダミアンナッツ油、アルモンド油、ヤシ油等の植物油脂、牛脂、豚脂、鯨油等の動物油脂などが例示される。また、リン酸緩衝生理食塩水等の無機塩類を添加した極性溶媒や界面活性剤を添加した溶媒を用いることもでき、更に、水、二酸化炭素、エチレン、プロピレン、エタン、プロパン、一酸化二窒素、クロロジフルオロメタン、クロロトリフルオロメタン、キセノン、アンモニア、メタノール、エタノールなどの1種又は2種以上の超臨界流体、若しくは亜臨界流体を用いてもよく、特に限定されない。
【0017】抽出の際の植物と溶媒との比率は特に限定されないが、植物1に対して溶媒0.1〜1000重量倍、特に抽出操作、効率の点で、0.5〜100重量倍が好ましい。また抽出温度は0℃から溶媒の沸点以下の範囲とするのが便利であり、抽出時間は抽出温度などにより異なるが1時間〜2週間の範囲とするのが好ましい。
【0018】このようにして得られたハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から得られる成分は、各成分をそのまま用いることもできるが、その効果を失わない範囲で、脱臭、脱色、濃縮などの精製操作を加えたり、さらにはカラムクロマトグラフィーなどを用いて分画物として用いてもよい。これらの抽出物や精製物、分画物は、これらから溶媒を除去することによって乾固物とすることもでき、さらに、アルコールなどの溶媒に可溶化した形態、或いは乳剤の形態で用いることができる。
【0019】本発明においては、ハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から得られる成分を皮膚外用剤に配合することにより、優れた皮膚の保湿効果や肌荒れ改善効果を発揮することができる。
【0020】ハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から得られる成分の皮膚外用剤への配合量としては、一般に、0.000001重量%〜10.0重量%であり、好ましくは、0.00001重量%〜5.0重量%、さらに好ましくは0.0001重量%〜1.0重量%である。
【0021】本発明のハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から得られる成分を皮膚外用剤として使用する場合、クリーム、軟膏、ローション、乳液、固形状、散剤など任意の剤型とすることができ、化粧水、乳液、美容液、保湿クリーム等の基礎化粧料、日焼け止めクリーム、日焼け止めローション、日焼けオイル、カーマインローション等のサンケア商品、ファンデーション、アイライナー、マスカラ、アイカラー、チークカラー、口紅などのメイクアップ化粧料、洗顔料、ボディーシャンプー、ヘアシャンプー等の洗浄料、リンス、トリートメント、ヘアクリーム、ヘアオイル、整髪剤などの毛髪用化粧料、香水、防臭制汗剤等の形態で提供することができる。
【0022】その際、本発明の効果を損なわない範囲内で、皮膚外用剤に一般的に用いられる油性成分、界面活性剤、保湿剤、顔料、紫外線吸収剤、抗酸化剤、香料、防菌防黴剤等の一般的な医薬品及び化粧料用原料や、皮膚細胞賦活剤、抗炎症剤、美白剤等の生理活性成分をも含有させることができる。
【0023】
【実施例】次に、実施例を挙げて本発明について更に詳細に説明を加えるが、本発明が、これら実施例にのみ限定されないことは言うまでもない。
【0024】はじめに、本発明で用いたハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から得られる成分の調製例を例示する。また、表1に、本発明で用いたハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物の具体的な名称と使用部位、更に、それぞれの調製方法で抽出した抽出物1〜抽出物12を記載する。
【0025】<調製例1>乾燥した植物を、10重量倍量の50容量%エタノール水溶液中にて7日間室温で浸漬した。抽出液をろ過し、減圧下で濃縮及び乾燥を行い、抽出物を得た。
【0026】<調製例2>乾燥した植物を、10重量倍量の50容量%1,3−ブチレングリコール水溶液中にて7日間室温で浸漬した。抽出液をろ過し、目的の抽出物を得た。
【0027】<調製例3>乾燥した植物を、超臨界流体抽出装置の抽出槽に投入する。エントレーナとして0.003%のエタノールを加えた後、40℃において15MPaの二酸化炭素を分離槽出口での大気圧下での二酸化炭素の流量が700リットル/時間となるように調節しながら超臨界状態の二酸化炭素を供給した。その後、抽出槽の圧力を減圧し抽出物を取り出した。
【0028】
【表1】

【0029】そこで、我々は、このハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から得られた成分を皮膚外用剤に配合することを検討した。
【0030】表2に示す処方で実施例1〜実施例4にかかる化粧水を調製した。尚、この化粧水は、(1)に(2)〜(9)を溶解したアルコール相を、(10)〜(12)を均一に混合、溶解した水相に添加して、均一に混合することにより調製した。
【0031】
【表2】

【0032】本発明の実施例1〜実施例4において、6カ月間の実使用試験を行った。なお、抽出物を配合していない処方を比較例とした。実使用試験は、パネラーとして、皮膚の潤いや皮膚弾性の低下といった皮膚の症状を顕著に呈する40才〜60才代の女性を1群20名として用い、各群に実施例及び比較例をそれぞれブラインドにて1日2回使用させて行った。使用試験開始前及び終了後に皮膚の状態を観察し、肌状態の改善効果について「改善」、「やや改善」、「変化なし」の3段階にて評価した。結果は、各評価を行ったパネラー数にて表3に示した。
【0033】
【表3】

【0034】表3より明らかなように、本発明の実施例1〜実施例4では、全パネラーで症状の改善傾向が見られた。これに対して、ハマザクロ科(Sonneratiaceae)植物から得られる成分を配合していない比較例では、皮膚の乾燥状態及び皮膚弾性ともに明確な改善の見られたパネラーは存在しなかった。
【0035】次に、実施例1〜実施例4、及び比較例において、それぞれ肌荒れ症状を有するパネラー20名に1ヶ月間使用させ、肌荒れ症状の改善について評価させた。評価は、「改善」、「やや改善」、「変化なし」の3段階で行わせた。結果は、各評価を行ったパネラー数にて表4に示した。
【0036】
【表4】

【0037】表4より明らかなように、実施例1〜実施例4を使用したほとんどのパネラーが、肌荒れ症状はやや改善されたと答えており、肌荒れ症状が改善されなかったと答えたパネラーはいなかった。これに対して、抽出物を配合していない比較例では、肌荒れが明確に改善されたパネラーは存在しなかった。
【0038】次に、本発明の他の実施例を示す。
【0039】
<実施例5> O/W乳化型クリーム(1)スクワラン 10.00(重量%)(2)ミリスチン酸オクチルドデシル 5.00(3)水素添加大豆リン脂質 0.20(4)バチルアルコール 3.00(5)硬化油 2.00(6)ステアリン酸 1.50(7)親油型モノステアリン酸グリセリン 1.50(8)モノステアリン酸ポリグリセリル 1.50(9)ベヘニルアルコール 0.80(10)モノミリスチン酸ポリグリセリル 0.70(11)サラシミツロウ 0.30(12)混合脂肪酸トリグリセリド 0.10(13)d-δ-トコフェロール 0.05(14)抽出物6 0.50(15)精製水 残量(16)キサンタンガム(1重量%水溶液) 20.00(17)1,3-ブチレングリコール 15.00(18)パラオキシ安息香酸エステル 0.10(19)水酸化ナトリウム(10重量%水溶液) 2.00(20)香料 0.15(21)エタノール 2.00製法:(1)〜(14)の油相成分及び(15)〜(18)の水相成分をそれぞれ80℃に加熱し、混合均一化した後、水相に油相を添加する。(19)を加えてホモミキサーにて乳化する。撹拌しながら冷却し、40℃で予め混合、溶解した(20)、(21)を添加し、撹拌、均一化する。
【0040】
<実施例6> 美容液(1)ジステアリン酸ポリグリセリル 2.50(重量%)(2)トリ-2-エチルヘキサン酸グリセリル 8.00(3)水素添加大豆リン脂質 0.50(4)親油型モノステアリン酸グリセリン 0.50(5)ベヘニルアルコール 0.50(6)抽出物1 0.20(7)グリセリン 7.50(8)精製水 残量(9)キサンタンガム(1重量%水溶液) 40.00(10)エタノール 8.00製法:(1)〜(5)及び(6)〜(9)の成分をそれぞれ70℃に加熱し混合、溶解した後、両成分を混合してホモミキサーで乳化する。撹拌しながら冷却し、40℃で(10)の成分を添加し、混合、均一化する。
【0041】
<実施例7> 化粧水(1)精製水 残量(重量%)(2)抽出物5 0.10(3)エタノール 8.00(4)パラオキシ安息香酸エステル 0.05(5)カルボキシビニルポリマー(1重量%水溶液) 5.00(6)キサンタンガム(1重量%水溶液) 10.00(7)1,3−ブチレングリコール 3.00(8)濃グリセリン 15.00(9)L−アルギニン 0.10(10)精製水 0.90製法:(1)の成分に予め混合しておいた成分(2)と(3)を加え、(4)〜(10)の成分を順次添加して、混合、溶解、均一化する。
【0042】
<実施例8> クレンジングクリーム(1)ステアリン酸 2.00(重量%)(2)セタノール 3.00(3)ワセリン 10.00(4)スクワラン 38.00(5)ミリスチン酸イソプロピル 10.00(6)酢酸トコフェロール 0.10(7)グリセリルモノステアリン酸エステル 2.50(8)ポリオキシエチレン(20E.O.)ソルビタン モノステアリン酸エステル 2.50(9)抽出物2 0.80(10)プロピレングリコール 5.00(11)パラオキシ安息香酸メチル 0.10(12)精製水 残量(13)水酸化カリウム(10重量%水溶液) 2.00(14)香料 0.10製法:(1)〜(8)の油相成分を混合,加熱溶解して70℃とする。一方(9)〜(12)の水相成分を混合、溶解して70℃に加熱する。この水相成分に前記油相成分を徐々に添加した後、(13)を添加しホモミキサーにて均一に乳化する。乳化後、40℃まで冷却した後、(14)を添加し混合する。
【0043】
<実施例9> W/O乳化型クリーム(1)スクワラン 15.00(重量%)(2)デカメチルシクロペンタシロキサン 15.00(3)架橋型メチルポリシロキサン 1.00(4)ジメチコンコポリオール 3.00(5)クオタニウム-18ヘクトライト 1.00(6)抽出物8 1.00(7)1,3-ブチレングリコール 8.00(8)メチルパラベン 0.20(9)精製水 残量(10)香料 0.10製法:(1)〜(5)を混合した油相に、(6)〜(9)の水相を攪拌しながら徐々に添加しホモミキサーにて乳化する。乳化後、(10)を添加し混合する。
【0044】
<実施例10> クレンジングジェル(1)グリセリン 15.00(重量%)(2)1,3-ブチレングリコール 10.00(3)無水ケイ酸 7.00(4)ポリオキシエチレン(20EO)ラウリルエーテル 5.00(5)ポリオキシエチレン(50EO)硬化ヒマシ油 2.50(6)ジエチレングリコールモノエチルエーテル 5.00(7)カルボキシビニルポリマー(1重量%水溶液) 50.00(8)水酸化カリウム(10重量%水溶液) 4.50(9)抽出物12 0.05(10)香料 0.10(11)精製水 残量製法:(3)、(7)を(11)に添加し均質とした後、(1)及び(2)に(4)〜(6)を溶解させて加え、70℃に加熱して均一に溶解させる。次いで冷却して40℃にて(9)、(10)を添加し、最後に(8)を加えて中和する。
【0045】
<実施例11> ヘアリンス(1)セタノール 3.00(重量%)(2)塩化ステアリルトリメチルアンモニウム 0.70(3)シリコーン油 3.00(4)ポリオキシエチレン(10EO)オレイルエーテル 1.00(5)グリセリン 5.00(6)抽出物10 0.01(7)緑色3号(1重量%水溶液) 0.20(8)香料 0.10(9)精製水 残量製法:(9)に(5)、(7)を加え、70℃に加熱する。一方(1)〜(4)を混合、溶解し、70℃に加熱する。この油相を攪拌しながら先に調製した水相に徐々に加えて予備乳化し、ホモミキサーを加えて均一とした後冷却し、40℃にて(6)、(8)を添加する。
【0046】
<実施例12> ヘアトリートメント(1)ポリオキシエチレン(30EO)ベへニルエーテル 4.00(重量%)(2)自己乳化型グリセリルモノステアレート 6.00(3)ミリスチン酸イソプロピル 5.00(4)ヘキシルデカノール 5.00(5)スクワラン 3.00(6)精製ラノリン 3.00(7)ステアリン酸 5.00(8)抽出物3 1.00(9)ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン 5.00(10)グリセリン 10.00(11)精製水 残量(12)香料 0.20製法:(1)〜(8)の油相成分を混合、加熱して80℃とする。一方、(9)〜(11)の水相成分を混合、加熱して85℃とし、これに前記油相を添加して乳化し、冷却後40℃にて(12)を添加する。
【0047】
<実施例13> ヘアフォーム原液処方(1)モノオレイン酸ポリオキシエチレン(20)ソルビタン 1.00(重量%)(2)ジプロピレングリコール 8.00(3)塩化ステアリルトリメチルアンモニウム 0.10(4)エタノール 15.00(5)クエン酸 0.10(6)香料 0.10(7)パラオキシ安息香酸エステル 0.10(8)イソステアロイル加水分解コラーゲン・アミノメチルプロパンジオール塩 0.10(9)ビニルピロリドン・N,N−ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体 2.00(10)ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体 1.00(11)精製水 残量(12)抽出物8 0.20充填処方(a)原液 90.00(b)噴射剤(液化石油ガス) 10.00製法:(1)〜(11)を混合し、75℃まで加熱溶解した後、ホモミキサーにて均質に混合する。その後冷却を行い、40℃で(12)を添加し、混合する。充填は、缶に原液を充填し、バルブ装着後ガスを充填する。
【0048】
<実施例14> ヘアワックス(1)キャンデリラロウ 4.00(重量%)(2)ベヘニルアルコール 1.00(3)流動パラフィン 20.00(4)スクワラン 10.00(5)ポリオキシエチレン(10)オレイルエーテル 3.00(6)香料 0.20(7)高重合ポリエチレングリコール 0.10(8)オキシベンゾン 0.05(9)ビニルピロリドン・N,N−ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体ジエチル硫酸塩液 1.00(10)抽出物10 0.50(11)キサンタンガム 0.10(12)カルボキシビニルポリマー 0.05(13)ヒドロキシプロピルメチルセルロース 0.20(14)プロピレングリコール 10.00(15)2−アミノ−2−メチル−1−プロパノール 0.10(16)精製水 残量(17)加水分解シルク 0.10製法:(1)〜(10)を混合溶解して油相とする。一方、(11)〜(15)を(16)に添加し、溶解して水相とする。次いで、75℃にて水相に油相を添加し、ホモミキサーにて均一に乳化する。その後冷却を行い、40℃で(17)を添加し混合する。
【0049】
<実施例15> ヘアジェル(1)精製水 残量(重量%)(2)カルボキシビニルポリマー 0.70(3)N−メタクリロイルオキシエチルN,N−ジメチルアンモニウム−α−N−メチルカルボキシベタイン・メタクリル酸アルキルエステル共重合体 5.00(4)グリセリン 5.00(5)エタノール 10.00(6)モノラウリン酸ポリオキシエチレン(20)ソルビタン 1.50(7)香料 0.20(8)エデト酸三ナトリウム 0.05(9)抽出物11 0.10(10)水酸化ナトリウム(10重量%水溶液) 0.50製法:(1)に(2)及び(3)を溶解する。次いで(4)〜(9)を順次添加し均一化した後、(10)を添加して中和する。
【0050】
<実施例16> トニック(1)エタノール 60.00(重量%)(2)L−メントール 7.50(3)パラオキシ安息香酸エステル 0.05(4)抽出物7 1.00(5)トウガラシチンキ 0.70(6)香料 0.30(7)ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 0.20(8)グリセリン 1.50(9)精製水 残量製法:(1)〜(6)のアルコール相を混合し、均一化しておく。50℃で溶解した成分(7)にアルコール相を加え、予め均一化しておいた成分(8)と(9)を加えて混合した後、ろ過する。
【0051】
<実施例17> 洗顔料(1)ステアリン酸 10.00(重量%)(2)パルミチン酸 10.00(3)ミリスチン酸 12.00(4)ラウリン酸 4.00(5)オレイルアルコール 1.50(6)ラノリンアルコール 1.00(7)抽出物4 0.50(8)水酸化カリウム 6.00(9)精製水 残量(10)1,3-ブチレングリコール 10.00(11)香料 0.10製法:(1)〜(6)の油相及び(7)〜(10)の水相をそれぞれ75℃に混合加熱溶解した後、油相に水相を加えてケン化する。冷却後40℃で(11)を添加して混合する。
【0052】
<実施例18> ボディシャンプー(1)ラウリン酸 5.00(重量%)(2)ミリスチン酸 7.50(3)ラウロイルジエタノールアミド 5.00(4)抽出物7 1.00(5)グリセリン 20.00(6)水酸化カリウム(10重量%水溶液) 3.00(7)精製水 残量(8)香料 0.30製法:(1)〜(3)の油相及び(4)〜(7)の水相をそれぞれ75℃に混合加熱溶解した後、油相に水相を加えてケン化する。冷却後40℃で(8)を添加して混合する。
【0053】
<実施例19> メイクアップベース(1)ステアリン酸 1.00(重量%)(2)ベヘニルアルコール 0.50(3)自己乳化型グリセリルモノステアリン酸エステル 1.50(4)抽出物9 0.90(5)スクワラン 10.00(6)1,3-ブチレングリコール 10.00(7)グリセリン 3.00(8)精製水 残量(9)キサンタンガム(1重量%水溶液) 10.00(10)水酸化カリウム(10重量%水溶液) 1.00(11)香料 0.10(12)二酸化チタン 1.00(13)ベンガラ 0.01(14)黄酸化鉄 0.04製法:(12)〜(14)を(6)で混練し、これを(7)〜(9)の水相に添加、混合し、70℃に加熱する。一方、(1)〜(5)の油相成分を混合、加熱して70℃とする。(10)を加えた水相に油相を攪拌しながら添加して乳化する。40℃まで冷却した後、(11)を添加する。
【0054】
<実施例20> O/W乳化型ファンデーション(1)ステアリン酸 1.00(重量%)(2)スクワラン 5.00(3)ミリスチン酸オクチルドデシル 5.00(4)セタノール 1.00(5)自己乳化型グリセリルモノステアリン酸エステル 1.50(6)抽出物7 0.30(7)1,3-ブチレングリコール 8.00(8)キサンタンガム(1重量%水溶液) 10.00(9)精製水 残量(10)水酸化カリウム(10重量%水溶液) 1.00(11)酸化チタン 9.00(12)タルク 7.40(13)ベンガラ 0.50(14)黄酸化鉄 1.50(15)黒酸化鉄 0.20(16)香料 0.10製法:(11)〜(15)を(7)で混練し、これを(6)〜(9)の水相に添加、混合し、70℃に加熱する。一方、(1)〜(5)の油相成分を混合、加熱して70℃とする。(10)を加えた水相に油相を攪拌しながら添加して乳化する。40℃まで冷却した後、(16)を添加する。
【0055】
<実施例21> W/O乳化型ファンデーション(1)タルク 10.00(重量%)(2)微粒子二酸化チタン 5.00(3)二酸化チタン 8.00(4)ポリアクリル酸アルキル 5.00(5)ベンガラ 0.40(6)黄酸化鉄 1.50(7)黒酸化鉄 0.20(8)スクワラン 7.00(9)デカメチルシクロペンタシロキサン 10.00(10)ポリオキシエチレン変性ジメチルポリシロキサン 4.00(11)パラメトキシ桂皮酸オクチル 3.00(12)精製水 残量(13)1,3-ブチレングリコール 5.00(14)パラオキシ安息香酸メチル 0.20(15)抽出物5 0.50製法:(8)〜(11)の油相成分を均一に混合し、(1)〜(7)を添加してホモミキサーで分散させ油相分散液を調製する。加熱溶解した(12)〜(14)を油相分散液に添加し乳化する。最後に(15)を添加して均一に混合する。
【0056】
<実施例22> ツーウェイファンデーション(1)シリコーン処理タルク 残量(重量%)(2)シリコーン処理マイカ 20.00(3)シリコーン処理二酸化チタン 10.00(4)シリコーン処理微粒子二酸化チタン 2.00(5)フッ素処理ベンガラ 0.45(6)フッ素処理黄酸化鉄 2.20(7)フッ素処理黒酸化鉄 0.22(8)ステアリン酸亜鉛 1.00(9)ナイロンパウダー 5.00(10)スクワラン 5.00(11)固形パラフィン 0.50(12)ジメチルポリシロキサン 4.00(13)リンゴ酸ジイソステアリル 1.00(14)パラメトキシケイ皮酸オクチル 2.00(15)酢酸トコフェロール 0.05(16)抽出物1 0.50製法:(1)〜(9)の粉体相をハンマーミルで粉砕した後、ブレンダーで混合し均一化する。(10)〜(15)の油相を80℃で溶解し均一化した後、粉体相に添加して混練する。その後、ハンマーミルで粉砕し、篩過したバルクを金皿に圧縮成型する。
【0057】
【発明の効果】以上詳述したように、本発明により、保湿性に優れ、肌荒れ改善効果に優れた皮膚外用剤を得ることができた。
【出願人】 【識別番号】000135324
【氏名又は名称】株式会社ノエビア
【住所又は居所】兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目13番地の1
【出願日】 平成14年5月14日(2002.5.14)
【代理人】
【公開番号】 特開2003−335620(P2003−335620A)
【公開日】 平成15年11月25日(2003.11.25)
【出願番号】 特願2002−139175(P2002−139175)