トップ :: G 物理学 :: G06 計算;計数

【発明の名称】 査定支援システム
【発明者】 【氏名】佐藤 史郎

【要約】 【課題】任意の車種の車両の査定を正確に行うことができる査定支援システムを提供すること。

【解決手段】本発明の査定支援システムは、車種を選択する選択手段と、選択手段によって選択された車種について、注目点が表示された車両の全体画像を表示する全体画像表示手段と、選択された注目点について、車両のチェック箇所を示す画像を表示するチェック箇所表示手段とを備える。本発明によれば、選択した任意の車両について、チェックすべき注目点が写真画像あるいはイラスト等によって表示されるので、使用者は事故車、修復歴車か否かを容易に判定可能となり、正確な査定ができる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】車種を選択する選択手段と、前記選択手段によって選択された車種について、注目点が表示された車両の全体画像を表示する全体画像表示手段と、選択された注目点について、車両のチェック箇所を示す画像を表示するチェック箇所表示手段とを備えたことを特徴とする査定支援システム。
【請求項2】前記チェック箇所表示手段は、実際の事故車両あるいは修復歴車両の選択された注目点に関する画像を表示するものであることを特徴とする請求項1に記載の査定支援システム。
【請求項3】更に、チェック箇所表示手段によって表示される部分の正常な状態の画像を表示する正常状態表示手段を備えたことを特徴とする請求項2に記載の査定支援システム。
【請求項4】前記各手段はハイパーテキストファイル群によって構成され、前記ファイル群を閲覧するブラウザ手段によって表示されることを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の査定支援システム。
【請求項5】車種を選択する選択手段と、前記選択手段によって選択された車種について、注目点が表示された車両の全体画像を表示する全体画像表示手段と、選択された注目点について、車両のチェック箇所を示す画像を表示するチェック箇所表示手段とを構成するハイパーテキストファイル群を記録した、コンピュータが読み取り可能な情報記録媒体。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は査定支援システムに関し、特に、任意の車種について的確に査定ができるようにするための査定支援システムに関するものである。
【0002】
【従来の技術】中古自動車の価格の査定を行う場合に、事故車、修復歴車であるか否かの判定によって査定額が大きく異なる。ところが、事故車、修復歴車であっても修理技術の向上によって一見しただけでは損傷箇所の見分けが困難な場合があり、高い買い取り額で買い取ってしまう恐れがあった。そこで、中古自動車の査定において事故車、修復歴車か否かを見分けるために、査定においてチェック箇所を教えるための講習会等が開催されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記したような査定の講習会においては、教材としてごく少数の事故車両、修復歴車両のみを用いるので、構造の異なる他の車両についてのチェック箇所が明確には示されないというという問題点があった。本発明の目的は、前記のような従来技術の問題点を解決し、任意の車種の車両の査定を正確に行うことができる査定支援システムを提供することにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の査定支援システムは、車種を選択する選択手段と、選択手段によって選択された車種について、注目点が表示された車両の全体画像を表示する全体画像表示手段と、選択された注目点について、車両のチェック箇所を示す画像を表示するチェック箇所表示手段とを備えたことを特徴とする。本発明によれば、選択した任意の車両について、チェックすべき注目点が写真画像あるいはイラスト等によって表示されるので、使用者は事故車、修復歴車か否かを容易に判定可能となり、正確な査定ができる。
【0005】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を詳細に説明する。図1は、本発明の第1実施例における査定支援システムの構成を示すブロック図である。本発明の査定支援システムの第1の実施例は、周知のパソコン10に後述するプログラムおよびデータをインストールすることによって実現される。パソコン10のCPU11は、メモリ12にロードされたプログラムを実行することにより各種機能を実現する。HDD(ハードディスクドライブ装置)13はプログラムおよびデータを格納する。
【0006】CD−ROMドライブ装置14は、プログラムあるいはデータをメモリ12やHDD13に読み込むために使用される。USBインターフェイス回路15はキーボードおよびマウス19から出力される操作情報をCPU11に入力する。ディスプレイインターフェイス回路16は、画面表示用の信号を生成し、例えばCRTディスプレイ装置18に出力する。なお、このようなパソコン10は周知である。
【0007】図3は、本発明の査定支援システムにおける表示画面の遷移を示す説明図である。利用者が本発明のプログラムを起動するか、あるいはハイパーテキストの先頭頁をブラウザで開くと、まず自動車メーカーの選択画面40が表示される。そこで、例えば利用者がメーカーBを選択する、即ち「メーカーB」の表示領域をマウスでクリックすると、今度は、メーカーBの全ての車種が掲載された車種リストが表示される。更に、例えば利用者が「車種G_×系」の表示領域をマウスでクリックすると、今度は、当該車種の車両の全体画像43が表示される。
【0008】この全体画像は車両を写真撮影した画像情報でもよいし、イラストであってもよい。そして、当該画像には、査定を行う者が注目してチェックすべき注目点の位置が例えば矢印44によって示されている。矢印44を付す注目点は、例えば長年車両の査定を行ってきた経験者が選定する。
【0009】利用者が例えば矢印44の表示領域をマウスでクリックすると、今度は、当該矢印によって示された車両のチェック箇所の部分画像45が表示される。この部分画像は、例えば実際の事故車両、修復歴車両におけるチェック箇所を写真撮影した画像であり、事故によって歪んだ部分が矢印46によって示されている。そして、下方にはどの箇所を見るべきか等の説明文47が表示される。
【0010】更に、利用者が希望する場合には、「正常」ボタン48をクリックすることによって、当該チェック箇所の正常な状態の画像が表示される。また、「両方」ボタン49をクリックすることにより、事故車両、修復歴車両の画像と正常車両の画像とが上下あるいは左右に並べて表示される。以上のような表示によって、利用者は当該車種の車両についてどの部分をチェックすればよいかが容易に習得できる。
【0011】図4は、本発明の査定支援システムにおける処理内容を示すフローチャートである。S10においては、自動車メーカーリストをディスプレイに表示し、S11においては、いずれかのメーカーの表示部分がクリックされるまで待つ。S12においては、当該メーカーの全ての車種リストを表示する。そして、S13においては、いずれかの車種の表示部分がクリックされたか否かが判定され、結果が肯定の場合にはS15に移行するが、否定の場合にはS14に移行する。
【0012】S14においては、画面に表示されている「戻る」ボタンの領域がクリックされたか否かが判定され、結果が否定の場合にはS13に戻るが、肯定の場合にはS10に移行する。S15においては、当該車種の車両の全体画像を表示する。そして、S16においては、注目点の位置を示すいずれかの矢印部分がクリックされたか否かが判定され、結果が肯定の場合にはS18に移行するが、否定の場合にはS17に移行する。
【0013】S17においては、画面に表示されている「戻る」ボタンの領域がクリックされたか否かが判定され、結果が否定の場合にはS18に戻るが、肯定の場合にはS12に移行する。S18においては、事故車、修復歴車の当該箇所の画像を表示する。S19においては、画面に表示されている「戻る」ボタンの領域がクリックされたか否かが判定され、結果が否定の場合にはS21に移行するが、肯定の場合にはS10に移行する。
【0014】S20においては、画面に表示されている「ホーム」ボタンの領域がクリックされたか否かが判定され、結果が否定の場合にはS21に移行するが、肯定の場合にはS10に移行する。S21においては、画面に表示されている「正常」画像ボタンの領域がクリックされたか否かが判定され、結果が否定の場合にはS22に移行するが、肯定の場合にはS23に移行する。
【0015】S22においては、画面に表示されている「両方」表示ボタンの領域がクリックされたか否かが判定され、結果が否定の場合にはS19に移行するが、肯定の場合にはS25に移行する。S23においては、当該箇所の正常な状態の画像を表示し、S24において「戻る」ボタンがクリックされるまで待って、S19に移行する。また、S25においては、当該箇所の正常な状態の画像と事故車両、修復歴車両の画像とを並べて表示し、S26において「戻る」ボタンがクリックされるまで待って、S19に移行する。
【0016】図5は、本発明の査定支援システムにおけるチェック箇所を示す画像の説明図である。画像中の注目すべき箇所が矢印によって示されている。また、チェック箇所の場所を判りやすくするために、部品名が表示されている。更に、下方には説明文が表示されている。
【0017】次に、本発明の第2実施例について説明する。第1実施例は、パソコン10によって図4に示すような処理機能を有するプログラムを実行するものであるが、第2実施例においては、同様の機能をハイパーテキスト構造のデータによって実行させるものである。
【0018】ハイパーテキスト構造(言語)の例としては例えばHTML、XMLその他パソコンで表示可能な公知の任意の言語を使用可能である。また、パソコン10には、当該言語で記述されたハイパーテキストデータを表示するためのブラウザソフトが必要であるが、このようなソフトは標準的なOSに標準で添付されているか、あるいは無料で配布されている。
【0019】例えば標準的なハイパーテキストであるHTMLによって、文字を表示してホットリンクを指示するタグ<A>、長方形等の領域を指定してリンク先を指定できるタグ<AREA>、画像ファイルを表示するタグ<IMG>等を使用することによって、図4に示すような処理機能を実現可能である。
【0020】本発明をHTMLファイル群及び関連ファイル(画像ファイル等)によって実現することにより、例えば当該ファイル群をCD−ROMあるいはDVD−ROM等の任意の情報記録媒体に格納して配布可能であり、HTMLに対応したブラウザさえあれば、コンピュータにプログラムをインストールする必要がないので、任意のCPUを実装した任意のOSのコンピュータにおいて本発明を実施可能である。
【0021】図2は、本発明の第3実施例における査定支援システムの構成を示すブロック図である。第2実施例は、スタンドアロンのパソコン10によって本発明を実行する例であったが、例えばインターネットを介してサーバからデータをダウンロードすることにより、本発明を実施することも可能である。
【0022】第3実施例においては、インターネット32にWebサーバ30、複数のユーザ端末33〜35が接続されている。Webサーバ30は市販されている周知のサーバ装置、OS、Webサーバ用プログラムを使用可能であり、プロバイダやASP業者のサーバを借りてもよい。サーバ30には、外部に公開するためのHTMLファイル群を格納したDB(データベース)31が装備あるいは接続されている。HTMLファイル群としては、第2実施例と同一のファイルデータを使用可能である。
【0023】第3実施例においては、予めユーザ登録を行ったユーザに対してパスワードを発行し、ユーザがサーバ30にアクセスした時に、ユーザIDおよびパスワードの入力によって認証を行い、正当なユーザのみにサービスを行うようにする。
【0024】このような形態で本発明を実施することにより、ユーザはインターネットに接続可能な端末さえあれば、任意の場所で本発明を実施することができ、画像の表示が可能であれば、携帯電話機やPDAでも実施可能である。更に、車種は随時更新されるので、HTMLファイル群の更新が必要であるが、第3実施例の場合にはDB31のデータのみを更新することにより、ユーザに常に最新の情報を提供可能である。
【0025】以上、本発明の実施例を開示したが、本発明には下記のような変形例も考えられる。実施例においては、部分画像として1枚の静止画を表示する構成を開示したが、例えば、注目箇所が小さな場合には車両のどの部分なのかが分かり難い場合がある。そこで、注目箇所の画像を何段階かの縮尺の画像によって順にズームアップしていく、あるいは標準画像の他に当該部分の拡大図、縮小図を用意しておき、利用者の操作によって表示可能に構成してもよい。更に、全体画像の矢印をクリックすると、動画で全体画像から注目箇所へとズームアップするように表示することも可能である。
【0026】事故等による車両のダメージは前後ばかりではなく、車両の左右あるいは上下にも生じる場合がある。本発明においては、ダメージの発生する可能性のある全ての箇所を示すことが可能である。実施例においては、事故車両、修復歴車両の写真映像を使用する例を開示したが、写真よりもイラストの方が判り易い場合もある。そこで、写真画像のの代わりに、あるいは写真画像と並べてイラスト画像を表示可能に構成してもよい。
【0027】本発明においては、外車やごく少数しか生産されない車両など、全ての車種を網羅することは困難である。そこで、例えばセダン、1ボックス、ミニバン、軽、RVなどボディの形状別に一般的なチェック箇所を示す画像を設けてもよい。また、本システムに登録されていない車種について、構造等が類似する車種の検索手段を設けて、類似車種のデータを見ることができるようにしてもよい。実施例においては、出力は画面表示のみである例を開示したが、例えば説明文について音声による出力を行ってもよい。
【0028】
【発明の効果】以上述べたように、本発明においては、選択した任意の車両についてチェックすべき注目点が写真画像あるいはイラスト等によって表示されるので、査定時あるいは事前に本発明のシステムによって注目点を学習しておくおことにより、使用者は事故車、修復歴車か否かを容易に判定可能となり、正確な査定ができるようになるという効果がある。
【出願人】 【識別番号】500574997
【氏名又は名称】渡邉 保典
【識別番号】500575385
【氏名又は名称】佐藤 史郎
【出願日】 平成12年12月15日(2000.12.15)
【代理人】 【識別番号】100102336
【弁理士】
【氏名又は名称】久保田 直樹
【公開番号】 特開2002−183339(P2002−183339A)
【公開日】 平成14年6月28日(2002.6.28)
【出願番号】 特願2000−382657(P2000−382657)