トップ :: G 物理学 :: G06 計算;計数

【発明の名称】 URL情報識別システム
【発明者】 【氏名】矢澤 勇

【要約】 【課題】ブラウザ等にURLなどを入力することなく、簡易な操作で希望するURLにアクセス可能なシステムを提供する。

【解決手段】利用者がアクセスしようとするURLを識別するための識別符号を入力する取得するためにWeb上に設けられる識別符号入力手段と、前記の識別符号をサーバーに送信する識別符号送信手段と、あらかじめ複数のURLと識別符号とを対応させて格納する識別符号データベース、及び、識別符号に対応するURLを参照して、該当するURLに所在するファイルを利用者端末に送信するファイル識別・送信プログラムと、を備え、Web上で識別符号を入力することにより利用者が所望するサイト閲覧が可能なことを特徴とするURL情報識別システムを設ける。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 コンピュータネットワークにおいて、利用者がアクセスしようとするURLを識別するための識別符号を入力するためにWeb上に設けられる識別符号入力手段と、前記の識別符号をサーバーに送信する識別符号送信手段と、あらかじめ複数のURLと識別符号とを対応させて格納する識別符号データベース、及び、識別符号に対応するURLを参照して、該当するURLに所在するファイルを利用者端末に送信するファイル識別・送信プログラムと、を備え、Web上で識別符号を入力することにより利用者が所望するサイト閲覧が可能なことを特徴とするURL情報識別システム。
【請求項2】 請求項1に記載の発明において、前記の識別符号は英数字であることを特徴とする、請求項1に記載のURL情報識別システム。
【請求項3】 請求項1に記載の発明において、前記の識別符号は記号であることを特徴とする、請求項1に記載のURL情報識別システム。
【請求項4】 請求項1に記載の発明において、前記の識別符号は日本語文字であることを特徴とする、請求項1に記載のURL情報識別システム。
【請求項5】 請求項1に記載の発明において、前記の識別符号は英数字、記号、日本語文字、その他の識別符号の組み合わせであることを特徴とする、請求項1に記載のURL情報識別システム。
【請求項6】 請求項1〜5に記載の発明において、前記の利用者端末は携帯電話・PHSを含む携帯情報端末であることを特徴とする、請求項1〜5のいずれかに記載のURL情報識別システム。
【請求項7】 請求項1〜5に記載の発明において、前記の利用者端末は情報家電であることを特徴とする、請求項1〜5のいずれかに記載のURL情報識別システム。
【請求項8】 請求項1〜7に記載のURL情報識別システムにおいて、Webサイト管理者等がサイトのURLを識別するための識別符号として取得することを希望する、希望識別符号を入力するためにWeb上に設けられる希望識別符号入力手段と、前記の希望識別符号をサーバーに送信する希望識別符号送信手段と、あらかじめ複数のURLと識別符号とを対応させて格納する識別符号データベース、及び、希望識別符号が前記の識別符号データベースに格納済か否かを判定し、格納済であった場合にはその結果をWebサイト管理者等の端末に送信し、未格納であった場合には、希望識別符号の取得申込を受け付ける識別符号発行プログラムと、を備え、請求項1〜7のいずれかに記載のURL情報識別システムに用いられる識別符号を発行可能なことを特徴とするURL情報識別符号発行システム。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、コンピュータや携帯情報端末などが接続されるコンピュータネットワークに設けられるサーバー・システムを用いて、利用者がアクセスしたWebページ上の入力フォームに数字などの識別符号を入力することにより、ブラウザ等にURLなどを入力することなく希望するURLにアクセス可能なシステムに関する。
【0002】
【発明が解決しようとする課題】近年、コンピュータ・ネットワークや通信環境の発達に伴い、インターネットに代表される商業活動などのビジネスが活発になってきている。ショッピング・モールやオークションなどのWebサイトも多数存在し、それらに伴う決済方法などの技術も様々なものが開発されている。また、パーソナル・コンピュータなどの情報機器以外にも、携帯情報端末や、携帯電話、PHS、さらにはインターネットTVやゲーム機器などの情報家電などが広く普及している。携帯電話などの中には、ブラウザ機能を搭載したものも登場し、携帯電話端末から、インターネットのWebページを閲覧することも可能になっている。
【0003】このような状況において、膨大な数が存在し、次々と新しいWebサイトが日々誕生する中で、各Webサイトの管理者は、ネットワーク上での集客に頭を悩ませているのが現況である。例えば、簡単で覚えやすいドメイン名、会社名などの意味のある単語から構成されるドメイン名の取得や、ブラウザのURLの入力欄に「日本語+.com」のような覚えやすい語を入力すると本来のURLに変換した上でアクセス可能にするサービスの利用などである。
【0004】このような問題を解決するための技術としては、例えば、特開2000−235541「ネットワーク上の場所を指定するためのシステム及び方法」においては、コンピュータネットワーク上の場所の指定を、利用者にとって馴染み易くかつ簡単な方法で行えるようにするための技術が開示されている。本発明は、クライアントコンピュータの任意のアプリケーション上で、利用者が任意のシンボルを選択してクリップボードにコピーすると、リンカーが、クリップボード内のシンボルを自動的に取り込んでURLサーバに送る。URLサーバは種々のシンボルとこれに対応するURLとのセットを蓄積したデータベースを持っていて、受け取ったシンボルに対応するURLを検索して、その検索したURLをリンカーに返送して、WWWブラウザに渡しURLに存在するページにアクセスして表示する、というネットワーク場所指定システムである。
【0005】また、特開平11−175471号「URL書き換え方法と装置およびURL書き換えプログラムを記録した媒体」においては、ユーザやプログラムなどがURLで指定したリソースについて、適切なミラーサーバとキャッシュサーバと中継サーバの何れかを経由して最適なリソースへのアクセスを可能にするURL書き換え方法と装置を提供するための技術が開示されている。本発明は、単一の計算機で構成されたシステム、または複数の計算機がネットワークで接続されたシステムまたはインターネットに接続されたシステムにおけるURL基づく情報アクセスにおいて、書き換えサーバが事前もしくは必要時にリソース指定子に対するアクセスパスとそれぞれのアクセスパスに関する転送速度やデータ種別を含む特定情報を収集するステップと、前記書き換えサーバがユーザまたはプログラムから受けたリソース指定子をアクセスパスに書き換えるステップと、前記ユーザまたはプログラムが前記アクセスパスの各情報にしたがって、最適な経路でリソースを獲得するステップを有することを特徴とするURL書き換え方法である。
【0006】また、特開2000−235538「インターネット接続方法」においては、インターネットへの接続操作に時間を掛けないための技術が開示されている。本発明は、キーボードを備えないインターネットアクセス手段からURLを指定してインターネットにアクセスする方法において、インターネットアクセス手段に移動可能記録媒体の読取装置を設けると共に移動可能記録媒体にURLデータを予め記憶し、この移動可能記録媒体のURLデータを読取装置によって読取らせることによりインターネットアクセス手段に供給してインターネットにアクセスする、というものである。
【0007】本発明においては、パーソナル・コンピュータや、携帯電話などの携帯情報端末、あるいは情報家電などを用いるインターネットへのアクセスに際して、ブラウザや特定のアプリケーション・ソフトウェア等に依存することなく、希望するURLを指定して簡易な操作によりアクセス可能にすると共に、Webサイトの提供者側にとっては、利用者に覚えてもらいやすいURLを識別するための符号を提供することにより、従来解決できなかった課題を解決するものである。そこで、上記課題を解決するため、本発明の目的は、本発明は、コンピュータや携帯情報端末などが接続されるコンピュータネットワークに設けられるサーバー・システムを用いて、利用者がアクセスしたWebページ上の入力フォームに数字などの識別符号を入力することにより、ブラウザ等にURLなどを入力することなく希望するURLにアクセス可能なシステムを提供することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため、請求項1に記載の発明においては、コンピュータネットワークにおいて、利用者がアクセスしようとするURLを識別するための識別符号を入力するためにWeb上に設けられる識別符号入力手段と、前記の識別符号をサーバーに送信する識別符号送信手段と、あらかじめ複数のURLと識別符号とを対応させて格納する識別符号データベース、及び、識別符号に対応するURLを参照して、該当するURLに所在するファイルを利用者端末に送信するファイル識別・送信プログラムと、を備え、Web上で識別符号を入力することにより利用者が所望するサイト閲覧が可能なことを特徴とするURL情報識別システムであることを特徴としている。
【0009】また、上記課題を解決するため、請求項2に記載の発明においては、請求項1に記載の発明において、前記の識別符号は英数字であることを特徴とする、請求項1に記載のURL情報識別システムであることを特徴としている。
【0010】また、上記課題を解決するため、請求項3に記載の発明においては、請求項1に記載の発明において、前記の識別符号は記号であることを特徴とする、請求項1に記載のURL情報識別システムであることを特徴としている。
【0011】また、上記課題を解決するため、請求項4に記載の発明においては、請求項1に記載の発明において、前記の識別符号は日本語文字であることを特徴とする、請求項1に記載のURL情報識別システムであることを特徴としている。
【0012】また、上記課題を解決するため、請求項5に記載の発明においては、請求項1に記載の発明において、前記の識別符号は英数字、記号、日本語文字、その他の識別符号の組み合わせであることを特徴とする、請求項1に記載のURL情報識別システムであることを特徴としている。
【0013】また、上記課題を解決するため、請求項6に記載の発明においては、請求項1〜5に記載の発明において、前記の利用者端末は携帯電話・PHSを含む携帯情報端末であることを特徴とする、請求項1〜5のいずれかに記載のURL情報識別システムであることを特徴としている。
【0014】また、上記課題を解決するため、請求項7に記載の発明においては、請求項1〜5に記載の発明において、前記の利用者端末は情報家電であることを特徴とする、請求項1〜5のいずれかに記載のURL情報識別システムであることを特徴としている。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実施の形態について説明する。図1は、本発明に係るシステムの基本的な構成を示すシステム構成図である。本発明のシステムの基本的なハードウェア構成は、大規模データベースサーバー、画像蓄積・配信サーバー、WEBサーバー、メールサーバー、アプリケーションサーバー、検索サーバーなどにより構成され、各種サーバーは必要に応じて、多重化し安全性を確保することが望ましい。本発明のシステムは、通常は、コンピュータや携帯情報端末等が接続されるネットワーク上に、Webサーバーやアプリケーション・サーバー、データベース・サーバー等を有するシステムにおいて実現されるものである。なお、本発明のシステムのサーバーの構成は、図1の基本的なシステム構成図に見られるものが代表的であるが、これは一例を示すものであって、これに限定されるものではない。同様の機能を有するシステムであれば異なる構成をとってもよい。例えば、Webサーバー、アプリケーション・サーバー、データベース・サーバーなどのいずれかが、あるいはそれぞれが別の場所に存在してもよく、あるいは同一の場所に存在するものであってもよい。
【0016】本発明のURL情報識別システムは、コンピュータネットワークにおいて、利用者がアクセスしようとするURLを識別するための識別符号を入力する識別符号入力手段を備えている。識別情報入力手段は、通常は、図2に見られるような、HTMLファイル、C−HTMLファイル、XHTMLファイルなどから構成されるWebページ上に設けられる入力フォームである。入力フォームの入力欄に数字などの識別符号を入力して、送信ボタン(「GO」ボタン)を押すと、入力された情報が送信される。
【0017】ここで、前記の識別符号は、請求項2に記載の発明のように英数字である場合、あるいは請求項3に記載の発明のように記号である場合、あるいは請求項4に記載の発明のように日本語文字である場合、あるいは請求項5に記載の発明のように英数字、記号、日本語文字、その他の識別符号の組み合わせである場合、あるいはその他の識別符号である場合が含まれる。
【0018】識別情報入力手段は、前記したようにWeb上に設けられるものであり、利用者は、パーソナル・コンピュータや携帯電話などの端末からこのWebページにアクセスを行う。ここで、ネットワークに接続するための利用者の端末には、コンピュータ等の端末のほか、携帯電話やPHSなどの無線通信端末や、これらの機能を内蔵した携帯情報端末をはじめ、各種のコンピュータ端末が含まれる。また、コンピュータが内臓された電気機器、例えばゲーム機器やテレビなどのいわゆる情報家電などであってもよい。
【0019】また、本発明のURL情報識別システムは、前記の識別符号をサーバーに送信する識別符号送信手段を備えている。識別符号送信手段は、前記の入力フォームの入力欄に数字などの識別符号を入力して、送信ボタン([GO」ボタン)を押すと、入力された情報が送信される。入力された情報は、後述する識別符号データベース、ファイル識別・送信プログラムが備えられたサーバー側において受信され、ファイル識別・送信プログラムが起動するように設定される。
【0020】例えば、前記した入力フォームを備えるHTMLファイルの、HTMLソースの一例は下記のようなものである。

【0021】ここで、入力フォームを構成する記述は、
であり、識別符号を入力して「Go−」のボタンを押す(クリック等)と、情報が送信され、″http://www.○○○.com/cgi−bin/nodial.cgi″に存在するファイル識別・送信プログラムが起動して、送信された識別符号のデータがこのプログラムに渡される。
【0022】また、本発明のURL情報識別システムは、あらかじめ複数のURLと識別符号とを対応させて格納する識別符号データベースを備えている。図3は、識別符号データベースに格納されるデータ構成の一例を示すデータ構成図である。
【0023】また、本発明のURL情報識別システムは、識別符号に対応するURLを参照して、該当するURLに所在するファイルを利用者端末に送信するファイル識別・送信プログラムを備えている。図4は、ファイル識別・送信プログラムの基本的な処理の流れを示すフローチャートである。なお、ここに示す処理の流れは一例であって、これに限定されるものではない。
【0024】初めに、利用者がネットワークに識別符号入力手段を備えるサイトにアクセスを行い、前記の入力フォームなどに識別符号を入力する(S1)。入力後、識別符号のデータを送信するためのボタン、例えば「Go−」のボタンを押す(S2)ことにより、情報が送信される(S3)。
【0025】サーバー側においては、利用者端末からのデータの送信行為により、データが受領され、ファイル識別・送信プログラムが起動する(S4)。送信された識別符号のデータは、ファイル識別・送信プログラムが受領し(S5)、識別符号データベースと照合を行う(S6)。照合の結果、識別符号データベースに、入力・送信された識別符号があるかを判定し(S7)、なかった場合にはエラー表示等を行う。照合の結果、識別符号データベースに、入力・送信された識別符号があるかを判定し(S7)、あった場合には、識別符号データベースから該当するURLを抽出し(S8)、該当URLに存在するファイルを利用者端末に送信要求する(S9)。その結果、該当URLに存在するファイルが利用者端末に送信され、利用者端末に表示される(S10)。
【0026】これらの処理は、例えば下記のようなアプリケーション・プログラムにより実現されるものである。簡単なプログラムとしては、PerlやC言語などを使用したCGI(Common Gateway Interface)プログラム等を利用することなどにより実現されるものである。ただし利用者の数やアクセス頻度、データベースの容量などが大きな規模になる場合などには、これに対応したシステムを構築することが望ましい。
【0027】今日では、htmlファイルの中味を生成するサーバー・ソフトも実現されている。こうしたソフトウェアは、データベース・サーバーへの照会機能をあらかじめ備えており、独自に拡張を加えたHTML形式のファイルにSQLを用いたデータベースの照会内容を埋め込んでおけば、サーバーがそのページを送り返す際に、HTMLファイルの中味を、照会を行った結果の内容に置き換える。データベースの照会内容と表示されるページの体裁とを一つのファイルに記述できるため、CGIプログラムによる場合よりもサービスの開発は楽になる。またサーバ上で動作するスクリプト環境を用いることができる。Microsoft社のASP(Active Server Page)はサーバ側でスクリプト(VBScriptやJScriptなどで記述)とActive Xコントロール(Javaアプレットを含む)を実行するためのプラットフォームである。
【0028】また、本発明の他の実施形態としては、請求項6に記載の発明のように、請求項1〜5に記載の発明において、前記の利用者端末は携帯電話・PHSを含む携帯情報端末であることを特徴とする、請求項1〜5のいずれかに記載のURL情報識別システムがあげられる。例えば、NTTドコモのiモードに代表される携帯電話を用いたインターネットサービスは急激な広がりを見せ、またJ−PHONEが提供するJ−スカイウェブ、KDDIが提供するEzwebなどの各仕様の同様のサービスも広がりを見せている。携帯電話でWebサイトにアクセスする場合に、ブラウザ昨日を内蔵した電話機で、通信事業者の専用サーバーにアクセスし、当該サーバー経由で、携帯電話からURLを指定してWWWサーバーにある携帯電話対応のWebページを閲覧することになる。しかしながら、こうした携帯端末においては、数字キー(ボタン)などの限られた操作ボタンしか物理的に搭載することが不可能であるため、特に本発明の識別符号を用いたシステムを利用することにより、簡易な操作でURLを指定することが可能となる。
【0029】また、本発明の他の実施形態としては、請求項7に記載の発明のように、請求項1〜5に記載の発明において、前記の利用者端末は情報家電であることを特徴とする、請求項1〜5のいずれかに記載のURL情報識別システムがあげられる。今日、インターネットTVやゲーム機器、その他コンピュータ制御機能を備える各種家電製品などのいわゆる情報家電が次々に開発されており、ネットワークに接続してインターネット利用の情報送受信機能を備えるためURLを指定してアクセスする場合が想定される。この場合にも、操作ボタンなどの制約から、特に本発明の識別符号を用いたシステムを利用することにより、簡易な操作でURLを指定することが可能となる。
【0030】また、本発明の他の実施形態としては、請求項8に記載の発明のように、請求項1〜7に記載のURL情報識別システムにおいて、Webサイト管理者等がサイトのURLを識別するための識別符号として取得することを希望する、希望識別符号を入力するためにWeb上に設けられる希望識別符号入力手段と、前記の希望識別符号をサーバーに送信する希望識別符号送信手段と、あらかじめ複数のURLと識別符号とを対応させて格納する識別符号データベース、及び、希望識別符号が前記の識別符号データベースに格納済か否かを判定し、格納済であった場合にはその結果をWebサイト管理者等の端末に送信し、未格納であった場合には、希望識別符号の取得申込を受け付ける識別符号発行プログラムと、を備え、請求項1〜7のいずれかに記載のURL情報識別システムに用いられる識別符号を発行可能なことを特徴とするURL情報識別符号発行システムがあげられる。本発明のURL情報識別システムにおいては、識別符号データベース等のシステムを管理する本発明のシステム管理者が、各Webサイトに対して識別符号を発行(使用の許可)することができる。この場合に通常は、各Webサイト管理者は、覚えやすい識別符号を取得したいなどの希望を有することが予想される。そこで、Web上の入力・送信フォームのような希望識別符号入力手段、希望識別符号送信手段を用いて、前記の識別符号データベースに対し、希望する識別符号が空いているか否かの照会を行い、空いている場合には識別符号の取得申込が可能なシステムとするものである。図5は、本実施形態の基本的な処理の一例を示すフローチャートである。
【0031】
【発明の効果】以上、詳細に説明したように、本発明によれば、コンピュータや携帯情報端末などが接続されるコンピュータネットワークに設けられるサーバー・システムを用いて、利用者がアクセスしたWebページ上の入力フォームに数字などの識別符号を入力することにより、ブラウザ等にURLなどを入力することなく希望するURLにアクセス可能なシステムを提供することができる。これにより、利用者は簡易な入力操作により、希望するURLの情報を閲覧することが可能となり、Webサイトにおいて情報等を提供する側にとっても、覚えてもらいやすい識別符号を利用することができる。とりわけ、長いURLなどを入力することが困難な携帯電話などの携帯情報端末や、情報家電などの分野においては有効なものとなる。また、請求項8に記載の発明のよれば、本発明のシステム管理者側において、識別符号の取得申込を受け付け、発行を行うことが可能となる。
【出願人】 【識別番号】500569982
【氏名又は名称】矢澤 勇
【出願日】 平成12年11月8日(2000.11.8)
【代理人】 【識別番号】100112601
【弁理士】
【氏名又は名称】金原 正道
【公開番号】 特開2002−149524(P2002−149524A)
【公開日】 平成14年5月24日(2002.5.24)
【出願番号】 特願2000−379510(P2000−379510)