トップ :: G 物理学 :: G06 計算;計数

【発明の名称】 電話番号位置検索装置
【発明者】 【氏名】樺沢 清
【課題】各個人のプライバシーの保護を図りながら、電話番号により目的地までピンポイント検索が可能な電話番号位置検索装置を提供する。

【解決手段】電話番号の位置情報を格納する記憶手段と、位置検索の対象となる個人宅の電話番号を入力する入力手段と、前記入力された電話番号を基に、前記検索対象の個人宅へ電話して、前記検索対象の個人宅の位置情報をユーザに提示可能か否かを問い合わせる問い合わせ手段と、前記検索対象の個人宅からの返答が、前記検索対象の個人宅の位置情報の提示許可か、あるいは、提示拒否かを判断する判断手段と、前記判断手段での判断結果が提示許可であった場合に、前記記憶手段から前記検索対象の個人宅の位置情報を検索して出力する検索手段とを有する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 電話番号の位置情報を格納する記憶手段と、位置検索の対象となる個人宅の電話番号を入力する入力手段と、前記入力された電話番号を基に、前記検索対象の個人宅へ電話して、前記検索対象の個人宅の位置情報をユーザに提示可能か否かを問い合わせる問い合わせ手段と、前記検索対象の個人宅からの返答が、前記検索対象の個人宅の位置情報の提示許可か、あるいは、提示拒否かを判断する判断手段と、前記判断手段での判断結果が提示許可であった場合に、前記記憶手段から前記検索対象の個人宅の位置情報を検索して出力する検索手段とを有することを特徴とする電話番号位置検索装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、電話番号位置検索装置に係わり、特に、各個人のプライバシーの保護を図りながら、電話番号により目的地を検索可能な電話番号位置検索手段に関する。
【0002】
【従来の技術】カーナビゲーションシステムにおいて、目的地を検索し、その場所の地図を表示する場合に、電話番号を入力してピンポイントで正確に目的地を探す機能がある。この機能により、簡単に各種施設や行きたい店の地図や情報を探し出すことができる。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】名簿リストなどから安易に得られた電話番号で、個人宅までピンポイント検索できるものはプライバシーに関わる問題が発生する可能性がある。特に、カーナビゲーションシステムでは、好ましくない人物が電話番号を知っているだけで、道案内までして容易に家を特定されてしまう。そのため、従来のカーナビゲーションでは、個人宅については、プライバシー保護の観点から電話番号だけによる検索はできないようにしているものが殆どであり、例え、できたとしてもピンポイントではなく、住所の該当町(丁目)までである。また、一部の機種には、電話番号による目的地検索で、個人宅までピンポイント検索ができるものがあるが、電話番号に加え相手の名前を入力する必要がある。
【0004】前述の住所の該当町(丁目)レベルまで検索する機種では、正確な目的地ではないため、更に正確な住所から地図の表示位置を移動して検索操作が必要となるという問題がある。また、検索処理としては、全ての電話番号と位置情報を1対1にデータベース化できず、個人宅などプライバシーに関わる電話番号は、住所の該当町(丁目)への位置情報修正処理とピンポイント検索ではない旨の表示が必要となるという問題点がある。また、前述の個人宅までピンポイント検索ができる機種では、名前を入力したとしてもプライバシーの問題は依然残っており、さらに、名前の入力が必要となり、電話を掛けるように簡単に操作することができないという問題点がある。
【0005】このように、個人のプライバシーの保護の観点から、電話番号だけで、直接個人の住所とその地図が表示されてしまうのは問題である。とはいえ、知人/友人宅を探し、目的地の設定をするには簡単に済ませたい要求はある。本発明は、前記従来技術の問題点を解決するためになされたものであり、本発明の目的は、電話番号位置検索装置において、各個人のプライバシーの保護を図りながら、電話番号により目的地までピンポイント検索が可能となる技術を提供することにある。本発明の前記ならびにその他の目的と新規な特徴は、本明細書の記述及び添付図面によって明らかにする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本願において開示される発明のうち、代表的なものの概要を簡単に説明すれば、下記の通りである。即ち、本発明は、電話番号位置検索装置であって、電話番号の位置情報を格納する記憶手段と、位置検索の対象となる個人宅の電話番号を入力する入力手段と、前記入力された電話番号を基に、前記検索対象の個人宅へ電話して、前記検索対象の個人宅の位置情報をユーザに提示可能か否かを問い合わせる問い合わせ手段と、前記検索対象の個人宅からの返答が、前記検索対象の個人宅の位置情報の提示許可か、あるいは、提示拒否かを判断する判断手段と、前記判断手段での判断結果が提示許可であった場合に、前記記憶手段から前記検索対象の個人宅の位置情報を検索して出力する検索手段とを有することを特徴とする。
【0007】前記手段によれば、位置検索の対象となる個人宅に電話を掛けて、検索対象の個人宅の位置情報をユーザに提示する許可(認証)が得られた場合に、電話番号の位置情報を検索して出力するようにしたので、各個人のプライバシーの保護を図りながら、電話番号により目的地までピンポイント検索が可能となる。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実施の形態を詳細に説明する。なお、実施の形態を説明するための全図において、同一機能を有するものは同一符号を付け、その繰り返しの説明は省略する。図1は、本発明の実施の形態1の電話番号位置検索装置の概略構成を示すブロック図である。図1において、100は電話番号位置検索装置、101はキー入力装置、102は電話番号入力手段、103は電話器、104は問い合わせ・検索認証判定手段、105は電話番号登録手段、106は電話番号位置情報検索手段、107は電話番号位置情報データベース、108は出力手段、109はメモリ、200は公衆回線、201は個人宅の電話器である。本実施の形態の電話番号位置検索装置100では、検索対象の個人宅の電話番号の登録処理と、電話番号の位置情報検索処理との2つに大別される。
【0009】(1)検索対象の個人宅の電話番号の登録処理ユーザが検索対象の個人宅の電話番号を登録する場合には、キー入力装置101から電話番号入力手段102に、検索対象の個人宅の電話番号を入力する。電話番号入力手段102は、入力された電話番号を電話器103に通知し、電話103は、公衆回線200を介して、当該電話番号の電話器(検索対象の個人宅の電話器)201に電話を掛ける。ここで、電話器103は、電話番号位置検索装置100に内蔵された電話器、モデム、あるいは、電話番号位置検索装置100に接続された携帯電話器、モデムなどで構成される。また、個人宅の電話器201は、個人の携帯電話器、あるいは個人宅の電話器である。
【0010】検索対象の個人宅の電話器201に応答があると、問い合わせ・検索認証判定手段104は、メモリ109から音声メッセージを読み出し、当該音声メッセージを電話を受けた人に対して送出し、ユーザに個人宅の位置情報を提示していいかどうかを問い合わせる。次に、問い合わせ・検索認証判定手段104は、電話を受けた人からの応答の内容を判断し、ユーザに個人宅の位置情報の提示が許可されたならば、電話番号登録手段105に、当該検索対象の個人宅の電話番号を登録し、以後、この電話番号に対する検索を可能にする。ここで、この登録された電話番号は、以後、個人宅の位置情報を提示していいかどうかの問い合わせは不要とする。個人宅の電話器201からの応答は、電話器の番号ボタンや、音声による音声認識による方法がある。
【0011】(2)電話番号による検索対象の個人宅の位置情報取得処理ユーザが、電話番号から検索対象の個人宅の位置情報を検索する場合には、キー入力装置101から電話番号入力手段102に、検索対象の個人宅の電話番号を入力する。電話番号入力手段102は、入力された電話番号を電話番号位置情報検索手段106に通知し、電話番号位置情報検索手段106は、通知のあった電話番号が施設店舗ならば、電話番号位置情報データベース107を検索し、当該電話番号の位置情報(例えば、経度、緯度情報)を取得し、出力手段108に出力する。電話番号位置情報検索手段106は、入力された電話番号が個人宅ならば、当該電話番号が電話番号登録手段105に登録されているかどうかを調べ、登録されていれば電話番号位置情報データベース107を検索し、当該電話番号の位置情報(例えば、経度、緯度情報)を取得し、出力手段108に出力する。また、当該電話番号が電話番号登録手段105に登録されていない場合には、電話番号位置情報データベース10の検索を中止し、検索できないことを検索結果として、出力手段108に出力する。出力手段108は、電話番号位置情報検索手段106での検索結果を外部に出力する。
【0012】なお、前述の説明では、電話番号の登録処理と、電話番号による位置情報検索処理とを別々に行った例を示したが、前述の電話番号による位置情報検索処理において、登録されていない電話番号に対して検索を行った場合には、電話番号の登録処理を行った後、電話番号による位置情報検索処理を行うことも可能である。具体的には、電話番号位置情報検索手段106が、入力された電話番号が個人宅であって、かつ、該電話番号が電話番号登録手段105に登録されていない場合に、当該電話番号が電話番号登録手段105に登録されていないことを電話番号入力手段102に通知し、前述の電話番号の登録処理を実行した後、再度、電話番号による検索対象の個人宅の位置情報取得処理を実行すればよい。
【0013】図2は、登録されていない電話番号に対して検索を行った場合に、電話番号の登録処理と、電話番号による位置情報検索処理とを同時に行う場合の流れを説明するための図である。始めに、ユーザ(個人宅の位置を検索する検索者)が、キー入力装置101を使用して、電話番号位置検索装置100の電話番号入力手段102に、検索対象の個人宅の電話番号を入力する。次に、電話番号位置検索装置100は、電話器103を使用して、入力された電話番号先の相手に電話を掛け(図2のイ)、電話番号先の相手が、受話器201を取り、回線が繋がる(図2のロ)。次に、電話番号位置検索装置100の問い合わせ・検索認証判定手段104が、電話を受けた相手に対して、電話番号による位置情報検索を認証してもらうための問い合わせと応答方法を伝える(図2のハ)。
【0014】ここで、問い合わせと応答方法とは、前述の音声メッセージによる方法以外に、電話番号位置検索装置100の電話器103を使用し、ユーザが、電話を受けた相手に対して、直接発話しても良い。この方法のほうが、電話を受けた相手が不審に感じないので、電話番号の登録処理がよりスムーズに行われることが期待できる。次に、電話を受けた相手は、電話番号位置検索装置100の指示に従い、認証の応答をする(図2のニ)。ここで、電話を受けた相手の応答方法としては、電話器の201の番号ボタンを使用したり、音声による応答がある。例えば、番号ボタンを使用する場合には、番号ボタンの”0”を許可、”1”を拒否として割り当て、ボタンを押してもらう。また、音声による場合には、”はい”、”する”、”YES”等を許可、”いいえ”、”しない”、”NO”等を拒否として発話してもらう。
【0015】電話番号位置検索装置100の問い合わせ・検索認証判定手段104は、電話を受けた相手の応答内容(押されたボタン、または、発話した音声)を判断し、電話番号による位置情報の検索に対する許否を判定する。電話番号位置検索装置100は、問い合わせ・検索認証判定手段104での判断結果が、電話番号による位置情報検索の拒否である場合、電話番号による位置情報の検索を中止する。検索が許可されたならば、当該電話番号を電話番号登録手段105に登録し、最初に入力された電話番号をもとに、電話番号による位置情報検索処理を実行し、電話番号の位置情報を、電話番号位置情報データベース107から取得する。なお、電話番号位置情報データベース107に位置情報だけでなく、検索対象の個人宅の住所情報も格納することにより、電話番号により、検索対象の個人宅の住所も検索可能である。
【0016】本実施の形態によれば、電話を掛ける感覚で電話番号による位置情報の検索を行い、各種施設や行きたい店と同じ操作で個人宅の位置情報の検索をピンポイントで行うことが可能となる。また、本実施の形態では、不特定多数の見ず知らずの人は、個人宅をピンポイント検索できないため、個人のプライバシーの保護も図ることが可能となる。従来のものでは、電話会社で管理、公開している電話帳の情報と、経度、緯度の位置情報とを組合せてデータベース化する際に、各種施設は、住所と位置情報が1対1の関係になるが、個人宅ではピンポイント検索を不可能にするため位置情報の修正が必要であった。しかしながら、本実施の形態によれば、電話会社で管理、公開している電話帳の情報を、経度、緯度の位置情報と組合せて、データベース化する際に、各種施設も個人宅も、住所と位置情報が1対1の関係になるのでデータベースの構築が単一になり簡素化でき、しかも、電話番号と位置情報のデータベースを有効に活用することが可能となる。
【0017】[実施の形態2]本実施の形態は、前述の実施の形態1の電話番号位置検索装置100を搭載したカーナビゲーションシステムである。図3は、本発明の実施の形態2のカーナビゲーションシステムの概略構成を示すブロック図である。本実施の形態のカーナビゲーションシステム300では、検索対象の個人宅から電話番号の位置情報の検索が許可された場合に、電話番号位置検索装置100で検索された電話番号の位置情報を基に、検索対象の個人宅の周辺の地図データを、CD/DVD−ROM(305)などから読み出してメモリ303に格納し、グラフィック部304より当該地図データをディスプレイ306に表示する。また、GPS、ジャイロセンサ、車速センサなどを備える位置測位部302により、走行中の車両の位置を検出し、グラフィック部304によりディスプレイ306に表示する。これらの制御は、全体システムを制御するCPU301により実行される。なお、図2に示すように、本実施の形態では、電話番号位置検索装置100の電話器103は、携帯電話器で構成される。本実施の形態によれば、電話番号により目的地までピンポイント検索が可能となるので、従来の住所の該当町(丁目)レベルまで検索する機種のように、カーナビゲーションシステムを使用するユーザが、表示された住所の該当町(丁目)の地図から、ユーザ自身が住所番号より正確な目的地を探す必要がなくなる。
【0018】[実施の形態3]本実施の形態は、前述の実施の形態1の電話番号位置検索装置100を利用する情報処理システムである。図4は、本発明の実施の形態3の情報処理システムの概略構成を示すブロック図である。本実施の形態では、携帯電話器203の中に電話番号位置検索装置100を内蔵するのではなく、公衆回線200で接続される位置検索サーバ310の内部に電話番号位置検索装置100を設置する。携帯電話器203のユーザは、位置検索サーバ310の電話番号位置検索装置100を経由して、検索対象の個人宅に電話器201に電話を掛ける。電話番号位置検索装置100は、前述の実施の形態1で説明した方法により、電話番号による位置検索の認証が得られたならば、住所情報や個人宅の周辺の簡易地図を携帯電話器203に送信し、携帯電話器203の小さい表示画面に表示させる。本実施の形態では、電話相手先に訪問する時、普通に電話を掛け相手から道順を教えてもらった後に、携帯電話器203の表示画面に、簡易地図が表示されるので、電話相手先に間違いなくたどり着くことができる。
【0019】本実施の形態では、図5に示すように、電話相手先から認証を得るために公衆回線を通してではなく、ネットワーク210で結ばれた相手の情報機器211に接続して認証を得ることもできる。この情報機器211としては、パーソナルコンピュータ(PC)、携帯情報端末(PDA)、携帯電話器などがある。以上、本発明者によってなされた発明を、前記実施の形態に基づき具体的に説明したが、本発明は、前記実施の形態に限定されるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲において種々変更可能であることは勿論である。
【0020】
【発明の効果】本願において開示される発明のうち代表的なものによって得られる効果を簡単に説明すれば、下記の通りである。本発明の電話番号位置検索装置によれば、各個人のプライバシーの保護を図りながら、電話番号により目的地までピンポイント検索が可能となる。
【出願人】 【識別番号】000005108
【氏名又は名称】株式会社日立製作所
【識別番号】000233169
【氏名又は名称】株式会社日立超エル・エス・アイ・システムズ
【出願日】 平成12年9月14日(2000.9.14)
【代理人】 【識別番号】100083552
【弁理士】
【氏名又は名称】秋田 収喜
【公開番号】 特開2002−91984(P2002−91984A)
【公開日】 平成14年3月29日(2002.3.29)
【出願番号】 特願2000−279126(P2000−279126)