トップ :: E 固定構造物 :: E04 建築物

【発明の名称】 テント
【発明者】 【氏名】福江 次郎

【氏名】川西 進一

【氏名】原田 照久

【要約】 【課題】軽量で組立てや撤去が簡単であると共に、建物等の養生、建築施工等にも好適に使用できるテントを提供する。

【解決手段】ゲート状に形成され、横方向に互いに間隔を開けて平行に配置される複数の空気容量調節可能な骨組用袋体2と、これら骨組用袋体2を互いに連結する複数の連結用袋体3,4と、複数の骨組用袋体2の外側に着脱自在に張設された少なくとも1枚のシート5とを備えた。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 ゲート状に形成され、横方向に互いに間隔を開けて平行に配置される複数の空気容量調節可能な骨組用袋体と、これら骨組用袋体を互いに連結する複数の連結用袋体と、前記複数の骨組用袋体の外側に着脱自在に張設された少なくとも1枚のシートとを備えたことを特徴とするテント。
【請求項2】 前記複数の連結用袋体のうち、少なくともいずれかの連結用袋体の両端を相対向する2つの前記骨組用袋体にそれぞれ通気可能に接続した請求項1記載のテント。
【請求項3】 前記複数の連結用袋体のうち、少なくともいずれかの連結用袋体の両端を相対向する2つの前記骨組用袋体にそれぞれ着脱自在に固定した請求項1記載のテント。
【請求項4】 前記シートを複数枚張設すると共に、これらシートの端部同士を着脱自在に連結した請求項1乃至3のいずれか記載のテント。
【請求項5】 前記シートの内方に形成された空間の両端に位置する2つの開口部のうち、少なくともいずれか一方の開口部を閉塞用シートで着脱自在に閉塞した請求項1乃至4のいずれか記載のテント。
【請求項6】 前記シートと前記閉塞用シートの少なくともいずれかに、前記空間内の気圧上昇を緩衝可能な内気圧緩衝手段を設けた請求項5記載のテント。
【請求項7】 前記複数の骨組用袋体のうち、相対向するいずれか2つの骨組用袋体の上部に引張用紐材をそれぞれ係止した請求項1乃至6のいずれか記載のテント。
【請求項8】 前記シートの下端部に少なくとも1枚の足場用シートの上端部を着脱自在に連結した請求項1乃至7のいずれか記載のテント。
【請求項9】 前記閉塞用シートの下端部に少なくとも1枚の足場用シートの上端部を着脱自在に連結した請求項5乃至8のいずれか記載のテント。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、例えば各種の屋外行事やキャンプ、あるいは建物や建築資材の養生、建築施工等に使用されるテントに関する。
【0002】
【従来の技術】周知のように、各種の屋外行事等においては、雨露・寒暑を防いだりするため、テントが使用されることが多い。従来のこの種のテントとしては、例えば、支柱や横架材等からなる架構体の上部にシートを張設したもの等がある。
【0003】一方、建物の施工現場における建物や建築資材の養生等には、建物等をシートで覆うのが一般的である。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記のような従来のテントにおいては、組立て作業や撤去作業に手間がかかると共に、架構体が重いために運搬も煩雑であるという問題点がある。
【0005】また、建物等をシートで覆って養生等する場合は、施工途中でシートを取り外したり、再び覆ったりする作業が必要であるため、煩雑であるという問題点がある。
【0006】この発明は、以上のような問題点に鑑みてなされたものであり、軽量で組立てや撤去が簡単であると共に、建物等の養生、建築施工等にも好適に使用できるテントを提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、請求項1の発明は、ゲート状に形成され、横方向に互いに間隔を開けて平行に配置される複数の空気容量調節可能な骨組用袋体と、これら骨組用袋体を互いに連結する複数の連結用袋体と、前記複数の骨組用袋体の外側に着脱自在に張設された少なくとも1枚のシートとを備えたものである。
【0008】請求項2の発明は、前記複数の連結用袋体のうち、少なくともいずれかの連結用袋体の両端を相対向する2つの前記骨組用袋体にそれぞれ通気可能に接続したものである。
【0009】請求項3の発明は、前記複数の連結用袋体のうち、少なくともいずれかの連結用袋体の両端を相対向する2つの前記骨組用袋体にそれぞれ着脱自在に固定したものである。
【0010】請求項4の発明は、前記シートを複数枚張設すると共に、これらシートの端部同士を着脱自在に連結したものである。
【0011】請求項5の発明は、前記シートの内方に形成された空間の両端に位置する2つの開口部のうち、少なくともいずれか一方の開口部を閉塞用シートで着脱自在に閉塞したものである。
【0012】請求項6の発明は、前記シートと前記閉塞用シートの少なくともいずれかに、前記空間内の気圧上昇を緩衝可能な内気圧緩衝手段を設けたものである。
【0013】請求項7の発明は、前記複数の骨組用袋体のうち、相対向するいずれか2つの骨組用袋体の上部に引張用紐材をそれぞれ係止したものである。
【0014】請求項8の発明は、前記シートの下端部に少なくとも1枚の足場用シートの上端部を着脱自在に連結したものである。
【0015】請求項9の発明は、前記閉塞用シートの下端部に少なくとも1枚の足場用シートの上端部を着脱自在に連結したものである。
【0016】
【発明の実施の形態】以下、この発明の実施形態を図面に基づいて説明する。図1乃至図5に示すように、第1実施形態に係るテント1は、ゲート状に形成され、横方向に互いに間隔を開けて平行に配置される複数の空気容量調節可能な骨組用袋体2と、これら骨組用袋体2を互いに連結する複数の連結用袋体3,4と、複数の骨組用袋体2の外側に着脱自在に張設された例えば2枚のシート5とを備えたものである。
【0017】骨組用袋体2は、例えば、合成樹脂シート、合成樹脂積層シート、ポリアミド繊維・ポリエステル繊維等の合成繊維や木綿・麻等の天然繊維から製織された布地にポリウレタン等の合成樹脂をコーティングし又は含浸させたシート材、あるいは前記布地と合成樹脂シートとを積層した積層シート材等で構成された袋体からゲート状に形成されている。なお、この実施形態においては、4つの角部2aを有するゲート状に形成されているが、ゲート状の態様はこれに限定されるものではなく、他に例えばアーチ形、円弧形、C字形、台形、く字形、コ字形等であってもよい。
【0018】この骨組用袋体2は空気容量調節可能であり、空気を充填及び排気するための逆止弁等を適宜の位置に設けておけばよい。このような逆止弁としては、例えば、図6及び図7に示すような急速排気弁6等が挙げられる。
【0019】急速排気弁6は、骨組用袋体2に形成した空気孔7に外端8aが外方へ突出するように内方から挿通される管部材8と、この管部材8の外周に設けた固定用突出部8cに骨組用袋体2を介して固定される固定リング9と、管部材8の内端8bの開口部10に形成したテーパ面8dに着脱自在に嵌着される断面が台形状の弁部材11と、この弁部材11に骨組用袋体2の内部空間12と連通するように取付けられた逆止弁付きの空気充填ロッド13と、管部材8の内端8bに間隔を開けて固定されたコ字状のストッパ14とを備えたものである。
【0020】骨組用袋体2に空気を充填する際は、適宜のブロアー等を管部材8に接続して行えばよく、必要に応じてコンプレッサ等を空気充填ロッド13に接続して圧力を補充してもよい。排気する際は、空気充填ロッド13を空気圧に抗して押し、弁部材11を内方へスライドさせれば、この弁部材11と管部材8のテーパ面8dとの間に大きい隙間が形成されるので、急速な排気が可能である。なお、弁部材11はストッパ14に当接するので、骨組用袋体2の内部空間12に落ち込むこともない。
【0021】連結用袋体3は、図4及び図5に示すように、骨組用袋体2と同様の材質等で構成された袋体から例えば棒状に形成されている。この連結用袋体3の両端は、横方向に間隔を開けて相対向する2つの骨組用袋体2にそれぞれ通気可能に接続されている。これら相対向する2つの骨組用袋体2は、例えば5つの連結用袋体3で連結されている。即ち、2つの骨組用袋体2と、これらを連結する5つの連結用袋体3とから1つの骨組ユニット15が構成されている。なお、連結される骨組用袋体2の数は特に限定されるものではなく、3つ以上であってもよい。また、これら骨組用袋体2同士を連結する連結用袋体3の数も、必要に応じて適宜変更可能である。連結用袋体3の形状も、棒状の他、板状等であってもよい。
【0022】このように、連結用袋体3によれば、骨組用袋体2同士が通気可能に接続され、連結用袋体3を通して空気を他の骨組用袋体2へ送り込んだり、他の骨組用袋体2から空気を戻したりできるので、各骨組用袋体2について空気の充填及び排気作業を行わなくてもよい場合がある。そのため、空気の充填及び排気作業を簡略化することもできるという利点がある。また、各骨組用袋体2に急速排気弁6等の逆止弁等を設けておかなくてもよいので、逆止弁等の数を減らしてコストダウンを図ることもできる。
【0023】連結用袋体4は、図4、図5、及び図8に示すように、骨組用袋体2と同様の材質等で構成された袋体から例えば棒状に形成されている。この連結用袋体4の両端は、横方向に間隔を開けて相対向する2つの骨組ユニット15にそれぞれ着脱自在に固定されている。これら相対向する2つの骨組ユニット15は、例えば3つの連結用袋体4で連結されている。
【0024】連結用袋体4の固定手段としては、例えば、一端16aが連結用袋体4の端部に固定され、且つ、骨組用袋体2の外周に巻き付けた状態で「マジックテープ」(商品名)又はバックル等により他端16bが互いに又は連結用袋体4に着脱自在に係止される固定ベルト16等が挙げられる。ここで、この実施形態のように、連結用袋体4の両端に平面視が円弧状の凹部17をそれぞれ設けておけば、連結用袋体4を骨組用袋体2の外周に固定し易いという利点がある。
【0025】なお、連結用袋体4も、骨組用袋体2と同様に、適宜の位置に逆止弁等を設けて空気容量調節可能としておくのが望ましい。また、この実施形態においては、連結用袋体4により6つの骨組ユニット15を連結しているが、これに限定されるものではなく、5つ以下又は7つ以上の骨組ユニット15を連結してもよい。あるいは、骨組ユニット15を使用しないで骨組用袋体2だけを、又は骨組ユニット15と骨組用袋体2とを適当に混合して連結してもよい。これら骨組ユニット15同士、骨組用袋体2同士、又は骨組ユニット15と骨組用袋体2とを連結する連結用袋体4の数も、必要に応じて適宜変更可能である。連結用袋体4の形状も、棒状の他、板状等であってもよい。
【0026】このように、連結用袋体4によれば、骨組ユニット15同士、骨組用袋体2同士、又は骨組ユニット15と骨組用袋体2とを適当に連結できるので、テント1の骨組を使用目的や設置範囲等に応じて簡単に所望の大きさにできるという利点がある。
【0027】シート5は、図1乃至図3に示すように、例えば、ポリアミド繊維等の合成繊維等から製織された布地にポリウレタン等の合成樹脂をコーティングしたもの等で構成され、矩形状に形成されている。このシート5は、複数の連結用袋体4で連結された6つの骨組ユニット15に対して例えば2枚が使用され、「マジックテープ」(商品名)等により全ての又は適宜の骨組用袋体2の外側に着脱自在に固定した状態で張設されている。また、シート5の端部同士も、「マジックテープ」(商品名)、ファスナ、又は磁石等により着脱自在に連結されている。なお、シート5の大きさは特に限定されるものではなく、骨組用袋体2の外側を部分的に覆うようにしてもよい。また、シート5の数も特に限定されるものではなく、1枚の大きなシート5で覆うようにしてもよいが、2枚又はそれ以上の複数枚のシート5を張設し、これらシート5の端部同士を着脱自在に連結しておけば、骨組用袋体2や骨組ユニット15の増減に対応できるという利点がある。
【0028】以上のように構成されるテント1は、図1乃至図3に示すように、例えば地面18に設置できる。シート5の内方には所定範囲の空間19が形成されているので、このテント1を建物の施工現場に設置すれば、空間19を利用して建物や建築資材の養生、建築施工等を行える。また、テント1を学校のグランドや市民グランド、あるいはキャンプ場等に設置すれば、各種の屋外行事やキャンプでの露営等にも使用できる。なお、テント1は、風等で飛んだり移動したりしないように、適宜の部位を従来公知の係止ロープ及び係止アンカー等で地面18等に固定しておくのが望ましい。
【0029】次に、テントの組立て及び撤去の手順の一例について説明する。組立ての際は、まず、地面18等の上にシート5を敷く。複数枚のシート5を使用する場合は、シート5の端部同士を既述の「マジックテープ」(商品名)等で連結しておく。次いで、空気を抜いた状態の骨組用袋体2や骨組ユニット15をシート5の所定位置に「マジックテープ」(商品名)等で固定する。骨組ユニット15同士、骨組用袋体2同士、又は骨組ユニット15と骨組用袋体2とは、適宜の数の連結用袋体4で連結する。連結用袋体4が空気容量調節可能である場合は、この時点で空気を充填しておくのが望ましい。
【0030】そして、シート5が上方に位置するようにテント1をひっくり返した後、適宜の骨組用袋体2や骨組ユニット15に空気を充填してゲート状に膨ませればよい。なお、組立て作業は、テント1をゲート状に膨ませてから設置位置まで運搬してもよいが、設置位置で組み立ててそのまま膨らませるだけでもよい。また、組立て作業の前、途中、又は後には、既述の係止ロープ及び係止アンカー等でテント1を固定するのが望ましい。
【0031】撤去の際は、まず、骨組用袋体2や骨組ユニット15から空気を抜く。連結用袋体4からも、必要に応じて空気を抜く。係止ロープ及び係止アンカー等は、適当な段階で取外しておけばよい。次いで、そのままの状態で折り畳んだり、あるいは適宜の部材だけ又は部材ごとに分解してから折り畳んだりすれば、簡単に運搬できる。
【0032】このように、テント1は、軽量で組立てや撤去が簡単であると共に、建物等の養生、建築施工等の各種の用途に好適に使用できるという利点がある。
【0033】なお、この実施形態においては、テント1を地面18に設置しているが、これに限定されるものではなく、図9に示すように、施工される建物20の周囲に設けられた足場21上に設置してもよい。
【0034】図10及び図11に示すように、第2実施形態に係るテント31は、第1実施形態において、シート5の内方に形成された空間19の両端に位置する2つの開口部32、33のうち、例えば一方の開口部32を閉塞用シート34で着脱自在に閉塞したものである。
【0035】閉塞用シート34は、シート5と同様の材質等で構成され、シート5の端部付近に「マジックテープ」(商品名)、ファスナ、又は磁石等で着脱自在に固定されている。なお、閉塞用シート34は、開口部32に位置する骨組用袋体2に固定しておいてもよい。また、一方の開口部32だけでなく、他方の開口部33も閉塞用シート34で閉塞しておいてもよい。いずれにしても、閉塞用シート34は、テント1の組立て前にシート5又は骨組用袋体2に固定しておくのが望ましい。
【0036】このように、閉塞用シート34によれば、開口部32,33を閉塞できるので、開口部32,33の外方からの風雨の吹き込み等を防止できるという利点がある。ここで、シート5と閉塞用シート34の少なくともいずれかに、空間19内の気圧上昇を緩衝可能な内気圧緩衝手段を設けておけば、空間19内に強い風が吹き込む場合でも、テント1が飛ばされるのを有効に防止できるという利点がある。このような内気圧緩衝手段としては、例えば、この実施形態のような開口部35等が挙げられる。開口部35の形状、大きさ、及び数等は特に限定されるものではなく、矩形状の他、円状、楕円状、多角形状、スリット状等であってもよい。また、開口部35には、必要に応じて防虫網等を張設しておいてもよい。更に、開口部35の外側の上方に、必要に応じてカバーシート36の上端を固定しておけば、雨の吹き込みを防止できると共に、図11のようにカバーシート36がめくれて開口部35から外方へ風が抜けるという利点がある。あるいは、開口部35等を設けない場合でも、一定圧以上の圧力が作用したときに閉塞用シート34がシート5若しくは骨組用袋体2から部分的に外れるようにしておくか、又はシート5同士の間、若しくはシート5が骨組用袋体2から部分的に外れるようにしておけば、同様の効果がある。
【0037】図12に示すように、第3実施形態に係るテント41は、第2実施形態と同様のテント31を足場21上に設置したものである。シート5の下端部には、シート5と同様の材質等で構成された少なくとも1枚の足場用シート42の上端部が着脱自在に連結されている。閉塞用シート34の下端部にも、少なくとも1枚の足場用シート43の上端部が着脱自在に連結されている。足場用シート42,43は、「マジックテープ」(商品名)、ファスナ、又は磁石等によりシート5や閉塞用シート34に着脱自在に連結しておけばよい。
【0038】このように、足場用シート42,43によれば、足場21の内方への風雨の吹き込みを防止できると共に、足場21の外方への落下物の飛び出しも防止できるという利点がある。なお、この実施形態においては、閉塞用シート34に開口部35等の内気圧緩衝手段を設けているが、これに限定されるものではなく、シート5や足場用シート42,43に内気圧緩衝手段を設けておいてもよい。
【0039】図13乃至図15に示すように、第4実施形態に係るテント51は、第1実施形態と同様のテント1における中央部付近の相対向する2つの骨組用袋体2の上部に引張用紐材52,53をそれぞれ係止したものである。
【0040】引張用紐体52,53は、ロープ、ベルト、ワイヤーロープ等で構成されている。図15に示すように、一方の引張用紐体52の一端52aは一方の骨組用袋体2に巻き付けてバックルで固定する等して係止され、他端52bはシート5同士の連結部分54の隙間を通してシート5の上方側から一方の開口部32側に引き出されている。他方の引張用紐体53の一端53aも他方の骨組用袋体2に巻き付けてバックルで固定する等して係止され、他端53bもシート5同士の連結部分54の隙間を通してシート5の上方側から他方の開口部33側に引き出されている。この場合、引張用紐体52,53を係止した2つの骨組用袋体2の上部付近は、連結用袋体4(3)を設けておかなくてもよい。
【0041】クレーン等で建築資材等をテント1の内方へ運び入れたり、テント1から外方へ運び出したりする場合、引張用紐体52,53の他端52b,53bをそれぞれ引っ張れば、骨組ユニット15やシート5等は弾力性及び可撓性を有するので、図16に示すように、シート5の連結が外れてテント1が中央部付近で左右に分割される。そのため、この分割で形成される開口部55を利用すれば、クレーン等による作業を簡単に行えるという利点がある。
【0042】作業後は、引張用紐体52,53を放せば、骨組ユニット15等が弾力性により元の状態に戻る。シート5の端部同士も、必要に応じて再び連結する。このように、シート5同士の連結部分54は、分割部位に合わせて配設しておくのが望ましい。なお、引張用紐体52,53の係止態様は特に限定されるものではなく、空間19内を通しておいてもよい。この場合、引張用紐体52,53の他端52b,53bを引っ張ると同時に、シート5の連結部分54も外れるようにしておくのが望ましい。また、テント51は、既述の足場21上に設置しておいてもよい。
【0043】以上の実施形態においては、骨組用袋体2を連結用袋体3で通気可能に連結した骨組ユニット15を使用し、これら骨組ユニット15を連結用袋体4で着脱自在に連結しているが、これに限定されるものではなく、複数の骨組用袋体2同士を連結用袋体3で通気可能に連結した1つの大きな骨組ユニット15だけを使用してもよい。
【0044】
【発明の効果】以上のように、請求項1の発明によれば、複数の骨組用袋体と、複数の連結用袋体と、少なくとも1枚のシートとを備えているので、軽量で組立てや撤去が簡単であると共に、建物等の養生、建築施工等の各種の用途に好適に使用できる。
【0045】請求項2の発明によれば、少なくともいずれかの連結用袋体の両端を相対向する2つの骨組用袋体にそれぞれ通気可能に接続しているので、各骨組用袋体について空気の充填及び排気作業を行わなくてもよい場合がある。そのため、空気の充填及び排気作業を簡略化することもできる。また、各骨組用袋体に急速排気弁等の逆止弁等を設けておかなくてもよいので、逆止弁等の数を減らしてコストダウンを図ることもできる。
【0046】請求項3の発明によれば、少なくともいずれかの連結用袋体の両端を相対向する2つの骨組用袋体にそれぞれ着脱自在に固定しているので、骨組ユニット同士、骨組用袋体同士、又は骨組ユニットと骨組用袋体とを適当に連結できる。そのため、テントの骨組を使用目的や設置範囲等に応じて簡単に所望の大きさにできる。
【0047】請求項4の発明によれば、シートを複数枚張設すると共に、これらシートの端部同士を着脱自在に連結しているので、骨組用袋体や骨組ユニットの増減に対応できる。
【0048】請求項5の発明によれば、シートの内方に形成された空間の両端に位置する2つの開口部のうち、少なくともいずれか一方の開口部を閉塞用シートで着脱自在に閉塞しているので、開口部の外方からの風雨の吹き込み等を防止できる。
【0049】請求項6の発明によれば、シートと閉塞用シートの少なくともいずれかに、前記空間内の気圧上昇を緩衝可能な内気圧緩衝手段を設けているので、空間内に強い風が吹き込む場合でも、テントが飛ばされるのを有効に防止できる。
【0050】請求項7の発明によれば、相対向するいずれか2つの骨組用袋体の上部に引張用紐材をそれぞれ係止しているので、これら引張用紐体をそれぞれ引っ張るだけでクレーン等による作業を簡単に行える。
【0051】請求項8及び請求項9の発明によれば、シートの下端部又は閉塞用シートの下端部に少なくとも1枚の足場用シートの上端部を着脱自在に連結しているので、テントを足場上に設置した場合は、足場の内方への風雨の吹き込みを防止できると共に、足場の外方への落下物の飛び出しも防止できる。
【出願人】 【識別番号】000198787
【氏名又は名称】積水ハウス株式会社
【識別番号】599113590
【氏名又は名称】株式会社美貴本
【識別番号】500282427
【氏名又は名称】東レインターナショナル株式会社
【出願日】 平成12年6月16日(2000.6.16)
【代理人】 【識別番号】100080182
【弁理士】
【氏名又は名称】渡辺 三彦
【公開番号】 特開2002−4643(P2002−4643A)
【公開日】 平成14年1月9日(2002.1.9)
【出願番号】 特願2000−181296(P2000−181296)