トップ :: B 処理操作 運輸 :: B25 手工具;可搬型動力工具;手工具用の柄;作業場設備;マニプレ−タ

【発明の名称】 電動工具
【発明者】 【氏名】細川 信仁

【氏名】横山 仁一

【氏名】池田 知也

【要約】 【課題】モータ外枠部とギヤボックスの振動を低く抑えること。

【解決手段】モータ外枠部1の端面4とインロー部5、もしくはギヤボックス2の端面6とインロー部7に金型を配置し、モータ外枠部1の端面4とインロー部5、もしくはギヤボックス2の端面6とインロー部7の間に、樹脂等の射出成形可能な振動抑制材料を射出成形し、モータ外枠部1とギヤボックス2間に共振抑制層3を形成する。この構造により、モータ外枠部とギヤボックスは相互のギヤ音と振動伝達を抑制し、共振を低減することで、モータ外枠部とギヤボックスのギヤ音と振動を低く抑えることができる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】モータとギヤ・ピニオンを有し、前記モータを内包し支持するモータ外枠部、及び前記ギヤ・ピニオンを内包し支持するギヤボックスを有する電動工具において、前記モータ外枠部端面、もしくは前記ギヤボックス端面に金型を配置し、前記モータ外枠部端面、もしくは前記ギヤボックス端面の間に、樹脂等の射出成形可能な振動抑制材料を射出成形して、前記モータ外枠部と前記ギヤボックス間に形成した共振抑制層を有することを特徴とする電動工具。
【請求項2】モータとギヤ・ピニオンを有し、前記モータを内包し支持するモータ外枠部、及び前記ギヤ・ピニオンを内包し支持するギヤボックスを有する電動工具において、前記モータ外枠部端面と前記ギヤボックス端面の間に、樹脂等の振動抑制材を用いた共振抑制板を挟持することを特徴とする電動工具。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ギヤ音・振動抑制構造を改良した電動工具に関する。
【0002】
【従来の技術】図9に示す従来の電動工具の振動抑制構造は、モータ外枠部1にモータ12を内包し支持するとともに、図10に示すように振動抑制材として機能するゴムブッシュ11をモータ外枠部1の回転子支持部(A)13に挿入し、ボールベアリング(A)14を介してモータ12の回転子15をある一定の締め代をもって支持している。
【0003】このような構造では、回転子15が回転する時にアンバランスにより発生する振動がゴムブッシュ11によって一定レベルは減衰される。しかし、前記振動はギヤ16、ピニオン17を内包し支持するギヤボックス2に伝わり、モータ外枠部1とともに共振することにより、モータ外枠部1、及びギヤボックス2の振動が充分に減衰されないという問題が存在していた。
【0004】また、図11に示すギヤボックス2側の振動抑制構造では、図12に示すように振動抑制材として機能するゴムリング18をギヤボックス2の回転子支持部(B)19に挿入し、ボールベアリング(B)20を介して回転子15をある一定の締め代をもって支持している。
【0005】このような構造によれば、回転子15が回転する時にアンバランスにより発生する振動がゴムリング18で一定レベルは減衰される。しかし、前記振動はモータ外枠部1にギヤボックス2の端面9とインロー部10を介して伝わり、ギヤボックス2とともに共振することにより、ギヤボックス2、及びモータ外枠部1の振動が充分に減衰しないという問題が存在していた。
【0006】また、図13に示す従来の電動工具のギヤ音抑制構造では、回転子15からの回転力を伝達するピニオン17は回転子15に圧入されており、このピニオン17と回転子15は一体で回転する。ピニオン17からの回転力を受け取るギヤ16は、図14に示すように径方向の隙間21を隔ててピニオン17に結合し、このピニオン17に結合したトメワッシャ22とギヤ16との間に弾性部材23を軸方向に圧縮して設置されている。従って、ギヤ16の軸方向の位置は、ギヤ16をスピンドル24に圧入されたボールベアリング(C)25に突き当てるとともに、ピニオン17に結合されたトメワッシャ22とギヤ16との間に弾性部材23を設けることにより固定される。図14において、ギヤ16の回り止め部材としてキー26は、周方向の隙間27を隔てて配設されている。
【0007】このような構造によれば、ギヤ16の歯とピニオン17の歯が衝突した際の衝撃力が小さいときは、ギヤ16とボールベアリング(C)25、及びギヤ16と弾性部材23との接触面で発生する静止摩擦力によってピニオン17がギヤ16と一体で回転する。衝撃力が静止摩擦力を超えた場合、ギヤ16はスピンドル24に対して周方向の隙間27の距離を摺動する。この時、ギヤ16とボールベアリング(C)25、及びギヤ16と弾性部材23との接触面で発生する動摩擦力がギヤ16に作用している。すなわち、衝撃力は動摩擦力により減衰され、歯面同士の衝突によるギヤ音が低減される。しかし、電動工具の仕様上必要な繰り返し回数での衝撃力による許容応力が、キー26やギヤ16、スピンドル24の強度を超えているような場合は、上記構造を採用できず、ギヤ音低減が実現できなかった。また、上記構造では、ギヤ音がモータ外枠部1にギヤボックス2から伝わり、ギヤボックス2とともに共振することにより、ギヤボックス2、及びモータ外枠部1のギヤ音が充分に減衰されない場合があった。
【0008】本発明は、上記従来技術の欠点を回避するため,モータとギヤ・ピニオンを有し、モータを内包し支持するモータ外枠部、及びギヤ・ピニオンを内包し支持するギヤボックスを有する電動工具において、モータ外枠部とギヤボックス間の振動の伝達を抑え,共振を低減するギヤ音・振動抑制構造を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成させるため、請求項1の発明は、モータとギヤ・ピニオンを有し、前記モータを内包し支持するモータ外枠部、及び前記ギヤ・ピニオンを内包し支持するギヤボックスを有する電動工具において、前記モータ外枠部端面、もしくは前記ギヤボックス端面に金型を配置し、前記モータ外枠部端面、もしくは前記ギヤボックス端面の間に、樹脂等の射出成形可能な振動抑制材料を射出成形して、前記モータ外枠部と前記ギヤボックス間に形成した共振抑制層を有することを特徴とする。
【0010】請求項2の発明は、モータとギヤ・ピニオンを有し、前記モータを内包し支持するモータ外枠部、及び前記ギヤ・ピニオンを内包し支持するギヤボックスを有する電動工具において、前記モータ外枠部端面と前記ギヤボックス端面の間に、樹脂等の振動抑制材を用いた共振抑制板を挟持することを特徴とする。
【0011】
【発明の実施の形態】本発明に係る電動工具について説明する。図1は本発明の実施例である電動工具の縦断面図、図2は図1のA部拡大図、図3は図2のI−I断面図、図4は本発明によるモータ外枠部の端面とインロー部との間に共振抑制層を形成する方法の一例を示す縦断面図、図5は図4のB部拡大図である。なお、本実施例においては、図9乃至図12に示す従来の電動工具と同じ機能を有する部材には同じ符号を用い、その説明を適宜省略する。
【0012】図1において、電動工具はモータ12とギヤ16・ピニオン17を有し、モータ12を内包し支持するモータ外枠部1、及びギヤ16・ピニオン17を内包し支持するギヤボックス2を有する。図4において、あらかじめ成形されたモータ外枠部1に対し、金型8を図示の如く配置し、金型8とモータ外枠部1の端面(A)4とインロー部(A)5の間に形成された隙間に、射出口9より樹脂等の射出成形可能な振動抑制材料を射出成形することで、モータ外枠部1とギヤボックス2の間に適当な厚さを持つ共振抑制層3を形成する。
【0013】本実施例によれば、モータ外枠部1の端面(A)4とインロー部(A)5に対し、ギヤボックス2の端面(B)6とインロー(B)7との間に適当な厚さを持つ共振抑制層3が形成されており、モータ外枠部1とギヤボックス2は相互の振動伝達が共振抑制層3によって減衰され、共振が低減されるため、モータ外枠部1とギヤボックス2の振動を低く抑えることが可能となる。
【0014】更に、従来技術では、モータ支持とギヤ・ピニオンの噛み合わせ精度を確保するため、モータ外枠部1もしくはギヤボックス2がアルミダイキャスト製である場合には、モータ外枠部1の端面(A)4とインロー部(A)5、もしくはギヤボックス2の端面(B)6とインロー(B)7については機械加工が必要であった。しかし、本実施例によれば、金型8で精度を確保することにより、前記機械加工が不要となる。
【0015】次に本発明の他の実施例を説明する。図6は本発明の他の実施例であるギヤ音・振動抑制構造を適用した電動工具の縦断面図、図7は図6のC部拡大図、図8は図7のII−II断面図である。
【0016】本実施例では、図1に示される共振抑制層3と同等の機能を果たす樹脂等の振動抑制材を用いた共振抑制板10をモータ外枠部1の端面(A)4とインロー部(A)5に対し、ギヤボックス2の端面(B)6とインロー部(B)7との間に挟持させる構造である。
【0017】この実施例によれば、モータ外枠部1とギヤボックス2は相互のギヤ音と振動の伝達が共振抑制板10で減衰されることにより、共振が低減され、モータ外枠部1とギヤボックス2のギヤ音と振動を低く抑えることが可能となる。
【0018】
【発明の効果】本発明によれば、モータ外枠部の端面とインロー部に対し、ギヤボックスの端面とインローとの間に適当な厚さを持つ共振抑制層が形成されているので、モータ外枠部とギヤボックスは相互のギヤ音と振動伝達を抑制し、共振を低減することで、モータ外枠部とギヤボックスのギヤ音と振動を低く抑えることができる。
【0019】また、モータ外枠部もしくはギヤボックスがアルミダイキャストの場合、モータ外枠部端面とインロー部、もしくはギヤボックス端面とインロー部に金型を配置し、モータ外枠部端面とインロー部、もしくはギヤボックス端面とインロー部の間に、樹脂等の射出成形可能な振動抑制材料を射出成形して共振抑制層を設けることで、モータ外枠部の端面とインロー部、及びギヤボックスの端面とインロー部の機械加工が省け、加工費の低減が図れる。
【出願人】 【識別番号】000005094
【氏名又は名称】日立工機株式会社
【出願日】 平成13年3月1日(2001.3.1)
【代理人】 【識別番号】100074631
【弁理士】
【氏名又は名称】高田 幸彦 (外1名)
【公開番号】 特開2002−254357(P2002−254357A)
【公開日】 平成14年9月10日(2002.9.10)
【出願番号】 特願2001−56867(P2001−56867)