トップ :: B 処理操作 運輸 :: B25 手工具;可搬型動力工具;手工具用の柄;作業場設備;マニプレ−タ

【発明の名称】 携帯電気ドリル用アタッチメント
【発明者】 【氏名】大津 寛健

【要約】 【課題】携帯電気ドリルの高所穴あけ用アタッチメントであって安定な支持を可能とする。

【解決手段】先端スリーブ1a及び基部スリーブ1bからなるスリーブ1と、該スリ−ブ1内に回転自在に挿し通された延長シャフト2とからなり、基部スリーブ1bには延長シャフト2を支承するベアリング5を設け、前記延長シャフト2には前記スリーブの抜け止め用ストッパー3を固定すると共にその先端に工具取り付け用チャック4を取り付け、基部スリーブ1bの先端寄りにグリップ6を設け、先端スリーブ1aの先端部に切削屑受け7を摺動自在に嵌め込み、先端スリーブ1aに設けた下部バネ受け8aと前記切削屑受け7との間に圧縮コイルバネ9を嵌装する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 スリーブと、該スリ−ブ内に回転自在に挿し通された延長シャフトとからなり、前記延長シャフトには前記スリーブの抜け止め用ストッパーを固定すると共にその先端に工具取り付け用チャックを取り付けてなる携帯電気ドリル用アタッチメント。
【請求項2】 スリーブが、先端スリーブ及び基部スリーブからなり、基部スリーブには延長シャフトを支承するベアリングを設けてなる請求項1に記載の携帯電気ドリル用アタッチメント。
【請求項3】 基部スリーブの先端寄りにグリップを設けてなる請求項2に記載の携帯電気ドリル用アタッチメント。
【請求項4】 先端スリーブの先端部に切削屑受けを摺動自在に嵌め込み、先端スリーブに設けたバネ受けと前記切削屑受けとの間に圧縮コイルバネを嵌装してなる請求項2又は3に記載の携帯電気ドリル用アタッチメント。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、既存の携帯電気ドリルに使用され、ドリル刃を本体から離れた位置に取り付けるためのアタッチメントに関する。なお、本明細書において、ドリル刃は、ホールソーといわれるような直径の大きい穴をあけるための切削具を含む意味で使用している。
【0002】
【従来の技術】携帯電気ドリルによる作業は、一般に、スイッチを設けた握りを右手で持ち、左手で本体を支え、握りに設けられたスイッチを右手で操作して行うのがオーソドックスな作業方法である。従って、例えば、天井面に穿孔するときには脚立に上って作業を行い、床面に穿孔するときには屈んで作業を行う必要がある。脚立に上って行う作業は、安定性の観点から危険があり、作業箇所を移動する際には一旦脚立から降りて脚立を移動した後脚立に上るため、能率が悪く、作業者の疲労が大きくなる。また、屈んで行う作業も足腰に負担がかかることから、同様に作業者の疲労が大きくなる。
【0003】そこで、作業者の疲労を少なくするための工夫が種々提案されている。例えば、ポールの中にパイプシャフトが入っており、パイプシャフトの先端に携帯電気ドリルを取り付け、パイプシャフトを歯車機構を用いて上下させるようにしたものがある(特開平7−196136号公報参照)。動力スイッチ部と作動本体部との間に首と称する延長部を設け、首と作動部本体とを継ぎ手により連結したたものがある(実用新案登録第3026286号公報参照)。軸部とその上部に設けられたハンドル部を備えており、軸部の下端部には携帯電気ドリルを着脱自在に連結する連結部を設けたものがある(特開平8−47875号公報参照)。
【0004】作業者の疲労を少なくするために従来提案されているこれらの工夫は、携帯電気ドリル本体を作業者からみてアタッチメントの先に取り付けるものである。これに対して、携帯電気ドリル本体をアタッチメントからみて作業者寄りに取り付けるようにしたものとしては、携帯電気ドリル本体のチャックに延長シャフトを取り付け、延長シャフトの先端にドリル刃を取り付けるようにしたものがある(実開平4−86109号公報参照)。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】携帯電気ドリル本体を作業者からみてアタッチメントの先に取り付けるものは、例えば脚立使用による危険性や上り下りによる疲労は回避でき、それなりに作業効率を向上できる。しかしながら、携帯電気ドリル本体は小型とはいえ重量があるものであり、これを腕で支えて作業を行うのは容易ではない。また、携帯電気ドリル本体をアタッチメントからみて作業者寄りに取り付けるようにしたものであっても、重心が作業者側にあるとはいえ、長尺のものを端の方でのみ持たねばならないことから支持が不安定になりがちであり、さらに、先端に装着されたチャックの重量により延長シャフトが撓むことがあり、撓んだ状態で延長シャフト棒を回転させるとチャックが首振り運動をする危険がある。
【0006】請求項1の発明は、延長シャフトを使用して携帯電気ドリル本体を作業者寄りに取り付けるアタッチメントにおいて、安定した支持ができるとともにチャックの首振りを生じないアタッチメントを提供することを課題とする。
【0007】請求項2の発明は、請求項1の発明の課題に加えて、延長シャフトの回転を円滑にするアタッチメントを提供することを課題とする。
【0008】請求項3の発明は、請求項2の発明の課題に加えて、作業時の構えを安定にできるアタッチメントを提供することを課題とする。
【0009】さらに、請求項4の発明は、請求項3の発明の課題に加えて、天井面などに穴あけ作業をする際に切削屑が飛散しないアタッチメントを提供することを課題とする。
【0010】
【課題を解決するための手段】請求項1の発明は、スリーブ1と、該スリ−ブ1内に回転自在に挿し通された延長シャフト2とからなり、前記延長シャフト2には前記スリーブの抜け止め用ストッパー3を固定すると共にその先端に工具取り付け用チャック4を取り付けてなる携帯電気ドリル用アタッチメントである。
【0011】また、請求項2の発明は、スリーブ1が、先端スリーブ1a及び基部スリーブ1bからなり、基部スリーブ1bには延長シャフト2を支承するベアリング5を設けてなる携帯電気ドリル用アタッチメントである。
【0012】また、請求項3の発明は、基部スリーブ1bにグリップ6を設けてなる携帯電気ドリル用アタッチメントである。
【0013】また、請求項4の発明は、先端スリーブ1aの先端部に切削屑受け7を摺動自在に嵌め込み、先端スリーブ1aに設けたバネ受け8aと前記切削屑受け7との間に圧縮コイルバネ9を嵌装してなる携帯電気ドリル用アタッチメントである。
【0014】
【発明の実施の形態】以下図面を参照して本発明の実施の形態を説明する。
【0015】図1(a)は、本発明の一実施例になる携帯電気ドリル用アタッチメント(以下単にアタッチメントという)の正面図であり、工具としてはホールソー104を取り付けた状態を示す。
【0016】以下床面から高さが2400mmの天井面に穴あけを行う場合に好適なように設計されたアタッチメントについて説明する。
【0017】このようなケースにおいては、延長シャフト2としては、直径10mm、長さが820mmのS45C材が好適に使用される。
【0018】次に、スリーブ1は、先端スリーブ1a及び基部スリーブ1bから構成される。延長シャフト2として、前記直径10mmのS45C材を使用する場合、先端スリーブ1aとしては、外径16mm、14mmのアルミニウム管が好適に使用される。また、基部スリーブ1bとしては、外径22mm、内径16mmのアルミニウム管と外径16mm、14mmのアルミニウム管とを連結したものが好適に使用される。
【0019】先端スリーブ1aと基部スリーブ1bとは、ベアリングスリーブ5aにより連結されている。また、基部スリーブ1bにおける、外径22mm、内径16mmのアルミニウム管と外径16mm、14mmのアルミニウム管とは、ベアリングスリーブ5bにより連結されている。また、基部スリーブ1bの基端側にはベアリングスリーブ5cが嵌合されている。そして、各ベアリングスリーブ5a,5b,5cには、要部断面図として図1(b)に示すように、延長シャフト2を支承するベアリング5,5,5が内装されている。また、先端スリーブ1aの先端側(基部スリーブ1b側の反対側になる)には、内径12mmの潤滑剤入りフッ素樹脂ライニングブッシュが嵌合されている。また、延長シャフト2の基部側には、スリーブ1の抜け止め用ストッパー3が取り付けられ、また、延長シャフト2の先端のチャック4が取り付けのやや基部寄りにストップリング(図示せず)が取り付けられ、これによりスリーブ1と延長シャフト2との相対的位置を規制している。ベアリング5としては、ボールベアリングが好ましい。そして、抜け止め用ストッパー3の形状を図1(c)に示すように断面凸状とし、この凸部がベアリング5のインナーレースと接して回転することで抜け止め用ストッパー3の摩擦を抵抗を解消することができる。
【0020】さらに、基部スリーブ1bには、グリップ6が一体に設けられている。このグリップ6は、アルミニウム製で、片手(通常左手)で握り易い形状及び寸法であるのが好ましい。
【0021】延長シャフト2の先端には、工具保持用のチャック4が取り付けられ、これにより工具例えばホールソー104のシャンクをつかんで使用に供される。
【0022】先端スリーブ1aの先端部には切削屑受け7が摺動自在に嵌め込まれており、先端スリーブ1aに設けた下部バネ受け8aと前記切削屑受け7との間に圧縮コイルバネ9を嵌装して切削屑受け7を支承する。切削屑受け7は、例えば、厚み2mmで内法直径48mmのカップ状のポリプロピレン製とするのが好ましい。また、スリーブ1の先端には、上部バネ受け8aが取り付けられ、これにより切削屑受け7の位置を規制している。
【0023】延長シャフト2の先端に取り付ける工具保持用のチャック4としては、内筒110、外筒120及び押えピン130からなり、前記内筒110は、先端側に雄ねじ111、該雄ねじ111より基端寄りに押えピン挿入穴112がそれぞれ形成され、前記外筒120は、先端側に前記内筒110に形成された雄ねじ111と噛み合う雌ねじ121が形成され、さらに、該雌ねじ121より基端側内面を基端側に広がるテーパー面122としたチャック(図2参照)を用いるのが好ましい。軽量小型とすることができ、切削屑受け7を小型化することができるからである。延長シャフト2の先端に取り付ける工具保持用のチャック4としては、携帯電気ドリル用チャックを使用することもできる。
【0024】以上説明したアタッチメントは、延長シャフト2の基端側を携帯電気ドリル100のチャック101によりつかみ、右手で携帯電気ドリル100のグリップ102を持ち、左手でアタッチメントのグリップ6を持って構え、切削屑受け7の縁を天井面に押し当て、スイッチ103を操作する。そして、スイッチ103をオンとし、ホールソー104を前進させる方向に力を加えると、ホールソー104による穴あけが進行するのにしたがってバネ受け8aにより圧縮コイルバネ9が押されて圧縮され、穴あけの進行にしたがってホールソー104を前進させることができる。
【0025】また、本発明のアタッチメントを用いて、狭隘な所で穴あけを行うときには、切削屑受け7を取り外した状態で使用することも可能である。
【0026】以上、基部スリーブ1bとしては、外径22mm、内径16mmのアルミニウム管と外径16mm、14mmのアルミニウム管とを連結したものについて説明したが、外径16mm、14mmのアルミニウム管を使用しないで、図3に示すように、外径22mm、内径16mmのアルミニウム管1本で構成することもできる。このようにすることで部品点数を削減できるので、原価を低減することが可能となる。
【0027】抜け止め用ストッパー3と携帯電気ドリル100のチャック101とは高速回転するから、衣服の袖を巻き込む恐れがある。そのような場合には、図3に示すような安全カバー10を基部スリーブ1bに取り付けることもできる。
【0028】
【発明の効果】請求項1の発明によれば、例えば利き手(右手)で携帯電気ドリル本体を操作し、反対の手(左手)でアタッチメントを持って作業することができるので、安定した支持ができる。また、延長シャフトがスリーブにより規制されるので首振りも生じない。
【0029】請求項2の発明によれば、請求項1の発明の効果に加えて、延長シャフトの回転を円滑にすることができる。
【0030】請求項3の発明の発明によれば、請求項2の発明の効果に加えて、作業時の構えをさらに安定にできる。
【0031】さらに、請求項4の発明によれば、請求項3の発明の効果に加えて、天井面などに穴あけ作業をする際に切削屑受けの縁を天井面に密着させて作業をすることができるから、切削屑が飛散しない。したがって、作業効率を向上させることができる。
【出願人】 【識別番号】300049800
【氏名又は名称】大津 寛健
【出願日】 平成12年6月19日(2000.6.19)
【代理人】 【識別番号】100085305
【弁理士】
【氏名又は名称】廣瀬 章
【公開番号】 特開2002−1682(P2002−1682A)
【公開日】 平成14年1月8日(2002.1.8)
【出願番号】 特願2000−183833(P2000−183833)