トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 衣服及びピンオンリール止着片
【発明者】 【氏名】東條 良子

【要約】 【課題】ピンオンリールを容易に止着することができる衣服及びピンオンリール止着片を提供することを課題とする。

【解決手段】ピンオンリールを止着するためのピンオンリール止着片が衣服本体に取り付けられた衣服であって、ピンオンリール止着片には、両端が開口してその間にピンオンリールの止着ピンを通すよう構成された略直線トンネル状の針通し部が設けられ、針通し部は、その内壁面で止着ピンをガイドする構成とされている。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 ピンオンリール(R)を止着するためのピンオンリール止着片(1)が衣服本体(10)に取り付けられた衣服であって、ピンオンリール止着片(1)には、両端が開口してその間にピンオンリール(R)の止着ピン(S)を通すよう構成された略直線トンネル状の針通し部(4)が設けられ、針通し部(4)は、その内壁面(4a)で止着ピン(S)をガイドする構成とされていることを特徴とする衣服。
【請求項2】 針通し部(4)が縦方向と横方向に略十字状に形成されている請求項1記載の衣服。
【請求項3】 ピンオンリール(R)を止着するために衣服に取り付けられるピンオンリール止着片であって、両端が開口してその間にピンオンリール(R)の止着ピン(S)を通すよう構成された略直線トンネル状の針通し部(4)が設けられ、針通し部(4)は、その内壁面(4a)で止着ピン(S)をガイドする構成とされていることを特徴とするピンオンリール止着片。
【請求項4】 針通し部(4)が縦方向と横方向に略十字状に形成されている請求項3記載のピンオンリール止着片。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、特に釣り用衣服に関し、ピンオンリールを止着するためのピンオンリール止着片が取り付けられた衣服及びピンオンリール止着片の改良に関する。
【0002】
【従来の技術】釣りにおいては、ピンオンリールが使用されることが多い。該ピンオンリールは、その裏面に設けた止着ピンにて衣服に着脱自在に止着される。そして、ハサミやカッター等の釣り用小物をピンオンリールに取り付けておくことにより、それらの小物をその都度ポケット等から取り出す手間を省くことができる。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかるに、ピンオンリールの止着ピンを直接衣服本体の生地に止着すると、止着箇所に針を通した孔が開くことになり、衣服の美観が損なわれる。そのため、ピンオンリールを止着するためのピンオンリール止着片を衣服本体(衣服)に縫着したものが存在する。図5及び図6にその一例を示しているが、この止着片50は、その略中央部が表面側に菱形状に膨出成形されており、この膨出部51の裏面側にはその形状に対応した空間部52が衣服本体53との間に形成される。
【0004】この菱形状の膨出部51の四隅には、止着片50を表裏貫通する貫通孔54が穿設されている。従って、空間部52は、膨出部51の四隅における開口55によって外部と連通している。
【0005】かかる構成の衣服にピンオンリールRを止着する場合、四隅の開口55のうちの一つから止着ピンS(安全ピン)を空間部52内に通し、対向した位置の開口55から止着ピンSの先端S1を外部に出して止める。
【0006】このように、裏面側に凹部を形成するように止着片50の一部を表面側に膨出させて衣服本体53との間に空間部52を形成し、その空間部52に連通するように膨出部51に複数の開口55を形成したことにより、二つの開口55の間に止着ピンSを通してピンオンリールRを止着片50に止着することができる。従って、止着ピンSを衣服本体53に直接刺す必要がなくなり、衣服本体53の生地を傷めにくいという利点がある。
【0007】しかしながら、膨出部51が菱形状であるため、一方の開口55から空間部52に通した止着ピンSの先端S1を対角線上の他方の開口55に到達させることが容易ではなかった。
【0008】そこで本発明は、上記従来の問題点に鑑みてなされ、ピンオンリールを容易に止着することができる衣服及びピンオンリール止着片を提供することを課題とするものである。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記課題を解決すべくなされたものであり、本発明に係る衣服は、ピンオンリールを止着するためのピンオンリール止着片が衣服本体に取り付けられた衣服であって、ピンオンリール止着片には、両端が開口してその間にピンオンリールの止着ピンを通すよう構成された略直線トンネル状の針通し部が設けられ、針通し部は、その内壁面で止着ピンをガイドする構成とされていることを特徴とする。
【0010】また、本発明に係るピンオンリール止着片は、ピンオンリールを止着するために衣服に取り付けられるピンオンリール止着片であって、両端が開口してその間にピンオンリールの止着ピンを通すよう構成された略直線トンネル状の針通し部が設けられ、針通し部は、その内壁面で止着ピンをガイドする構成とされていることを特徴とする。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係る衣服の一実施形態を図面を参酌しつつ説明する。本実施形態における衣服は、釣り用ベストとして構成されており、左右の前身頃には複数のポケット2,3が設けられている。
【0012】一方の前身頃には、ポケット2の上方位置に、ピンオンリールRを止着するためのピンオンリール止着片1が縫着されている。該ピンオンリール止着片1は、略均一厚の合成樹脂製のシート部材から正面視略矩形に形成されている。該合成樹脂製のシート部材としては、例えば、発泡ウレタン等の発泡樹脂層の片面にポリ塩化ビニルフィルムを接着したシート部材を使用できる。
【0013】また、止着片1には、ピンオンリールRの止着ピンSを通す針通し部4が形成されている。該針通し部4は、略直線状のトンネル状に形成されており、その両端が側方に(止着片1の周縁部に向けて)開口している。
【0014】該針通し部4は、止着片1の裏面側に略直線状の凹溝を形成するように止着片1の一部が表面側に膨出して形成されている。具体的には、止着片1を金型にて表裏方向に加熱押圧成形することにより、断面視略略U字状の凹溝を裏面に形成すると共に表面側に膨出させている。かかる押圧成形した後に、その両端位置に、止着片1を表裏貫通する貫通孔5をそれぞれ穿設し、貫通孔5の形成によって、トンネル状の針通し部4の両端が側方に開口するように構成している。
【0015】また、ピンオンリールRを縦方向、横方向、何れの方向にも取り付けることができるように、針通し部4が縦方向と横方向とに略十字状に設けられている。
【0016】更に、図3のように、止着片1と衣服本体10との間には、止着片1の裏面全体を覆うように、平滑なフィルム6が介在されて止着片1と共に衣服本体10の生地に縫着されている。該平滑なフィルム6としては、例えば、シリコーンゴム製のフィルムを使用できる。
【0017】以上の構成からなる衣服にピンオンリールRを止着する場合について説明する。まず、ピンオンリールRの止着ピンSの先端S1を針通し部4の一方の開口7から通す。止着片1の凹溝が平滑なフィルム6で覆われているため、止着ピンSの先端は、衣服本体10の生地を突き刺すことなく、平滑なフィルム6の表面を滑っていく。そして、止着ピンSは、トンネル状の針通し部4の内壁面4aでガイドされながら他方の開口7まで達し、その開口7から外部に抜け出す。
【0018】このように、針通し部4の内壁面4aで止着ピンSがガイドされるため、容易に止着ピンSの先端S1が他方の開口7まで到達するのである。しかも、裏面の凹溝が平滑なフィルム6で覆われているため、止着ピンSの先端S1が衣服本体10に接触して途中で引っかかって止まるおそれもない。図2では、縦方向の針通し部4に止着ピンSを通した状態が二点鎖線にて示されているが、横方向の針通し部4にも同様に止着ピンSを容易に挿通させることができる。
【0019】尚、上記実施形態では、止着片1の裏面に凹溝を形成するように止着片1の一部が表面側に膨出して針通し部4が形成され、該止着片1の裏面の略全体を覆うようにフィルム6が介在されていたが、この形態には限定されず、少なくとも止着片1の裏面の凹溝を覆うように止着片1と衣服本体10との間に平滑なフィルム6が介在されていればよく、これにより、止着ピンSを挿通させる際にその先端S1がフィルム6上を滑ることになりスムーズに止着ピンSを挿通させることができる。また、フィルム6を設けない構成としても無論構わない。
【0020】また、上記実施形態では、シート部材を表裏方向に加熱押圧成形することにより針通し部4が形成されていたが、針通し部4を有する止着片1を射出成形により一体的に形成することもできる。図4には、射出成形によって形成された止着片1の図3に対応した断面図が示されている。
【0021】このように、射出成形によって形成することにより、針通し部4を正確に形成することができる。特に、スムーズに止着ピンSを挿通させる観点から針通し部4には直線性が要求されるが、射出成形の場合にはその直線性を容易に確保することができ、従って、止着ピンSをより一層スムーズに挿通させることができる。しかも、射出成形の場合には針通し部4の内壁面4aを平滑に仕上げることも容易であり、それにより止着ピンSが内壁面4aで引っかかることも抑制される。更に、射出成形の場合、表面1a側への膨出量を大きくすることができる。具体的には、図4のように、止着片1の平坦な表面1aから針通し部4の内壁面4aの頂上部4bまでの距離Lを加熱押圧成形よりも大きくすることが容易である。従って、止着ピンSを針通し部4に挿通させる際に止着ピンSの先端S1が前方側の貫通孔5の壁面に引っかかることが少なくなり、針通し部4を挿通した止着ピンSの先端S1を止着片1の表面1a上に容易に位置させることができる。
【0022】尚、止着片1を合成樹脂から射出成形により形成する場合、例えば、ポリエチレンを使用することができ、特に成形性と変形容易性の観点から低密度ポリエチレンが好ましい。
【0023】
【発明の効果】以上のように、トンネル状の針通し部の内壁面でピンオンリールの止着ピンをガイドするよう構成したので、容易に止着ピンを挿通させてピンオンリールを止着させることができる。
【出願人】 【識別番号】000002439
【氏名又は名称】株式会社シマノ
【出願日】 平成13年11月28日(2001.11.28)
【代理人】 【識別番号】100074332
【弁理士】
【氏名又は名称】藤本 昇
【公開番号】 特開2002−235225(P2002−235225A)
【公開日】 平成14年8月23日(2002.8.23)
【出願番号】 特願2001−362095(P2001−362095)