トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 介護用ズボン
【発明者】 【氏名】広村 美枝子

【要約】 【課題】留置カテーテルを使用し、ハルンパンツを付けている人々が、普通のズボンをはく際、カテーテルが邪魔になり、腰の方までズボンをはくのに苦労している。従来のズボンは健康な人を対象にデザインされていて、カテーテルのように特殊な器具を装着する人を考慮してデザインされていない。

【解決手段】左折り返し部分2と右折り返し部分3を有する後ろズボン1の上部に紐通しを設けて紐4を通し、左折り返し部分2と右折り返し部分3にホック5を縫着し、股下より下部を縫着した前ズボン6の上部に紐通しを設けて左紐7、右紐8を通し、前ズボン6の裏側にホック9を縫着する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】左折り返し部分(2)と右折り返し部分(3)を有する後ろズボン(1)の上部に紐通しを設けて紐(4)を通し、左折り返し部分(2)と右折り返し部分(3)にホック(5)を縫着し、股下より下部を縫着した前ズボン(6)の上部に紐通しを設けて左紐(7)、右紐(8)を通し、前ズボン(6)の裏側にホック(9)を縫着したことを特徴とする介護用ズボン。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、病人、身体障害者、老人用として使用される介護用ズボンに関している。
【0002】
【従来の技術】24時間、毎日留置カテーテルを使用し、ハルンパンツを付けている人々が、普通のズボンをはく際、カテーテルが邪魔になり、腰の方までズボンをはくのに苦労している。特に、車椅子に乗るときは、カテーテルが腰上まで上がって尿が逆流することがある。このように、従来の普通のズボンでは不便を感ずることが多い。前ズボンと後ろズボンを完全に開放する方式の介護用ズボンもあるが、ズボン使用者が一人で着脱するのは不便である。
【0003】
【発明の解決しようとする課題】従来のズボンは健康な人を対象にデザインされていて、カテーテルのように特殊な器具を装着する人を考慮してデザインされていない。しかし、ズボンを履かないで生活できないため、留置カテーテルを使用している人もズボンをはくことになる。特に、ズボンはカテーテルを隠してくれる効果がある。そこで、一人で、或いは介護人が付き添って、着脱できるズボンが必要になる。病人や身体障害者にとっては足元まで屈むのは難しいため、開閉ファスナーをズボンの裾に付ける方式は好ましくない。このような点を解決するために、簡便に着脱できるズボンで、カテーテルの管が股関節から自然に横に流れ、使用者本人が負担に思わず、介護人も楽になり、外見上も従来のズボンと比較して不自然さが無い介護用ズボンが求められている。
【0004】
【課題を解決するための手段】この発明においては、股関節から直径1センチ位、長さ1メートル程度の管が自然に横に流れるような形をとるために、後ろズボン1と前ズボン6を股下から下部で縫着し、足を通してはくようにしている。股から上は後ろズボン1と前ズボン6を切り離し、後ろズボン1のホック5と前ズボン6のホック9を嵌めて固着することになる。後ろズボン1のホック5は、後ろズボン1に設けた、左折り返し部分2と右折り返し部分3の裏側に縫着されていて、左折り返し部分2と右折り返し部分3を内側へ折り返したとき、側辺の前面に出る位置となっている。前ズボン6のホック9は前ズボン6の股上で左右側端の裏側に縫着され、後ろズボン1のホック5が前面に向いたとき、嵌合する位置となっている。
【0005】左折り返し部分2と右折り返し部分3の上端は後ろズボン1のセンターまで折り返される長さで、下端は後ろズボン1の股下より少し下になっていて、上端から下端までカーブを描いている。このため、前ズボン6のホック9を後ろズボン1のホック5に止めると下着を完全に隠すことができて、折り返し部分2、3はズボンのポケットに見えるので、違和感が無く使用できる。
【0006】後ろズボン1の上端に、左折り返し部分2から右折り返し部分3まで、紐通しを設け、紐4を通している。この紐4は介護用ズボンが下がらないためのものであり、ウエストに締めるきつさを加減しながら結ぶことができる。
【0007】後ろズボン1の股下より下部に縫着した前ズボン6の上端に紐通しを設け、左端に端を固着した左紐7と、右端に端を固着した右紐8を通している。この左紐7と右紐8を引いて結び合わせることで前ズボン6を締め、ウエストに合うように調節できる。紐を使用しているので、ゴムを使用した際に生ずるきつさ、伸び、老化、循環障害等の心配がなく、ウエストを締めるきつさを調節でき、洗濯にも適している。
【0008】
【発明の実施の形態】各種のサイズを用意したり、フリーサイズとすることができる。
【0009】ホックを使用して後ろズボンと前ズボンを固定する代わりに、ボタン、開閉ファスナーや面ファスナー等を使用することもできる。
【0010】折り返し部分にポケットを設けることもできる。
【0011】
【実施例】実施例について図面を参照して説明する。図1はこの発明になる介護用ズボンの斜視図である。後ろズボン1の股下から下部に前ズボン6が縫着されている。後ろズボン1には左折り返し部分2と右折り返し部分3がある。左折り返し部分2と右折り返し部分3は折り畳んだとき、後ろズボン1のセンターより腰部までカーブを描いている。後ろズボン1の上端には紐通しが設けてあり、左折り返し部分2と右折り返し部分3の先端から紐4が出ている。左折り返し部分2と右折り返し部分3を折り返したとき、ホック5が両サイドの前面に出る。このホック5に前ズボン6の裏側に装着したホック9が嵌合する。前ズボン6の上端の紐通しから左紐7と右紐8が出ていて、ウエストのサイズに合わせて調節できるようになっている。
【0012】図2はこの発明になる介護用ズボンの背面図である。後ろズボン1の左折り返し部分2と右折り返し部分3を広げ、背後より見た状態を示している。左折り返し部分2と右折り返し部分3を広げた状態では、ホック5は後方から見ることができる。後ろズボン1の上端は見返りで紐通しになっていて、紐4を通し、左折り返し部分2と右折り返し部分3の端から紐4が出ている。
【0013】図3は介護用ズボンの正面図である。前ズボン6の裏側に左折り返し部分2と右折り返し部分3が折り込まれた状態の後ろズボン1があり、紐4も前ズボン6の裏側になり、両サイドのホック5とホック9も前ズボン6で隠された状態であり、正面からは確認できない。前ズボン6の上端は左右に紐通しがあり、左紐7と右紐8が正面に出ている。
【0014】図4は介護用ズボンの説明図である。介護用ズボンの後ろズボン1と前ズボン6の縫着部分10を示している。股上は縫着されていないので、着脱が容易である。
【0015】
【発明の効果】この発明になる介護用ズボンを着用すると、着用者本人や介護人による着脱が容易になる。
【0046】外観上も一般に使用されている健康者のズボンとほとんど区別がつかないので、気兼ねなく使用することができる。
【0017】カテーテルを使用している人、寝たきりの人、おむつを使用している人、ズボンの上げ下げに苦労している人に最適である。
【0018】この発明になる介護用ズボンをはいたまま就寝することができ、洗濯も容易である。
【出願人】 【識別番号】501089900
【氏名又は名称】広村 美枝子
【出願日】 平成13年1月30日(2001.1.30)
【代理人】
【公開番号】 特開2002−227014(P2002−227014A)
【公開日】 平成14年8月14日(2002.8.14)
【出願番号】 特願2001−62653(P2001−62653)