トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 入浴用前掛け
【発明者】 【氏名】南井 勲

【要約】 【課題】公衆浴場での入浴時の裸体に着用して、目隠しとして下腹部と陰部を覆うための前掛けを提供する。

【解決手段】人体の裸体の下腹部と陰部を覆うための任意の正面形状とした、柔軟で不透明な織布による前掛け1の上部の両側端に、均等な長さの二本の腰紐2a、2bを固着し、該腰紐2a、2bにより前掛け1を身体の下腹部に係着することを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 人体の裸体の下腹部と陰部を覆うための任意の正面形状とした、柔軟で不透明な織布による前掛け(1)の上部の両側端に、均等な長さの二本の腰紐(2a、2b)を固着し、該腰紐(2a、2b)により前掛け(1)を身体の下腹部に係着することを特徴とする入浴用前掛け。
【請求項2】 均等な長さの二本の腰紐(2a、2b)に代えて、前掛け(1)の上部の片端に一本の腰紐(4)を固着し、更に他端に該腰紐(4)を係着するための係着具(5)を固着した、請求項1記載の入浴用前掛け。
【請求項3】 均等な長さの二本の腰紐(2a、2b)に代えて、前掛け(1)の上部に一本の輪状の伸縮ベルト(6)を固着した、請求項1記載の入浴用前掛け。
【請求項4】 均等な長さの二本の腰紐(2a、2b)に代えて、前掛け(1)の上部の片端に一本の伸縮ベルト(7)を固着し、更に前掛け(1)の上部の他端に係着具(8)と、伸縮ベルト(7)の端部に被係着具(9)を固着した、請求項1記載の入浴用前掛け。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、公衆浴場での入浴時の裸体に着用して、目隠しとして下腹部と陰部を覆うための前掛けに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来より公衆浴場での入浴時には、目隠しとして掌やタオルを用いて、下腹部と陰部を覆っている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来より公衆浴場での入浴時には、目隠しとして掌やタオルを用いて、下腹部と陰部を覆っているが、浴槽内でのタオルの使用は公衆衛生上で好ましくなく、タオルの使用を禁止されている浴場もある。このため、入浴時に陰部が露出することになり、羞恥心の強い入浴者にとっては、入浴中に任意の姿勢をとれずに、不自由な思いをすることになる。
【0004】又、掌やタオルを用いて下腹部と陰部を覆う際には、片手が不自由になるため、浴場内での行動が不安定になり、特に高齢者にとっては危険性がある。又、女性は陰部と胸部を両手を使用して覆う人があり、両手が自由に使用できない。
【0005】更に、前記の羞恥心を除くためにパンツを着用して入浴する浴場もあるが、これは身体を洗う際に不適当なものであり、他人の使用したパンツを着用することの不潔感が拭えない。
【0006】本発明は、これらの観点より、公衆浴場での入浴者の羞恥心を緩和し、且つ浴場内で自由に行動できる入浴用前掛けを提供しようとするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】人体の裸体の下腹部と陰部を覆うための任意の正面形状とした、柔軟で不透明な織布による前掛けの上部の両側端に、均等な長さの二本の腰紐を固着し、該腰紐により前掛けを身体の下腹部に係着する。
【0008】又、前記の均等な長さの二本の腰紐に代えて、前掛けの上部の片端に一本の腰紐を固着し、更に他端に該腰紐を係着するための係着具を固着してもよい。
【0009】更に、均等な長さの二本の腰紐に代えて、前掛けの上部に一本の輪状の伸縮ベルトを固着することもできる。
【0010】そして、均等な長さの二本の腰紐に代えて、前掛けの上部の片端に一本の伸縮ベルトを固着し、更に前掛けの上部の他端に係着具と、伸縮ベルトの端部に被係着具を固着してもよい。
【0011】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態について、図面を参照して説明する。図1、2に示す如く、人体の裸体の下腹部と陰部を覆うための任意の正面形状とした、柔軟で不透明な織布による前掛け1の上部の両側端に、該前掛け1を身体の腰部に係着するための、均等な長さの二本の腰紐2a、2bを固着する。
【0012】請求項2の形態として図3に示す如く、前記の均等な長さの二本の腰紐2a、2bに代えて、前掛け1の上部の片端に一本の腰紐4を固着し、更に他端に該腰紐4を係着するための係着具5を固着した構成とする。
【0013】請求項3の形態として図4に示す如く、均等な長さの二本の腰紐2a、2bに代えて、前掛け1の上部に一本の輪状の伸縮ベルト6を固着した構成とする。
【0014】請求項4の形態として図5に示す如く、均等な長さの二本の腰紐2a、2bに代えて、前掛け1の上部の片端に一本の伸縮ベルト7を固着し、更に前掛け1の上部の他端に係着具8と、伸縮ベルト7の端部に被係着具9を固着した構成とする。この場合、係着具8と被係着具9は面ファスナーとしてもよい。
【0015】又、図1に示す如く、前掛け1の上部前面の任意位置に、脱衣場のキーや装飾品等の貴重品を収納するためのポケット3を設けることもできる。
【0016】前掛け1の外周部には、特に女性用としての波形のフリルを設けて、ファッション性を高めることもできる。
【0017】
【発明の効果】本発明は、以上の形態となっているので、次に記載する効果を奏する。
【0018】当該入浴用前掛けを着用することにより、浴槽内でのタオルの使用を禁止されている浴場でも、陰部を露出することによる羞恥感が解消され、浴槽内でも任意の姿勢がとれる。又、両手が開放されるため、浴場内での行動に不安定感がなく、高齢者も安全である。
【0019】当該入浴用前掛けは、下部が開放されているため着用感が少なく、着用した状態で身体を洗うことができる。
【0020】当該入浴用前掛けは、銭湯、温泉、サウナ、ゴルフ場等のあらゆる公衆浴場で使用でき、男女混浴の温泉等では、男女間の羞恥感が軽減される。
【0021】手の不自由な高齢者や身障者でも、当該入浴用前掛けを着用することにより、下腹部や陰部を覆って入浴することができる。
【0022】当該入浴用前掛けは色彩、模様、絵柄等を施すことにより、ファッション性を高めることができる。
【出願人】 【識別番号】599074372
【氏名又は名称】南井 勲
【出願日】 平成13年1月30日(2001.1.30)
【代理人】
【公開番号】 特開2002−227010(P2002−227010A)
【公開日】 平成14年8月14日(2002.8.14)
【出願番号】 特願2001−64098(P2001−64098)