トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 自転車用雨具
【発明者】 【氏名】倉田 隆成

【要約】 【課題】雨の日は片手で傘をかざして走行する通勤通学者が多く危険である。スカート等の着衣でも容易に装着ができ、満足な防水対策の効果が得られて尚、コンパクトに収納できる雨具の開発。

【解決手段】ポンチョ型雨具の裾回りに、直線指向の復元力を備えた平板バネ材からなる平板バネリングを包含する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】ポンチョ型雨具で、裾回りに平板バネ材をリング状に繋いだ平板バネリング(1)を包含していることを特徴とする雨具。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、雨天時の自転車乗用の際に用いるものである。
【0002】
【従来の技術】雨天時に自転車に乗るには、片手で傘もう一方の手でハンドルを握り自転車を操作する方法と、防水処理を施した雨合羽等により身体全体を包み雨水で濡れることを防ぐ方法がある。安全に自転車に乗るには両手でハンドルが持てる雨合羽が優れている。更に、雨合羽でもズボンと上着の組み合わせの雨具と、頭からスッポリと被るポンチョ型雨具がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ズボンと上着の組み合わせの雨具は防水は完全であるが、脱ぎ着するのに手間がかかる、女性のほとんどはスカート着用のためズボンの雨具は使えない等の欠点がある。頭からスッポリと被るポンチョ型雨具は、装着が容易だが裾の部分が風に煽られて捲れ上がり、膝から下の部分を濡らすことが多い。このため少しぐらい濡れてもかまわないからと、雨の日は片手で傘をかざして走行する通勤や通学者が多く、自転車同士あるいは、歩行者や車両との接触等があり非常に危険である。スカート等の着衣でも装着可能で容易に脱ぎ着ができ、満足な防水対策の効果が得られて尚、コンパクトに収納できる雨具の開発。
【0004】
【課題を解決するための手段】ポンチョ型雨具の裾回りに、直線指向の復元力を備えた平板バネ材からなる平板バネリング(1)を包含する。
【0005】
【発明の実施の形態】本発明のポンチョ型雨具は、裾回りに平板バネ材をリング状に繋いだ平板バネリング(1)を包含しており、ポンチョ型雨具を装着すると平板バネリング(1)の直線指向の性質による拡張で、雨具が身体を軸にして傘を広げたような形状を形成する。
【0006】使用しないときの小さくする方法は、ポンチョ型雨具の裾の部分で、平板バネリング(1)を包含して、リング状になっている円周を三等分した2点を持ち、交差するように引き寄せると1つの小さいリングと、その2倍の長さの大きいリングが出来る。その交点を緩まないようにして片手だけで持つ、空いた一方の手で三等分した残りの1点を持って先に作ったリングの交点に引き寄せると、更に2つのリングが出来る、それを、先に出来たリングの前後に重なるように合せると1重のリングが容易に三重になり、小さくまとめることができる。この三重の輪は、内面側と外面側が入れ替わる部分がないため、バネ材であっても安定した状態で外から力を加えない限りそのままの形状を保つ。
【0007】ポンチョ型雨具の着装時に、前後、左右からの風に煽られて雨具が身体から剥がれないように、ポンチョ型雨具内側前面の左右の部分に、肩幅程の間隔を開けて手首ベルト(2)を具設すると効果的である。ポンチョ型雨具を装着し手首ベルト(2)に両手首を着脱自在に繋止する、そのまま自転車のハンドルを持つと、ポンチョ型雨具の前面の裾が前方に大きく張り出す形状となる。ポンチョ型雨具の後方の裾丈は、お尻がスッポリ隠れる長さであるため、自転車に乗車時は上方から見ると恰も身体全体が前後に長い楕円形の傘に覆われている形状となる。
【0008】本発明のポンチョ型雨具を脱ぎ着する衿の部分に設けるジッパー(3)は、取っ手が内側になるようには設けると、腕を外に出さず内側から開け閉め出来便利である。
【0009】
【実施例】本発明のポンチョ型雨具の装着は、三重に重なった平板バネリング(1)部分を軽く引くと、平板バネの復元力でポンチョ型雨具の裾の部分が瞬時に展開し、ポンチョ型雨具が装着可能な状態となる。次に、ポンチョ型雨具を被り、フード部分(4)に頭部を収め、ジッパー(3)を首の際まで引き上げて首部前面の防水処置をする。つづいて、フード開口部周囲に巾着の紐のごとく設けたフェース紐(5)を引いて、フード開口部を小さくし、フード開口部からの雨水の浸水を遮断することと,フードが前面からの風圧で脱げないようにする。最後に両手を左右それぞれの手首ベルト(2)に繋止し、自転車のハンドルを持ち自転車に乗る。あるいは自転車のサドルに腰を下ろしてから手首ベルト(2)に手首を繋止してハンドルを握る。小さくする方法は、ポンチョ型雨具の裾の部分で、平板バネリング(1)を包含して、リング状になっている円周を三等分した2点を持ち、交差するように引き寄せると1つの小さいリングと、その2倍の長さの大きいリングが出来る。その交点を緩まないようにして片手だけで持つ、空いた一方の手で三等分した残りの1点を持って先に作ったリングの交点に引き寄せると、更に2つのリングが出来る、それを、先に出来たリングの前後に重なるように合せると1重のリングが容易に三重にになり、小さくまとめることができる。
【0007】
【発明の効果】1・本発明のポンチョ型雨具は裾の部分が傘のように広がった形状を保てるため、下半身に防水ズボンを履かなくても通常の雨では濡れることがない。雨天でもスカートを着用して自転車に乗る通学や通勤女性に特に喜ばれる。
2・本発明のポンチョ型雨具の裾回りには、平板バネ材をリング状に繋いだ平板バネリング(1)を包含しているため、少し広げると直線指向の復元力を備えたバネの復元力で、ポンチョ型雨具全体が一気に展開するため容易に装着可能となる。
3・従来のポンチョ型雨具では裾の部分にに張力がなかったため、裾が足に纏わりついたり車輪に巻き込まれたりする危険性があった。本発明のポンチョ型雨具の裾回りには、平板バネリング(1)を包含してあるため、布地は張った状態で身体や車輪に纏わり付くことがないので安全で快適な走行が可能となる。
4・平板バネリング(1)に平板バネ材を使用することにより、リングの形状を使用時の大きく広がった1重から、小さく収納するのに便利な三重に容易に変えることが出来、カバンの中や自転車の買い物籠等に収めることができる。
5・本発明のポンチョ型雨具は容易に装着でき、収納も容易で、防水効果も高いため、自転車愛用者の着用が多くなる。このことで、交通事故の要因となっている自転車の片手走行が少なくなり、交通事故の減少に貢献できる優れた製品である。
6・平板バネ材等材料はすべて市場に出回っており安価で、設備投資が少なく量産化が可能である。本発明は以上のように多くの効果がある。
【出願人】 【識別番号】596142373
【氏名又は名称】倉田 隆成
【出願日】 平成13年1月29日(2001.1.29)
【代理人】
【公開番号】 特開2002−227009(P2002−227009A)
【公開日】 平成14年8月14日(2002.8.14)
【出願番号】 特願2001−60920(P2001−60920)