トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 多機能性背広型被服の構造
【発明者】 【氏名】阿部 勝

【氏名】松崎 吉則

【氏名】小池 俊二

【氏名】藤井 照人

【要約】 【課題】多機能担持部材からなる被服芯材をその効果を発揮し得る箇所に選択的に縫着又は融着した背広型被服の構造を提供する。

【解決手段】背広型被服の上衣若しくは下衣又はポケット、ベルト帯布地等の取り付け部位に、表裏面を織編物地等とし、中間層がトルマリン鉱石粉粒対を混合したフォ−ムラバ−の層着シ−ト、或いはシリコ−ンコ−ティング加工の層着シ─ト、又はSBRゴム発泡体をコ−ティング加工後、孔空け処理した層着シ−トである多機能担持部材を、縫着又は融着した構成とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 背広型被服の上衣原型において、少なくとも衿芯地並びに前身頃での胸増芯地及び/又は接着芯地、若しくは肩パットを多機能担持部材の構成としたことを特徴とする多機能性背広型被服の構造。
【請求項2】 背広型被服のズボン原型において、少なくとも脇ポケット及び/又はヒップポケットの周端縁、若しくはベルト帯布地のいずれも人体に接する内側近傍を多機能担持部材の構成としたことを特徴とする多機能性背広型被服の構造。
【請求項3】 前記多機能担持部材が、表裏面を不織布若しくは織編物地とし、中間層がトルマリン鉱石の粉粒体を混合したフォ−ムラバ−である層着シ−トからなる請求項1〜2のいずれか記載の多機能性背広型被服の構造。
【請求項4】 背広型被服の下衣のベルト帯布地の内側に多機能担持部材からなる貼着シ−トを連続又は不連続に接着若しくは貼付したことを特徴とする多機能性背広型被服の構造。
【請求項5】 前記多機能担持部材が、不織布若しくは織編物地にトルマリン鉱石の粉粒体を混合したシリコ−ンゴムをコ−ティング加工してなる層着シ−ト、またはトルマリン鉱石の粉粒体を混合したSBRゴム発泡体をコ−ティング加工後、パンティング孔空け処理してなる層着シ−トからなる請求項1〜4記載のいずれか記載の多機能性背広型被服の構造。
【請求項6】 前記背広型被服がワ−キングジャケット若しくはワ−キングウェアである請求項1〜5のいずれか記載の多機能性背広型被服の構造。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】本発明は多機能性背広型被服の構造に関し、さらに詳しくはトルマリン鉱石粉粒体を混合した層着シ−ト、或いはトルマリン鉱石の粉粒体を混合したシリコ−ンゴムをコ−ティング加工した層着シ−ト、叉はSBRゴム発泡体をコ−ティング加工後、パンティング孔空け加工した被服芯材を取り付け部位に適宜選択的に縫着叉は融着した背広型被服の構造に関する。
【0002】
【従来の技術】一般に、背広型被服に要求される機能としては、生活動作によって人体各部の寸法変化に対応し寸法上のゆとり量をいかに設定し、日常勤務動作に支障を来さないか、例えば静止時のシルエットを美しくする技術では、運動性に対する機能は十分でなく着くずれを生じ易く、この為伸縮性素材を使用することも行われるが、人体に圧迫感を与え円滑な運動性を阻害し、場合によっては発汗を誘発し易く、更に圧迫感を強める。しかしこれら要因を改良する機能性は、主として被服の運動性に対する機能を求めることに重点が向けられてきている。現代社会生活では、被服の生活動作に対応する運動性機能の向上に止まらず、社会機構は益々複雑多岐となっており、ビジネスでの緊張、ストレスや肩凝り、頭痛、或いは職場環境でも喫煙や排気ガス等による環境汚染、さらにパソコン、テレビ等のほか、爆発的に拡がっているハンドフォンの普及でも、電磁波が人体に及ぼす影響もマスコミに相次いで取り上げられ、電磁波や磁界の人体への影響についても医学的な解明がなされつつあり、世人の関心が高まっている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】このように、近年、これら環境障害への対応、さらに一歩踏み込んで体質改善や健康増進の為、たとえば衣類、肌着類で種々の提案がなされているが、特に背広型被服では着用時のシルエット、運動性、着心地等の着用面に重点がおかれ、ハンドフォンからの電磁波や磁界の人体への影響が昨今の健康指向の流れからも我が国でその取り組みが遅れていた。たとえば、ワ−キングジャケット若しくはワ−キングウェアを含めたいわゆる背広型被服或いは着装上も内在関係にあるワイシャツ又はベストの場合、勤務中を通じ着装を余儀なくされる人々は少なくないが、被服本来の運動機能と併せ、ストレスや頭痛、肩凝り、腰痛等、或いは電磁波障害や静電気の影響等を含め、着装者の人体疲労の回復、体質改善、さらに健康増進の為、上記のいわゆる背広型被服の上衣および下衣並びにワイシャツの他、ベルトやネクタイ迄を含めた被服身回品の如き被服一式について、広く現代の複雑多岐な社会環境に対応し、上記の疲労回復、人体の肩凝りや腰痛等の治癒的効果、電磁波の吸収減衰、静電気の中和減衰等の作用と共に、近年マイナスイオンの放出や赤外線の放射等の多機能性を発揮できるいわゆる環境対応型の着装形態の被服の登場が望まれている。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記のような問題点にかんがみ到達したものであって、本発明は、ワ−キングジャケット若しくはワ−キングウェアを含めたいわゆる背広型被服の上衣原型において、少なくとも襟芯並びに前身頃での胸増芯地及び/又は接着芯地、若しくは肩パット、又は背広型被服の下衣、すなわちズボン原型において、少なくとも脇ポケット及び/又はヒップポケットの周端縁、並びに上衣又は下衣のいずれかのポケット、若しくはベルト帯布地のいずれも人体に接する内側近傍に、トルマリン鉱石の粉粒体を混合したシリコ−ンゴムをコ−ティング加工した層着シ−ト、或いはトルマリン鉱石の粉粒体を混合したSBRゴム発泡体をコ−ティング加工後、パンティング孔空け処理してなる層着シ−トからなる被服芯地部材を、取り付け部位に適宜その効果的な機能を発揮し得る取り付け箇所の取捨選定並びに着衣上の違和感等の解消、クリ−ニングや耐洗濯堅牢度の維持、該芯地部材のコスト迄を含め選択的に縫着又は融着のいずれかの手段により取り付け、本発明に係る背広型被服の構造が達成される。
【0005】上記の様に、本発明に係る構造は、背広型被服に代表されるが、ワ−キングジャケットやワ−キングウェアなどの職業用の被服やジャンパ−、シャツ、ジャケットなどののいわゆる作業服や事務服迄を含め、少なくとも衿芯や前立て、ヨ−クなどに取り付けられて、衣服の型崩れを防ぎ、表地等に張りを持たせ、着装者の体型を整えて衣服の造形美を形づくる役割を果たし、かつ衣服造形において表地と一体となった芯地に着目し、該芯地箇所に、多機能担持部材からなる層着シ−ト若しくは薄層シ−トを縫着又は融着した構成とするものである。すなわち、一般に芯地は衣服の形くずれを防ぎ、表地等に張りを持たせ、また、着装者の体型を整えて衣服の造形美を形づくるが、従来、背広型紳士服用には主に張りの強い芯地が採択されており、婦人服用の芯地は多様となっている。また、本発明において、該多機能担持部材の取り付け構造は、マイナスイオンの放出の場合、例えば人体側に接するか若しくは近接部位が適当な条件設定とみられるが、芯地本来の保形機能と共に、別途マイナスイオン放出による疲労回復等、或いは近年OA機器や携帯電話からの電磁波の吸収減衰や中和現象、並びにマイナスイオンによる脱臭作用により、職場での喫煙の脱臭防止、脇部発汗での脱臭効果等、また、被服の衿部やカフス箇所での汚れ抑止、さらに被服保管や格納時での殺菌作用等の諸機能を保持せしめ得るように、取り付け部位を選択的、かつコストを含め機能性を有効に発揮できるための構成とすることができる。
【0006】芯地の種類は、織物芯地,接着織物芯地、不織布芯とその接着芯地、編物芯地とその接着芯地に大別され、或る場合は、縫い目やダーツの縫い代で代行させることも可能である。本発明における芯地部材の構成では、表裏面を不織布若しくは織編物地とし、中間層がトルマリン鉱石の粉粒体を混合したフォ−ムラバ−である層着シ−ト、或いはトルマリン鉱石の粉粒体を混合したシリコ−ンゴムをコ−ティング加工してなる層着シ−ト、又はトルマリン鉱石の粉粒体を混合したSBRゴム発泡体をコ−ティング加工後、パンティング孔空け処理した層着シ−トからなる被服芯地部材を、芯地の取付箇所の少なくとも一部に取り付けた構成とする。
【0007】背広型被服の芯地には、前芯、背芯、衿芯、袖裾芯、袖山芯、袖口芯、あき口用芯、ベルト芯、ポケット口芯、ボタン穴芯などがあり、芯地はその目的により選ばれている。その他、表地のための裏地や芯や芯地の張り具合を調節する増し芯等も用いられる。また、繊維素材は、強力スパン・レーヨン芯、ナイロン芯、ポリエステル芯、ガラス繊維芯等がある。それぞれの繊維を単独又は混紡、交織して用いられることもある。さらに、幅による芯地は、シングル幅、ダブル幅、経(たて)地や斜め地に裁断した細幅芯、テープ芯、レース芯などがある。
【0008】
【発明の実施の形態】本発明では、多機能担持部材からなる層着シ−ト若しくは薄層シ−トの芯地を縫着又は融着する部位は、従来背広型被服の上衣原型若しくはズボン原型並びにポケット又はベルト帯などが適当であるが、少なくとも被服の縫製工程での作業性並びに被服のシルエット、立体感や表地の補強、厚地や薄地、柔らかさ、固さ等の表地とのなじみ具合などの微妙な調整を必要とするいわゆる芯拵えの構築、仕立てからも、従来の芯地箇所に合致させて使用するのが適当である。また、その取付けに際しては、芯地の立体感や表地の補強等の妨げとならず、衣服造形において表地と一体として衣服の骨組みの役割を果たす芯地自体が多機能性を発揮し得ることが好ましい。
【0009】また、本発明では、多機能担持部材としては、表裏面を不織布若しくは織編物地とし、中間層がトルマリン鉱石の粉粒体を混合したフォ−ムラバ−である薄層シ−ト、或いはシリコ−ンゴムにトルマリン鉱石の粉粒体を混合したゴム弾性組成物をコ−ティング処理してなる薄層シ−ト、若しくはSBRゴム発泡剤配合未加硫ゴムを溶液状でコ−ティング加工後、孔空け処理してなる薄層シ−トにパンティング孔空け加工してなる構成である。
【0010】さらに、本発明において、前記多機能担持部材として、少なくとも表裏面が、不織布又は織編物のいずれかにより構成され、かつ中間層にシリコンゴムラテックス単体、或いはスチレンブタディエン単体、或いは天然ゴムラテックス及び合成ゴムラテックスを配合した混合物を主体とするゴムラテックス組成物に、トルマリンを含む混合粉体を混合し、加硫剤を配合した混合物を熱加硫してなるゴム弾性体若しくは、その発泡ゴム弾性体のいずれかより選ばれたフォ−ムラバ−を積層した積層シ−トからなる構成である。
【0011】本発明に係る多機能性背広型被服では、衣服造形の表地と一体とし衣服の骨組みの役割を果たす芯地の取付け可能部位で、かつ着衣上も違和感等を惹起することない装着であって、縫製又は融着の手段により該多機能担持部材を取り付けた構造として達成される。これによって、該被服での芯地部材本来の保形性機能の維持と併せ、着衣上も違和感等の障害を惹起せず、加えてマイナイオンの放出並びに遠赤外線の放射、また、職場での喫煙の脱臭防止、被服脇部の発汗箇所での脱臭作用、衿部での汚れ抑止作用等を含めた多機能性を発揮し得るように働く。この理由は必ずしも明確ではないが、例えばマイナスイオンについてみると、該多機能担持部材からなる芯地自体がマイナス静電気の電場を形成するなどの作用を発揮し、マイナスイオンの放出量の増大に寄与し、該被服の着装によって、たとえば肩凝りの治癒や頭痛の防止、さらにマイナスイオンによる脱臭作用により、職場での喫煙の脱臭防止、また、被服保管や格納時での殺菌等の効果を奏するものと推定される。
【0012】また、近年、問題となっている電磁波障害についても、本発明での多機能担持部材は、生体を侵すといわれる電磁波についても効果を奏する。この為、被服構成中での特定場所、たとえば前身頃での胸増芯や接着芯或いは頭部の近傍位置の衿芯、さらに携帯電話の出し入れ格納でのポケットの人体に接する側に、該担持体からなる層着シ−ト又は薄層シ−トを装着する構成とすることができる。その理由は必ずしも明確ではないが、該担持体では、特に中間赤外線と強力な遠赤外線を放射し強力なマイナスイオンを放出する為、悪い1000μm以上のマイクロ波や電波が進入してきても、中間赤外線の磁場で還元保護され、電磁波は還元中和する機能を発揮するように働くものと推定される。
【0013】ベルト帯部では、たとえば帯部の全面での取り付けでなく円弧形に打ち抜いた該部材を適宜間隔を設けて配設した構成とし取り付け層厚さの抑制やコスト低減を図った構成、または被服脇部の発汗箇所に脱臭の為の該部材の選択的な取り付け、職場制服やワ−キングウェア等では、人体疲労の回復、肩凝り、腰痛防止、職場喫煙の脱臭等のため、少なくとも衿芯や前立て、カフス箇所のごとき人体に接する基本箇所として内側に該多機能担持部材を縫製又は融着せしめた構成とすることができる。
【0014】上記のように、本発明に係る多機能性背広型被服においては、衣服造形における表地と一体とし、かつ衣服の骨組みの役割を果たす芯地取り付け箇所に、多機能担持部材からなる芯地の構成とし、しかも衣服の型崩れを防ぎ、表地等に張りを持たせ、着装者の体型を整えて衣服造形美の形成には何らの支障がない構成とすることができる。また、芯地は、その目的に応じて選ばれる要素があるが、たとえば繊維の種類についてみても、木綿芯、麻芯、毛芯、強力レ−ヨン芯、ポリアミド芯、ポリエステル芯、ガラス繊維芯などのいずれかより選ばれたものを適宜使用することができる。該芯地の厚さは、その目的、使用箇所により選ばれるが、通常平均厚さ0.5〜1.0mmの範囲に設定することが好ましい。さらに、軽くて柔軟性、通気性で皺になり難く、かつ耐洗濯性、つまり耐洗剤並びに耐ドライクリ−ニング性、加えて強度が強く、薄くて、アイロン掛け形状保持する等の諸条件を充足することが必要である。
【0015】上記のワ−キングジャケット、若しくはワ−キングウェアを含むいわゆる背広型被服の上衣原型、或いは該多機能担持部材の取り付け箇所でも共通し実質的に均等であるワイシャツ、若しくはズボン原型において、不織布若しくは織編物地に、シリコ−ンゴムにトルマリン鉱石の粉粒体を混合したゴム弾性組成物をコ−ティング処理してなる薄層シ−ト、若しくはSBRゴム発泡剤配合未加硫ゴムを溶液状でコ−ティング加工後、孔空け処理してなる薄層シ−トの構成とする。また、必要により不織布若しくは織編物地またはフォ−ムラバ−のいずれかに、トルマリン鉱石の粉体と希土類を含む鉱石粉体の素材を組み合わせからなる組成物によりコ−ティング加工が施されてなる多機能担持部材のいずれでも使用することができる。
【0016】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。
【0017】図1は本発明の一実施例を示す上衣原型の部分欠切裏面側展開説明図、図2は前身頃の胸増芯の平面説明図、図3は肩綿の平面説明図、図4は衿部のカラ−クロス及び桁綿の平面説明図である。図1〜図4は、いずれも上衣原型ならびに関連した芯地の構成部分であり、図1に示すとおり、背広型上衣本体1において、2は前身頃裏、3は後身頃、4は後身頃裏、5は身返し、6はベント裏、8は細腹裏、9は脇当、10は口布である。図1の上衣原型の部分欠切裏面側展開説明図において、交差斜線部7の箇所は芯地の取り付け箇所であり、本発明では、これら従来の芯地取り付け箇所の少なくとも1箇所または2箇所以上の組み合わせとして、本発明の多機能担持部材からなる芯地を縫着又は融着可能な箇所を示すものである。
【0018】図2は、胸増芯11を示す平面説明図であり、胸部の表地のための裏打ちや芯や芯地の張り具合を調節する胸増芯を示すものである。交差斜線部7の箇所は本願発明の多機能担持部材を取り付けた構成である。
【0019】図3は、肩綿12を示す平面説明図であり、肩芯13の構成部分として、同様に交差斜線部7の箇所は本発明の多機能担持部材を取り付けた構成である。
【0020】図4は、カラ−クロス14及び桁綿15を示す平面説明図であり、衿芯16の構成部分として、同様に交差斜線部7の箇所は本発明の多機能担持部材を取り付けた構成である。
【0021】次に、図5は、本発明の一実施例を示す背広型被服のズボン原型の部分欠切裏面側展開説明図、図6は、図5のズボン原型の裏面側のベルト帯布地の内側に多機能担持部材を取り付けた構成を示すズボン原型の部分欠切裏面側展開説明図である。図5において、ズボン原型17の裏面側で、18は腰裏、19は前身頃、20は後身頃、21は脇ポケット、22はピップポケット、23は前立、24は天狗裏、25は天狗ハナ、26は前挟、27は釦、28はシックである。交差斜線部7の箇所は、本発明の多機能担持部材を取り付けた構成である。
【0022】図6は、上記図5の上衣の原型の裏面側展開説明図において、さらにベルト帯布地の人体に接する内側に、少なくとも2箇所以上の部位に、適宜間隔をもって本発明に係る多機能担持部材からなる貼着シ−ト29を取り付けた構成を示すズボン原型の部分欠切裏面側展開説明図である。
【0023】次に、図7は本発明の一実施例を示すワ−キングウェアの上衣原型の平面図、図8は上衣原型の背面図、図9は上衣原型の部分欠切裏面側展開説明図である。図7において、ワ−キングウェア30での斜線格子状とした交差斜線部7は、いずれも上衣原型において、芯地部材が取り付ける箇所である。19は前身頃、31は腰ポケット、32は袖口、33は襟部、34は身頃裾部である。図8の上衣原型の背面図において、7は交差斜線部、20は後身頃、32は袖口、33は衿部、34は身頃裾部、35はヨ−クである。図9において、ワ−キングウェア30での交差斜線部7は、芯地部材の取り付け箇所であり、4は後身頃裏、23は前立、31は腰ポケット、34は身頃裾部である。
【0024】図10は、本発明の別実施例を示すワイシャツ原型の平面説明図、図11はワイシャツ原型の背面説明図である。図10において、ワイシャツ36での斜線格子状とした交差斜線部7は、芯地部材の取り付け箇所である。23は前立、32は袖口、33は衿部、37は胸ポケットである。図10〜図11において、ワイシャツ36は上記した背広型被服での該芯地部材の取り付け箇所では共通している。本発明に係る芯地部材を少なくとも複数箇所以上の組み合わせとして、本発明の多機能担持部材からなる芯地を縫着又は融着可能な箇所を示すものである。さらに、ワイシャツ36の構造では、被服の内側に位置し身体側により接近状態で着用されるため、たとえば本発明での多機能担持部材による諸機能が発揮され易いが、該芯地部材の取り付けに際し、層厚さその箇所の選択には配慮が必要で着衣上の違和感を生じない構成とすることが望ましい。このように、たとえば該芯地部材の取り付け箇所は、従来の衿部や袖口、前立等の箇所を選択し合致させることにより、諸機能を発揮し得る構成とすることができる。
【0025】以上のとおり本発明に係る一実施例を詳述したが、具体的な構成はこの実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等があっても本発明に含まれる。
【0026】
【発明の効果】本発明は上記のような構成からなり、背広型被服の上衣原型或いはズボン原型において、人体に比較的接近する箇所で、かつ芯地部材の形態として取り付け配設して着衣上も違和感を排除した構造からなり、健康治療や疲労回復等に有用なマイナスイオン効果を発揮し、その効果を長期間持続できる。この為、該被服の着装によって、健康治療効果並びに喫煙等の脱臭、或いは保管、格納時での殺菌効果、電磁波の還元中和等の多機能性を発揮する。また、芯地に必要条件である耐洗濯堅牢性、耐ドライクリ−ニング性、通気性等の諸性能を充足し、併せて縫製作業においても、従来の工程処理やミシン縫い等の装置の改装の必要なく、コスト低減を図り得る等の効果を奏する。
【出願人】 【識別番号】390030409
【氏名又は名称】株式会社サンリット産業
【識別番号】000002163
【氏名又は名称】世界長株式会社
【出願日】 平成10年6月16日(1998.6.16)
【代理人】 【識別番号】100067219
【弁理士】
【氏名又は名称】足立 英一
【公開番号】 特開2002−227007(P2002−227007A)
【公開日】 平成14年8月14日(2002.8.14)
【出願番号】 特願2002−19371(P2002−19371)