トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 リムーバブルパーツウエア
【発明者】 【氏名】小林 真由美

【要約】 【課題】各人各様の多様な個性にマッチしたウエアをコーディネイトすることができ、多目的ウエアであるリムーバブルパーツウエアを提供する。

【解決手段】リムーバブルパーツウエアは、複数のパーツにより構成され、装着手段によって装着、脱着できるウエアであって、前記パーツは、色柄の異なる複数種類によって構成され、その中から選択、交換されることを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】複数のパーツにより構成され、装着手段によって装着、脱着できるウエアであって、前記パーツは、色柄の異なる複数種類によって構成され、その中から選択され、交換されることを特徴とするリムーバブルパーツウエア。
【請求項2】複数のパーツにより構成され、装着手段によって装着、脱着できるウエアであって、前記パーツは、デザインの異なる複数種類によって構成され、その中から選択され、交換されることを特徴とするリムーバブルパーツウエア。
【請求項3】複数のパーツにより構成され、装着手段によって装着、脱着できるウエアであって、前記パーツは、材質の異なる複数種類によって構成され、その中から選択され、交換されることを特徴とするリムーバブルパーツウエア。
【請求項4】複数のパーツにより構成され、装着手段によって装着、脱着できるウエアであって、前記パーツは、サイズの異なる複数種類によって構成され、その中から選択され、交換されることを特徴とするリムーバブルパーツウエア。
【請求項5】複数に分割され、装着手段によって一体に結合したボディの右肩口には、複数分割された右袖が装着され、前記ボディの左肩口には複数分割された左袖が装着され、前記ボディのネック部には複数分割された衿が装着され、前記ボディのネック部後部には、複数分割された頭部防寒用のフードが装着されて形成されるウエアであって、前記ボディ、右袖、左袖、衿及びフードの各パーツは、それぞれ色柄を異ならせて構成されることを特徴とするリムーバブルパーツウエア。
【請求項6】複数個に分割され、装着手段により一体に装着されるウエアであって、前記ウエアを形成する各パーツは、色柄の異なる複数種類によって構成され、その中から選択され、交換されることを特徴とするリムーバブルパーツウエア。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ウエアに関するものであり、特に、ウエアを多目的に使用できるようにした多目的ウエアに関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、衣服には本来の保温、保湿性の他、機能性、及びデザインの優秀さが求められる。また、一方で、一つの衣服を多目的に使用できるような衣服も求められている。従来の衣服としては、表側と裏側のデザイン及び材質を代え、裏返しで着用することができるリバーシブルウェアや、アンダーウェアとオーバーウェアとからなり、ファスナーあるいは釦によってアンダーウェアからオーバーウェアを取り外せるようにした多目的ウェアが提供されている。
【0003】図4は特開平9−31718号に開示された多目的ウェアを示すように、オーバーウェアは、防寒性の高い材料で形成されていて長袖である。アンダーウェアは、ファスナーの操作によってオーバーウェアを切り離し脱着するようになっている。このため、外では防寒目的に、室内では、嵩張らず機能性に富んだ衣服として使用することが可能となる。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記した従来のウェアでは、各人各様の多様な感覚を満たすには足らず、充分な個性を主張することができない。そこで、個々の個性にマッチしたウェアをコーディネイトすることができるようにした多目的ウェアを提供することを課題とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】前記課題を解決するために創案された請求項1に記載のリムーバブルパーツウエアの発明は、複数のパーツにより構成され、装着手段によって装着、脱着できるウエアであって、前記パーツは、色柄の異なる複数種類によって構成され、その中から選択され、交換されることを特徴とする。なお、リムーバブルパーツウエアとは、分割したウエアの各部のパーツ(例えば、袖や衿等や又その細分化した部分)から構成し、各パーツは、脱着され、選択され、装着されるウエアをいう。
【0006】請求項1に記載の発明によれば、分割された各パーツは、ファスナーやマジックテープ(登録商標)、スナップ、ボタン等の装着手段により、装着、脱着する。色、柄の違った各パーツが複数種類用意された中から、選定し、今までにない色彩の組合せをもったウエアにコーディネイトすることができる。なお、各パーツの中から選択し交換するのは、購入時の1回だけであっても良いし、その都度追加購入しても構わない。
【0007】請求項2に記載のリムーバブルパーツウエアの発明は、複数のパーツにより構成され、装着手段によって装着、脱着できるウエアであって、前記パーツは、デザインの異なる複数種類によって構成され、その中から選択され、交換されることを特徴とする。
【0008】請求項2に記載の発明によれば、分割された各パーツは、ファスナーやマジックテープ、ボタン等の装着手段により、簡単に装着、脱着できることから、デザイン違いの各パーツを複数種類用意することにより、今までにないデザインの組合せをもったウエアにコーディネイトすることができる。
【0009】請求項3に記載のリムーバブルパーツウエアの発明は、複数のパーツにより構成され、装着手段によって装着、脱着できるウエアであって、前記パーツは、材質違いで複数種類備えられており、その中から選択され、交換されることを特徴とする。
【0010】請求項3に記載の発明によれば、分割された各パーツは、ファスナーやマジックテープ、スナップ、ボタン等の装着手段により、簡単に装着、脱着できることから、材質違いの各パーツを複数種類用意することにより、今までにないデザインの組合せをもったウエアにコーディネイトすることができる。例えば、発汗場所である脇の下用に専用ピースを設け、通気性の良い材質のものを装着してもよいし、水を使う際の作業衣として、両袖は防水用の材質のものに交換してもよいし、ボディの前面も防水の材質のものに交換してもよい。
【0011】請求項4に記載のリムーバブルパーツウエアの発明は、複数のパーツにより構成され、装着手段によって装着、脱着できるウエアであって、前記パーツは、サイズの異なる複数種類によって構成され、その中から選択され、交換されることを特徴とする。
【0012】請求項4に記載の発明によれば、分割された各パーツは、ファスナーやマジックテープ、スナップ、ボタン等の装着手段により、簡単に装着、脱着できることから、サイズ違いの各パーツを複数種類用意することにより、今までにないウエアの利用方法ができる。例えば、一年間で7、8センチ以上伸びる中高生の場合、各パーツの交換により対応可能であり、ズボンであれば、ズボンの下部ピースを交換すればよく、経済効果も大きい。
【0013】請求項5に記載のリムーバブルパーツウエアの発明は、複数に分割され、装着手段によって一体に装着したボディと、前記ボディの右肩口には複数分割された右袖が装着され、前記ボディの左肩口には複数分割された左袖が装着され、前記ボディのネック部には複数分割された衿が装着され、前記ボディのネック部後部には、複数分割された頭部防寒用のフードが装着されて構成されるウエアであって、これらのパーツは、色柄の異なる複数種類によって構成され、その中から選択され、交換されることを特徴とする。
【0014】ウエアとは着るもの、衣服をいう。したがって、上衣やズボン、つなぎなど身に付けるものをいい、その上から身に付ける外套やマフラー、帽子等も含まれる。請求項5に記載の発明によれば、事前に複数の色柄のパーツ、つまり色違いであったり柄違いのものを用意することにより、購入者自らがこれらのコーディネーターとしてコーディネイトができるため、新たなファッション性を創造することができると共に、ウエアの目的、使用場所、使用環境、季節、時間帯等に合わせて自由に色柄を選択し、交換することができるため、コーディネイトの幅を広げることができる。
【0015】請求項6に記載のリムーバブルパーツウエアの発明では、複数個に分割され、装着手段により一体に装着されるウエアであって、前記ウエアの各パーツは、色柄の異なる複数種類によって構成され、その中から選択され、交換されることを特徴とする。
【0016】請求項6に記載の発明によれば、これにより、例えばズボンやパンツやスカートの購入時には、購入者自らこれらのコーディネイトができるため、新たなファッションを創造することができると共に、場所、季節、時間に合わせて自由に付け替えができるため、コーディネイトの幅を広げて選択することができる。なお、ズボンとパンツ、スカート等の各ウエアの分割は、複数の等分、または、複数の不等分でも良い。例えば、スキーウエアとした場合、ウエアはカラフルな色合いをコーディネイトできるため、ゲレンデの白に映え、他と差別化ができる。また、後ろ姿であっても、色彩の配色から、識別も可能である。
【0017】
【発明の実施の形態】本発明によるリムーバブルパーツウエアの実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。図1(a)は、本発明のウエアの外観図であり、図1(b)は、複数種類によって構成された各パーツを分解した分解図である。図1は、ウエアの一例として防寒服を示す。なお、ここでいう「防寒服」とは、上衣の上に着用する外套をいい、ジャケット、ジャンパー、ヤッケ、ブルゾン等の他、スキーウエア等のスポーツウエアが含まれる。図1(a)および図1(b)に示すように、防寒服1は、左右方向に2分割された右ボディ2と左ボディ3、右袖4(着用する人にとっての右袖)と左袖5(着用する人にとっての左袖)、ネック部は右衿6と左衿7、ネック部後部は、2分割された右フード8と左フード9に分割されている。この例では、各々の装着部11,12,13,14,15、16には、装着手段としてのファスナー等が取りつけられ、このファスナー等により装着されて構成される。これらのパーツは、色柄の異なる複数種類(請求項1、5に係る発明)、デザインの異なる複数種類(請求項2に係る発明)、材質の異なる複数種類(請求項3に係る発明)、サイズの異なる複数種類(請求項4に係る発明)、によって構成され、その中から選択されて、交換される。選択できることも大きな特徴の1つである。
【0018】事前に複数の色柄のパーツ、つまり色違いであったり柄違いのものを用意することにより、購入者自らがコーディネーターとしてコーディネイトができるため、新たなファッション性を創造することができる。例えば、スキーウエアの場合では、場所ではスキー場とロッジ内、時間では昼食時と夕食時、季節では冬と春等で色調を自由に選択し、交換できるため、コーディネイトの幅を広げることができる。また、色柄の他にデザインやサイズ、材質等を変えてもよいし、温度調節のため、パーツを取り外しても良い。
【0019】図2は、各ウエアの外観図であり、(a)は、短パン、(b)はスカート、(c)と(d)はズボンの外観を示す。図2(a)の短パン20は、中央部23から右部分21と左部分22の2つに分割され、装着手段であるファスナー23により装着される。また、図2(b)のスカート30は、例えば31〜38(35以降記載せず)の8分割され、装着手段により装着される。図2(c)のズボン40は、例えば中央部43から右部分41と左部分42の2つに分割され、装着手段により装着される。また、同じく図2(d)のズボン50は、パーツ51〜56に6分割され、装着手段により装着部57〜装着部61で装着される。各ウエアの各パーツは、色柄の異なる複数種類によって構成され、その中から選択され、交換される。さらに、パーツ53、54は材質と寸法を変え、膝当て用としても良い。また、パーツ53〜56を取り外すことにより、短パンとしても良い。
【0020】スキーウエアとした場合は、ウエアはカラフルな色合いでコーディネイトできるため、ゲレンデの白に映え、他と差別化ができる。また、後ろ姿であっても、色彩の配色から、識別が可能であり、識別効果もある。ウエアの分割は、2,3,4等の複数等分でも良いし、複数不等分でも良い。
【0021】図3は、ウエア70の外観図である。ここでのウエアは、セーターでも良いし、下着(シャツ)であっても良い。ウエア70の汗かき場所である右脇の下部71には、汗を吸収しやすく通気性の良い材質の専用ピース71をファスナー72にて装着する。また左も同様である。さらに、袖部は図3に示すように、3分割にして肘部77の材質を換えても良いし、袖口部79を交換できるようにしても良い。このように、本発明は従来に見当たらない、ピースそのものを交換してコーディネイトを楽しむものである。さらに、両袖77、78,79の材質を防水用の材質のものをファスナー74〜76等で装着することで、水を扱う際の作業衣として好適であり、ボディの前面73も防水の材質のものに交換しファスナー73´にて装着してもよい。なお、ファスナーの装着部からの水の浸入防止、風の浸入防止に対しては、図示しない帯状の同じ布により覆い、ファスナーが直接見えなくすることにより浸入防止できる。以上、本発明の実施の形態について説明したが、本発明は前記実施の形態に限定されるものではない。
【0022】
【発明の効果】請求項1に記載の発明によれば、色違い、柄違いの各パーツを複数種類用意することにより、色彩の違った組合せをもつウエアにコーディネイトすることができることから、コーディネイトの幅を広げ、コーディネイトする楽しさと着こなす楽しさを倍増できる。
【0023】請求項2に記載の発明によれば、デザイン違いの各パーツを複数種類用意することにより、デザインの違った組合せをもつウエアにコーディネイトすることができることから、コーディネイトの幅を広げ、コーディネイトする楽しさと着る楽しさを倍増できる。
【0024】請求項3に記載の発明によれば、材質違いの各パーツを複数種類用意することにより、材質の違った組合せをもつウエアにコーディネイトすることができることから、今までにない各種用途に合わせたウエアの開発が可能である。
【0025】請求項4に記載の発明によれば、サイズ違いの各パーツを複数種類用意することにより、ウエアの新しい利用方法が可能である。
【0026】請求項5に記載の発明によれば、複数の色柄のパーツを用意することにより、コーディネイトができるため、新たなファッション性を創造することができると共に、ウエアの目的、使用場所、使用環境、季節、時間帯等に合わせて自由に色柄を選択し、交換することができるため、コーディネイトの幅を広げることができる。
【0027】請求項6に記載の発明によれば、ズボンやパンツやスカート等のウエアの購入時には、購入者自らこれらのコーディネイトができるため、新たなファッションを創造することができると共に、場所、季節、時間に合わせて自由に付け替えができるため、コーディネイトの幅を広げて選択することが可能である。
【0028】
【出願人】 【識別番号】501003869
【氏名又は名称】小林 真由美
【出願日】 平成13年2月1日(2001.2.1)
【代理人】 【識別番号】100064414
【弁理士】
【氏名又は名称】磯野 道造
【公開番号】 特開2002−227006(P2002−227006A)
【公開日】 平成14年8月14日(2002.8.14)
【出願番号】 特願2001−25252(P2001−25252)