トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 軍 手
【発明者】 【氏名】松本 明夫

【要約】 【課題】通気性のある軍手に撥水効果を付加し雨天時でも手が濡れないという効果を得る。

【解決手段】糸で編まれた軍手にフッ素樹脂やシリコン樹脂等を含浸させ通気性を損なわずに撥水効果を得る。
【特許請求の範囲】
【請求項1】フッ素樹脂及びシリコン樹脂等を含浸させた撥水性のある軍手【請求項2】繊維を編んで作られた上記請求項1の軍手【請求項3】繊維を織って作られた上記請求項1の軍手
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、作業用に使用される軍手に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の軍手は綿やポリエステルなどの糸を編んで作られている。
【0003】また軍手は糸を編んで作られているため通気性があり快適に使用することができる。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】かかる従来技術によるときは、軍手は糸を編んだ後は何も処理されておらず雨の日に屋外で使用すると雨水などが染み込んで手が濡れたり汚れたりする問題があった。
【0005】また、ゴム手袋を使用した場合は手が蒸れるという問題点もあった。
【0006】そこで、この発明の目的はかかる従来技術の問題に鑑み、従来の軍手のように使用でき、かつ雨天時に使用しても手が濡れず通気性があり手が蒸れない軍手を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】かかる目的を達成するためのこの発明の構成は、従来の糸で編まれた軍手にフッ素樹脂等の撥水性のある樹脂などを含浸させることで要旨とする。
【0008】なお、含浸させる樹脂は撥水性があれば種類は問わない。
【発明の実施の形態】かかる発明の構成によるときは、軍手の素材は綿やポリエステルなどを編んであるため従来品と同じく通気性がありフッ素樹脂等を含浸させているため撥水効果もある。
【0009】
【実施例】含浸させる素材はフッ素樹脂以外にもシリコン樹脂など撥水効果があれば他の樹脂を使用しても良い。
【0010】
【発明の効果】以上説明したように、この発明によれば、従来から使用されている軍手の機能の他に撥水性を付加することが可能になる。また通気性を損なうこともない。よって雨天時の屋外作業では通気性のないゴム手袋を使用しなくても手が濡れないという優れた効果がある。
【出願人】 【識別番号】599112674
【氏名又は名称】松本 明夫
【識別番号】597069741
【氏名又は名称】株式会社 ブイオーシーダイレクト
【出願日】 平成13年1月18日(2001.1.18)
【代理人】
【公開番号】 特開2002−220717(P2002−220717A)
【公開日】 平成14年8月9日(2002.8.9)
【出願番号】 特願2001−49430(P2001−49430)