トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 和服及びそれに使用する反物
【発明者】 【氏名】今井 武士

【要約】 【課題】前後左右というように見る角度により表情が異なり、しかも違和感なく直用できる、和服を提供する。

【解決手段】少なくとも前身頃と後身頃を異色としたもので、右前身頃5の下部に、脇線に沿って3〜10cm幅の異色部5aを設け、この異色部5aを右後身頃7の下部の色Hと同色とし、左後身頃3の下部に、脇線に沿って3〜10cm幅の異色部3aを設け、この異色部3aを左前身頃1の下部の色Eと同色とし、更に、左前身頃1と左前袖2の肩部9aに、衿元が3〜12cm幅で袖先に向かって先細りに左後身頃3と左後袖4の上部の色Bの部分が存在するようにし、右前身頃5と右前袖6の肩部9bに、衿元が3〜12cm幅で袖先に向かって先細りに右後身頃7と右後袖8の上部の色Dの部分が存在するようにした。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 左前身頃1の上部と左前袖2が同色Aであり、左後身頃3の上部と左後袖4が同色Bであり、前記色Aと色Bが異色であること、右前身頃5の上部と右前袖6が同色Cであり、右後身頃7の上部と右後袖8が同色Dであり、前記色Cと色Dが異色であること、左前身頃1の下部の色Eと左後身頃3の下部の色Fが異色であり、右前身頃5の下部の色Gと右後身頃7の下部の色Hが異色であるという和服であって、右前身頃5の下部に、脇線に沿って3〜10cm幅の異色部5aが設けられており、この異色部5aが右後身頃7の下部の色Hと同色であり、左後身頃3の下部に、脇線に沿って3〜10cm幅の異色部3aが設けられており、この異色部3aが左前身頃1の下部の色Eと同色であり、左前身頃1と左前袖2の肩部9aに、衿元が3〜12cm幅で袖先に向かって先細りに左後身頃3と左後袖4の上部の色Bの部分が存在すること、右前身頃5と右前袖6の肩部9bに、衿元が3〜12cm幅で袖先に向かって先細りに右後身頃7と右後袖8の上部の色Dの部分が存在すること、左後衿10が後身頃3の上部の色Bと同色であり、右後衿11が後身頃7の上部の色Dと同色であり、左前衿12の上部の色が左前身頃1の上部の色Aと同色であり、左前衿12の下部の色が左前身頃1の下部の色Eと同色であり、右前衿13の上部の色が右前身頃5の上部の色Cと同色であり、右前衿I3の下部の色が右前身頃5の下部の色Gと同色であることを特徴とする和服。
【請求項2】 前記色AとCとEとGが同色であり、前記色BとDとFとHが同色であることを特徴とする請求項1の和服。
【請求項3】 前記色AとEが同色で、前記色BとFが同色で、前記CとGが同色で、前記DとHが同色であることを特徴とする請求項1の和服。
【請求項4】 前記色A、B、C、D、E、F、G、Hが全て異なる色であることを特徴とする請求項1の和服。
【請求項5】 (i)右前袖6と右後袖8、(ii)右前身頃5と右後身頃7、(iii)衿と袵、(iv)左前身頃1と左後身頃3、(v) 左前袖2と左後袖4に分割して裁断できるもので、前記(iii) の、半幅で左前衿12、左後衿10、右後衿11、右前衿13と掛衿16が、他の半幅で左袵14と右袵15が裁断できるようになっているものであって、左前身頃1の上部と左前袖2が同色Aで、左後身頃3の上部と左後袖4が同色Bであり、色Aと色Bが異色であり、右前身頃5の上部と右前袖6が同色Cで、右後身頃7の上部と右後袖8が同色Dであり、色Cと色Dが異色であり、左前身頃1の下部の色Eと左後身頃3の下部の色Fが異色、右前身頃5の下部の色Gと右後身頃7の下部の色Hが異色、左後衿10が後身頃3の上部の色Bと同色、右後衿11が後身頃7の上部の色Dと同色、左前衿12の上部の色が左前身頃1の上部の色Aと同色、左前衿12の下部の色が左前身頃1の下部の色Eと同色、右前衿13の上部の色が右前身頃5の上部の色Cと同色、右前衿13の下部の色が右前身頃5の下部の色Gと同色であるように染め分けられており、かつ右前身頃5の脇線側に、5〜15cm幅の異色部5aが右後身頃7の下部の色Hと同色に、また左後身頃3の下部の脇線側に、5〜15cm幅の異色部3aが左前身頃1の下部の色Eと同色に染色され、左前身頃1の肩部9aに衿元の幅Xが3〜12cm、脇の幅Yが1〜8cmでXより小、となるように斜めに、左後身頃3の色Bが左前身頃1側に延びて染色され、左前袖2の肩部9aに、前身頃側の幅Zが1.5〜8.5cmで、袖先では実質的に幅0cmとなるように斜めに、左後袖3の色Bが左前袖2側に延びて染色されて右前身頃5の肩部9bに衿元の幅Xが3〜12cm、脇の幅Yが1〜8cmでXより小、となるように斜めに、右後身頃7の色Dが右前身頃5側に延びて染色され、右前袖6の肩部9bに、前身頃側の幅Zが1.5〜8.5cmで、袖先では実質的に幅0cmとなるように斜めに、右後袖8の色Dが左前袖2側に延びて染色されていることを特徴とする反物。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、見る角度により表情の異なる和服及びそれを仕立てるための反物に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の和服は一つの表情しか有しておらず、変化に乏しいものであった。表裏異色の布を使用して、リバーシブルに仕立てることは、知られているが、これは、一度着用すると、前後変化なく、通常の和服としての外観しか有していないものであった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、和服を着用した際に、前後左右というように見る角度により表情の異なるものとし、しかも違和感なく直用できるものとすることを課題とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明では、和服を二色又はそれ以上に染め分けたものとすることにより、前記課題を解決した。即ち、本発明の和服は、左前身頃の上部と左前袖が同色Aであり、左後身頃の上部と左後袖が同色Bであり、前記色Aと色Bが異色であること、右前身頃の上部と右前袖が同色Cであり、右後身頃の上部と右後袖が同色Dであり、前記色Cと色Dが異色であること、左前身頃の下部の色Eと左後身頃の下部の色Fが異色であり、右前身頃の下部の色Gと右後身頃の下部の色Hが異色であるという和服で、右前身頃の下部に、脇線に沿って3〜10cm幅の異色部を設け、この異色部を右後身頃の下部の色Hと同色とし、左後身頃の下部に、脇線に沿って3〜10cm幅の異色部を設け、この異色部を左前身頃の下部の色Eと同色としたこと、更に左前身頃と左前袖の肩部に、衿元が3〜12cm幅で袖先に向かって先細りに左後身頃と左後袖の上部の色Bの部分を存在させ、右前身頃と右前袖の肩部に、衿元が3〜12cm幅で袖先に向かって先細りに右後身頃と右後袖の上部の色Dの部分を存在させ、この際左後衿を後身頃の上部の色Bと同色とし、右後衿を後身頃の上部の色Dと同色とし、また、左前衿の上部の色を左前身頃の上部の色Aと同色とし、左前衿の下部の色を左前身頃の下部の色Eと同色とし、右前衿の上部の色を右前身頃の上部の色Cと同色とし、右前衿の下部の色を右前身頃の下部の色Gと同色としたことに特徴を有するものである。
【0005】前記色AとCとEとGを同色とし、前記色BとDとFとHを同色とした場合には、前後で色の異なる和服を得ることができ、この和服は、脇線に沿った異色部の存在、及び前身頃の肩線部分に後身頃の色が自然に染め出されていることから、前後で異色でありながら、非常に自然な表情で着用できるものとなる。
【0006】また、前記色AとEが同色で、前記色BとFが同色で、前記CとGが同色で、前記DとHが同色であるという4色に染め分けられた和服とした場合には、前身頃と後身頃が異色となるだけでなく、前身頃の左右と後身頃の左右も異色となる、前後左右で異なる表情を持つ和服となる。この場合も、脇線や肩線部分の染め分けにより、違和感なく、自然に表情で、非常に妙味ある和服として着用できるものとなる。
【0007】更に、前記色A、B、C、D、E、F、G、Hを全て異なる色として、前後左右で異色であるだけでなく、帯の上下でも異色となる、八つの異なる色からなる和服とすることもできる。この場合、帯を適当に選ぶことにより、従来の和服とはまったく異なるモダンな和服として、その着付けを楽しむことができる。なお、この場合も、脇線は肩線部分の染め分けが非常に自然な着用を可能とする。
【0008】
【発明の実施の形態】次に、本発明の実施例を図面に従って説明する。本発明の和服は、図1に示される如く、左前身頃1の上部と左前袖2が同色Aであり、左後身頃3の上部と左後袖4が同色Bであり、前記色Aと色Bが異色であること、右前身頃5の上部と右前袖6が同色Cであり、右後身頃7の上部と右後袖8が同色Dであり、前記色Cと色Dが異色であること、左前身頃1の下部の色Eと左後身頃3の下部の色Fが異色であり、右前身頃5の下部の色Gと右後身頃7の下部の色Hが異色であるという和服であって、右前身頃5の下部に、脇線に沿って3〜10cm幅の異色部5aが設けられており、この異色部5aが右後身頃7の下部の色Hと同色であり、左後身頃3の下部に、脇線に沿って3〜10cm幅の異色部3aが設けられており、この異色部3aが左前身頃1の下部の色Eと同色であり、左前身頃1と左前袖2の肩部9aに、衿元が3〜12cm幅で袖先に向かって先細りに左後身頃3と左後袖4の上部の色Bの部分が存在すること、右前身頃5と右前袖6の肩部9bに、衿元が3〜12cm幅で袖先に向かって先細りに右後身頃7と右後袖8の上部の色Dの部分が存在すること、左後衿10が後身頃3の上部の色Bと同色であり、右後衿11が後身頃7の上部の色Dと同色であり、左前衿12の上部の色が左前身頃1の上部の色Aと同色であり、左前衿12の下部の色が左前身頃1の下部の色Eと同色であり、右前衿13の上部の色が右前身頃5の上部の色Cと同色であり、右前衿I3の下部の色が右前身頃5の下部の色Gと同色であることを特徴とするものである。
【0009】例えば、色AとCとEとGが同色であり、色BとDとFとHが同色である場合は、図2に示される如く、前後で色が異なる和服となる。
【0010】また、AとEが同色で、色BとFが同色で、CとGが同色で、DとHが同色であるという場合は、図3の如く、前後左右で異色の和服となる。
【0011】更に、色A、B、C、D、E、F、G、Hが全て異なる色である場合には、図4の如く、前後左右上下が全て異色の和服となる。
【0012】図4の例では、上下の境界線、即ち色AとE、CとG、BとF、DとHの境界線は帯で隠れる位置とするのがよい。なお、左右袵14、15及び左右前衿12、13も、これらと同様の境界線を有するように、上下染め分けられている。
【0013】図2〜4のいずれの例でも、右前身頃の脇に異色部5aとして右後身頃の色Hが線状の現れ、左後身頃の脇に異色部3aとして左前身頃の色Eが線状に現れること、前身頃及び前袖の肩部9a及び9bに後身頃及び後袖の色B及びDが適当幅で現れることから、和服を着用した際に、前身頃と後身頃が異色であっても、色の境目が違和感なく、非常に自然な着付けが可能となる。
【0014】なお、これらの例では、異色部3a及び5aは仕立て上がりで約5cm幅とし、肩部9a及び9bは衿元で幅4.5cm、袖先で幅0cmとなるように先細りとなっている。
【0015】かかる和服は、反物を図5のように染め分けて使用するのがよい。(イ)の反物は図4の和服に、(ロ)の反物は図3の和服に、(ハ)の反物は図2の和服に仕立てられたものである。この反物では、(i)右前袖6と右後袖8、(ii)右前身頃5と右後身頃7、(iii) 衿と袵(半幅に左前衿12、左後衿10、右後衿11、右前衿13と掛衿16、他の半幅に左袵14と右袵15)、(iv)左前身頃1と左後身頃3、(v) 左前袖2と左後袖4の順番に裁断できるように染め分けられているが、(i) 〜(v) は互いに裁断して使用されるので、これらの位置が、相互に入れ代わってもよいのは勿論である。
【0016】なお、これらの例では、右前身頃5の脇に設けられた異色部5a及び左後身頃3の脇に設けられて異色部3aの幅は約12cm(通常、反物における異色部5aの幅は5〜15cm程度であるのがよい)であり、その長さは、右前身頃5又は左後身頃3の長さの約73%(通常、70〜75%程度であるのがよい)であり、また、左前身頃1の肩部9aは、衿元の幅Xが4.5cm(通常、3〜12cm)、脇の幅Yが2.0cm(通常、1〜8cm−ただし、Xより小)となるように斜めに、左後身頃3の色Bが左前身頃1側に延びて染色されている。更に左前袖2の肩部9aは、前身頃側の幅Zが2.5cm(通常1.5〜8.5cm)で、袖先では実質的に幅0cmとなるように斜めに、左後袖3の色Bが左前袖2側に延びて染色されている。なお、右前身頃5と右前袖6の肩部9bも、前記左前身頃1と左前袖2の肩部9aと同様の幅で、斜めに右後身頃7及び右後袖8の色Dに染色されている。
【0017】衿の染め分けは、仕立て上がりで、所定の配色となるようになっており、後衿と前衿の境界線は斜めに染め分けられている。また、掛衿16においても、同様である。
【0018】
【発明の効果】本発明の和服は、多色に染め分けられたものでありながら、右前身頃5の脇の異色部5a、左後身頃3の脇の異色部3aの存在及び前身頃等の肩部9a、9bに、後身頃の色が延びていることにより、非常に自然な外観で、前後左右というように見る角度により表情の異なるものとし、違和感なく着用できるものとなる。
【出願人】 【識別番号】501028482
【氏名又は名称】今井 武士
【出願日】 平成13年1月23日(2001.1.23)
【代理人】 【識別番号】100068032
【弁理士】
【氏名又は名称】武石 靖彦 (外2名)
【公開番号】 特開2002−220707(P2002−220707A)
【公開日】 平成14年8月9日(2002.8.9)
【出願番号】 特願2001−14184(P2001−14184)