トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 和 服
【発明者】 【氏名】谷口 輝子

【要約】 【課題】和服を着付けたときにできる下前の余剰部分を、左脇又は左脇周辺で留めて固定する構造を設けた和服を提供し、和服を誰にでも簡単に正しく美しく着られるようにすること及び和服を着崩れにくくすることを目的としている。

【解決手段】上前又は左後ろ見頃又は上前から左後ろ見頃にかかる位置にあって和服を着た場合に腰の位置になる位置の左脇又は左脇近傍と、和服を着た場合に腰の位置になる位置の下前又は下前の襟又は襟を含む下前にあって和服を着たときに左脇又は左脇近傍で余剰となる部分に留め具を設けた和服。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 上前又は左後ろ見頃又は上前から左後ろ見頃にかかる位置で和服を着た場合に腰の位置になる位置の左脇又は左脇近傍と、和服を着た場合に腰の位置になる位置の下前又は下前の襟又は襟を含む下前で和服を着たときに左脇又は左脇近傍で余剰となる部分に留め具を設けた和服。
【請求項2】 請求項1の和服に、和服を着た場合の腰になる位置の上前の襟先又は襟先近傍と、和服を着た場合の腰になる位置で右脇になる位置の見頃に留め具を設けた和服。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、和服を美しく、簡単に着ること、更に着崩れにくい和服を提供することに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の和服は、着るときに使用する留め具類は付いていなかった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】これには次ぎのような欠点があった。
(イ) 着付けのできない人は、自分ひとりで着れなかった。
(ロ) 着崩れをおこしやすかった。本発明は、これらの欠点を除くためになされたものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】
【0005】上前又は左後ろ見頃又は上前から左後ろ見頃にかかる位置にあって和服を着た場合に腰の位置になる位置の左脇又は左脇近傍と、和服を着た場合に腰の位置になる位置の下前又は下前の襟又は襟を含む下前にあって和服を着たときに左脇又は左脇近傍で余剰となる部分に留め具を設けた和服。
【0006】請求項1の和服に、和服を着た場合の腰になる位置の、上前の襟先近傍と、和服を着た場合の腰になる位置で右脇になる位置の見頃に留め具を設けた和服。
【0007】本発明は、以上のような構成よりなる和服である。
【0008】
【本発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について、一例をあげて説明する。
【0009】(イ) 和服を着た場合の左脇又は左脇近傍の腰の位置になる位置の和服の裏側に留め具(1)を設ける。この留め具(1)は一つで設けても良いし、二つ以上で設けても良い。一つで設けた場合、留め具(1)に、留め具(2)(3)を一緒にはめる構造にして設けても良い。二つ以上で設ける場合には、この二つの留め具は平行又は多少の高低をもたせ横に並べる構造で設けるのが良い。
(ロ) (イ)と対になる留め具を、和服を着た場合に腰の位置になる下前の襟先近傍の裏側(3)と、その襟先近傍から右脇方向に寄った位置の下前見頃の裏側(2)に設ける。この留め具は和服の表側に設けることもできる。
(ハ) (イ)(ロ)の留め具は、和服を着たときに、下前にできる余剰部分を留めて固定するのが目的である。本発明は以上のような構造で、これを使用するときは、ウエスト位置の左脇又は左脇近傍で留め具(1)と留め具(2)(3)を留めて使用する。その後、従来通りに右脇の上前下前を合わせ、腰紐を締め、おはしょりを作り、胸紐を締めて和服を着る。
【0010】請求項1の和服に、和服を着た場合の腰になる位置の上前の襟先近傍の裏側に留め具(4)を設け、和服を着た場合の腰になる位置で右脇になる位置の見頃の表側に留め具(5)を設ける。本発明は以上のような構造で、これを使用するには、請求項1の和服の留め具を留めた後、右脇のウエストの位置で留め具(4)と留め具(5)を留めて使用する。その後、従来通りに腰紐を締め、おはしょりを作り、胸紐を締めて和服を着る。
【0011】
【発明の効果】(イ) 和服を着れない理由の要因に、着付けの知識のない人にとって上前下前を正しく合わせることが非常に難しいということがあげられるが、本発明の和服は、和服に設けた留め具を使用して着ることで自動的に上前下前が正しい位置に装着できるようになっているので、着付けの知識のない人でも自分一人で簡単に美しく和服を着ることができる。
(ロ) 本発明の最大の効果は(イ)の効果によって、着付けの知識を必要とせずに、誰にでも日本古来からの手結びによる着付けの美しさを表現できることである。
(ハ) 留め具で腰を固定して着ているので、着崩れにくい。
【0012】(イ) 留め具は何でも良いが、ボタン、スナップ、マジックテープ(登録商標)、磁石などが望ましい。又ループのタイプでも良い。ボタンはスナップボタンなどのようにボタンどうしで凹凸になったものでも良いし、ボタンとボタンホールの形態でも良い。ボタン、スナップなどは非常に種類が多く、また素材もまちまちである。素材に磁石のような機能を持たせたものもある。それらを含んで、ボタン類、スナップ類とし、これらが望ましいとする。又これらにこだわらず、特殊に開発された留め具でも良い。
(ロ) 請求項2の和服は、腰紐を使用しなくても着用できる。
(ハ) 本発明の和服は、和服を着付けたときにできる下前の余剰部分を、左脇又は左脇周辺で、留めて固定する構造のものである。
(ニ) 留め具(1)と留め具(2)(3)は、ファスナーの形態で設けても良い。
【出願人】 【識別番号】598172114
【氏名又は名称】谷口 輝子
【出願日】 平成12年7月29日(2000.7.29)
【代理人】
【公開番号】 特開2002−38312(P2002−38312A)
【公開日】 平成14年2月6日(2002.2.6)
【出願番号】 特願2000−264671(P2000−264671)