トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 携帯電話収納定着部付き衣服
【発明者】 【氏名】中村 孝則

【要約】 【課題】携帯電話機を確実に定着させてポケット内に収容できると共に使用上及び機能上においても有効的に活用できる携帯電話収納定着部を備えた衣服を提供する。

【解決手段】衣服1の胸ポケット2の内側部に位置する前身頃生地3の表面に面状ファスナー5の一方のファスナー構成体5aを取付ける。面状ファスナー5の他方のファスナー構成体5bを携帯電話機7の背面側に取付け、両ファスナー構成体5a,5bを係着して、ポケット2に収納する電話機7を定着させるように構成する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 ポケットを備えた衣服において、衣服のポケットの内側部に位置する身頃生地の表面に取付けた面状ファスナーの一方のファスナー構成体を備え、前記ファスナー構成体に面状ファスナーの他方のファスナー構成体を係着して、前記ポケットに収納する携帯電話機を定着させるように構成したことを特徴とする携帯電話収納定着部付き衣服。
【請求項2】 面状ファスナーの前記他方のファスナー構成体は、携帯電話機の背面側に取付けるように構成したことを特徴とする、請求項1記載の携帯電話収納定着部付き衣服。
【請求項3】 面状ファスナーの前記他方のファスナー構成体は、携帯電話機を挿入して保持させる伸縮性帯状体で構成した伸縮性リング体の外側面に取付けるように構成したことを特徴とする、請求項1記載の携帯電話収納定着部付き衣服。
【請求項4】 前記衣服のポケットは、生地を二重に重ね合わせた重合生地で構成されていることを特徴とする、請求項1,2又は3記載の携帯電話収納定着部付き衣服。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は携帯電話機を収納して定着させる機能を備えた携帯電話収納定着部付き衣服に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、携帯電話機を携帯する際、一般に衣服の胸ポケットに入れたり、バッグやカバンの中にそのまま入れておくか、もしくは携帯電話収納部付きカバンの場合には、そこに収納している。また、他の例として、ベルト挿通式やショルダー式の携帯電話収納ケースも開発されている。
【0003】しかし、衣服の胸ポケットに入れた場合、電話機の収納状態が安定しないと共に、例えば身を屈んだ際等に携帯電話機がポケットから容易に滑り落ちる問題がある。また、近時においては、携帯電話を着信用バイブレータに切換えておく場合が一般的であるが、胸ポケットに入れた場合、電話機の収納状態が安定しないで前屈みになる等、衣服の前身頃生地から離れることが生じ、この際に電話が掛かってきたときはバイブレータに気付かないことも生じる。一方、バッグやカバンの中に入れた場合、特に大きなバッグにあっては、電話が掛かってきたときに電話機を探すまでに時間を要することがあると共に、バイブレータに切換えておいたときには着信に気付かない問題が生じる。また、携帯電話収納ケースの場合には、電話機を収納して腰ベルトに挿通して携帯し、或いはショルダー式に携帯するものであるが、体裁上等の面において問題を有している。
【0004】ところで、携帯電話機は外出時及び作業時等を問わず、衣服のポケット、特に胸ポケットに収納して携帯するのが使用上及び機能上において最も有効的であるが、胸ポケットに電話機をそのまま入れた場合には上述したような問題が生じる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記のような実情に鑑み、携帯電話機の出し入れ操作が簡単で、かつ、確実に定着させて整然と収納できると共に、使用上及び機能上においても有効的に活用できる携帯電話機定着部を備えた携帯電話収納定着部付き衣服を提供することを目的とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記目的を達成するため、本発明はポケットを備えた衣服において、衣服のポケットの内側部に位置する身頃生地の表面に取付けた面状ファスナーの一方のファスナー構成体を備え、前記ファスナー構成体に面状ファスナーの他方のファスナー構成体を係着して、前記ポケットに収納する携帯電話機を定着させるように構成したことを特徴とする。なお、この明細書において、「携帯電話機」にはPHS(簡易型携帯電話)も含むものである。また、「衣服」とはYシャツやTシャツその他のシャツ、背広その他の上着、或いは白衣、上下続き作業衣その他の作業衣、さらにまた、スカートやズボン等、ポケットを備えた全ての衣服を含む概念として用いられている。
【0007】本発明によれば、面状ファスナーの他方のファスナー構成体をポケット内に取付けた面状ファスナーの一方のファスナー構成体に係着して、ポケットに収納した携帯電話機を定着させるように構成したので、携帯電話機はポケット内に確実に定着され、安定かつ整然と収納される。また、携帯電話機は衣服の身頃生地に接触した状態でポケットに収納される状態となるので、電話が掛かった際の着信バイブレータの振動を着用者に良好に伝達する。さらにまた、携帯電話機をポケットへ出し入れする操作が簡単に行なえる。
【0008】本発明において、面状ファスナーの他方のファスナー構成体は、請求項2記載の発明のように、携帯電話機の背面側に取付けるように構成することができる。このように構成すると、携帯電話機をポケットへ収納し、その状態で携帯電話機を衣服の身頃前へ軽く押し付けることにより、両ファスナー構成体が係着して携帯電話機を確実に定着させることができる。
【0009】また、本発明においては請求項3記載の発明のように、面状ファスナーの他方のファスナー構成体は、携帯電話機を挿入して保持させる伸縮帯状体で構成した伸縮リング体の外側面に取付けるように構成することもできる。このように構成すると、前記リング体をポケット内の面状ファスナーへ係着させ、携帯電話機をリング体内へ挿入することにより、携帯電話機はリング体の帯状体の収縮力により保持されて確実に定着して収納される。
【0010】また、本発明においては、請求項4記載の発明のように、衣服のポケットは生地を二重に重ね合わせた重合生地で構成することもできる。このように構成すると、ポケットの構成生地は厚くなるので、衣服をアイロン掛けする際にポケット内に取付けた面状ファスナーの型等がポケット生地の表面に写し出されるのを防止できる。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実施の形態の一例を説明する。図1は本発明の携帯電話収納定着部付き衣服の一実施の形態を示し、同図aは正面図、同bは胸ポケットの部分を拡大して示す正面図、同cは同じく縦断面図、同dは携帯電話機を示す背面図、図2は衣服の胸ポケット内へ携帯電話機を定着して収納した状態を示す正面図aと縦断面図bである。
【0012】上記図1〜図2において、この実施の形態では本発明を衣服としてYシャツに適用した場合を示している。衣服1の胸ポケット2の内側部に位置する前身頃生地3の表面に面状ファスナー5の一方のファスナー構成体5aが取付けてある。前記ファスナー構成体5aの生地3に対する取付手段としては、縫着,接着,熱圧着,或いは粘着等が挙げられる。
【0013】前記ポケット2として、この実施の形態では図1cに示すように、生地6a,6bを二重に重ね合わせた重合生地6で構成したものが開示されている。このように、重合生地6でポケット2を構成すると、衣服をアイロン掛けする際にポケット2内のファスナー構成体5aの型や模様等がポケット生地6の表面に表示して外観を損ねるのを防止することができる。
【0014】前記面状ファスナーとしては、市販のマジックテープ(登録商標)やベルクロ(登録商標)等の面状ファスナーを採用することができる。そして、面状ファスナー5の一方のファスナー構成体5aをポケット2の内側に位置する前身頃生地3の表面に取付けるものであるが、通常は雌側(ループ側)のファスナー構成体5aを取付ける。なお、近時においては雌雄兼用の機能を備えた面状ファスナー(株式会社クラレ社の面状ファスナー)が開発され、市販されている。本発明においては、この雌雄兼用タイプの面状ファスナーを採用することもできる。
【0015】前記ポケット2内のファスナー構成体5aに面状ファスナー5の他方のファスナー構成体5bを係着して、ポケット2に収納する携帯電話機7を定着するように構成するものである。この実施の形態では、他方のファスナー構成体5bを携帯電話機7の背面側に接着や粘着等で取付けるように構成してある。図2において7aは電話機7のディスプレーを示す。
【0016】この実施の形態の携帯電話収納定着部付き衣服は前記のように構成したもので、図2に示すように、携帯電話機7を胸ポケット2に入れ、軽く押さえつけることにより電話機7のファスナー構成体5bはポケット2側のファスナー構成体5aに係着する。したがって、電話機7はポケット2内に確実に定着され、安定かつ整然と収納され、この状態で身を屈んだりしても電話機がポケットから滑り落ちることはない。また、電話機7を前方へ引っ張って面状ファスナーの係着を解除することより、ポケットから容易に取り出すことができる。
【0017】図3は本発明の携帯電話収納定着部付き衣服のポケットに携帯電話機を定着して収納する他の例を示すもので、図示では伸縮性リング体を採用した例が示されている。即ち、図3に示す伸縮性リング体11は伸縮性帯状体12で所望の伸縮力を持たせると共に、上下方向に開口した所定の大きさの輪13を形成してなり、この輪13で携帯電話機7を挿入して保持させる伸縮性保持部14を構成してなっている。そして、面状ファスナー5の他方のファスナー構成体5bは前記リング体11の外側面に縫着や接着その他の手段で取付けるように構成してある。
【0018】前記帯状体12としては、市販の織りゴムやゴム紐等を採用する。帯状体12の巾及び長さは電話機7のサイズ等に対応して適当に設定する。図示のリング体11は帯状体12として織りゴムを採用し、所定の大きさの輪13を形成してなっている。また、図示のリング体11の輪13は下端から上端方向に向けて次第に拡径するようにテーパーが付されている。
【0019】図3に示すリング体11は上記のように構成され、リング体11のファスナー構成体5bを衣服1の胸ポケット2のファスナー構成体5aに係着して取付ける。そして、図4に示すように携帯電話機7をリング体11の輪13に挿入してポケット2内に収容することにより、電話機7はリング体11で保持され、前記と同様に安定かつ整然と定着し、この状態で身を屈んだりしても電話機がポケットから滑り落ちることはない。また、電話機をつかんで引っ張ることにより容易に取り出すことができる。
【0020】なお、電話機7を保持する伸縮性リング体11は一例として開示したもので、図示以外の構成のものを採用できるものである。
【0021】
【発明の効果】本発明によれば次のような効果を奏する。(1)携帯電話機を確実に定着させて整然とポケット内に収容できる。(2)電話機のポケットへの出し入れ操作が簡単に行なえる。(3)電話機は衣服の身頃生地に接触した状態でポケット内へ収納されるので、電話が掛かった際のバイブレータの振動を容易に感知することができる。
【出願人】 【識別番号】500150137
【氏名又は名称】中村 孝則
【出願日】 平成12年7月18日(2000.7.18)
【代理人】 【識別番号】100068076
【弁理士】
【氏名又は名称】和田 肇
【公開番号】 特開2002−30510(P2002−30510A)
【公開日】 平成14年1月31日(2002.1.31)
【出願番号】 特願2000−251664(P2000−251664)