Warning: copy(htaccessbak): failed to open stream: No such file or directory in /home/jtokkyo/public_html/header.php on line 10
参加チーム入り大会記念布製品 - 特開2002−30509 | j-tokkyo
トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 参加チーム入り大会記念布製品
【発明者】 【氏名】柴田 克彦

【要約】 【課題】表示部の構成を改良し、スポーツ大会の参加者やその家族並びにスポーツ大会の関係者や一般観客の記念品として価値のある布製品を提供することを課題とする。

【解決手段】布製品の前面または背面に位置する表示部に、任意のスポーツ大会に参加したチームのユニフォーム、ジャージー、帽子、ヘッド・ギャーまたは校章やエンブレム等を表現するチームマークなどの表示体のうちいずれか1つ以上を表示した。前記表示体は、適宜表示対象となるチームのイメージカラー等を用いてフルカラーで印刷し、表示部の中央には、例えば参加チームの中から任意に選択される1つのチームの表示体を拡大表示するなどの応用を可能とした。
【特許請求の範囲】
【請求項1】本体の前面あるいは背面に位置する表示部に、参加チームのユニフォーム、ジャージー、帽子、ヘッド・ギャーまたは校章やエンブレム等を表現するチームマークなどの表示体のうちいずれか1つ以上を表示したことを特徴とする参加チーム入り大会記念布製品。
【請求項2】請求項1において、前記表示部に全参加チームを表示したことを特徴とする参加チーム入り大会記念布製品。
【請求項3】請求項1または2において、前記表示部に表示した表示体を参加チームの独自のカラーで表示し、フルカラーで表示したことを特徴とする参加チーム入り大会記念布製品。
【請求項4】請求項1乃至3において、前記参加チームの表示体の下部またはその近傍にチーム名を表示したことを特徴とする参加チーム入り大会記念布製品。
【請求項5】請求項1乃至4において、本体の中央部またはその近傍に位置する前記表示部に、大会名、開催期日、開催場所、大会ロゴマークのうちいずれか1つ以上を表示したことを特徴とする参加チーム入り大会記念布製品。
【請求項6】請求項1乃至5において、本体の中央部またはその近傍に位置する前記表示部に、参加チームの中から任意に選択される1つのチームの前記表示体を大きく表示したことを特徴とする参加チーム入り大会記念布製品。
【請求項7】請求項1乃至6において、本体の中央部またはその近傍に位置する前記表示部に、参加チームの中から任意に選択される1つのチームの写真を表示したことを特徴とする参加チーム入り大会記念布製品。
【請求項8】請求項1乃至7において、前記表示部にチーム名を表示したことを特徴とする参加チーム入り大会記念布製品。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、参加チームを表示することで、記念品としての価値を高めた布製品に関する。
【0002】
【従来の技術】従来から知られる記念布製品としては、例えばスポーツ大会などで使用されるものとして、各参加チームごとの専用Tシャツが存在した。また、参加チームが少ないスポーツ大会の場合には、全参加チームを含む表示を行ったTシャツが存在したが、このTシャツにおける表示方法は、チームの名称、国旗、チームカラーなどの表示を行ったものであり、表示部に使用される色数が少なくカラフルに表示されたものではなかった。以上の点から、上記従来製品は、スポーツ大会の記念品として十分に高い価値を有しているとは言えないものであった。そのため、従来の布製品をスポーツ大会の参加者やその家族並びに関係者や一般観客の記念品として満足することのできる商品とするには改善の余地が存在していた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、前記従来技術に鑑み為されたものであり、表示部の表示を改良し、各種スポーツ大会の参加者やその家族並びにスポーツ大会関係者や一般観客の記念品として価値のある布製品を提供することを課題とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明は、本体の前面あるいは背面に位置する表示部に、参加チームのユニフォーム、ジャージー、帽子、ヘッド・ギャーまたは校章やエンブレム等を表現するチームマークなどの表示体のうちいずれか1つ以上を表示したことを特徴とする。
【0005】本発明は、本体の前面あるいは背面に、参加チームのユニフォーム、ジャージー、帽子、ヘッド・ギャーまたは校章やエンブレム等を表現するチームマークなどの表示体のうちいずれか1つ以上を表示した表示部を設けたことにより、スポーツ大会や各種スポーツ大会の記念品として価値の高い布製品を提供することができる。
【0006】請求項2記載の発明は、請求項1において、前記表示部に全参加チームを表示したことを特徴とする。
【0007】本発明は、表示部に全参加チームを表示したことにより、本発明に係る商品をもらったいずれの者も、自分が参加または応援したチームが表示されていることに好感を持つ布製品を提供することができる。
【0008】請求項3記載の発明は 、請求項1乃至2において、前記表示部に表示した表示体を参加チームの独自のカラーで表示し、フルカラーで表示したことを特徴とする。
【0009】本発明は、参加チームの表示体をチーム独自のカラーで表示したことにより、参加チームの個性やポリシーをアピールすることができる。
【0010】請求項4記載の発明は、請求項1乃至3において、前記参加チームの表示体の下部またはその近傍にチーム名を表示したことを特徴とする。
【0011】本発明は、前記参加チームの表示体の下部またはその近傍にチーム名を表示したことにより、参加チームの表示体に詳しくない者にも、一見してどのチームがどの表示体を使用してるのかを知らしめることができる。
【0012】請求項5記載の発明は、請求項1乃至4において、本体の中央部またはその近傍に位置する前記表示部に、大会名、開催期日、開催場所、大会ロゴマークのうちいずれか1つ以上を表示したことを特徴とする。
【0013】本発明は、本体の中央部またはその近傍に位置する前記表示部に、大会名、開催期日、開催場所、大会ロゴマークのうちいずれか1つ以上を表示したことにより、特に強調したい内容を本体の中央部またはその近傍に配して効果的に表示することができる。
【0014】請求項6記載の発明は、請求項1乃至5において、本体の中央部またはその近傍に位置する前記表示部に、参加チームの中から任意に選択される1つのチームの前記表示体を大きく表示したことを特徴とする。
【0015】本発明は、本体の中央部またはその近傍に位置する前記表示部に、参加チームの中から任意に選択される1つのチームの前記表示体を大きく表示したことにより、自陣営の表示体を拡大表示してその存在をアピールすることができる。
【0016】請求項7記載の発明は、請求項1乃至6において、本体の中央部またはその近傍に位置する前記表示部に、参加チームの中から任意に選択される1つのチームの写真を表示したことを特徴とする。
【0017】本発明は、本体の中央部またはその近傍に位置する前記表示部に、参加チームの中から任意に選択される1つのチームの写真を表示したことにより、チームメンバーの容姿を長く留めておくことができ、記念品として価値の高い布製品を提供することができる。
【0018】請求項8記載の発明は、請求項1乃至7において、前記表示部にチーム名を表示したことを特徴とする。
【0019】本発明は、前記表示部にチーム名を表示したことにより、例えば、チームマークを示す表示体とデザインされた文字で表示されるチーム名を組み合わせて表示する等、デザイン性に優れた表示を行うことができる。
【0020】
【発明の実施の形態】本発明は、布製品の前面または背面に位置する表示部に、任意のスポーツ大会に参加したチームのユニフォーム、ジャージー、帽子、ヘッド・ギャーまたは校章やエンブレム等を表現するチームマークなどの表示体のうちいずれか1つ以上を表示するものである。前記表示体は、表示対象となるチームのイメージカラー等を用いてフルカラーで印刷し、表示部の中央には、例えば参加チームの中から任意に選択される1つのチームの表示体など、強調して表示したい内容を拡大表示する。これにより、スポーツ大会の記念品として価値の高い布製品を提供するものである。
【0021】
【実施例】図1及び図2は、本発明をTシャツに適用し、参加チーム入り大会記念Tシャツとした場合の図を示している。
【0022】図1は、本発明に係る第一実施例の正面図を示している。Tシャツ1の前面に位置する表示部1Aは、三つの表示部から構成されている。即ち、第一表示部2は、スポーツ大会の参加チームのユニフォーム、ジャージー、帽子、ヘッド・ギャーまたは校章やエンブレム等を表現するチームマークなどの表示体を配列表示する表示部とした。第二表示部3は、スポーツ大会の大会名、開催期日、開催場所、大会ロゴマーク等を表示する表示部とした。第三表示部4は、スポーツ大会に参加したチームの中から任意に選択した1つのチームの表示体や参加チームの写真を大きく表示する表示部とした。
【0023】例えば、前記第一表示部2には、スポーツ大会に参加した全参加チームのユニフォームを模った複数の表示体を横に配列して上下二段に表示すると共に、前記第一表示部2に挟まれる第二表示部3には大会名を大きく表示し、第三表示部4には、参加チームの中から任意に選択した1つのチームが所属する学校のユニフォームを拡大表示するものである。このとき、各表示体はそれぞれ参加チームの独自の色を使用してフルカラーで表示して、カラフルな色彩のTシャツとした。このように、本発明は、全参加チームのユニフォームを模った表示体を表示すると共に、大会名及び参加チームの中から任意に選択した1つのチームが所属する学校のユニフォームを大きく表示したものであるから、スポーツ大会に参加したチームの関係者が使用することができるだけでなく、応援者側の立場からは、応援する参加チームの学校の校章が大きく表示されているので好感をもつことができる。
【0024】図2は、本発明に係る第二実施例の正面図を示している。前記第一実施例における表示部1Aは、上下二列に配列した第一表示部2の間に、第二表示部及び第三表示部が位置する構成であったが、本実施例においては、前記第一表示部2を円形とし、その内部に第二表示部及び第三表示部が位置する構成としている。即ち、前記第一表示部2には、全参加チームのユニフォームを模った複数の表示体を配列して円陣を構成すると共に、その内部に位置する第二表示部3に大会ロゴマークを表示し、第三表示部4に参加チームのメンバーを撮影した写真を表示している。以上説明した如く本発明は構成されるものであり、前記第一表示部2に参加チームのユニフォームを模った表示体を複数配列して円陣を構成することで、各チームの協調と連帯を表現すると共に、その内部に大会ロゴマークと参加チームのメンバーを撮影した写真を配置することにより、「協調と連帯の中で行なわれるスポーツ大会と、そこに参加した参加チームのメンバー」という構図を象徴的に表現することができる。
【0025】なお、本発明に係る実施例の構成は以上説明した通りであるが、本発明は前記実施例に限定されることなく以下記載の如く応用発展させることができる。
【0026】即ち、前記実施例においては、表示部をTシャツに設けた場合を説明したが、本発明はこれに限定されることなく、Tシャツ以外の布製品、例えばトレーナー、パーカー等に適用することができる。
【0027】また、本発明に係る物品がスポーツ大会において使用される場合には、その表示体は、前記実施例に説明したように同種のスポーツチームのユニフォームやジャージーの配列を行うものに限定されることはなく、例えば「野球のユニフォーム」、「サッカーのユニフォーム」、「ラグビーのユニフォーム」など、競技別のユニフォームやジャージーを配列して表示したものや、オリンピックの競技種目をモチーフとした表示体を配列表示したもの、あるいは国旗を表示したものであっても構わない。
【0028】また、本発明はスポーツ大会だけでなく、万博、医療学会の国際大会、各種競技大会等で使用する布製品の表示部にも適用することができる。
【0029】
【発明の効果】本発明は、以上説明したような形態で実施され、次のような効果を奏する。
【0030】本発明は、スポーツ大会に使用する布製品に適用することにより、参加者の参加意識を高める効果を有すると共に、記念品として価値のある布製品を提供することができる。
【0031】また、本発明は、フルカラーで表示体を表示することにより、表示部の表現性を豊かなものとし、記念品として価値のある布製品を提供することができる。
【出願人】 【識別番号】595059399
【氏名又は名称】ヨツハタ株式会社
【出願日】 平成12年7月17日(2000.7.17)
【代理人】 【識別番号】100092646
【弁理士】
【氏名又は名称】水野 清
【公開番号】 特開2002−30509(P2002−30509A)
【公開日】 平成14年1月31日(2002.1.31)
【出願番号】 特願2000−215426(P2000−215426)