トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 ネクタイ
【発明者】 【氏名】李 康元

【要約】 【課題】ネクタイピンを使用せずに固定可能なネクタイを提供する。

【解決手段】ネクタイの広い下側部の裏面2に固定バンド3を縫い付け,一端にマグネット6とフック5が一体となって構成された固定具が連結された伸縮バンド4を固定バンドの中央部に連結し,構成することにより,ネクタイをベルトに固定し,揺動を防ぐことによって,高価なネクタイピンが必要なく,紛失の恐れがなく,固定用のフックを利用してズボンのファスナーを固定することができ,活動中にファスナーが下がってしまうことがなく,より便利で経済的なネクタイを提供が提供される。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 ズボンおよび/またはベルトに着脱自在に取り付け可能な固定具と,一端がネクタイの裏面に取り付けられ他端が前記固定具に取り付けられた伸縮自在の連結具とを備えたことを特徴とする,ネクタイ。
【請求項2】 前記固定具はマグネットを備えていることを特徴とする,請求項1に記載のネクタイ。
【請求項3】 前記固定具はフックを備えていることを特徴とする,請求項1または2に記載のネクタイ。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は,ネクタイに関する。
【0002】
【従来の技術】ネクタイは,社会生活をする人々に必需品といえるほど広く使われている衣類の一種として,特に殆んど毎日同じ正装をしなけれならない職場男性にとっては見なりに変化をもたらす唯一のものである。
【0003】しかし,ワイシャツにネクタイだけを着用すると活動時にネクタイの下側部が前後左右に揺動したり,風が吹くとネクタイが背中側に飛んでいってしまうという問題点があった。
【0004】前記のような不便さを解決するため,従来,ネクタイピン等のアクセサリにより下側部をワイシャツのボタンなどに固定することによって,ネクタイの揺動を防止していた。
【0005】しかし,前記のごとくネクタイピン等のアクセサリによりネクタイを固定するためには比較的高価なネクタイピンを購入しなければならないので,経済的に大きな負担となり,かつ高価なアクセサリをネクタイに付けて活動中に紛失する場合が多かった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】本発明は,上記問題点に鑑みて案出されたもので,ネクタイピンを使用せずにネクタイを固定することが可能であり,したがってネクタイピンの紛失のおそれがなく,また必要に応じて,ズボンのファスナーも固定することが可能であり,活動中にファスナーが下がってしまうことを防ぐことが可能な,より便利で経済的な固定具を備えたネクタイを提供することを課題としている。
【0007】
【発明を解決するための手段】上記課題を解決するために,本発明にかかるネクタイは,ズボンおよび/またはベルトに着脱自在に取り付け可能な固定具と,一端がネクタイの裏面に取り付けられ他端が前記固定具に取り付けられた伸縮自在の連結具とを備えたことを特徴としている。なお,前記固定具は,ベルトの金属性バックル部に取り付け可能なようにマグネットを備えていることが好ましい。また,前記固定具は,ズボンのファスナー部に取り付け可能なように,フックを備えていることが好ましい。
【0008】
【発明の実施の形態】以下,本発明の好しい実施形態を添付図面に依拠して説明する。図1は本発明の実施の一形態にかかるネクタイを示す斜視図で,ネクタイ1の剣先部の広い下側部の裏面2に固定バンド3を縫い付け,一端にマグネット6とフック5が一体となって構成された固定具が連結された伸縮バンド4を固定バンド3の中央部に連結して,構成したものである。
【0009】本実施の形態にかかるネクタイを着用してネクタイの揺動を防ぐため,図2のごとくネクタイ1の裏面2に取り付けたフック5をズボン8に取り付け,ファスナー取っ手7の孔に蕨め,マグネット6をバックル部分に付着することによって,ネクタイの揺動を防ぐことは勿論,活動中にファスナーが下がるのを防ぐことができる。
【0010】このとき,フック5とマグネット6からなる固定具は,伸縮バンド4により連結されており,着用者の身長にしたがい伸縮するので誰にでも使用でき,伸縮バンド4をネクタイ1の裏面に先に付着せず固定バンド3を付着した後,固定バンド3の中央部に付着させることによって,フック5が掛止された状態で伸縮バンド4によりネクタイ1が引張られてもネクタイの前面がしわになることを防ぐものである。
【0011】図3は,本発明の他の実施形態であって,ネクタイ1の裏面2に取り付けられたフック5をズボン8の腰部に着用したベルト9に掛けてマグネット6をバックルに付着してネクタイを固定することを示している。
【0012】図4は,本発明のさらに他の実施例であって,ネクタイ1に裏面に取り付けられた円板状のマグネット6をベルト9の金属製のバックル10の前面に付着してネクタイを固定することを示している。
【0013】前記のような本発明の様々な固定方法の以外にもフック5とマグネット6とをワイシャツのボタンやボタン孔等に固定して使用することもできる。
【0014】前記のごとく本発明は,ネクタイ1の裏面に伸縮バンド4で連結されたフック5とマグネット6によりネクタイ1を人体に密着・固定することによって,活動中にスボン8のファスナーが下がるのを防ぎ,さらにネクタイが揺動することを防ぐことができる多様な方法を提供している。
【0015】以上,添付図面を参照しながら本発明にかかるネクタイの好適な実施形態について説明したが本発明はかかる例に限定されない。当業者であれば,特許請求の範囲に記載された技術的思想の範疇内において各種の変更例または修正例に想到し得ることは明らかであり,それらについても当然に本発明の技術的範囲に属するものと了解される。
【0016】例えば,上記実施の形態においては,固定具にフックとマグネットの両方を取り付けた例を示したが,本発明はかかる例に限定されず,フックとマグネットのいずれか一方を備えた固定具であっても,ネクタイを良好に固定することが可能である。
【0017】
【発明の効果】前記のごとく本発明は,ネクタイの後側面に固定用のフックとマグネットとを取り付け,ネクタイを固定して揺動を防ぐことによって,高価なネクタイピンが必要なく,紛失の恐がなく,固定用のフックを利用してズボンのファスナーを固定することができ,活動中にファスナーが下がってしまうことを防ぐので,より便利で経済的なものである。
【出願人】 【識別番号】500321287
【氏名又は名称】李 康元
【出願日】 平成12年7月7日(2000.7.7)
【代理人】 【識別番号】100095957
【弁理士】
【氏名又は名称】亀谷 美明 (外3名)
【公開番号】 特開2002−20917(P2002−20917A)
【公開日】 平成14年1月23日(2002.1.23)
【出願番号】 特願2000−206285(P2000−206285)