トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 装飾用衿布及びこれを備えた上着
【発明者】 【氏名】米村 浩幸

【要約】 【課題】背広等の上着の衿に装飾布地を着脱できるようにして略式のタキシード等としても使用できる上着を提供する。

【解決手段】背広等の衿1c付きの上着1であって、衿1cの裏面とこの衿1cが被さる胴部1aの裏面のそれぞれに係止手段を設け、衿1cの縁部から被せられ衿1cの表裏両面を被覆する装飾用衿布4を備え、装飾用衿布4には係止手段に対して着脱自在な保持手段を設け、係止手段と保持手段とによる拘束により装飾用衿布4を衿1cのシルエットに倣って保形可能とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 背広などの衿付きの上着に取り付ける装飾用衿布であって、前記上着の衿の表裏両面に被さって前記衿のシルエットに倣って保形状態に着脱可能としたことを特徴とする装飾用衿布。
【請求項2】 背広等の衿付きの上着であって、前記衿の裏面と当該衿が被さる胴部の裏面のそれぞれに係止手段を設け、前記衿の縁部から被せられ前記衿の表裏両面を被覆する装飾用衿布を備え、前記装飾用衿布には前記係止手段に対して着脱自在な保持手段を設け、前記係止手段と前記保持手段とによる拘束により前記装飾用衿布を前記衿のシルエットに倣って保形可能としたことを特徴とする装飾用衿布を備えた上着。
【請求項3】 前記係止手段と保持手段は、雄雌のスナップフィットであることを特徴とする請求項2記載の装飾用衿布を備えた上着。
【請求項4】 前記装飾用衿布は、拝絹地であることを特徴とする請求項2または3記載の装飾用衿布を備えた上着。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、男性用の背広や女性用のジャケット等の上着に係り、特に衿に拝絹地等の装飾用衿布を必要に応じて取り付けられるようにした上着に関する。
【0002】
【従来の技術】男性用の背広やブレザー等の上着は、無地またはストライプの模様地等の布地やツィード織りまたはヘディンボン織り等の布地を縫製して造られる。このような上着の使用用途は、フォーマルやビジネス用またはカジュアル用等が主であり、ズボンと対になっている背広では殆どがフォーマルかビジネス用に限られることが多い。これに対し、ブレザーでは替えズボンとのコーディネイトにより、フォーマルに近いものからレジャー用まで幅広い範囲まで使える。
【0003】このように上着はその使用用途に応じて揃えるのが一般的であり、男性の場合であれば複数の背広やブレザーを持ってさえいれば概ね事足りる。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところが、男性用の背広の場合では、その用途は殆どがビジネス用であり、用途範囲は比較的に狭い。たとえばダークスーツであれば略式のフォーマルタイプとしても利用できるものの、全体の雰囲気まで変えることはできない。
【0005】一方、礼装用として用いられるタキシードは、たとえば黒字の布地を用いて衿を拝絹地で縫製したものが一般的である。この種のタキシードは常用のものではないので、購入するのではなく殆どがレンタルで済ませているのが実情である。
【0006】このように、背広等の上着は主としてビジネス用であり、胸ポケットにハンケチを差し込んで装飾してもタキシード等の雰囲気を醸しだすことはできない。
【0007】そこで、本発明は、背広等の上着の衿に装飾布地を着脱できるようにして略式のタキシード等としても使用できる上着を提供することを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明の装飾用衿布は、背広などの衿付きの上着に取り付ける装飾用衿布であって、前記上着の衿の表裏両面に被さって前記衿のシルエットに倣って保形状態に着脱可能としたことを特徴とする。
【0009】本発明では、上着の衿に着せ変えるようにして装飾用衿布を上着の衿のシルエットに倣って取り付けることにより、一着の上着でさまざまな雰囲気を持たせることができるので、上着の用途範囲を拡げるとともにファッション性も向上させることができる。
【0010】また、本発明の装飾用衿布を備えた上着は、背広等の衿付きの上着であって、前記衿の裏面と当該衿が被さる胴部の裏面のそれぞれに係止手段を設け、前記衿の縁部から被せられ前記衿の表裏両面を被覆する装飾用衿布を備え、前記装飾用衿布には前記係止手段に対して着脱自在な保持手段を設け、前記係止手段と前記保持手段とによる拘束により前記装飾用衿布を前記衿のシルエットに倣って保形可能としたことを特徴とする。
【0011】本発明の上着では、装飾用衿布を取り付けるための係止手段を衿の裏とこの衿が被さる胴部の裏に設けるので、この係止手段が外に露出することがなく、上着を常用としてそのまま使える。また、衿のシルエットに倣って装飾用衿布を取り付けるので、各種の装飾用衿布を準備しておけば、一着の上着でさまざまな意匠を持たせることができ、使用用途を拡げることができる。
【0012】本発明の装飾用衿布を備えた上着においては、前記係止手段と保持手段は、雄雌のスナップフィットとすることができる。
【0013】この構成では、スナップフィット方式によって装飾性衿布を上着に簡単に着脱することができる。
【0014】また、前記装飾用衿布は、拝絹地としてもよい。
【0015】この場合では、拝絹地による重厚さや光沢によってタキシードのような雰囲気を持つ上着を提供できる。
【0016】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について図面に基づいて説明する。
【0017】図1は本発明の実施の形態における上着であって、ズボンと対になったスーツの例である。
【0018】図1において、シングルジャケットタイプの上着1は通常使用されている布地によって縫製されたもので、胴部1aと左右の袖1bと、胴部1aから首周りにかけて折り曲げられた衿1cにより全体のシルエットが形成されている。
【0019】図2の(a)は衿1cの裏面を胴部1aの表面側に折り曲げたときの概略図、図2の(b)は衿1cから胴部1aを裏向きに折り曲げたときの概略図である。
【0020】図2の(a)に示すように、衿1cの裏面には雄スナップ2が間隔をおいて縫い込まれている。この雄スナップ2は衿2cの下端から首周りを巡って衿2cの全長にかけて配列されたものである。一方、図2の(b)に示すように、胴部1aの裏面であって衿2cを形成している部分に含まれる範囲にも同様に雄スナップ3が間隔をおいて縫い込まれている。これらの雌スナップ2,3は衿1c周りに装飾用衿布を取り付けるものであり、この装飾用衿布の詳細を図3及び図4に示す。
【0021】図3の(a)は装飾用衿布の正面図、図3の(b)は背面図、図4の(a)は図3の(b)のA−A線矢視による断面図、図4の(b)は装飾用衿布の端部を示す概略斜視図である。
【0022】装飾用衿布4はタキシードの衿に使用される拝絹地を素材としたもので、その色は上着1と同系統であっても全く異なるものであってもよい。この装飾用衿布4は表面地4aと裏面地4bとを重ね合わせ、図において上端部を糸で縫い合わせた細長い三角帽のような形状を持つ。そして、表面地4aの内面側(正面から観て背面側)には複数の雌スナップ5が間隔をおいて縫い付けられ、裏面地4bの内面側にも同様に複数の雌スナップ6が間隔をおいて縫い付けられている。雌スナップ5は衿1cの裏面に縫い付けた雄スナップ2の配列間隔と同じであり、雌スナップ6は図2の(b)に示した胴部1aの裏面及び衿1c部分にかけて配置した雄スナップ3の配列間隔と同じである。
【0023】装飾用衿布4は前述のように細長い三角帽のような形状を持つので、上着1の衿1cに被せるようにして取り付けることができる。すなわち、装飾用衿布4の表面地4aを衿1cの表面側に重ね合わせるとともに裏面地4bを衿1cの裏面側に重ね合わせ、衿1cの表裏両面を装飾用衿布4で挟み込む。図5に装飾用衿布4を衿1cに被せた状態を示す概略図、図6に図5のB−B線矢視による断面図をそれぞれ示す。
【0024】図6に示すように、装飾用衿布4の裏面地4bが回り込んでその雌スナップ6が衿1cの裏面の雄スナップ2にスナップフィット式で係合している。一方、表面地4aは衿1cの表面から胴部1aの縁部にかけて回りこみ、その雌スナップ5が胴部1aの裏面の雄スナップ3に同様にスナップフィット式で係合している。装飾用衿布4は図3の(b)に示すようにその全長に雌スナップ5,6を備え、上着1側にもこれらの雌スナップ5,6に対応するように雄スナップ2,3を配列しているので、装飾用衿布4は衿1cの回りにきっちりと固定される。
【0025】以上の構成において、上着1に設ける雄スナップ2,3はそれぞれ衿1cの裏側及び胴部1aの裏側に隠れて見えないので、そのまま上着を着用しても雄スナップ2,3が目障りとなることがなく、常用着として使用できる。
【0026】一方、上着1の雰囲気を変えたいときには、図5及び図6に示したように、装飾用衿布4を上着1の衿1cに被せて取り付ける。これにより、衿1cに代えて装飾用衿布4による新たな雰囲気を造り出すことができ、一着の上着1を二通りの着こなしとして使用できる。たとえば、上着1が無地の黒や濃紺に近いような場合に、黒または濃紺の拝絹地の装飾用衿布4とすれば、フォーマルな感じに近いタキシードのようにして着用することができる。また、上着1と同系統の色でなくても、装飾用衿布4をさまざまな色合いや模様のものとすれば、上着1とのコーディネイトによって異なった雰囲気の意匠を醸しだすことができる。
【0027】なお、以上の実施の形態では男性用の背広を上着として説明したが、女性用の衿を持つスーツやジャケットであってもよいことは無論である。また、雄雌スナップによる装着用衿布の取り付けに代えて、面ファスナーによる取り付けとしてもよい。
【0028】
【発明の効果】本発明では、普段着に使用している上着の衿に装飾用衿布を取り付けることで、上着がもつ雰囲気をさまざまに変えることができるので、一着の上着で多様な用途に使用でき、上着の付加価値を格段に向上させることができる。
【出願人】 【識別番号】500303135
【氏名又は名称】有限会社ウイントンブランド
【出願日】 平成12年6月27日(2000.6.27)
【代理人】 【識別番号】100099508
【弁理士】
【氏名又は名称】加藤 久
【公開番号】 特開2002−13017(P2002−13017A)
【公開日】 平成14年1月18日(2002.1.18)
【出願番号】 特願2000−193383(P2000−193383)