トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 つばつき手袋
【発明者】 【氏名】三浦 信男

【要約】 【課題】

【解決手段】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 ゴム製等の手袋(1)の腕の部分に刀の鍔を付けたようなつば。(2)をつけた、手袋。
【発明の詳細な説明】【0001】[発明の属する技術分野]この発明は手袋の腕の部分につば(刀の鍔の形)を付けたゴム製等の手袋に関するものである。
【0002】[従来の技術]従来のゴム製等の手袋は、腕の部分に水や汚水、油等を、食い止めるストッパーがなかったので、衣類の腕の部分が水や汚水、油等が衣服についた。
【0003】[発明が解決しようとする課題]本発明は、その欠点をなくすため、ゴム手袋の腕の部分に水や汚水、油等を食い止めるつばをつけ、手から腕に伝った水や汚水、油等で衣服等が汚れないように研究をすすめた。
【0004】[課題を解決する手段]手から腕に伝わった水や汚水等を早く受け止める為にゴム手袋の腕の部分につばを手首寄りにつける。地面(主に外用)に垂れ落ちる。実験と理論で追求した結果、腕の部分に食い止めるつばをつけることが最上であることを発見した。
【0005】[発明の実施の形態]ゴム手袋の腕の部分を、つばを支えられるようにゴムを厚くする。。又、手の部分とつばが支えられる部分とつばが同じ材質で一回の工程で型抜きもできる。つばは左右の手袋に付ける。
【0006】[発明の効果]本発明のゴムの手袋は手から腕に伝った水や汚水、油等をつばで受け止め、衣類の腕の部分等が濡れない。手袋は使う用途が多く、炊事、洗濯、掃除、車の洗車、車の整備や修理、漁業、農作業、釣り等のレジャー、建設や補修作業等々、幅広く利用出来る。材料はゴム系やビニール樹脂、布等で耐水、耐熱、耐油、防寒等の材質。サイズは大小様々、薄手から厚手まで。色も自由で、裏毛や絵柄入れても良い。
【出願人】 【識別番号】500337923
【氏名又は名称】有限会社峰永
【出願日】 平成12年6月23日(2000.6.23)
【代理人】
【公開番号】 特開2002−13016(P2002−13016A)
【公開日】 平成14年1月18日(2002.1.18)
【出願番号】 特願2000−229952(P2000−229952)