トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 たれず手袋
【発明者】 【氏名】三浦 信男

【要約】 【課題】

【解決手段】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 ゴム製等の手袋(1)の腕の部分に水受けをつけ、水受けの中にスポンジ(2)をいれた、手袋。
【発明の詳細な説明】【0001】[発明の属する技術分野]この発明は腕の部分に水受けをつけ、水受けの中にスポンジをいれたゴム手袋である。
【0002】[従来の技術]従来のゴム手袋は、腕の部分に水や汚水、油等を食い止めるストッパーがなかったので、衣類や腕等が水や汚水、油等で汚れた。
【0003】[発明が解決しようとする課題]本発明は、その欠点をなくすため、ゴム手袋の腕の部分に水や汚水、油等を食い止める水受けをつけ、手から腕に伝わった水や汚水、油等を水受けのスポンジで止めることが出来るようにと研究をすすめた。
【0004】[課題を解決する手段]ゴム手袋等の腕の部分に水受けをつける。水受けの中にスポンジを入れ、手から腕に伝わってきた水や汚水、油等をスポンジに吸収させる。スポンジに水等が溜まり過ぎると床や地面に垂れるので、ある程度水受けのスポンジに溜まったら水受け部分を手で絞る。汚れがひどい場合や固まって使えない場合用に、予備用スポンジジを作り別売する。スポンジは水分を含むと縮まるので、少し大きめに作る。
【0005】[発明の実施の形態]ゴム手袋の腕の部分を、水受けが支えられるようにゴムを厚くする。又、手の先からつばの部分までの全ての材質を同じ材質にすれば一回の工程で型抜きすることができる。水受けは左右の手袋に付ける。スポンジは水受けの形に作り、切り目を入れ、腕の上から水受けに入れるようにする。又、切り目をいれずに、スポンジを手袋の指先から通し水受けに入れても良い。
【0006】[発明の効果]本発明のゴム手袋は手から腕に伝わった水や汚水、油等を水受けのスポンジで受け止めるので、衣類や腕の部分等が濡れない。又、スポンジに吸収するので、床や地面に水や汚水、油等が垂れない。手袋は使う用途が多く、炊事、洗濯、掃除、車の洗車、車の整備、化学工業、液体燃料の取扱い等に幅広く使用出来る。材料はゴム系やビニール樹脂、布等で防水、耐熱、耐油、防寒等。サイズは大小様々、薄手から厚手まで。色も自由で、裏毛や絵柄入れても良い。
【出願人】 【識別番号】500337923
【氏名又は名称】有限会社峰永
【出願日】 平成12年6月23日(2000.6.23)
【代理人】
【公開番号】 特開2002−13015(P2002−13015A)
【公開日】 平成14年1月18日(2002.1.18)
【出願番号】 特願2000−229951(P2000−229951)