Warning: copy(htaccessbak): failed to open stream: No such file or directory in /home/jtokkyo/public_html/header.php on line 10
爪を取付けた手袋 - 特開2002−13013 | j-tokkyo
トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 爪を取付けた手袋
【発明者】 【氏名】土井 進

【要約】 【課題】草取りの際、熊手などの器具の使用回数を少なくすることを提供する。

【解決手段】手袋(1)の手の平がわの指の上方部に、爪を取付けたことを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 手袋(1)の手の平がわの指の上方部に、硬質素材で形成し、任意形状の爪(2)を取付けたことを特徴とする、爪を取付けた手袋。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、草取り等で草を取除く場合に、熊手等の草取器具を使用する回数を少なくするようにした、爪を取付けた手袋に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来より熊手等の器具を使用し、草取りの作業をしていた。又手袋をして手を保護していた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】これは次のような欠点があった。
イ、器具を使用すると狭い場所は草が取りずらかった。
ロ、手袋を着用して作業した場合は、地面から上の部分の草しか採れなかった。本発明は以上の欠点を解決するためになされたものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】手袋(1)の手の平がわのそれぞれの指の上方部に、硬質素材で形成し、任意の形状の爪(2)を取付ける。本発明は、以上の構成よりなる爪を取付けた手袋である。
【0005】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を説明する。
(イ) 手袋(1)の手の平がわのそれぞれの指の上方部に、合成樹脂、金属等で形成し、任意の形状の爪(2)を固着させる。
(ロ) 爪(2)の形状は熊、猫等の爪の形状とか、運動靴のスパイクの形状でもよく多数考えられる。
本発明は、以上の構成よりなっている。本発明を使用するときは、手袋(1)に手を挿入し雑草等をかきだす、又狭い場所は5本の指を全部使用せず必要な指だけを使用する。
【0006】
【発明の効果】本発明を使用することによって、手袋だけで作業するより根のほうまで取ることができる、又熊手などの器具を使用することが少なくなる。それから、雑草取りだけでなく、潮干狩、山菜採りなど他の利用も可能である。
【出願人】 【識別番号】593096941
【氏名又は名称】土井 進
【出願日】 平成12年6月28日(2000.6.28)
【代理人】
【公開番号】 特開2002−13013(P2002−13013A)
【公開日】 平成14年1月18日(2002.1.18)
【出願番号】 特願2000−235014(P2000−235014)