トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 ゴム手袋
【発明者】 【氏名】朴 永一

【要約】 【課題】

【解決手段】ゴム手袋の外側の面、開口部のより近い位置に、突起物を設ける。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 ゴム手袋の外側の面、開口部のより近い位置に、指を掛けたり、摘んでだりして引っ張ることのできる、突起物を装置したゴム手袋。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、装着が容易なゴム手袋に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、ゴム手袋使用中、作業のしやすいフィット感あるゴム手袋を使用していて、作業を中断してゴム手袋を脱ぎ、再度そのゴム手袋を装着して作業を行うと、装着するためにゴム手袋の開口部近く、もしくは開口部を摘んだり引っ張ったりしないと装着できないので、開始時より行った作業時の指先の汚れや水分が、再装着の際、細心の注意を払ってもゴム手袋の内側や開口部辺りに付着した。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】したがって、使用者は再作業の間中、その汚れや水分を我慢しなければならなかった。本発明は、こうした使用者の不愉快を解消するべく発明されたものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】その構成を図1に従って説明する。
(イ) ゴム手袋1の開口部により近い位置に、人差し指一本を引っかけて引っ張る、もしくは、親指と人差し指等指2〜3本で摘んで引っ張ることのできる、半リング状の引っかけである突起物2を装置する。
【0005】
【発明の実施の形態】なお、本発明の実施に当たっては、(a) 薄く柔らかいゴム手袋の場合は、突起物を2箇所以上装置すればより発明の効果が得られる。
(b) 突起物の形状を変えても、滑り止めを設ければ同様の効果を得ることが可能である。
【0006】
【発明の効果】このようにすれば、作業のしやすいフィット感あるゴム手袋を使用していても、作業を中断してゴム手袋を脱ぎ、再度そのゴム手袋を装着して作業を行っても、作業開始時より行った作業時の指先の汚れや水分は、再装着の際、ゴム手袋の内側や開口部辺りに付着しないので、使用者の再作業時の汚れや水分による不愉快は解消される。
【出願人】 【識別番号】398063892
【氏名又は名称】朴 永一
【出願日】 平成12年6月23日(2000.6.23)
【代理人】
【公開番号】 特開2002−13012(P2002−13012A)
【公開日】 平成14年1月18日(2002.1.18)
【出願番号】 特願2000−188693(P2000−188693)