トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 介護用ポンチョ
【発明者】 【氏名】宮岡 芳子

【要約】 【課題】肩部分の保温を有し、汚損しにくくかつ汚損時の着替えが容易である介護用ポンチョを得る。

【解決手段】胸被い部分と肩被い部分とよりなる前部被い布と、背被い部分と肩被い部分とよりなる後部被い布とを、前部被い布と後部被い布のそれぞれの肩被い部分において取り外し自在に連結し、該両背被い部分に襟繰り凹部を設けてなる介護用ポンチョにおいて、前部被い布の胸被い部分の上部から肩被い部分にかけて及び後部被い布の背被い部分の上部から肩被い部分にかけて各部の表面に叢生したパイルの長さを、肩被い部に至るに従って漸次長くした。また、胸被い部分の基布裏面に撥水層を設けた。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 胸被い部分と肩被い部分とよりなる前部被い布と、背被い部分と肩被い部分とよりなる後部被い布とを、前部被い布と後部被い布のそれぞれの肩被い部分において取り外し自在に連結し、該両背被い部分に襟繰り凹部を設けてなる介護用ポンチョにおいて、前部被い布の胸被い部分の上部から肩被い部分にかけて及び後部被い布の背被い部分の上部から肩被い部分にかけて各部の表面に叢生したパイルの長さを、肩被い部に至るに従って漸次長くしたことを特徴とする介護用ポンチョ。
【請求項2】 胸被い部分の基布裏面に撥水層を設けてなる請求項1記載の介護用ポンチョ。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、特に病人或いは老人等に対して、使用するポンチョに関する。
【0002】
【従来の技術】ベッドで上半身を起こして食事或いは身の回りの事が出来る患者或いは介護老人などにあっては、身体の冷えを防ぐために上半身を被うコート状のものを身に纏っているが、前合せのものであると例えば食べ物を落としたときなどに着衣の汚れが生ずることになるためにエプロン様のものを更に胸に掛けることになり、上半身の動きを制限することになり着心地が良くなかった。
【0003】また、上半身を横にし仰臥しているときなどは、ややもすると肩の周囲から寒気が入り込むことにもなり肩の部分を被うショール状の保温防寒材を使用することもあった。
【0004】上記のような防寒用の各種の衣料を使用するとき、タートルネック状の衣料であれば肩の部分の冷気の侵入を防止することは容易であるが、例えば鼻孔に各種チューブを挿入しているような患者或いは老人などであっては、着替えをするのも極めて困難となる。
【0005】更に、着衣を汚損するのは大体が食事時のように身体の前部分が多いが、着衣の衣替えは上半全体部分となり、その際は起き上がり、或いは、起き上がらずとも寝たままの着替えには非常な苦労があった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記の点に鑑みて、肩部分の保温をし、汚損しにくくかつ汚損時の着替えが容易である介護用ポンチョを得ることを目的としている。
【0007】
【課題を解決するための手段】胸被い部分と肩被い部分とよりなる前部被い布と、背被い部分と肩被い部分とよりなる後部被い布とを、前部被い布と後部被い布のそれぞれの肩被い部分において取り外し自在に連結し、該両背被い部分に襟繰り凹部を設けてなる介護用ポンチョにおいて、前部被い布の胸被い部分の上部から肩被い部分にかけて及び後部被い布の背被い部分の上部から肩被い部分にかけて各部の表面に叢生したパイルの長さを、肩被い部に至るに従って漸次長くした。また、胸被い部分の基布裏面に撥水層を設けた。
【0008】
【発明の実施の形態】本発明介護用ポンチョの実施例を図面と共に次に説明する。
【0009】本発明介護用ポンチョ1は、地組織2の一面にパイル3を叢生したタオル地4よりなる前部被い布5と後部被い布6とをスナップ等の係止部材7により着脱自在に一体としてなるものである。前部被い布5は、着用時肩から腹部上部までを被うように、肩被い部分8と胸被い部分9とが連続しており、その平面形状は、図1に示す如く、肩被い部分8を肩を被うことが出来る程度まで幅広にし、胸被い部分9に至るに従って、その幅を狭くし、肩被い部分8の中央には、着用者の首部分を囲うようにU字形の襟刳10を設けている。襟刳10の両側の肩被い部分8の端縁は着用者の肩部の若干後方まで位置するようにして肩を充分に被うようにし、前部被い布5の下端は腹部に達する程度としている。
【0010】後部被い布6は、着用時肩から背中央までを被うように肩被い部分11と背被い部分12とが連続しており、その平面形状は図1に示す如くほぼ前部被い布5と同様で、肩被い部分11を肩を被うことが出来る程度まで幅広にし、背被い部分12に至るに従って、その幅を狭くし、肩被い部分11の中央には着用者の首部分を囲うようにU字形の襟刳13を設けている。
【0011】襟刳13の両側の肩被い部分11の端縁は着用者の肩部の前方まで位置するようにして前部被い布5の肩被い部分8と、後部被い布6の肩被い部分11とが重なるようにし、前記肩被い部分8と同11との間にスナップ等の係止部材7を設けている。係止部材7により前部被い布5と後部被い布6とを一体にしたときに両布5,6の襟刳10,13は楕円乃至は円形の縁取りを構成する。
【0012】前部被い布5の胸被い部分9と後部被い布6の背被い部分12の両側縁には、図1の例では紐等の固定部材14を設け両被い布5,6を綴じ付けている。固定部材14にスナップを用いるときは、胸被い部分9と背被い部分12との両側縁が重なるように上記両部分9,12の幅を広くする。
【0013】前部被い布5,後部被い布6を構成する生地には背部の下部と腹部を除き地組織2の一面にパイル3を形成している。パイル3は図1,図2に示すように前部被い布5にあっては、肩被い部分8を最も長いパイル3Lとし、胸被い部分9を短いパイル3Sとしその間を中間の長さのパイル3Mとし、胸被い部分9の端部即ち腹部を被う部分は平織組織等の非パイル組織15とし、後部被い布6にあっては肩被い部分11を最も長くし、背被い部分12を短くしその間を中間の長さとし背被い部分12の端部は平織組織等の非パイル組織15としている。即ち、長いパイル3Lと中程度のパイル3M,短パイル3Sの間で段差が生じないような滑らかに連続させており、短パイル3Sと非パイル区間の間でも同様にしている。
【0014】パイル長を変化させる手段としては、図示しないタオル織機での織成時に地経糸Gとは別のパイルビームから引出されるパイル経糸Pに付与する張力を変化させることにより行うことができる。
【0015】図3は、3本緯片面タオル地の場合を示すもので、3回毎の筬打動作において始めの2回は織前から適宜の間隔Lを有して筬打ちを行い、3回目に前1,2回で緯入れした緯糸と共に強く筬打ちするテリーモーションによって、パイル経糸Pを弛ませ、パイルループを形成する。この際、パイル経糸Pに付与する張力を弱くすれば、より長くパイル経糸Pが引き出され長いパイルループが形成され、逆に、張力を強めればパイル経糸Pが引き出され難くなるので短いパイルループが形成される。従って、上記の張力を張力可変型のテンション装置で漸次、段階的に変化させることにより、パイル長を変化させることができる。また、上記テリーモーションにおける始め2回の筬打ちの位置(間隔L)を変化させることによってもパイル長を変化させることができる。
【0016】尚、タオル地は3本緯片面タオル地以外の4本緯タオル地や両面タオル地等であっても良い。前記非パイル組織15の部分はパイル組織とすることもできる。また地組織2の裏面、特に前部被い布5の胸被い部分9の裏面等に撥水層を設けることにより、着用中水分をこぼす等の事態が生じたとき水が浸透しないようにしている。
【0017】本発明ポンチョ1を着用するときは、図4に示すように左右いずれか一方の肩被い部分8,11の係止部材7を外して襟刳13に首を通し、前記外した係止部材7を止めて、前部被い布5によって肩から胸,腹部を、後部被い布6によって、肩から背部をそれぞれ被い、前部被い布5と後部被い布6とが妄動しないよう紐等の固定部材14で脇部を止める。これにより上半身はポンチョ1で覆われることになり、かつ、特に保温に必要な肩部分は長パイル3Lが叢生した肩被い部分8,11でカバーされるためにその効果は大である。
【0018】図5に示す如く仰臥した状態で使用した場合、例えば食事などをこぼすといった事故があったとき液体は、胸被い部分9の下面に設けた撥水加工層により阻止されポンチョ1の下には透過せず、着衣を汚すことはなく、その取りかえに際しても仰臥の状態で後部被い布6が着用者の体によって押さえられていても、肩部の係止部材7を外すことによって汚れている胸被い部材のみを外すことが出来るので、着用者の身体を動かしたりせずとも着用者の負担なく新しい汚れのないポンチョと取り替えることが出来る。
【0019】前部被い布5の長パイル3L部分は、パイル長が長い分だけ他部に比較して、当該部位における繊維密度が大となっているために、上記事態が生じたときも長いパイルは水分の吸収力が多く、かつ、撥水層の存在と相まつて汚れが生地内部にまで進入することが少ない。
【0020】
【発明の効果】本発明ポンチョは胸被い部分と肩被い部分とよりなる前部被い布と、背被い部分と肩被い部分とよりなる後部被い布とを背被い部分と肩被い部分の両背被い部分において取り外し自在に連結し、該背被い部分に襟繰り凹部を設けてなる介護用ポンチョにおいて、前部被い布の胸被い部分の上部から肩被い部分にかけて及び後部被い布の背被い部分の上部から肩被い部分にかけて各部の表面に叢生したパイルの長さを肩被い部に至るに従って漸次長くしたために、長パイルが肩部分及び最も汚損し易い胸部分を覆っているために肩部分の保温性を増し、かつ、例えば食事時などに胸部分を汚損したときなど長パイルの叢生により汚物が生地内部にまで浸透することが少なく汚れにくく、汚れたとしても容易に取り除くことが出来る。
【0021】また仰臥した着用者が、胸被い部分を汚損したときなど仰臥したままポンチョ全体を着替えさせるとなると、その作業が大変であるが、本発明ポンチョにあっては肩部の係止部材7を外すだけで仰臥して胸部を覆っている前部被い布5だけを取り変えることが出来ることになり、その作業は極めて簡便に出来ることになり着用者の負担を軽減することが出来る。
【出願人】 【識別番号】594074344
【氏名又は名称】株式会社太陽繊維
【出願日】 平成12年6月30日(2000.6.30)
【代理人】 【識別番号】100068124
【弁理士】
【氏名又は名称】大野 克躬 (外1名)
【公開番号】 特開2002−13011(P2002−13011A)
【公開日】 平成14年1月18日(2002.1.18)
【出願番号】 特願2000−197755(P2000−197755)