トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 車輌用着衣
【発明者】 【氏名】増田 光則

【要約】 【課題】

【解決手段】
【特許請求の範囲】
【請求項1】後身頃に重ね身頃が設けられている車輌用着衣と、その着衣の後身頃と重ね身頃の間に装着可能であって、車輌のシートベルトを挟むことができるクリップを設けたプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣【請求項2】後身頃に重ね身頃が設けられている車輌用着衣と、その着衣の後身頃と重ね身頃の間に装着可能であって、車輌のシートベルトが係着可能な切欠きを設けたプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣【請求項3】後身頃に重ね身頃が設けられている車輌用着衣と、その着衣の後身頃と重ね身頃の間に装着可能であって、車輌のシートベルトが挿通可能なスリットを設けたプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣【請求項4】後身頃に重ね身頃が設けられている車輌用着衣と、その着衣の後身頃と重ね身頃の間に装着可能であって、且つ車輌のシートベルトをそれぞれの間に挟むことができる少なくとも2枚のプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣【請求項5】前記プレートのそれぞれが連結部材によって連結されていることを特徴とする請求項4の車輌用着衣【請求項6】前記プレートのそれぞれが係着部材により着脱自在に固定できることを特徴とする請求項4の車輌用着衣【請求項7】前記プレートが前記車輌用着衣の後身頃または重ね身頃と着脱自在に固定できることを特徴とする請求項1または請求項2または請求項3または請求項4の車輌用着衣【請求項8】前記プレートの上下方向の長さが調節可能であることを特徴とする請求項1または請求項2または請求項3または請求項4の車輌用着衣【請求項9】前記プレートが上下方向にはややきつく且つ左右方向には脱出可能に装着されることを特徴とする請求項1または請求項2または請求項3または請求項4の車輌用着衣【請求項10】前記プレートが可とう性を有することを特徴とする請求項1または請求項2または請求項3または請求項4の車輌用着衣【請求項11】後身頃の両脇に縦方向のスリットが形成されている車輌用着衣と、そのスリットから挿入して後身頃の下に装着可能であって、車輌のシートベルトを挟むことができるクリップを設けたプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣【請求項12】後身頃の両脇に縦方向のスリットが形成されている車輌用着衣と、そのスリットから挿入して後身頃の下に装着可能であって、車輌のシートベルトが係着可能な切欠きを設けたプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣【請求項13】後身頃の両脇に縦方向のスリットが形成されている車輌用着衣と、そのスリットから挿入して後身頃の下に装着可能であって、車輌のシートベルトを挿通可能なスリットを設けたプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣【請求項14】後身頃の両脇に縦方向のスリットが形成されている車輌用着衣と、そのスリットから挿入して後身頃の下に装着可能であって、且つ車輌のシートベルトをそれぞれの間に挟むことができる少なくとも2枚のプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、車輌に備えられているシートベルトと共に使用して、衝突事故の衝撃から身体を保護するための車輌用着衣に関するものである。
【0002】
【従来技術と問題点】現在、車輌に6歳以下の子供を乗車させる際は、車輌用着衣やチャイルドシート等の安全装置の着用が義務付けられている。中でもシート型の装置は高価であるため、安全性にも優れ且つ安価に購入することができる着衣型の車輌用着衣の使用が広く採用されており、その車輌用着衣も、着衣の後身頃に重ね身頃を設けて、後身頃と重ね身頃の間に車輌に備えるシートベルトを挿通させて着衣と共に着用者をホールドするタイプの車輌用着衣が多く用いられている。
【0003】従来、このタイプの車輌用着衣は活発に動き廻る幼児期の子供が着用するものであることから、着用した子供に束縛感を与えないようにと、後身頃と重ね身頃の間に挿通したシートベルトがその間を左右へ自由に動くことができるようになっていて、これにより、子供はシートの上を自由に動き廻ることができ、一見束縛感がなく子供に優しい車輌用着衣と思われていた。しかしながら、子供の動きに対する自由度を確保する反面、事故発生時に子供の身体が横向きの状態になっている可能性もあり、その身体の向きによっては着用する子供に交通事故の二次的危険が及ぶものであった。
【0004】もっとも、着衣の後身頃と重ね身頃の間の後身頃には、シートベルトと着衣が正しくセットされているかどうかを確認できるように、シートベルトを所定の力で挟むクリップが設けられていて、自由に動き廻れることによるシートベルトの位置ズレを容易に発見できるようになっている。しかし、衝突事故が発生して車輌内から子供を脱出させる際は、手を後身頃と重ね身頃の間に差し入れてシートベルトをクリップから外さなければならず、このため、一刻を争う救出に手間取る欠点があった。以上のように、着用者の運動自由度を適度に確保しつつ確実に着用者の身体を保持し、且つ脱出時に簡単に脱がせることができるこの種の着衣はまだ出現していないのである。
【0005】
【目的】本発明は上述した問題点に鑑みてなされたもので、着用者の自由度を適度に抑止することができ、また、シートベルトの束縛から着用者を容易に解放させることができる車輌用着衣を提供することを目的とするものである。
【0006】
【問題を解決するための手段】本発明の要旨とするところは、後身頃に重ね身頃が設けられている車輌用着衣と、その着衣の後身頃と重ね身頃の間に装着できると共に車輌のシートベルトと係着可能になっているプレートとから構成されている車輌用着衣であり、以下にその車輌用着衣の態様を述べる。
【0007】第1の態様は、後身頃に重ね身頃が設けられている車輌用着衣と、その着衣の後身頃と重ね身頃の間に装着可能であって、車輌のシートベルトを挟むことができるクリップを設けたプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣である。
【0008】第2の態様は、後身頃に重ね身頃が設けられている車輌用着衣と、その着衣の後身頃と重ね身頃の間に装着可能であって、車輌のシートベルトが係着可能な切欠きを設けたプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣である。
【0009】第3の態様は、後身頃に重ね身頃が設けられている車輌用着衣と、その着衣の後身頃と重ね身頃の間に装着可能であって、車輌のシートベルトが挿通可能なスリットを設けたプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣である。
【0010】第4の態様は、後身頃に重ね身頃が設けられている車輌用着衣と、その着衣の後身頃と重ね身頃の間に装着可能であって、且つ車輌のシートベルトをそれぞれの間に挟むことができる少なくとも2枚のプレートとからなることを特徴とする車輌用着衣である。
【0011】本発明の車輌用着衣をさらに詳しく説明すると、その着衣は、具体的には前身頃と後身頃を有すると共に後身頃に重ね身頃が設けられているもので、前開きするチョッキまたは前開きしないベストの形態である。少なくとも後身頃に重ね身頃が設けられ、その間にシートベルトの通過余地を与えてある車輌用着衣であればどのようなものでもよく、また、身体に取り付けるために股を締付けるベルトが設けられているものや袖身頃の付いたブルゾンタイプのものやさらに脚部が付設されたつなぎ服等も含む。
【0012】重ね身頃とは、前身頃または後身頃またはその双方の肩部または背中上方部と後身頃の腰部で固定された後身頃に重ねられた布地である。従って、重ね身頃の肩部または背中上方部と腰部以外の中間部は後身頃との間が固定されていないため隙間がある。前記背中上方部とは、胸部のほぼ反対側の部分である。尚、後身頃と重ね身頃は通常は一枚の布(ネット上のものを含む)であるが、周辺部がベルト状に形成され、中央部がスペースとなっている状態のものも含む。その隙間にプレートが装着される。本発明のプレートは、硬い自然の板材のほか、可とう性を有する合成樹脂素材で構成してもよくが、繊維性素材で構成することも可能である。さらにはそれらを組み合わせて構成したものでも良い。いずれも、車輌用着衣の着用者がシートの背もたれに寄り掛かったとき、身体の背部に適度にフィットするものがよい。
【0013】プレートは固定することなく後身頃と重ね身頃の間に挿入して収容するだけでもよいが、プレートと後身頃または重ね身頃にホックやベロクロファスナー等の係着具を設けて着脱自在に固定してもよい。また、プレートは上下方向の長さを調節できるようにして、後身頃と重ね身頃の間の上下方向にややきつく装着できるようにすることが望ましい。しかし、少なくとも左右方向には脱出できるような寸法また形状としなければならない。そして、プレートの形状は重ね身頃と同じ形状に限定されるものではない。
【0014】そして、第1の態様のプレートは、車輌のシートベルトを挟むことができるクリップがプレートの重ね身頃側に設けられており、このクリップはシートベルトを挟んでその自由な左右への動きを抑止するものであり、シートベルトの左右への動きを適当に抑止できるものであるならばどのようなものでもよい。クリップの素材や挟持片の弾性力(有無また強弱)は特に限定するものではなく好適なものとすればよい。また、クリップはプレートの形状や寸法またシートベルトの幅等に合わせて決めればよい。
【0015】そのクリップの配設位置は、シートベルトを重ね身頃の下に装着したときそれが通過する通路上の任意の位置である。例えば、シートベルトの通過方向のプレート両端付近に設けてもよい。クリップのシートベルトを挟入する開口や切欠き等の位置も、クリップの種類や取り付ける方向によって上方または下方または中央にしてもよく特に限定するものではないが、挟んでいるシートベルトが簡単に外れてはならない。また、クリップのプレートへの取り付けも、適宜好適な部材また方法によって取り付ければよい。
【0016】第2の態様のプレートは、車輌のシートベルトを係着可能な切欠きが設けられており、この切欠きはシートベルトを係着してその自由な左右への動きを抑止するものであり、シートベルトの左右への動きを適当に抑止できるものであるならばどのような形状のものでもよく、プレートの形状や寸法またシートベルトの幅や厚さ等の寸法等に合わせて決めればよいが、係着しているシートベルトが簡単に外れてはならない。その切欠きの位置は、シートベルトを重ね身頃の下に装着したときそれが通過する通路上の任意の位置である。例えば、シートベルトの通過方向のプレート両端付近に設けてもよい。
【0017】第3の態様のプレートは、車輌のシートベルトを挿通可能なスリットがプレートに適数設けられており、このスリットはシートベルトを挿通してその自由な左右への動きを抑止するものであり、シートベルトの左右への動きを適当に抑止できるものであるならばどのような形状のものでもよく、プレートの形状や寸法またシートベルトの幅や厚さ等の寸法に合わせて決めればよい。そのスリットの位置は、シートベルトを重ね身頃の下に装着したときそれが通過する通路上の任意の位置である。例えば、シートベルトの通過方向に、プレート装着状態で少なくとも2つの縦長のものを設けてもよい。
【0018】第4の態様のプレートは、少なくとも2枚の重ね合わせることができるプレートから構成されており、それぞれのプレートの間にシートベルトを挟んでシートベルトの自由な左右への動きを抑止するものである。シートベルトを挟むことができ且つ左右への動きを抑止できれば、その2枚が同じ形状また重合状態を特に限定するものではない。重ね合わせ可能であれば3枚以上でもよい。プレートは、適当な連結部材によってそれぞれを連結し、その連結部で折りたためるようにしてもよい。具体的な連結部材としては、蝶番やベルトや折曲可能な軟質樹脂等がある。また、一方に係着部材のメス側を適当な部位に装着し、他方にそのオス側を適当な部位に装着して、重ね合わせたときにその係着部材によって固定できるようにしてもよい。具体的なものとしては、ベロクロファスナーやホック等である。
【0019】連結部材や係着部材のプレートへの取り付け方法等も特に限定するものではなく好適な方法で取り付ければよい。さらには、プレートの合わせ面に滑り止めとなるような突条やディンプル等の凸凹を形成したり、シート状等の別部材の滑り止め具を取り付けてもよい。そして、本形態ではプレートの構成は少なくとも2枚からなるが、1枚のプレートのほぼ中央が所定の幅で他の部分より薄く成型されて、その部分で折曲可能になっているプレートも、その薄く成型された部分を一体成型の連結部材と解釈する。従って、この種のプレートも連結部材によりそれぞれが連結されて、その連結部で折りたためる2枚のプレートに含まれる。
【0020】本発明の他の態様としては、重ね身頃を設けず、後身頃の両脇に縦方向のスリットを設け、車輌のシートベルトの自由な左右への動きを抑止することができる上述の第1から第4の各態様のプレートを、そのスリットから挿入して後身頃の下に装着するものでもよい。スリット開口の長さは、プレートの形状や寸法等に合わせて決めればよい。また、スリット内の形状もプレートと同じ形状に限定されるものではない。
【0021】
【作用】本発明の車輌用着衣は以上のように構成されているので、子供の車輌乗車に際しては、先ず着衣を子供に着用させ、後身頃と重ね身頃の間に収容固定されているプレートを取り出す。次にプレートにシートベルトを係着しセットすると共に、車輌用着衣を着用した子供を車輌のシートに座らせて、その後身頃と重ね身頃の間にシートベルトとこれを係着したプレートを差し入れ、プレートを後身頃に固定すると共に、シートベルトをさらに引き出し、シートベルトのスライド可能に保持された係止具をシートまたは車輌本体に固定されたメス金具に止着する。
【0022】これにより、子供の身体は着衣に支持されると共に、シートベルトにより車輌のシートにセットされる。また、重ね身頃を有さず、後身頃の両脇にスリットを設けたものは、そのスリットからプレートを挿入してセットする。そのセットにより、シートベルトは左右方向の動きが重くなり、また、子供はプレートとシートベルトによって上下および左右方向の動きが適度に抑止されて、子供の身体が自然と前方を向くようになる。そして、車輌に事故等による衝撃があったときはシートベルトがロックされ、シートベルトが着衣を保持し、着衣が子供の身体を保持して、子供の身体の前方飛び出しが阻止される。
【0023】また、事故の程度によっては一刻も早く車輌内から救出しなければならない場合もあり、そのようなときは、シートベルトの係止金具をメス金具から外し、プレートと後身頃の固定を外すことにより(固定されていない場合はそのまま)プレートとシートベルトとを一体的に着衣の後身頃と重ね身頃の間から取り出すことができる。すなわち、車輌用着衣の着用者の身体をシートベルトの束縛から迅速に解放させることができる。
【0024】
【実施例】本発明の車輌用着衣を以下図面に従って説明すると、図1は、本発明に係わる車輌用着衣の後面図であり、1は車輌用着衣で、2はその後身頃、3は後身頃2に重ねられている重ね身頃である。21は腕開口、22は首開口である。4は肩部、5は腰部であり、肩部4には重ね身頃3の上端部が後身頃2に固定されて、また、腰部5には重ね身頃3の下端部が後身頃2に固定されている。従って、肩部4と腰部5以外の後身頃2と重ね身頃3の中間部は固定されていないため隙間があり、この隙間にシートベルト9を係着可能なプレート6が収容される。本図のプレート6はクリップ7を設けているものであり、これ以後、図5までの説明においてはクリップ7を設けているプレート6で説明する。
【0025】図2は、車輌用着衣の一部断面側面図であり、車輌用着衣1の後身頃2と重ね身頃3の隙間すなわちその空間にプレート6が収容される。プレート6は、それに設けられているホック(オス)8と後身頃2に設けられているホック(メス)81により後身頃2に固定される。そして、シートベルト9はクリップ7の挟持片に案内されて後身頃2と重ね身頃3の間を通過する。
【0026】図3は、クリップを設けているプレートの正面図であり、6は車輌用着衣1の後身頃2と重ね身頃3の隙間に収容されるプレートで、61が本体プレート、62が上部プレートである。その上部プレート62は折曲部63から折り曲げることができ、後身頃2と重ね身頃3の間の上下方向の隙間に準じてプレート6の上下方向の長さが調節できる。長さの調節方法もこの方法に限定するものではなくスライド等による調節でもよい。7はシートベルト9を挟むクリップで、71は挟持片、72はシートベルト9を挟入するための切欠きである。73はクリップ7をプレート6に取り付けている固定具、8はホック(オス)で、後身頃2に設けられているホック(メス)81と係着することによりプレート6が後身頃2に固定される。図4は、クリップを設けているプレートの側面図である。
【0027】図5は、使用状態を示す車輌用着衣の後面図であり、子供11の身体は車輌用着衣1に支持されると共に、シートベルト9によって車輌のシート12にセットされる。そして、シートベルト9はクリップ7の挟持片71に案内されて後身頃2と重ね身頃3の間を通過する。91は係止金具、10は股ベルトである。そのセットにより、シートベルト9は左右方向の動きが重くなり、また、子供11はプレート6とシートベルト9によって上下および左右方向の動きが適度に抑止されて、子供11の身体が自然と前方を向くようになる。
【0028】図6は、切欠きを設けているプレートの正面図であり、6は車輌用着衣1の後身頃2と重ね身頃3の隙間に収容されるプレート、64は切欠きで、シートベルト9が係着されて、その自由な左右への動きが重くなる。また、シートベルト9を、図のようにプレート6の前面側に通過させるか、あるいは後面側に通過させるかは特に限定するものではない。本図では示していないが、車輌用着衣1の後身頃2と重ね身頃3の間の上下方向の隙間に準じてプレート6の上下方向の長さを調節することができる調節手段を設けてもよい。
【0029】図7は、スリットを設けているプレートの正面図であり、6は車輌用着衣1の後身頃2と重ね身頃3の隙間に収容されるプレート、65はスリットで、シートベルト9が挿通されて、その自由な左右への動きが重くなる。また、シートベルト9を、図のようにプレート6の前面側に通過させるか、あるいは後面側に通過させるかは特に限定するものではない。本図では示していないが、車輌用着衣1の後身頃2と重ね身頃3の間の上下方向の隙間に準じてプレート6の上下方向の長さを調節することができる調節手段を設けてもよい。
【0030】図8は、2枚からなるプレートの正面図であり、66a/66bはプレートで、それらは連結具67によって繋がれており、プレート66bを矢印のように折りたたむことによってプレート66aに重ね合わせることができる。このプレート66aとプレート66bの間にシートベルト9が通過されて、プレート66aとプレート66bで挟まれ、このプレートが車輌用着衣1の後身頃2と重ね身頃3の隙間に収容される。シートベルト9はプレート66aとプレート66bで挟まれることによりその自由な左右への動きが重くなる。図9は、図8のプレートでシートベルトを挟んだ状態を示す側面図である。
【0031】図10は、他の形態の2枚からなるプレートの正面図であり、66a/66bはプレートで、それぞれは独立する1枚のプレートである。このプレート66a/66bには一対のベロクロファスナー68/69が設けられており、プレート66aのベロクロファスナー(オス)68が設けられている面にシートベルト9を置き、その面にプレート66bのベロクロファスナー69(メス)をベロクロファスナー(オス)68に合わせて重ねることにより、プレート66aとプレート66bは一対のベロクロファスナー68/69によってシートベルト9を挟んだ状態で固定され、このプレートが車輌用着衣1の後身頃2と重ね身頃3の隙間に収容される。シートベルト9はプレート66aとプレート66bで挟まれることによりその自由な左右への動きが重くなる。また、プレート66a/66bは、図8のように連結具67によって繋いでもよい。
【0032】図11は、他の形態の車両用着衣の後面図であり、車輌用着衣13の後身頃2の両脇に縦方向のスリット14を設けている。このスリット14からシートベルト9を係着可能な上記実施例に係わるプレート6を挿入する。そのプレート6は後身頃2の下に装着される。
【0033】
【効果】本発明の車輌用着衣は以上のように構成されているので、プレートによって着用者の自由度は適度に抑止され、従って、着用者が身体を動かせる範囲は二次的危険が及ばない安全範囲内とすることができる。また、着用者の身体は自然と前方を向くようになり、衝突時の不測の動きを阻止できる。また、緊急に脱出しなければならないときは、シートベルトとプレートを一体的に外すことができ、車輌用着衣の着用者の身体をシートベルトの束縛から短時間で解放させることができる。そして、子供を乗車させることが多い場合は、予めプレートをシートベルトに取り付けておくことにより、車輌用着衣とシートベルトとの係着作業を容易に行うことができる。
【出願人】 【識別番号】596067733
【氏名又は名称】増田 光則
【識別番号】399014864
【氏名又は名称】全国防災事業協業組合
【出願日】 平成13年4月23日(2001.4.23)
【代理人】 【識別番号】100071238
【弁理士】
【氏名又は名称】加藤 恒久
【公開番号】 特開2002−13008(P2002−13008A)
【公開日】 平成14年1月18日(2002.1.18)
【出願番号】 特願2001−124229(P2001−124229)