トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 介護者用上着
【発明者】 【氏名】森川 綱善

【要約】 【課題】要介護者が自らの手で介護者の上半身を把持することを助ける、介護者が着用する上着(介護者用上着)を提供する。

【解決手段】要介護者を介護する介護者が着用する上着であって、該介護者が該要介護者を抱える際、該要介護者が手によって把持可能な位置に把持部分が形成されたものである、介護者用上着。
【特許請求の範囲】
【請求項1】要介護者を介護する介護者が着用する上着であって、該介護者が該要介護者を抱える際、該要介護者が手によって把持可能な位置に把持部分が形成されたものである、介護者用上着。
【請求項2】前記把持部分が、前記上着の背面外側に形成されたものである、請求項1に記載の介護者用上着。
【請求項3】前記把持部分が、上端部から下端部までの1/8未満の背面外側に少なくともその一部が存するように形成された上部把持部を有するものである、請求項2に記載の介護者用上着。
【請求項4】前記把持部分が、上端部から下端部までの1/8以上1/2未満の背面外側に少なくともその一部が存するように形成された中央把持部を有するものである、請求項2に記載の介護者用上着。
【請求項5】前記把持部分が、上端部から下端部までの1/2以上の背面外側に少なくともその一部が存するように形成された下部把持部を有するものである、請求項2に記載の介護者用上着。
【請求項6】前記把持部分が、両端が固定された紐体又は帯体によって形成されるものである、請求項1乃至5のいずれかに記載の介護者用上着。
【請求項7】前記把持部分が左右略対称に一対形成されるものである、請求項1乃至6のいずれかに記載の介護者用上着。
【請求項8】前記上着が前記介護者に着用された際、少なくとも横方向の動きを規制するように前記介護者の体に前記上着を固定する固定手段を、さらに有するものである、請求項1乃至7のいずれかに記載の介護者用上着。
【請求項9】前記固定手段が、前記上着が前記介護者に着用された際、前記介護者の腰部に巻着されると共に、前記上着に取り付けられた腰巻着ベルトである、請求項8に記載の介護者用上着。
【請求項10】前記上着が前記介護者に着用された際、前記介護者の腕を取り囲むと共に、前記把持部分が取り付けられた腕周回ベルトを、更に有するものである、請求項1乃至9のいすれかに記載の介護者用上着。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、介護者用上着に関し、より詳細には、要介護者を介護する介護者が着用する上着に関する。
【0002】
【従来の技術】要介護者(介護を必要とする者をいう。以下、同じ。)を介護する介護者(要介護者を介護する者をいう。以下、同じ。)は、該要介護者を抱き起こしたり、該要介護者を起立させることが必要となることが多い。例えば、横臥状態の要介護者が食事をする際、該要介護者の上半身を起こすために該要介護者を抱えて抱き起こしたり、要介護者が便所に行くために該要介護者を抱えて起立させることを行ってきた。要介護者を抱き起こし、又は要介護者を起立させる際、介護者が要介護者の上半身に手を回し要介護者を抱えると共に、要介護者も自らの手で介護者の上半身等を把持した状態で介護者が要介護者に力を加えてこれらの動作(要介護者を抱き起こし、又は要介護者を起立させる動作)を行ってきた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、要介護者が自らの手で介護者の上半身を把持することは、介護者からの力をうまく受けると共に要介護者も安心するという良い点があるものの、要介護者が手で介護者を把持しにくいという問題があった。これは握力等の低い要介護者ではさらに介護者を把持することが困難であり、把持できなかったり、たとえ把持していても途中で外れるという問題があった。
【0004】そこで、本発明では、要介護者が自らの手で介護者の上半身を把持することを助ける、介護者が着用する上着(介護者用上着)を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の介護者用上着(以下、「本上着」という。)は、要介護者を介護する介護者が着用する上着であって、該介護者が該要介護者を抱える際、該要介護者が手によって把持可能な位置に把持部分が形成されたものである、介護者用上着である。このような本上着を介護者が着用することで、要介護者の上半身を起こしたり起立させる等の際、該介護者が要介護者を抱えるとき、本上着には、該要介護者が手によって把持可能な位置に把持部分が形成されているので、該要介護者が容易かつ確実に把持部分を自らの手によって把持することができる。これにより本上着は、要介護者が自らの手で介護者の上半身を把持することを助けるものである。
【0006】前記把持部分は、本上着を着用した介護者が要介護者を抱える際、要介護者が手によって把持可能な位置であればいかなる位置に形成されてもよく、特に制限されるものではないが、本上着の背面外側に形成されてもよい。本上着の背面外側に把持部分を形成することで、介護者に抱えられた要介護者が自然な形で把持部分を把持することができる。加えて、本上着の背面外側に形成された把持部分を要介護者が把持することで、自然に要介護者の腕と介護者の上半身とが擦れあいそれによって生じる摩擦力によって介護者と要介護者との間の力伝達が助けられるので好ましい(要介護者が把持部分を把持する握力が小さくてもよい。)。なお、ここにいう「本上着の背面外側」とは、本上着を着用した介護者の背面部分に相当する本上着の部分の両面のうちの外面をいうものとする(該両面のうちの内面は、介護者の背面部分に当接する。)。
【0007】前記把持部分が、本上着の背面外側に形成される場合、前記把持部分が、上端部から下端部までの1/8未満の背面外側に少なくともその一部が存するように形成された上部把持部を有するものであってもよい。なお、ここにいう「上端部」とは、本上着の背面外側を略平面になるようにのばした状態における該背面外面の上端(直立した介護者に本上着が着用された際、該介護者の頭部方向における端)となる部分をいう。また、ここにいう「下端部」とは、本上着の背面外側を略平面になるようにのばした状態における該背面外面の下端(直立した介護者に本上着が着用された際、該介護者の足部方向における端)となる部分をいう。このような上部把持部を把持部分が有することで、介護者に着用された本上着が該介護者の肩近くに上部把持部を有するので、要介護者が介護者の肩口から手を回して上部把持部を把持することができる。
【0008】前記把持部分が、上端部から下端部までの1/8以上1/2未満の背面外側に少なくともその一部が存するように形成された中央把持部を有するものであってもよい。なお、ここにいう「上端部」と「下端部」とは、前述と同様である。このような中央把持部を把持部分が有することで、介護者に着用された本上着が該介護者の両脇の下を結ぶ直線近くに中央把持部を有するので、要介護者が介護者の脇の下から手を回して中央把持部を把持することができる。
【0009】前記把持部分が、上端部から下端部までの1/2以上の背面外側に少なくともその一部が存するように形成された下部把持部を有するものであってもよい。なお、ここにいう「上端部」と「下端部」とも、前述と同様である。このような下部把持部を把持部分が有することで、本上着を着用した介護者の上半身に対して要介護者の上半身が該介護者の下半身側にずれている場合、要介護者が介護者のウエスト近傍から手を回して下部把持部を把持することができる。これは、例えば、介護者が中腰状態であり要介護者が座った状態から、要介護者を起立させる場合等に特に有効である。
【0010】前記把持部分は、要介護者が手によって把持可能であると共に十分な強度を有するものであればいかなるものであってもよく、特に限定されるものではないが、例えば、両端が固定された紐体又は帯体によって形成されるものであってもよい。このような両端が固定された紐体又は帯体によって把持部分を形成することで、要介護者が確実かつ容易に把持することができる把持部分とすることができる。
【0011】前記把持部分が左右略対称に一対形成されるものであってもよい。要介護者の両手は介護者の左右両側に存することが多く、このため把持部分を左右略対称に一対形成すれば、要介護者がこれら左右略対称に一対形成された把持部分を両手で把持することができる。なお、ここにいう「左右略対称に一対形成される」とは、本上着を着用した介護者からみて、自らの体の中心(通常は、脊椎)に対して略対称になるように左側と右側とに一対形成されることをいう。
【0012】本上着が前記介護者に着用された際、少なくとも横方向の動きを規制するように前記介護者の体に本上着を固定する固定手段を、さらに有するものであってもよい。要介護者が、介護者に着用された本上着の把持部分を把持した状態で介護者が力を加えると、本上着が横方向にずれるような力が働くことがある(例えば、左右のいずれかにずれた一点を要介護者が把持したような場合)。このとき少なくとも横方向の動きを規制するように本上着を介護者の体に固定する固定手段を有していれば、本上着の横方向へのずれを防ぐことができる。なお、ここにいう「横方向」とは、本上着を着用した介護者が前方を向いて直立した状態において、該介護者の両肩を結ぶ線に沿った方向をいう。
【0013】かかる固定手段としては、少なくとも横方向への動きを規制するように本上着を介護者の体に固定するものであればいかなるものであってもよく、特に限定されるものではないが、例えば、本上着が介護者に着用された際、該介護者の腰部に巻着されると共に、本上着に取り付けられた腰巻着ベルトであってもよい。このような腰巻着ベルトを用いることで、介護者の腰に確実かつ十分な強度で本上着を介護者の体に固定することができ、本上着の少なくとも横方向への動きを効果的に規制することができる。加えて、腰巻着ベルトを、腰痛防止又は腰痛治療のために装着される腰痛ベルトとしての機能を有するものとすれば、本上着を着用することで介護者の腰痛防止又は腰痛治療に資することができる。とりわけ介護者は腰痛を感じるものが多いことから、介護者の腰痛防止又は腰痛治療を図ることは好ましい。
【0014】本上着が前記介護者に着用された際、前記介護者の腕を取り囲むと共に、前記把持部分が取り付けられた腕周回ベルトを、更に有するものであってもよい。介護者が要介護者を抱えるとき、要介護者が把持した把持部分に力が加わるが、把持部分が取り付けられた腕周回ベルトに該力が直接伝達され、該力は介護者の腕を取り囲む腕周回ベルトから該腕へ伝えられる。このため要介護者によって加えられた力が該腕によって直接支えられるので、該力による本上着の傷みや、さらに該力による本上着の変形や変位を小さくすることができる。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面を参照して説明する。しかしながら、これらによって本発明は何ら制限されるものではない。
【0016】図1は一実施形態の本上着たるベスト11の斜視図であり、図2は図1に示したベスト11の内側を示す正面図であり、図3は図1に示したベスト11の外側を示す背面図である。図1乃至図3を参照して、本上着たるベスト11について説明する。
【0017】ベスト11は、要介護者を介護する介護者が着用する上着であり、ベスト11の主として前身頃を構成する布部分13とベスト11の主として後ろ身頃を構成するメッシュ部分15とを有してなる本体部17と、ポケットを形成するためベスト11の前身頃(布部分13)下部の外面に縫いつけられたポケット形成布19a、19bと、ベスト11(本体部17)の内面下部に縫いつけられた固定手段たる腰巻着ベルト21と、ベスト11(本体部17)の内面上部に縫いつけられた腕周回ベルト23と、ベスト11(本体部17)の前面を閉じるため前面の両縁に沿って縫いつけられ互いに嵌合するファスナー25a、25bと、ベスト11(本体部17)の背面外側に形成された把持部分たる上部把持部31a、31bと、ベスト11(本体部17)の背面外側に形成された把持部分たる中間把持部33a、33bと、ベスト11(本体部17)の背面外側に形成された把持部分たる下部把持部35と、を備えている。
【0018】布部分13は、丈夫な布によって構成されている。メッシュ部分15は、網目構造を有しており、これによってベスト11の内部と外部との間の通気性を向上させ、夏季等の高気温下や高湿度下においても快適にベスト11を着用することができるようになっている。また、ポケット形成布19a、19bは、布部分13と同種類の布によって形成され、その周囲のうちポケットの開口となるべき一部を除いた残部を布部分13と縫い合わされることでポケットを形成している。
【0019】固定手段たる腰巻着ベルト21は、ここでは腰痛防止又は腰痛治療のために用いられる腰痛ベルトとしての機能を有するものを用いており、その一端と他端には互いに係合する面ファスナー41a、41bが取り付けられている。このため介護者(図示せず)が、腰巻着ベルト21を腰の周りに巻き付け、面ファスナー41a、41bを互いに係合させることで腰巻着ベルト21を腰に対して固定することができる。そして腰巻着ベルト21の中央部分は、本体部17の内面のうち下部に縫いつけられている(図示せず)。従って、介護者(図示せず)が、腰巻着ベルト21を腰の周りに巻き付け、面ファスナー41a、41bを互いに係合させ腰巻着ベルト21を腰に対して固定することで、本体部17が該腰に対して固定される。即ち、腰巻着ベルト21は、ベスト11が介護者に着用された際、ベスト11の少なくとも横方向の動きを規制するようにベスト11を介護者の体に固定する。
【0020】腕周回ベルト23は、袖口43a、43bを取り囲み一巡する取り囲み部45a、45bと、取り囲み部45aと取り囲み部45bとを連結する連結部47a、47bと、ベスト11を着用する介護者の胴周囲に巻着され該胴に対して腕周回ベルト23を固定する胴巻着部49a、49bと、連結部47bに一端が固定され下方へのびるように配置された下方配置部51と、胴巻着部49a、49bを固定するための互いに係合する面ファスナー53a、53bと、を有している。腕周回ベルト23は、袖口43a、43bを取り囲んでいるので、ベスト11が介護者に着用された際、該介護者の腕を取り囲む。そして、後述するように、腕周回ベルト23は、把持部分(上部把持部31a、31b、中間把持部33a、33b、下部把持部35)が本体部17を挟んで縫いつけられている。なお、腕周回ベルト23は、綿製の十分な強度を有する帯体によって形成されており、取り囲み部45a、45bと連結部47a、47bと下方配置部51とは本体部17に縫いつけられている。
【0021】ファスナー25a、25bは、ベスト11(本体部17)を着用したり脱いだりするために形成される前面の分割部を閉じるため、該分割部の両縁に沿って縫いつけられている。このようなファスナー25a、25bは、ジャンバー等の衣服に多用されているので、詳細な説明は省略する。
【0022】上部把持部31a、31bは、上端部61から下端部63までの1/8未満の背面外側(即ち、図3においては、上端部61と下端部63までを8等分し、それら等分点と上端部61を示す点(A)と下端部63を示す点(I)を上端部61側から順番に、A、B、C、D、E、F、G、H、Iとした。従って、上端部61から下端部63までの1/8未満の背面外側は、点線Aと点線Bとの間の範囲として示される。)に少なくともその一部が存するように形成されている(ここでは全部が存するように形成されている。)。また、ここでは把持部分たる上部把持部31a、31bは、左右略対称に一対形成されている(図3参照)。
【0023】中間把持部33a、33bは、上端部61から下端部63までの1/8以上1/2未満の背面外側(即ち、図3においては、上端部61から下端部63までの1/8以上1/2未満の背面外側は、点線Bと点線Eとの間の範囲として示される。)に少なくともその一部が存するように形成されている。また、ここでは把持部分たる中間把持部33a、33bは、左右略対称に一対形成されている(図3参照)。
【0024】下部把持部35は、上端部61から下端部63までの1/2以上の背面外側(即ち、図3においては、上端部61から下端部63までの1/2以上の背面外側は、点線Eと点線Iとの間の範囲として示される。)に少なくともその一部が存するように形成されている。
【0025】そしてここでは把持部分たる上部把持部31a、31b、中間把持部33a、33b及び下部把持部35のいずれも(即ち、5の把持部全て)、両端が本体部17に縫いつけられて固定された帯体によって形成されている。なお、ここでは上部把持部31a、31bは、本体部17を挟んで連結部47aと縫いつけられている。中間把持部33aは、本体部17を挟んで連結部47aと取り囲み部45bとに縫いつけられている。中間把持部33bは、本体部17を挟んで連結部47aと取り囲み部45aとに縫いつけられている。下部把持部35は、本体部17を挟んで下方配置部51に縫いつけられている。
【0026】次いで、ベスト11の使用方法について説明する。まず、介護者が、ベスト11の袖口43aに右手を通し、ベスト11の袖口43bに左手を通し、ベスト11をはおる。そして介護者が、胴巻着部49a、49bを介護者の胴部に巻き付け、適当な位置で面ファスナー53a、53bを互いに係合させることで、胴巻着部49a、49bを固定する。さらに、介護者が、腰巻着ベルト21を自らの腰の周りに巻き付け、面ファスナー41a、41bを互いに係合させることで腰巻着ベルト21を腰に対して固定する。図4は、この状態を示す正面図である。介護者101の胴部103には胴巻着部49a、49bが巻着され、介護者101の腰105には腰巻着ベルト21が巻着されている。その後、ファスナー25a、25bを互いに係合させ、ベスト11の着用を完了する。
【0027】このようにしてベスト11を着用した介護者101が、要介護者201を介護する際にどのようにベスト11を用いるかについて図を参照して説明する。なお、図示及び理解を容易にするため、図5乃至図7については直接関係ない事項については図示を省略している。図5は、第一の使用例について説明する側面図である。図5は、ベッド301上に横臥した状態の要介護者201の上半身を起こすため、介護者101が要介護者201を抱えて抱き起こすところを示している。介護者101は、自らの上半身101aが略水平になるように腰を曲げ、手腕101bを要介護者201の脇の下近傍の背中にまわし、要介護者201を抱えた状態になっている。一方、要介護者201は、介護者101の肩口から手を回して上部把持部31a、31bを容易かつ確実に把持している(なお、図5中には、上部把持部31bは見えない。)。この状態で、介護者101が上半身101aを起こせば(図5中、矢印X方向)、要介護者201を抱き起こすことができる。
【0028】図6は、第二の使用例について説明する側面図である。図6は、ベッド301上に横臥した状態の要介護者201の上半身を起こすため、介護者101が要介護者201を抱えて抱き起こすところを示している。介護者101は、自らの上半身101aが略水平になるように腰を曲げ、手腕101bを要介護者201の首にまわし、要介護者201を抱えた状態になっている。一方、要介護者201は、介護者101の脇の下から手を回して中央把持部33a、33bを容易かつ確実に把持している(なお、図6中には、中央把持部33bは見えない。)。この状態で、介護者101が上半身101aを起こせば(図6中、矢印Y方向)、要介護者201を抱き起こすことができる。
【0029】図7は、第三の使用例について説明する側面図である。図7は、椅子401に座った状態の要介護者201を起立させるため、中腰状態の介護者101が要介護者201を抱えて起立させるところを示している。介護者101は、手腕101bによって要介護者201の肩を把持し、要介護者201を抱えた状態になっている。一方、要介護者201は、介護者101のウエスト近傍から手を回して下部把持部35を容易かつ確実に把持している。この状態で、介護者101が中腰状態から伸び上がって上半身101aを上昇させれば(図7中、矢印Z方向)、要介護者201を起立させることができる。
【0030】このように本上着たるベスト11は、ベスト11を着用した介護者101が要介護者201を抱える際、要介護者201が自分の手によって把持可能な位置に把持部分(上部把持部31a、31b、中間把持部33a、33b、下部把持部35)が形成されているので、要介護者201が自らの手で介護者101の上半身を把持することを助けることができる。
【出願人】 【識別番号】592078944
【氏名又は名称】森川 綱善
【出願日】 平成12年6月20日(2000.6.20)
【代理人】 【識別番号】100107917
【弁理士】
【氏名又は名称】笠原 英俊
【公開番号】 特開2002−4117(P2002−4117A)
【公開日】 平成14年1月9日(2002.1.9)
【出願番号】 特願2000−185300(P2000−185300)