トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 車輌用着衣
【発明者】 【氏名】増田 光則

【要約】 【課題】

【解決手段】
【特許請求の範囲】
【請求項1】シートベルトが挿通する二重の後身頃と、左右に分割される前開きタイプの前身頃を有する車輌用着衣において、前身頃の左右がファスナーで開閉自在となっておりまたその左右の前身頃にはベルトが架け渡され、該ベルトは、左右のいづれかの前身頃の肩部に近接して支点が設けられそこから立下ると共に、ベルトガイドによって腹部又は胸部で向きを水平方向に変えられ、更に他の一方の前身頃でベルトガイドを介して立ち上がりその肩部で脱着自在に保持されていることを特徴とする車輌用着衣【請求項2】前記ベルトの一端または両端が長さ調節可能に構成されていることを特徴とする請求項1の車輌用着衣
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、車輌に備えられているシートベルトと共に使用して、衝突等の事故の衝撃から身体を保護する車輌用着衣に関するものである。
【0002】
【従来技術と問題点】現在、車輌に乗車する6才以下の子供は、安全衣服やチャイルドシート等によって乗車中の安全が確保されることになっている。それらの子供用保護手段の中では、安全性に優れ且つ安価に購入することができる車輌用着衣がより多く使用されており、その車輌用着衣も、着衣の背後に車輌のシートベルトを係合させて、着衣と共に着用者をホールドするタイプの車輌用着衣が多く用いられている。そして、車輌用着衣の多くは着用する際のし易さから、チョッキタイプの車輌用着衣の普及率が高い。
【0003】すなわち、このチョッキタイプの車輌用着衣は、容易に着用できるようにと着衣の前身頃を分割して開閉することができる前開きタイプであり、その開閉はファスナーによりできるようになっている。
【0004】しかし、交通事故等のショックは想像を超えるものがあり、これに耐えるにはファスナーでは不十分であり、従来は補強として大型で頑強なバックルを付設していた。しかし、大型のバックルは、高価であるだけでなく交通事故の際車輌内での二次的な事故の発生につながるおそれがあり更にその着衣の脱着容易性を阻害するおそれがあった。
【0005】
【目的】本発明は上述した問題点に鑑みてなされたもので、着衣の着衣の強度と安全性を両立させることができる車輌用着衣を提供することを目的とする。
【0006】
【問題を解決するための手段】本発明の要旨とするところは、シートベルトが挿通する二重の後身頃と、左右に分割される前開きタイプの前身頃を有する車輌用着衣において、前身頃の左右がファスナーで開閉自在となっておりまたその左右の前身頃にはベルトが架け渡され、該ベルトは、左右のいづれかの前身頃の肩部に近接して支点が設けられ、そこから立下ると共にベルトガイドによって腹部又は胸部で向きを水平方向に変えられ、更に他の一方の前身頃でベルトガイドを介して立ち上がり、その肩部で脱着自在に保持されていることを特徴とする車輌用着衣である。
【0007】本発明の車輌用着衣をさらに詳しく説明すると、本車輌用着衣は、前身頃と、シートベルトが挿通する二重の後身頃(一方がベルト状のものを含む)または後身頃と重ね身頃を有し、その前身頃はほぼ中央から左右に分割して開閉することができる。すなわち、前身頃が左前身頃と右前身頃に分割することができ、その開閉はファスナーによってすることができる。
【0008】そして、分割する左前身頃と右前身頃に長さ調節可能なベルトがU字状に架設されており、そのベルトの支点は一方の前身頃の肩部に近接した位置に設けられ、ベルトはそこから立下って前身頃のほぼ中間付近で、着用者の腹部または胸部付近で前身頃に設けられたベルトガイドによって向きが水平方向に変えられて左前身頃と右前身頃に架け渡されている。また、ベルトの長さ調節をする調節具も特に限定するものではない。
【0009】ベルトの支点の固定は、着用者の前方飛び出しによる衝撃によって外れてしまうことがなければその固定方法を特に限定するものではなく、具体的には、縫製またはリベット等により固定すればよい。ベルトはその一端または両端を着脱自在にし、また小型のバックルを用いてベルトの長さを調節できるようにすることが望ましい。
【0010】ベルトガイドは、立下ったベルトの方向を適宜水平方向に変えることができるものであれば何でもよいが、望ましくは脇から横へ水平に延びるベルト状のものがよい。その取付方法は特に限定するものではなく、縫製等によって適宜取り付ければよい。本発明は前身頃が分割して開閉する前開きタイプの車輌用着衣に応用されるものであるが、車輌用着衣が前開きタイプで、且つ、着用者が下方から脱出するのを阻止するための股ベルトが設けられているものや、袖身頃の付いたブルゾンや脚部が付設されたつなぎ服等いずれにも応用される。
【0011】
【作用】本発明の車輌用着衣は以上のように構成されているので、乗車に際しての本車輌用着衣の着用は、前身頃が分割した状態であると共にベルトの一方端のバックルが外れている状態で車輌用着衣を着て、前身頃に有するファスナーで分割状態の前身頃を閉じると共に外れているベルトのバックルを係着部に係止して、そのベルトの長さを調節する。また、着衣に股ベルトが設けられているものは、その股ベルトを着用者の股に通してバックルを係着部に係止して、そのベルトの長さを調節する。
【0012】そして、着用者を車輌のシートに着座させ、着衣の後身頃とその後身頃に有する車輌のシートベルトとの係合手段、具体的には背ベルトまたは重ね身頃との間にシートベルトを通し、シートベルトのスライド可能に保持された係止金具を、シートまたは車輌本体に固定されたメス金具に止着する。また、後身頃にシートベルトを一時的に保持する保持クリップが設けられているものは、その保持クリップでシートベルトを挟む。これにより、着用者は着衣に支持されると共に、シートベルトにより車輌のシートにセットされる。
【0013】そして、車輌に事故等による衝撃があったときは、着用者は慣性で前方に突進するがそのとき、シートベルトが保持クリップから外れ、そのシートベルトは背ベルトまたは重ね身頃すなわち車輌用着衣を保持し着用者の身体を保護する。車輌用着衣は、その前身頃すなわち左前身頃および右前身頃と、左前身頃と右前身頃を閉じているファスナーと、左前身頃と右前身頃に架け渡されているベルトで着用者の前方飛び出しを阻止する。
【0014】そのベルトはU字状に設けられているため支点間には適当な距離があり、これによって着用者の前方飛び出しが阻止されるとき、ベルトは一気に張ることがなく徐々に張っていく。すなわち、ベルトの立下り部および水平部によって力を分散して着用者の身体を支持しショックを緩衝する。
【0015】
【実施例】本発明の車輌用着衣を以下図面に従って説明すると、図1は、本発明に係わる車輌用着衣を示す前面図であり、1は車輌用着衣、2はほぼ中央から左右に分割開閉する前身頃で、2aは左前身頃2bは右前身頃である。3は前身頃2を分割開閉するためのファスナー、4は着用者の腹部に対応する位置に上下方向にベルトが挿通できる余地を残して横設され上下方向のベルト補強ベルト5を水平にあるいは水平方向のベルト5を上下方向に案内するためのベルトガイドである。
【0016】5は補強ベルトで、その両端は左前身頃2aと右前身頃2bの肩部付近に固定されており、その左前身頃2a側の一端が着脱自在に構成されている。51は補強ベルト5の支点、52は小型のバックル(オス)、53はバックル(メス)でこのバックルにより着脱可能となっている。4は補強ベルト5の長さ調節具である。8は腰部の弛みを調節する腰ベルトである。
【0017】図2は、前身頃を開いた状態の車輌用着衣を示す前面図であり、ファスナー3の係合を外して、前身頃2を左前身頃2aと右前身頃2bに分割したところを示しているものである。また、補強ベルト5もバックル(オス)52とバックル(メス)53との係合を外すと共に、左前身頃2aのベルトガイド4からも外したところを示しているものである。
【0018】図3は、股ベルトが設けられた車輌用着衣を示す前面図であり、6が股ベルトで、この股ベルト6の前身頃2側の端部に設けられているバックル(オス)61と腰ベルト8に設けられているバックル(メス)81とが係合して、前身頃2と後身頃21の間に股ベルト6が架設できる。7は装着者の脚部を保護するためのパッドである。
【0019】図4は、図2に示す車輌用着衣の背面図であり、22は重ね身頃、9はクリップで、車輌に備わるシートベルトが重ね身頃22と後身頃21との間を通過すると共に、クリップ9によって保持されセットされる。
【0020】
【効果】本発明の車輌用着衣は以上のように構成されているので、着用者の前方飛び出しによる力は着衣の前身頃と共に、ファスナーだけでなく前身頃に架け渡されたベルトと共に受け止めるため、その力を受ける前身頃全体で面的に受け止め大きな緩衝的効果を得られるものである。したがって、着用者へのショックが小さいだけでなく着衣の損傷も少ない。
【0021】特に、前身頃に設けられているベルトがU字状であり、その水平部が腹部または胸部に対応するため、ショックがやわらげられるだけでなく、着用者の身体の弱い部分が保護される。すなわち、中央上下ののファスナーとベルトの立下り部・立ち上がり部および腹部または胸部に対応する水平部の三辺とによって着用者の身体が支持され、前方飛び出しを阻止する力が一気に着用者の身体に掛ることがない。さらに、ベルトなので突起物が無く事故時に着用者に二次的な傷害を与えることはない。加えて肩部でベルトを着脱するため、通常時および事故時に容易に脱着することができる。
【出願人】 【識別番号】596067733
【氏名又は名称】増田 光則
【識別番号】399014864
【氏名又は名称】全国防災事業協業組合
【出願日】 平成12年6月20日(2000.6.20)
【代理人】 【識別番号】100071238
【弁理士】
【氏名又は名称】加藤 恒久
【公開番号】 特開2002−4114(P2002−4114A)
【公開日】 平成14年1月9日(2002.1.9)
【出願番号】 特願2000−185005(P2000−185005)