トップ :: E 固定構造物 :: E03 上水;下水

【発明の名称】 下水道マンホールシステム配管用空気抜き機構付き逆止弁
【発明者】 【氏名】高崎 喜一

【氏名】延永 茂

【氏名】和田 康宏

【要約】 【課題】■マンホール内は狭く、維持作業がしずらい。

【解決手段】■空気抜き弁と逆止弁を一体型にし簡素化する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】空気抜き機構付き逆止弁【請求項1】空気抜き弁が、水の力(水圧・浮力)によって、開閉を行う機構付き逆止弁【請求項2】空気抜き弁が、動力によって、開閉を行う機構付き逆止弁【請求項3】空気抜き弁が、電気的に、開閉を行う機構付き逆止弁
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】下水道マンホールシステム配管用部品(逆止弁)
【0002】
【従来の技術】下水道マンホールシステム配管は、エアーロック現象を防ぐために、ポンプから逆止弁の間の配管に、空気抜き弁を加工し取付けている。逆止弁下の直配管に空気抜き弁の配管ラインを設け、市販品の清水用空気抜き弁を、取付けたもので行っている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】マンホール内は狭く、極力簡素化したい。市販品のバルブ使用の従来の空気抜き方法では、常時汚水が流れるために、異物が詰まりやすい。清水用空気抜き弁を使用の場合 空気抜き弁配管ラインの通路に、汚水が侵入し汚物の堆積により詰まる。
【0004】
【課題を解決するための手段】空気抜き弁配管ラインの排除。
空気抜き弁と逆止弁を一体形にし空気抜き弁の開閉を行う。
■空気抜き弁の開閉を、水の力(水圧・浮力)によって、行う。
■空気抜き弁の開閉を、動力によって、行う。
■空気抜き弁の開閉を、電気的に行う。
【0005】
【発明の実施の形態】下水道マンホールシステムは、マンホール内に水中汚水ポンプが取付けて有り、マンホールに溜った汚水を下水処理場へ、圧送する構造です。この設備の特徴は、マンホール内の残留汚水を少なくしスカムの発生や沈殿物の堆積などのよる臭気を防止するため、空気を吸い込むまで運転し、浮遊物まで圧送しています。このため、再起動時はポンプケーシング内から圧送管逆止弁までに溜まった空気がクッションとなり吐出出来なくなるため、逆止弁下の直配管に空気抜き配管、空気抜き弁を取付けております。そこで今回 発明品の空気抜き機構付き逆止弁を考案致しました。まず空気抜き弁が、水圧・浮力による開閉機構付き逆止弁ですが水が徐々に下から上へ上がって来ると、逆止弁内の弁体の下に取付けた空気抜き弁が、空気が抜けると水圧・浮力により締まる。停止すると自重、負圧によって開になります。空気抜き弁が、弁体の力による開閉機構付き逆止弁ですが逆止弁が閉の時、空気抜き弁は開。逆止弁が開の時、空気抜き弁は閉となる同軸の二重逆止弁。空気抜き弁が、電気的に開閉機構付き逆止弁ですが水が徐々に下から上へ上がって来ると、電気的に弁体に取付けた空気抜き弁が締まる停止すると電気的に開になります。
【0006】
【実施例】通常のマンホールシステムに使用し満足のいく、結果が得られた【0007】
【発明の効果】マンホール内の簡素化により、保守管理がやりやすくなり。空気抜き弁の詰まりは解消された。
【出願人】 【識別番号】599119798
【氏名又は名称】高崎 喜一
【識別番号】599119802
【氏名又は名称】延永 茂
【識別番号】599119813
【氏名又は名称】和田 康宏
【出願日】 平成11年7月23日(1999.7.23)
【代理人】
【公開番号】 特開2001−32361(P2001−32361A)
【公開日】 平成13年2月6日(2001.2.6)
【出願番号】 特願平11−240293