トップ :: E 固定構造物 :: E03 上水;下水

【発明の名称】 コンクリート板用取手
【発明者】 【氏名】高橋 英三

【要約】 【課題】軽量で,剛性があり,錆びにくい,コンクリート板から外れにくい取手であり、しかもその取付作業が簡単で容易なコンクリート板用取手を提供する。

【解決手段】水平状の握り部2と、その両端から略垂直方向に延びる側部3と、該側部から更に同方向に延びコンクリート板体内に埋め込まれる脚部4とから成るコンクリート板用取手1において、該取手が、両縁板5とその中間部位に位置される中間板6とが複数の補強リブ7で連結され、且つ前記両側部の脚部側端部が規制板9により相互に連結されたものとして合成樹脂により一体成形されて成るコンクリート板用取手。
【特許請求の範囲】
【請求項1】水平状の握り部と、その両端から略垂直方向に延びる側部と、該側部から更に同方向に延びコンクリート板体内に埋め込まれる脚部とから成るコンクリート板用取手において、該取手を、両縁板とその中間部位に位置される中間板とを複数の補強リブで連結し、且つ前記両側部の脚部側端部を規制板により相互に連結したものとして合成樹脂により一体成形して成ることを特徴とするコンクリート板用取手。
【請求項2】両脚部間を相互に連結した連結棒を取手本体と一体成形したことを特徴とする請求項1に記載のコンクリート板用取手。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、コンクリート蓋体等に取り付けられるコンクリート板用取手に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、水平状の握り部と、その両端から略垂直方向に延びる側部と、固定用孔を設けた固定部とから成る金属製のコンクリート板用取手で、コンクリート板に取手取付用の孔を形成して該取手をボルト等で固着することは普通に知られている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところで、前記従来技術の取手は、金属製であり、全体の重量を増加させると共に、錆びやすく、また、取手をコンクリートに取付る作業が必要であり、さらに、長期の使用により取手がコンクリート板から外れてしまう虞もある。
【0004】本発明は、従来の技術の有するこのような問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、軽量で,剛性があり,錆びにくい,コンクリート板から外れにくい取手であり、しかもその取付作業が簡単で容易なコンクリート板用取手を提供しようとするものである。
【0005】また、取手がコンクリート板からより外れにくいコンクリート板用取手を提供しようとするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明におけるコンクリート板用取手は、該取手を、両縁板とその中間部位に位置される中間板とを複数の補強リブで連結し、且つ両側部の脚部側端部を規制板により相互に連結したものとして合成樹脂により一体成形して成ることを特徴とするものである。
【0007】また、両脚部間を相互に連結した連結棒を取手本体と一体成形したことを特徴とするものである。
【0008】
【発明の実施の形態】図1ないし図4は本発明の一実施例に係るコンクリート板用取手に関するものであり、図1は取手をコンクリート板に取り付けた斜視図、図2はコンクリート板用取手の正面図、図3はその平面図、図4はその側面図を示すものである。
【0009】図において、1はコンクリート板用取手であり、該取手1は水平状の握り部2と、その両端から略垂直方向に延びる側部3,3と、該側部3,3から更に同方向に延びコンクリート板体内に埋め込まれる脚部4,4とから構成されている。
【0010】前記握り部2、側部3,3及び脚部4,4は、両縁板5,5とその中間部位に位置される中間板6とを複数の補強リブ7,7,…で連結して形成され、握り部2の内面には、手で握れるような波形8が軸線方向に形成されている。また、側部3と脚部4の境界には、両側部3,3の脚部側端部を相互に連結する規制板9が形成されている。
【0011】以上のような構成からなるコンクリート板用取手1において、該取手1が合成樹脂により一体成形されることで、軽量で,剛性のものとなる。そして、図1に示すように、コンクリート板10に取手1を取り付ける場合には、例えばコンクリート板作成型枠の上面略中央部に規制板9が配置されるように取手1を設置して、コンクリートをコンクリート板作成型枠に流し込み、コンクリートが固まることにより取手1がコンクリート板に簡単に固着される。この際、脚部4,4がコンクリート板体内に埋め込まれることと,規制板9がコンクリート表面側近傍にあることにより、取手1がコンクリート板10から抜けにくくなると共に、握り部2の内面に波形8を軸線方向に形成したので取手1を手で握ってコンクリート板10を持ち上げたり,運んだりする作業を行っても、手がすべることなく安全にこれらの作業を行うことができる。また、コンクリート板用取手1を長期間放置しておいても、取手本体が合成樹脂製であるので錆びにくく、長期使用に耐えうるものとなる。
【0012】図5は本発明の他の実施例に係るコンクリート板用取手に関するものであり、図5はコンクリート板用取手の正面図である。なお、先の実施例と実質的に同一部材については同一符号を付してその説明を省略する。
【0013】図5において、11は両脚部4,4間を相互に連結した連結棒であり、該連結棒11は前記取手本体と合成樹脂により一体成形したものである。これにより、脚部4,4はコンクリート板10からより抜けにくくなり、取手1がコンクリート板10から外れるのを更に有効に防止することができる。
【0014】
【発明の効果】本発明に係るコンクリート板用取手は、両縁板とその中間部位に位置される中間板とを複数の補強リブで連結し、且つ両側部の脚部側端部を規制板により相互に連結したものとして合成樹脂により一体成形したので、軽量で,剛性があり,錆びにくい,コンクリート板から外れにくい取手となり、しかもその取付作業が簡単で容易なコンクリート板用取手となる。
【0015】また、両脚部間を相互に連結した連結棒を取手本体と一体成形したので、取手がコンクリート板からより外れにくいコンクリート板用取手となる。
【出願人】 【識別番号】592101149
【氏名又は名称】三山工業株式会社
【出願日】 平成11年7月19日(1999.7.19)
【代理人】 【識別番号】100091801
【弁理士】
【氏名又は名称】西村 幹男
【公開番号】 特開2001−32358(P2001−32358A)
【公開日】 平成13年2月6日(2001.2.6)
【出願番号】 特願平11−204386