トップ :: E 固定構造物 :: E03 上水;下水

【発明の名称】 排水パイプの掃除口
【発明者】 【氏名】桑原 亮一

【要約】 【課題】排水パイプの掃除口の立上りパイプが、埋設時に片側から圧力が加わっても偏平に変形したり、傾いたりすることのない掃除口を提供する。

【解決手段】排水パイプ(1),(1)の接続部などに設けられる桝(2)、立上りパイプ(3)、密閉蓋(5)よりなる掃除口において、立上りパイプ(3)部に鞘状の保護枠(6)を外嵌する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 地中に埋設される排水パイプ(1),(1)…の連結部など配管途中に適宜設けられ、側面に連結部(4),(4)を有する桝(2)および地表面または地表面に開閉蓋(8)を有する筺体(11)内に上端が開口し、開口する上端には密閉蓋(5)を設けた立上がりパイプ(3)とよりなる掃除口において、該立上がりパイプ(3)の外側に鞘状の保護枠(6)を外嵌したことを特徴とする排水パイプの掃除口。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、地中に埋設される合成樹脂製の排水パイプの配管途中の接続部などに適宜取付けられる合成樹脂製の掃除口に関するものである。
【0002】
【従来の技術】建築物の床面、敷地内および私道などに埋設される生活用水などの排水パイプは、従来コンクリート製の桝に接続され、桝には点検、掃除が容易なように開閉容易なコンクリート製の蓋が設けられて来たが、近時下水道が完備され、生活排水は下水道に流されるよう配管されるようになり、掃除などのため排水パイプに設けられる掃除口などは雨水が流入せず、かつ生活排水の臭気が大気中に出ないような構造が要求されるようになって来た。
【0003】このため、掃除口用として設けられる桝(インバートとも呼ばれる)は、合成樹脂製の排水パイプと接続し組立を容易にするため、側面に接続する排水パイプの数だけ連結部を突設し、上面には設置場所の深さに合わせた立上りパイプが接続する連結部を設け、立上りパイプの上端開口部には密閉蓋が取付けられるよう構成されるようになって来た。
【0004】一般に、排水パイプおよび立上りパイプは、硬質塩化ビニール製の規格パイプが用いられるので、掃除口の桝も同じ合成樹脂でそれらパイプの規格寸法に合わせ連結部の寸法が定められ成型される。
【0005】なお、掃除口用の立上りパイプの上面開口部に設けられる密閉蓋は、蓋板上を車輌等が通過しない場所に於いては、蓋板面が地表面や床面にほゞ一致するように設けられ、車輌等が通過する場所は鋳鉄製の開閉蓋およびその受枠が、立上りパイプの上面開口部の密閉蓋を保護し、立上りパイプに荷重がかゝらぬよう設けられる。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】以上述べた如く、建物の床面、敷地内および私道などに配設される排水パイプは、規格化された硬質塩化ビニール製のパイプが用いられ、その途中の継手部などに上面に地表面などに開口する立上りパイプが連設され、排水パイプが接続される桝よりなる掃除口が設けられるようになって来た。
【0007】このように構成された掃除口の桝および立上りパイプは、配管組立後地中に埋設されるが、特に車輌等が通過する場所に設置された立上りパイプは周囲がブルトーザーなどにより土砂が埋立てられ固められるが、その際に片側より圧力が加わると立上りパイプが偏平に変形したり傾いたりすることがあり、立上りパイプの上面開口部に取付けられる密閉蓋が取外しが困難になるなどの問題点があった。本発明は、掃除口の桝および立上りパイプを埋設するに際し、変形や傾斜することのない掃除口を提供するを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、本発明の掃除口においては、立上りパイプの外側に鞘状の保護枠を外嵌するよう構成せるものである。鞘状の保護枠は、立上りパイプ部に外嵌され埋設時に外圧に耐えればよいので、回収合成樹脂などで円筒状に成型すればよく、また、下端に外向フランジや桝の連結部外側に垂下する脚片を一体に周設又は垂設するとよい。
【0009】
【発明の実施の形態】発明の実施の形態を実施例にもとづき図面を参照して説明する。図1に示す実施例の排水パイプに取付けられた掃除口は、硬質塩化ビニール製の排水パイプ(1),(1)の接続部に設けられたもので、同じ硬質塩化ビニールで成型した連結用の桝(2)は、底面側の両側面に排水パイプ(1),(1)が嵌挿され固定される連結部(4),(4)が突設され、上面開口部には地上面との深さにより高さが調節された硬質塩化ビニール製の立上りパイプ(3)が嵌挿され固定される連結部(4)が設けられ、立上りパイプ(3)の上端開口部には内壁面に密着するパッキングを有する硬質塩化ビニール樹脂などで成型された密閉蓋(5)が装着され、立上りパイプ(3)の上端開口部は、鋳鉄製の開閉蓋(8)およびその受枠(9)と立上りパイプ(3)の外径よりも大きい内径を有する環状のコンクリートなどで成型した台座(10)よりなる筺体(11)内に開口するよう構成される。このように構成された掃除口において、立上りパイプ(3)の外側に回収合成樹脂などで成型した鞘状の保護枠(6)を外嵌したものである。なお、立上りパイプ(3)の上端開口部に装着される密閉蓋(5)は取手を付し開閉容易に構成する。
【0010】保護枠(6)は、図1,2に示す如く、円筒形をなし、内径は立上りパイプ(3)の外径よりも大きく形成し、円筒の下端には外向きフランジ(7)を一体成型し、高さを調節し易すくするとよく、また、図3に示す如く、円筒の下端に脚片(12)を垂設し、脚片(12)を桝(2)の外側に位置せしめるよう構成する。
【0011】
【発明の効果】本発明は、以上説明したように構成されているので、以下に記載されるような効果を有する。掃除口を形成する立上りパイプに鞘状の保護枠が外嵌してあるので、埋設時にブルトーザーなどで埋もどしの土砂を固める際に立上りパイプに直接圧力が加わることなく埋設できるもので、従って立上りパイプが偏平に変形する恐れなく、また傾むくことなく施工できるものである。また、保護枠は回収合成樹脂などで成型することにより安価に提供できるものである。
【出願人】 【識別番号】599008953
【氏名又は名称】桑原鋳工株式会社
【出願日】 平成11年7月22日(1999.7.22)
【代理人】
【公開番号】 特開2001−32357(P2001−32357A)
【公開日】 平成13年2月6日(2001.2.6)
【出願番号】 特願平11−237370