トップ :: E 固定構造物 :: E03 上水;下水

【発明の名称】 枝管接続用可撓継手
【発明者】 【氏名】小村 亘

【氏名】寺田 政之

【要約】 【課題】本管に対する止水材の圧着を均一にして十分なシール機能を確保することのできる枝管接続用可撓継手を提供すること。

【解決手段】本管Mと枝管Bとを接続するもので、枝管Bが挿入される円筒部4と,円筒部4と連設する開口3aを有し、枝管Bとの接続のために形成された本管Mの削孔8上に載置され、本管Mの略上半部を覆う断面円弧状の合成ゴム製サドル部3と,から構成されてなる継手本体2;継手本体2のサドル部3を本管Mに固定する継手本体固定部材6;枝管Bを継手本体2の円筒部4に固定する枝管固定部材7;サドル部3の内面に、サドル部3の外周端部を囲むように取付けられた下地材21;および、下地材21に裏面側が貼着され、サドル部固定時に表面側が本管Mに貼着される粘着材20;を備える。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 本管と枝管とを接続する枝管接続用可撓継手であって、枝管が挿入される円筒部と,該円筒部と連設する開口を有し、枝管との接続のために形成された本管の削孔上に載置され、本管の略上半部を覆う断面円弧状の合成ゴム製サドル部と,から構成されてなる継手本体;前記継手本体のサドル部を本管に固定する継手本体固定部材;枝管を前記継手本体の円筒部に固定する枝管固定部材;および、前記サドル部の内面に、サドル部の外周端部を囲むように裏面側が貼着され、前記サドル部固定時に表面側が本管に貼着される粘着材;を備えることを特徴とする枝管接続用可撓継手。
【請求項2】 本管と枝管とを接続する枝管接続用可撓継手であって、枝管が挿入される円筒部と,該円筒部と連設する開口を有し、枝管との接続のために形成された本管の削孔上に載置され、本管の略上半部を覆う断面円弧状の合成ゴム製サドル部と,から構成されてなる継手本体;前記継手本体のサドル部を本管に固定する継手本体固定部材;枝管を前記継手本体の円筒部に固定する枝管固定部材;前記サドル部の内面に、サドル部の外周端部を囲むように取付けられた下地材;および、該下地材に裏面側が貼着され、前記サドル部固定時に表面側が本管に貼着される粘着材;を備えることを特徴とする枝管接続用可撓継手。
【請求項3】 前記下地材はスポンジゴム,発泡樹脂,および低硬度ゴム様弾性体のうちいずれかであり、前記粘着材は未架橋又は半架橋のブチル系粘着材およびアクリル系粘着材のうちいずれかであることを特徴とする請求項2に記載の枝管接続用可撓継手。
【請求項4】 前記サドル部固定時に本管に弾接する水膨張スポンジが前記下地材の内側に取付けられてなることを特徴とする請求項2又は3に記載の枝管接続用可撓継手。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、下水管などにおいて本管と枝管とを接続するために使用される乾式工法の枝管接続用可撓継手に関する。
【0002】
【従来の技術】図6乃至図8に代表的な従来の乾式工法の枝管接続用可撓継手を示す。この枝管接続用可撓継手100は、本管M上に載置されるサドル部108と枝管Bが挿入される円筒部109とから構成される継手本体104と、押さえカバー105と、押さえカバー105を本管Mに固定するためのU型固定バンド106と、枝管Bを継手本体104の円筒部109に固定するための枝管固定バンド107を有している。なお円筒部109には蛇腹部110が設けられている。押さえカバー105は、フランジ部114を備えた断面円弧状の金属からなる剛性部材である。押さえカバー105の中央部には円筒部109と連設する開口が形成されている。また、サドル部108の内面には止水材としてブチルゴム120が貼着されている。
【0003】本管Mと枝管Bを接続するには、継手本体104のサドル部108が本管Mに形成された削孔上に載置され、サドル部108の上から押さえカバー105が被せられ、U型固定バンド106,ボルト111,ナット112を使用することによって押さえカバー105と継手本体104が本管Mに固定される。そして、継手本体104の円筒部109に枝管Bを挿入するとともに、枝管固定バンド107,ハウジングねじ113を使用することによって枝管Bが円筒部109に固定され、本管Mと枝管Bの接続が完了する。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかし、枝管接続用可撓継手100によれば、止水材として使用されるブチルゴム120をサドル部108の内面全体に貼着させ(図8においてブチルゴム120の貼着領域を斜線で示した)、本管Mに対して均一に圧着させる必要があるため、上述したようにステンレス等の剛性部材からなる押さえカバー105,U型固定バンド106,ボルト111,ナット112といった大がかりな部材が必要となり、コストが嵩むといった問題がある。また、圧着する押さえカバー105の歪によって、本管Mに対するブチルゴム120の圧着が不均一となり、その結果、漏水する場合がある。
【0005】そこで本発明の目的は、本管に対する止水材の圧着を均一にして十分なシール機能を確保することのできる枝管接続用可撓継手を提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するために、請求項1に記載の枝管接続用可撓継手は、本管(M)と枝管(B)とを接続するものであって、枝管(B)が挿入される円筒部(4)と,円筒部(4)と連設する開口(3a)を有し、枝管(B)との接続のために形成された本管(M)の削孔(8)上に載置され、本管(M)の略上半部を覆う断面円弧状の合成ゴム製サドル部(3)と,から構成されてなる継手本体(2);継手本体(2)のサドル部(3)を本管(M)に固定する継手本体固定部材(6);枝管(B)を継手本体(2)の円筒部(4)に固定する枝管固定部材(7);および、サドル部(3)の内面に、サドル部(3)の外周端部を囲むように裏面側が貼着され、サドル部固定時に表面側が本管(M)に貼着される粘着材(20);を備えることを特徴とする。
【0007】また、請求項2に記載の枝管接続用可撓継手は、本管(M)と枝管(B)とを接続するものであって、枝管(B)が挿入される円筒部(4)と,円筒部(4)と連設する開口(3a)を有し、枝管(B)との接続のために形成された本管(M)の削孔(8)上に載置され、本管(M)の略上半部を覆う断面円弧状の合成ゴム製サドル部(3)と,から構成されてなる継手本体(2);継手本体(2)のサドル部(3)を本管(M)に固定する継手本体固定部材(6);枝管(B)を継手本体(2)の円筒部(4)に固定する枝管固定部材(7);サドル部(3)の内面に、サドル部(3)の外周端部を囲むように取付けられた下地材(21);および、下地材(21)に裏面側が貼着され、サドル部固定時に表面側が本管(M)に貼着される粘着材(20);を備えることを特徴とする。
【0008】更に、請求項3に記載の枝管接続用可撓継手は、下地材はスポンジゴム,発泡樹脂,および低硬度ゴム様弾性体のうちいずれかであり、粘着材は未架橋又は半架橋のブチル系粘着材およびアクリル系粘着材のうちいずれかであることを特徴とする。
【0009】また、請求項4に記載の枝管接続用可撓継手は、サドル部固定時に本管(M)に弾接する水膨張スポンジ(22)が下地材(21)の内側に取付けられてなることを特徴とする。
【0010】なお、上記の課題を解決するための手段に記載された括弧内の記号は図面及び後述する発明の実施の形態に記載された記号に対応するものである。
【0011】請求項1に記載の枝管接続用可撓継手によれば、継手本体を構成する合成ゴム製サドル部の内面には、サドル部固定時に表面側が本管に貼着される粘着材の裏面側が、内面全体ではなく外周端部を囲むようにした一部分にだけに貼着されているので、本管に対して均一に圧着されるとともに、粘着材の面圧が向上する。その上、不必要な粘着材を使用する必要がないので低コスト化を図ることができる。
【0012】また、請求項2に記載の枝管接続用可撓継手によれば、請求項1に記載の発明の作用効果に加えて、粘着材を直接、合成ゴム製のサドル部の内面に貼着させるのではなく、下地材を介して貼着させるので、サドル部固定時に本管に対する粘着材の圧着が一層均一になる。また施工者による施工バラツキを吸収することができる。
【0013】さらにまた、請求項3に記載の枝管接続用可撓継手によれば、下地材はスポンジゴム,発泡樹脂,および低硬度ゴム様弾性体のうちいずれかであるので、ブチル系粘着材またはアクリル系粘着材からなる粘着材の圧着がなお一層均一になり、また作業性も一層向上する。
【0014】また、請求項4に記載の枝管接続用可撓継手によれば、サドル部固定時に本管に弾接する水膨張スポンジが粘着材が貼着された下地材の内側に取付けられているので、一次止水材としてはたらく粘着材に対して水膨張スポンジは二次止水材としてはたらく。したがって、2重のシールによって漏水が一層防止される。すなわち、万一、粘着材に不具合が生じても漏水は防止される。
【0015】
【発明の実施の形態】図面を参照して、本発明の実施形態に係る枝管接続用可撓継手について説明する。なお、従来例と同一の部分には同一の符号を記した。本発明の実施形態に係る枝管接続用可撓継手1は、図1乃至図3に示すように、本管Mと枝管Bとを接続するものであって、枝管Bが挿入される円筒部4と本管Mの略上半部を覆うサドル部3とから構成される継手本体2と、継手本体2のサドル部3を本管Mに固定する継手本体固定部材たる継手本体固定バンド6と、枝管Bを継手本体2の円筒部4に固定する枝管固定部材たる枝管固定バンド7と、サドル部3の内面に取付けられた下地材21と、および、下地材21に裏面側が貼着され、サドル部固定時に表面側が本管Mに貼着される粘着材20とを主に備える。
【0016】また、図4および図5に示すように、円筒部4の内壁には枝管Bを挿入する際のストッパー9が設けられ、ストッパー9の端部には削孔8の縁部に係合する突出部10が形成されている。また、サドル部3の内面側には、下地材21、粘着材20が両面粘着テープ24又は接着剤25を介して貼着されている。更に下地材21、粘着材20の内側(開口部3a側)には、表面側が本管Mに当接され裏面側がサドル部3の内面側に、両面粘着テープ24又は接着剤25を介して貼着された水膨張スポンジ22が取付けられている。なお、水膨張スポンジ22は両面粘着テープ24又は接着剤25を介さずにサドル部3の内側に当接させてもよい。また円筒部4の内壁のストッパー9より上位の部分には挿入される枝管Bに弾接してシールする水膨張スポンジ23が取付けられている。
【0017】サドル部3は、本管Mの略上半部に密接して確実に覆うように断面円弧状とされ、中央部には円筒部4と連設する開口3aが形成されている。サドル部3は、その開口3aを枝管Bとの接続のために形成された本管Mの削孔8に一致させるようにして載置される。またサドル部3の材質としては、土木関係のシール材として通常使用されているSBR(スチレン・ブタジエンゴム)を使用しているが、これに限定されることはなく合成ゴムであればよい。その例としては、他にEPDM(エチレン・プロピレンゴム)やCR(クロロプレンゴム)などがある。
【0018】下地材21は、サドル部3の外周端部を囲むようにしてその裏面側がサドル部3の内面に両面粘着テープ24又は接着剤25を介して貼着されている(図3において下地材21の貼着領域を斜線で示した)。このように、サドル部3の内面全体に貼着するのではなく一部分とするのは、下地材21に貼着される粘着材20の本管Mに対する接触面を一部とすることにより粘着材20の面圧を上げ、圧着力を向上させるためである。本発明の実施形態例(図3)の面積は全面に貼った場合(図8)の面積の約半分ですみ、少ない材料費で性能も向上する。また下地材21としては、スポンジゴム、発泡樹脂、あるいは低硬度ゴム様弾性体があげられる。そのうちスポンジゴム、発泡樹脂としては、単泡(独立気泡)と連泡(連続気泡)のものがあるが、止水性を考慮すると水道が形成される連泡のものより単泡の方が好ましい。さらにスポンジゴムとしてはEPDMスポンジが好ましく、発泡樹脂としては発泡ポリエチレンや発泡ウレタンが好ましい。また、低硬度ゴム様弾性体(ゴム又は樹脂のものがある)の適用可能な硬度としてはJIS K 6253タイプAで規定される硬度10度から30度のものが好ましい。なお、下地材21はシート状のものが好ましい。
【0019】下地材21のサイズについて説明すると、下地材21の厚さは、0.5mmから2.0mmが好ましい。0.5mm未満であると、十分な弾力性が得られなく、2.0mmを越えると、材料費が高くなり、強度の考慮(すなわち、枝管Bに対して垂直方向の力を受けると、がくがくし易くなり、安定しないということ)も必要となるからである。
【0020】粘着材20としては、未架橋又は半架橋のブチル系粘着材やアクリル系粘着材があげられる。粘着力を考慮すると、半架橋のものより未架橋のものの方がよく、コスト面を更に考慮するとアクリル系粘着材よりも低廉なブチル系粘着材の方が好ましい。
【0021】粘着材20のサイズについて説明すると、粘着材20の厚さは、0.5mmから1.5mmが好ましい。0.5mm未満であると、十分な接着強度が得られなく、1.5mmを越えると、材料費が高くなり、強度の考慮(すなわち、枝管Bに対して垂直方向の力を受けると、がくがくし易くなり、安定しないということ)も必要となるからである。
【0022】粘着材20を直接、サドル部3の内面に、サドル部3の外周端部を囲むように貼着させることもできるが、本実施形態例のようにスポンジゴム、発泡樹脂、あるいは低硬度ゴム様弾性体からなる下地材21を介して粘着材20を貼着させた方が、下地材21の弾力性によりサドル部固定時に本管Mに対する粘着材20の圧着が一層均一になり、また施工者による施工バラツキを吸収することができるので好ましい。
【0023】その他、ストッパー9及び突出部10を有するリング体11は硬質塩化ビニルやポリカーボネート等の硬質樹脂製射出成型品の部材が好ましい。継手本体固定バンド6と枝管固定バンド7は、ステンレスあるいは樹脂等の腐食しにくい材質からなる。また剛性部材5は、ステンレスなどの金属あるいは合成樹脂からなる。剛性部材5の形状は、図2に示したように、サドル部3の下端部3b、3bに2枚別体で設定した方が、材料費も安く、継手本体固定バンド6の圧着力が伝わりやすいので好ましい。
【0024】以上のように構成された枝管接続用可撓継手1を使用して、本管Mと枝管Bとを接続するには、削孔8の縁部に継手本体2の突出部10を当接させることで継手本体2の位置決めをするとともに、継手本体2を本管M上に設置する。次に継手本体固定バンド6によりサドル部3を本管Mに圧着締結する。この際、下地材21を介してサドル部3の外周縁部を囲むように貼着された粘着材20が本管Mに均一な圧着力でもって接触にするので、粘着材20は一次止水材としてはたらき漏水が防止される。さらにこのとき、粘着材20の内側を囲むようにサドル部3の内面に貼着された水膨張スポンジ22が本管Mに接触して二次止水材としてはたらくので、シール機能に優れる。すなわち、万一、粘着材20に不具合が生じても漏水は防止される。そして、円筒部4に、枝管Bの先端が円筒部4内側壁に設けられたリング体11のストッパー9に当接するまで枝管Bを挿入するとともに、枝管固定バンド7によって円筒部4内に枝管Bの先端を締結する。これにより接続が完了する。
【0025】
【発明の効果】以上のとおり、請求項1に記載の枝管接続用可撓継手によれば、継手本体を構成する合成ゴム製サドル部の内面には、サドル部固定時に表面側が本管に貼着される粘着材の裏面側が、内面全体ではなく外周端部を囲むようにした一部分にだけに貼着されているので、本管に対して均一に圧着されるとともに、粘着材の面圧が向上する。したがって、本管に対するサドル部の圧着力は従来例で示したものと比較して小さいものでよいので、剛性部材からなる押さえカバー,固定バンド,ボルト,ナットといった大がかりな部材は不要となり、部品点数の削減,コスト削減が図れる。押さえカバーの歪なども心配する必要がない。その上、有効でない粘着材を使用する必要がないので低コスト化を図ることができる。
【0026】また、請求項2に記載の枝管接続用可撓継手によれば、請求項1に記載の発明の作用効果に加えて、粘着材を直接、合成ゴム製のサドル部の内面に貼着させるのではなく、下地材を介して貼着させるので、サドル部固定時に本管に対する粘着材の圧着が一層均一になる。また施工者による施工バラツキを吸収することができる。
【0027】さらにまた、請求項3に記載の枝管接続用可撓継手によれば、下地材はスポンジゴム,発泡樹脂,および低硬度ゴム様弾性体のうちいずれかであるので、ブチル系粘着材またはアクリル系粘着材からなる粘着材の圧着がなお一層均一になり、また作業性も一層向上する。
【0028】また、請求項4に記載の枝管接続用可撓継手によれば、サドル部固定時に本管に弾接する粘着材に加えて水膨張スポンジが取付けられているので、2重のシールによって漏水が一層防止される。すなわち、万一、粘着材に不具合が生じても漏水は防止される。
【出願人】 【識別番号】000196107
【氏名又は名称】西川ゴム工業株式会社
【識別番号】000000505
【氏名又は名称】アロン化成株式会社
【出願日】 平成11年7月23日(1999.7.23)
【代理人】 【識別番号】100105175
【弁理士】
【氏名又は名称】山広 宗則 (外1名)
【公開番号】 特開2001−32355(P2001−32355A)
【公開日】 平成13年2月6日(2001.2.6)
【出願番号】 特願平11−208567