トップ :: E 固定構造物 :: E03 上水;下水

【発明の名称】 U字溝組立体
【発明者】 【氏名】石川 利勝

【氏名】今泉 孝

【要約】 【課題】側溝を構築するブロックの小形軽量化と巾設定に対する順応性を保有させ、側溝構築作業の作業性を向上させると共に、備蓄スペースと運搬スペースを節減を図る。又道路の土圧と車輌荷重に対する強度を向上して据え付けの安定性の向上を図ると共に、ブロック間の接合強度を大巾に高める。

【解決手段】U字溝を二分割ブロック構造にし、該分割ブロック3,4の一方に道路面下方へ張り出す荷受けベース6を設け、又上記分割ブロック3,4の双方の底壁1の内端面7に段違い継手12を形成し、該段違い継手12の対向により、コンクリートを充填する広巾の連結溝13及び狭巾の目地溝14を形成する。上記段違い継手12より上記連結溝13内に鉄筋15を突出させてコンクリート19内に埋設する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】分割底壁と該分割底壁外端から側壁を立ち上げたL形ブロックと、分割底壁と該分割底壁外端から側壁を立ち上げた逆L形ブロックとから成り、道路側に配置するL形ブロック又は逆L形ブロックの分割底壁外端より道路面下方へ張り出す荷受けベースを設け、上記L形ブロック及び逆L形ブロックの分割底壁の内端面が対向するように並設してU字溝を形成することを特徴とするU字溝組立体。
【請求項2】分割底壁と該分割底壁外端から側壁を立ち上げたL形ブロックと、分割底壁と該分割底壁外端から側壁を立ち上げた逆L形ブロックとから成り、上記L形ブロックと逆L形ブロックの各分割底壁の内端面を該底壁上面側に段差を有する段違い面にして段違い継ぎ手を形成し、該L形ブロックと逆L形ブロックの段違い継ぎ手を対向するように並設し、両段違い継ぎ手の上段段差面の対向によってコンクリートを充填する広巾の連結溝を形成すると共に、下段段差面の対向によってコンクリートを目地込めする狭巾の目地溝を形成したことを特徴とするU字溝組立体。
【請求項3】上記分割底壁の上段段差面から上記連結溝内へ複数の鉄筋を突出させたことを特徴とする請求項2記載のU字溝組立体。
【請求項4】底壁と該底壁外端から側壁を立ち上げた第一L形ブロックと、該第一L形ブロックの側壁と対向する側壁と該側壁下端より道路面下方へ張り出した荷受けベースを設けた第二L形ブロックとから成り、上記第一L形ブロックの底壁内端と上記第二L形ブロックの荷受けベース内端とが対向するように並設してU字溝を形成したことを特徴とするU字溝組立体。
【請求項5】上記側壁の上端面を配列方向において傾斜させたことを特徴とする請求項1又は2又は4記載のU字溝組立体。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は道路脇の側溝の構築に用いられるU字溝に係り、殊にL形ブロック又は逆L形ブロックを組み合わせて成るU字溝組立体に関する。
【0002】
【従来の技術】通常U字溝はコンクリートにて一体成形されており、施工する側溝の巾や深さに合わせて多数のU字溝が用意され、これを現場へ搬入し、ユンボーやクレーンで吊り上げて、その溝部が連通するように突き合わせて設置し、その突き合わせ部にモルタルを目地込めして構築されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】然るに上記U字溝は高重量で取り扱い難いばかりか備蓄スペースと運搬スペースを多く占有する。又施工する排水溝等の巾に応じた種類のU字溝を用意せねばならず非経済的である。殊に上記U字溝を一体成形体にて形成しつつ、荷受けベースを一体成形した場合には、外形が著しく大形となるばかりか高重量となり上記問題を更に助長する。
【0004】
【課題を解決する手段】そこで本発明は上記U字溝組立体を分割底壁と該分割底壁外端から側壁を立ち上げたL形ブロックと、分割底壁と該分割底壁外端から側壁を立ち上げた逆L形ブロックとに分割して、個々のブロックの小形軽量化と巾設定に対する順応性を保有させながら、道路側に配置するL形ブロック又は逆L形ブロックの分割底壁外端より道路面下方へ張り出す荷受けベースを設けて、道路の土圧と車輌荷重に対する強度向上を図ると共に、据え付けの安定性を高める。
【0005】又U字溝組立体の他例として、上記L形ブロックと逆L形ブロックの各分割底壁の内端面を該底壁上面側に段差を有する段違い面にして段違い継ぎ手を形成し、該L形ブロックと逆L形ブロックの段違い継ぎ手を対向するように並設し、該両段違い継ぎ手の上段段差面の対向によってコンクリートを充填する広巾の連結溝を形成すると共に、下段段差面の対向によってコンクリートを目地込めする狭巾の目地溝を形成して、L形ブロックと逆L形ブロックの接合強度を大巾に高める。
【0006】この場合、上記分割底壁の上段段差面から上記連結溝内へ複数の鉄筋を突出させ、L形ブロックと逆L形ブロックの接合強度を更に高めると共に、上記連結溝及び目地溝の巾を適切に確保する定規手段として機能させ、上記ブロックの設置工事の容易化を図ることができる。
【0007】又U字溝組立体の他例として、底壁と該底壁外端から側壁を立ち上げた第一L形ブロックと、該第一L形ブロックの側壁と対向する側壁と該側壁下端より道路面下方へ張り出す荷受けベースを設けた第二L形ブロックを形成し、上記第一L形ブロックの底壁内端と上記第二L形ブロックの荷受けベース内端とが対向するように並設してU字溝を形成する。
【0008】上記構成によれば第一L形ブロックと第二L形ブロックの個々のブロックの小形軽量化と巾設定に対する順応性を保有させながら、道路の土圧と車輌荷重に対する強度向上を図ると共に、据え付けの安定性を高める。又両L形ブロックを同一形状にする等して共用することができる。
【0009】上記何れの場合においても、上記側壁の上端面を配列方向において傾斜させることにより、道路勾配に沿った又は流路に勾配を設けた側溝を構築が容易に行える。
【0010】
〔発明の詳細な説明〕本発明の実施の形態例を図1乃至図8に基づき説明する。
【0011】
<第1実施形態例>(図1乃至図4参照)
【0012】本発明のU字溝組立体は図1乃至図4に示すように、分割底壁1と該分割底壁1の外端から側壁2を立ち上げたL形ブロック3と、分割底壁1と該分割底壁1の外端から側壁2を立ち上げた逆L形ブロック4とから成る。
【0013】上記道路側に配置する上記L形ブロック3又は逆L形ブロック4の分割底壁1の外端より道路面5の下方へ張り出す荷受けベース6を設け、該荷受けベース6を道路巾の線上に合わせ道路下に潜入させて、上記L形ブロック3を設置する。
【0014】上記道路巾の線上に合わせて設置したL形ブロック3を基準として、逆L形ブロック4を双方のブロックの分割底壁1の内端面7が対向するように並設する。
【0015】上記荷受けベース6を有しない逆L形ブロック4は側溝の巾に合わせて微調節しつつ適切に設置し、上記荷受けベースを有するL形ブロック3の設置により道路の巾を適切に決めつつ、逆L形ブロック4の設置により側溝の巾を適切に決め、U字溝を構築することができる。
【0016】上記対向せる分割底壁1の内端面7,7間にコンクリート19を充填し、L形ブロック3の分割底壁1と逆L形ブロック4の分割底壁1を該コンクリート19を介して一体に接合する。これにより両分割底壁1,1を含む連続した底面8を有するL形ブロック3と逆L形ブロック4から成るU字溝を形成する。
【0017】再述すると、上記L形ブロック3相互及び逆L形ブロック4相互の前端部及び後端部を互いに突き合わせして多数配列し、両ブロック3,4の内端面7の対向面間の間隔を配列方向において連通し、該連通溝内にコンクリート19を充填し側溝を構築する。
【0018】又図4Bに示すように、上記U字溝組立体は側壁2の高さの異なる上記L形ブロック3と逆L形ブロック4にすることが可能である。これにより溝部9を間にして一方の高さと他方の高さが異なる等の様々な断面形状の側溝を構築できる。
【0019】上記側溝は図1に示すように、その上部を開放状態にするか、又は図4Aに示すように、側壁2の上端面16の溝部9側に段部17を設け、該段部17に蓋体18を嵌合することもできる。
【0020】図2乃至図4に示すように、上記L形ブロック3と逆L形ブロック4の各分割底壁1の内端面7を該底壁1の上面側に段差を有する段違い面にして、該段違い面の上段側に上段段差面10を形成し、又該段違い面の下段側に下段段差面11を形成した段違い継ぎ手12を設ける。
【0021】上記L形ブロック3と逆L形ブロック4を両段違い継ぎ手12,12が対向するように並設し、上記上段段差面10,10の対向によってコンクリートを充填する広巾の連結溝13を形成すると共に、上記下段段差面11,11の対向によってコンクリートを目地込めする狭巾の目地溝14を形成する。
【0022】上記連結溝13内にコンクリート19を充填し、該充填に伴って同コンクリート19で目地溝14内を目地込めし、L形ブロック3の分割底壁1と逆L形ブロック4の分割底壁1を該コンクリート19を介して一体に接合する。
【0023】再述すると、上記L形ブロック3相互及び逆L形ブロック4相互の前端部及び後端部を互いに突き合わせして配列し、その配列方向において上記両側壁2,2及び一方の分割底壁1相互と他方の分割底壁1相互と荷受けベース6相互を連続させる。
【0024】上記により、広巾の上記連結溝13及び狭巾の上記目地溝14もその配列方向に連通し、上記上段段差面10,10の対向による連通連結溝13内にコンクリート19を充填し、該充填に伴って同コンクリート19で上記下段段差面11,11の対向による連通目地溝14内を目地込めし、該コンクリート19を介して各ブロック3,4を強固に一体に接合して流路を形成し、側溝を構築する。
【0025】上記構成により、側溝を構築する個々のブロックの小形軽量化と巾設定に対する順応性を保有させ、側溝構築作業の簡便化を図ると共に、上記荷受けベースにより道路の土圧と車輌荷重に対する強度向上並びに据え付けの安定性の向上が図られ、又上記段違い継手12を介して上記L形ブロック3と逆L形ブロック4の接合強度を大巾に高めることができる。
【0026】図4A,Bに示すように、L形ブロック3及び逆L形ブロック4の両分割底壁1の上記両段違い継ぎ手12の上段段差面10又は/及び下段段差面11から、上記連結溝13又は/及び目地溝14内へ、複数の鉄筋15を間隔を置いて突出させる。
【0027】上記L形ブロック3と逆L形ブロック4の双方から突出した上記鉄筋15は、上記連結溝13又は目地溝14内に充填されるコンクリート19内に埋設され、両分割底壁1,1の接合強度を更に高める。
【0028】図4Aに示すように、L形ブロック3と逆L形ブロック4の鉄筋15の長さを略同じに設け、上記連結溝13内で一方ブロックの上段段差面10から突出した鉄筋15を他方ブロックの上段段差面10に突き当てできる。これにより上記鉄筋15を連結溝13の巾を設定する際の目安として用いつつ、上記目地溝14の巾を適正に確保する定規手段としても機能させることができる。
【0029】又図4Bに示すように、上記上段段差面10及び上記下段段差面11の双方より複数の鉄筋15を間隔を置いて突出させた場合においても、上記下段段差面の鉄筋15の長さを夫々略同じに設け、目地溝14内で一方ブロックの下段段差面11から突出した鉄筋15を他方ブロックの下段段差面11に突き当てできる。これにより、目地溝14の巾を適正に確保させる定規手段として機能させ、上記ブロック3,4の設置工事の容易化を図ることができる。
【0030】
<第2実施例>(図5,図6及び図4A,B参照)
【0031】又本発明のU字溝組立体は図5,図6に示すように、底壁1と該底壁1の外端から側壁2を立ち上げた第一L形ブロック3と、上記第一L形ブロック3の側壁2と対向する側壁2と該側壁2の下端2aより道路面5の下方へ張り出す荷受けベース6を設けた第二L形ブロック4とから成る。
【0032】道路側に配置する上記第二L形ブロック4の側壁2の下端2aより道路面5の下方へ張り出す荷受けベース6を設け、該荷受けベース6を道路巾の線上に合わせ道路下に潜入させて、上記ブロック4を設置する。
【0033】上記道路巾の線上に合わせ設置した第二L形ブロック4を基準として、第一L形ブロック3を上記底壁1の内端面7と第二L形ブロックの側壁下端2aが対向するように並設する。上記荷受けベース6を有しない第一L形ブロック3は、側溝の巾に合わせて微調節しつつ適切に設置できるので、第二L形ブロック4の設置により道路の巾を適切に決めつつ、第一L形ブロック3の設置により側溝の巾を適切に決め、U字溝を構築することができる。
【0034】上記対向せる第一L形ブロック3の底壁1の内端面7と第二L形ブロック4の側壁2の下端2a(即ち荷受けベース6の内端)間にコンクリート19を充填し、該底壁1と該側壁下端2aを該コンクリート19を介して一体に接合する。これにより第一L形ブロックの底壁1と第2L形ブロック4の側壁下端2a間に連続した底面8を有する、第一L形ブロック3と第二L形ブロック4から成るU字溝を形成する。
【0035】再述すると、上記第一L形ブロック3相互及び第二L形ブロック4相互の前端部及び後端部を互いに突き合わせして多数配列し、第一L形ブロック3の底壁1の内端面7と第二L形ブロック4の側壁下端面2aの対向面間の間隔を配列方向において連通し、該連通溝内にコンクリート19を充填し側溝を構築する。
【0036】又図5に示すように、上記第一L形ブロック3の底壁1の内端面7と第二L形ブロック4の側壁下端部2a(即ち荷受けベース6の内端)を、該底壁1の上面側に段差を有する段違い面にして、該段違い面の上段側に上段段差面10を形成し、又該段違い面の下段側に下段段差面11を形成した段違い継ぎ手12を設ける。
【0037】上記第一L形ブロック3と第二L形ブロック4を両段違い継ぎ手12,12が対向するように並設し、上記上段段差面10,10の対向によってコンクリート19を充填する広巾の連結溝13を形成すると共に、上記下段段差面11,11の対向によってコンクリート19を目地込めする狭巾の目地溝14を形成する。
【0038】上記連結溝13内にコンクリート19を充填し、該充填に伴って同コンクリート19で目地溝14内を目地込めし、第一L形ブロック3の底壁1と第二L形ブロック4の側壁下端2aを該コンクリート19を介して一体に接合する。
【0039】再述すると、上記第一L形ブロック3相互及び第二L形ブロック4相互の前端部及び後端部を互いに突き合わせして配列し、その配列方向において上記両側壁2,2及び第一L形ブロック3の底壁1相互と上記荷受けベース6相互を連続させる。
【0040】上記により、広巾の上記連結溝13及び狭巾の上記目地溝14もその配列方向に連通し、上記上段段差面10,10の対向による連通連結溝13内にコンクリート19を充填し、該充填に伴って同コンクリート19で上記下段段差面11,11の対向による連通目地溝14内を目地込めし、該コンクリート19を介して各ブロック3,4を強固に一体に接合して流路を形成し、側溝を構築する。
【0041】上記構成により、側溝を構築する個々のブロックの小形軽量化と巾設定に対する順応性を保有させ、側溝構築作業の簡便化を図ると共に、上記荷受けベースにより道路の土圧と車輌荷重に対する強度向上並びに据え付けの安定性の向上が図られる。又上記段違い継手12を介して上記第一L形ブロック3と第二L形ブロック4の接合強度を大巾に高めることができる。又上記第一,第二L形ブロックを同一形状にする等して共用することができる。
【0042】図6及び図4A,Bに示すように、第一L形ブロック3と第二L形ブロック4の上記両段違い継ぎ手12,12の上段段差面10又は/及び下段段差面11から、上記連結溝13又は/及び目地溝14内へ、略同じ長さの複数の鉄筋15を間隔を置いて突出させ、一方ブロックの上記上段段差面10から突出した鉄筋15を他方ブロックの上段段差面10に突き当てるか又は上記一方ブロックの下段段差面11から突出した鉄筋15を他方ブロックの下段段差面11に突き当てて、上記鉄筋15を連結溝13の巾を設定する際の目安として用いつつ、上記目地溝14の巾を適正に確保する定規手段としても機能させ上記ブロック3,4の設置工事の容易化を図ることができる。
【0043】上記鉄筋15を上記連結溝13及び目地溝14内に充填されるコンクリート19内に埋設し、両ブロック3,4の接合強度を更に高める。
【0044】又前記第一実施例と同様に、図4Bに示すように上記U字溝組立体は側壁2の高さの異なる上記第一L形ブロック3と第二L形ブロック4の組み合わせも可能であり、溝部9を間にして一方の高さと他方の高さが異なる等の様々な断面形状の側溝を構築できる。
【0045】上記側溝はその上部に開放状態とするか、又は図4Aに示すように、側壁2の上端面16の溝部9側に段部17を設け、該段部17に蓋体18を嵌合することもできる。
【0046】図7、図8に示すように、上記第1,第2実施例の何れの例においても、側壁2の一方又は双方の上端面16をブロックの配列方向において勾配を設けた傾斜面としたU字溝組立体を構成することができる。
【0047】図7A,Bに示すように、上記側壁2の上端面16にブロックの配列方向において均しい勾配を設けたブロック3とブロック4を組み合わせてU字溝組立体を構成するか、又は図7Cに示すように上記側壁2の上端面16にブロックの配列方向において異なる勾配を設けたブロック3とブロック4を組み合わせてU字溝組立体を構成する。
【0048】上記U字溝組立体は側壁の高さや上端面16の勾配の異なる上記ブロック3,4を組合せることにより様々な断面形状を形成し、施工する排水溝等の種類に応じたU字溝を、少ない種類の分割ブロックで形成できて経済的である。
【0049】図8Aは、上記側壁上端面16を略水平な道路の表面に合わせて並設し、各底面8を配列方向において傾斜させつつ連設せしめ、流路に勾配を設けた側溝を構築した例を示す。
【0050】又図8Bは、上記各底面8を略水平を保ちつつ各ブロック3,4の前端部と後端部を突き合わせして並設し、上記側壁上端面16を配列方向において傾斜させつつ連設せしめ、道路の勾配に合わせて上端面16を傾斜させた側溝を構築している。
【0051】本願発明の上記ブロック3,4の接合に用いる上記充填材又は目地材を形成するコンクリート19には砂利を入れないセメント混練物からなるモルタルを含む。
【0052】
【発明の効果】本発明のU字溝組立体によれば、U字溝を二分割ブロック構造にして、小形軽量化を図りつつ作業性を向上させると共に、備蓄スペースと運搬スペースを節減できる。又上記分割ブロックの組合せにより様々な断面形状に対応可能となり、少ない種類のブロックによって、様々な巾や高さの排水溝を構築できて経済的である。
【0053】又上記分割ブロックの一方に、道路面下方へ張り出す荷受けベースを設けて、道路の土圧と車輌荷重に対する強度向上を図ると共に、据え付けの安定性を高める。
【0054】又上記分割ブロックに形成した上記段違い継ぎ手の対向により、コンクリートを充填する広巾の連結溝及び狭巾の目地溝を形成し、各分割ブロック間の接合強度を大巾に高める。更に上記連結溝内へ複数の鉄筋を突出させてコンクリート内に埋設し、両分割ブロックの接合強度を更に高めると共に、該鉄筋を上記連結溝及び目地溝の巾を適切に確保する定規手段として機能させ、上記分割ブロックの設置工事の適正化と作業性の向上を図ることができる。
【出願人】 【識別番号】395015722
【氏名又は名称】株式会社カンケン
【出願日】 平成11年7月2日(1999.7.2)
【代理人】 【識別番号】100070323
【弁理士】
【氏名又は名称】中畑 孝
【公開番号】 特開2001−20365(P2001−20365A)
【公開日】 平成13年1月23日(2001.1.23)
【出願番号】 特願平11−189256