トップ :: E 固定構造物 :: E03 上水;下水

【発明の名称】 トラップ付き粗集桝
【発明者】 【氏名】武原 勝司

【要約】 【課題】二重トラップの問題が生じた場合に、トラップ部材を取り外してトラップ機能をなくすことができるトラップ付き粗集桝を提供する。

【解決手段】側壁上部に流出口1aを有する溜桝型の桝本体1の内側に、筒状のトラップ部材6をその下端が桝本体1の流出口1aより下側となるように配置して、トラップ部材6の上部6aを桝本体1の流出口1aより上方の側壁に気密的に且つ脱着自在に取着し、トラップ部材6の上端開口を覆うように透水自在な粗集部材7を脱着自在に装着すると共に、この粗集部材7よりも上側の高さ調節筒3の側壁に流入口3bを設けてトラップ付き粗集桝を構成する。トラップ部材6を取り外して粗集部材7のみを装着すれば、トラップ機能がなくなり、単なる粗集桝となるので、二重トラップの問題を解決することができる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】側壁上部に流出口を有する溜桝型の桝本体の内側に、筒状のトラップ部材をその下端が桝本体の流出口より下側となるように配置して、このトラップ部材の上部を桝本体の流出口より上方の側壁に気密的に且つ脱着自在に取着し、このトラップ部材の上端開口を覆うように透水自在な粗集部材を脱着自在に装着すると共に、この粗集部材よりも上側に流入口を設けたことを特徴とするトラップ付き粗集桝。
【請求項2】トラップ部材が大径上筒部と小径下筒部を一体に形成した異径筒状の部材であって、大径上筒部の外周にリング状のゴムパッキンが取付けられ、このリング状のゴムパッキンが桝本体の流出口より上方の側壁に密接していることを特徴とする請求項1に記載のトラップ付き粗集桝。
【請求項3】トラップ部材の上端開口縁部が断面逆U字形に外側へ曲成され、該上端開口縁部の下方へ折れ曲がる外周部が、桝本体の内周に形成された環状の水溜溝に上方から係合されて水溜溝内の水中に没入していることを特徴とする請求項1に記載のトラップ付き粗集桝。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、二重トラップの問題が生じた場合にトラップ部材を取り外してトラップ機能をなくすことができるトラップ付き粗集桝に関する。
【0002】
【従来の技術】家庭の風呂場や台所から排出される雑排水には、毛髪、野菜屑その他の固形物が含まれているため、市町村の指示により、この固形物を粗集する粗集桝を排水管路の途中に設置することが義務付けられている。
【0003】かかる粗集桝としては、例えば図5に示すような構造のものが知られている。この粗集桝は、桝本体101の側壁の流入口102に流入管103を接続すると共に、桝本体101の底部の流出口104にU字形トラップ管105を接続し、桝本体101の上端開口に高さ調節筒(アジャスター)106を接続して地中に埋設されるものであって、桝本体101底部の流出口104の上には目皿107が設置され、また、アジャスター上端の蓋受枠108には蓋体109が被着されている。
【0004】このような構造の粗集桝では、流入管103から流入した雑排水が目皿107を透過するときに、雑排水に含まれる固形分が目皿107の上に粗集され、またU字形トラップ管105内に溜まった排水によって下水からの臭気が逆流しないように水封される。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記のUトラップ付き粗集桝を排水管路の途中に設置すると、風呂場の排水口や台所の流し口の直下に椀形トラップやS字形トラップ等が既に設けられている場合には、所謂、二重トラップによる水封破壊や水流の悪化などの問題が生じることになる。
【0006】このような二重トラップの問題が発生した場合、上記の粗集桝では、U字形トラップ管105を取り外してトラップ機能をなくすことが不可能であるため、問題を解決することができないという欠点があった。
【0007】本発明は、かかる欠点を解消すべくなされたもので、二重トラップの問題が生じた場合にトラップ部材を取り外してトラップ機能をなくすことができるトラップ付き粗集桝の提供を目的とするものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、本発明の請求項1に係る粗集桝は、側壁上部に流出口を有する溜桝型の桝本体の内側に、筒状のトラップ部材をその下端が桝本体の流出口より下側となるように配置して、このトラップ部材の上部を桝本体の流出口より上方の側壁に気密的に且つ脱着自在に取着し、このトラップ部材の上端開口を覆うように透水自在な粗集部材を脱着自在に装着すると共に、この粗集部材よりも上側に流入口を設けたことを特徴とするものである。
【0009】かかる構成の粗集桝では、流入口から流入した雑排水が粗集部材を透過し、粗集部材を透過できない固形物は粗集部材の上に粗集される。そして、粗集部材を透過した水はトラップ部材の内部を流落して桝本体の内部に一時的に溜り、桝本体の流出口からオーバーフローして排出される。このトラップ部材は、その上部が桝本体の流出口より上方の側壁に気密的に取着され、その下端開口が桝本体内部に溜まった水中に没入して水封されているため、流入口と流出口とがトラップ部材により遮断されてトラップ機能が発揮されている。従って、下水管の臭気が流出口から流入口を通って風呂場や台所へ逆流することはない。
【0010】一方、二重トラップの問題が生じた場合は、トラップ部材を外部へ取出して粗集部材のみを桝本体の内部へ装着すればよく、このようにトラップ部材を取出せば、流入口と流出口の遮断が解除されてトラップ機能がなくなり、単なる粗集桝となるので、容易に問題を解決することができる。
【0011】次に、本発明の請求項2に係るトラップ付き粗集桝は、上記請求項1のトラップ付き粗集桝において、そのトラップ部材が大径上筒部と小径下筒部を一体に形成した異径筒状の部材であって、大径上筒部の外周にリング状のゴムパッキンが取付けられ、このリング状のゴムパッキンが桝本体の流出口より上方の側壁に密接していることを特徴とするものである。
【0012】このような構成のトラップ付き粗集桝は、リング状のゴムパッキンによってトラップ部材の大径上筒部と桝本体の側壁との気密性が確保されるので、気密不良によりトラップ機能の低下を招く心配はなくなる。
【0013】次に、本発明の請求項3に係るトラップ付き粗集桝は、上記請求項1のトラップ付き粗集桝において、そのトラップ部材の上端開口縁部が断面逆U字形に外側へ曲成され、桝本体の内周に形成された環状の水溜溝に該上端開口縁部の外周端が上方から係合して、水溜溝内の水中に没入していることを特徴とするものである。
【0014】このような構成のトラップ付き粗集桝は、トラップ部材の上端開口縁部の外周端を桝本体の内周の水溜溝に上方から係合させるだけで、簡単にトラップ部材を桝本体の内周に取付けることができ、しかも、上端開口縁部の外周端が水溜溝内の水中に没入して水封されるため、リング状のゴムパッキン等を使用しなくてもトラップ部材と桝本体側壁との気密性を確保することができる。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、図面に基づいて本発明の具体的な実施形態を詳述する。
【0016】図1は本発明の一実施形態に係るトラップ付き粗集桝の断面図、図2は同トラップ付き粗集桝の分解断面図、図3はトラップ部材を取出してトラップ機能をなくした同粗集桝の断面図である。
【0017】図1、図2において、1は熱可塑性合成樹脂で成形された溜桝型の桝本体を示しており、この桝本体1の側壁上部には流出口1aが形成されている。そして、この流出口1aには合成樹脂製の下流側の排水管2aが差込み接続され、接着剤で水密的に接着されている。
【0018】この桝本体1の上部には、段部1bを介して口径の少し大きい開口部1cが形成されており、地面までの高さを調節する合成樹脂製の高さ調節筒(アジャスター)3が上方から該開口部1cに差込み接続されて、接着剤で水密的に接着されている。そして、この高さ調節筒3の上端には合成樹脂製の蓋受枠4が嵌合されて水密的に接着され、合成樹脂製又はレジンコンクリート製の蓋体5が該蓋受枠4の内側に開閉自在に被せられている。
【0019】この桝本体1の内側には、トラップ部材6と粗集部材7が装着されている。このトラップ部材6は、熱可塑性合成樹脂で大径上筒部6aと小径下筒部6bを一体に成形した異径筒状の部材であって、大径上筒部6aの上端にはフランジ部6cが形成されており、また、大径上筒部6aの外周にはリング状のゴムパッキン6dが取付けられている。このトラップ部材6は、フランジ部6cを桝本体1の上記段部1bに係止させることによって、大径上筒部6a外周のリング状のゴムパッキン6dが桝本体1の流出口1aより上方の側壁に密接した状態で気密的に取付けられており、上方へ引上げると簡単にトラップ部材6を取り出すことができるようになっている。そして、このトラップ部材6の下端開口は、桝本体1の流出口1aよりも下側に位置し、桝本体1内部の水面WL下に没入して水封されている。
【0020】また、粗集部材7は、多数の透水孔や網目を有する透水自在な合成樹脂製又は金属製の目皿や網籠から成るもので、その中央にはパイプ状の把手7aが立設されており、また、周囲にはフランジ部7bが形成されている。この粗集部材7はトラップ部材6の大径上筒部6aの上端開口を覆うように嵌合され、そのフランジ部7bがトラップ部材6のフランジ部6cに上方から係止されて脱着自在に装着されている。
【0021】そして、高さ調節筒3の上記粗集部材7より上方の側壁には流入口3bが穿設され、防水パッキン8を介して上流側の排水管2bが差込み接続されている。
【0022】このような構成のトラップ付き粗集桝によれば、上流側の排水管2bを通じて流入口3bから流入した雑排水が粗集部材7を透過し、この粗集部材7を透過できない雑排水中の固形物は粗集部材7の上に粗集されて堆積する。そして、粗集部材7を透過した水はトラップ部材6の内部を流落して桝本体1の内部に一時的に溜り、桝本体1の流出口1aからオーバーフローして下流側の排水管2aを通じて排出される。
【0023】上述したように、このトラップ付き粗集桝では、トラップ部材6の大径上筒部6aと桝本体1の流出口1aより上方の側壁との間の気密性がゴムパッキン6dによって確保され、トラップ部材6の下端開口は桝本体1内部の水面WL下に没入して水封されているため、流入口3bと流出口1aがトラップ部材6により確実に遮断されてトラップ機能が発揮される。従って、下水管の臭気が下流側の排水管2aを通って流出口1aから桝本体1内へ入り込み、流入口3bから上流側の排水管2bを通って風呂場や台所へ逆流する心配はない。
【0024】そして、二重トラップの問題が生じた場合は、粗集部材7とトラップ部材6を外部へ取出し、図3に示すように粗集部材7のみを桝本体1の内部へ戻して、粗集部材7のフランジ部7bを桝本体1の段部1bに係止させて装着すればよく、このようにトラップ部材6を取り除けば、流入口3bと流出口1aの遮断が解除されてトラップ機能がなくなり、単なる粗集桝となるので、容易に二重トラップの問題を解決することができる。
【0025】また、このトラップ付き粗集桝は、粗集部材7とトラップ部材6を取出して、桝本体1の底に溜まった微小固形物等を容易に清掃除去することができ、従来のU字形トラップ管を接続した粗集桝に比べると清掃作業がしやすいので、メンテナンスも容易である。
【0026】図4は本発明の他の実施形態に係るトラップ付き粗集桝を一部拡大して示す部分断面図である。
【0027】このトラップ付き粗集桝は、トラップ部材6の大径上筒部6aの上端開口縁部6eが断面逆U字形に外側へ曲成されており、この上端開口縁部6eの下方へ折れ曲がる外周部6fが、桝本体1の内周に形成された環状の水溜溝1dに上方から係合されて水溜溝1d内の水中に没入している。その他の構成は、前述したトラップ付き粗集桝と同様であるので、図4において同一部材に同一符号を付し、説明を省略する。
【0028】このようなトラップ付き粗集桝は、トラップ部材6の上端開口縁部6eの外周部6fが水溜溝1d内部の水中に没入して水封されるため、リング状のゴムパッキン等を使用しなくても、トラップ部材6と桝本体1側壁との気密性を確保することができ、トラップ部材6の取付けも簡単に行うことができる。
【0029】尚、この実施形態では、大径上筒部6aと小径下筒部6bを一体成形して大径上筒部の上端開口縁部6eを断面逆U字形に曲成した異径筒状のトラップ部材6を使用しているが、このような異径筒状のトラップ部材6に代えて、例えば、直径が一様な筒部の上端にフランジ部を形成してその外周部を下方に折り曲げたトラップ部材などを使用しても勿論よい。
【0030】
【発明の効果】本発明のトラップ付き粗集桝は、二重トラップの問題が生じた場合に、トラップ部材を取り外してトラップ機能をなくし、単なる粗集桝として使用することによって、容易に二重トラップの問題を解決することが可能であり、また、トラップ部材と粗集部材を取り出すと、桝内部の清掃作業がしやすいので、メンテナンスも容易であるといった顕著な効果を奏する。
【出願人】 【識別番号】000108719
【氏名又は名称】タキロン株式会社
【出願日】 平成11年6月30日(1999.6.30)
【代理人】 【識別番号】100090608
【弁理士】
【氏名又は名称】河▲崎▼ 眞樹
【公開番号】 特開2001−11932(P2001−11932A)
【公開日】 平成13年1月16日(2001.1.16)
【出願番号】 特願平11−185048