トップ :: E 固定構造物 :: E03 上水;下水

【発明の名称】 高さ調整手段を有する中空構造物
【発明者】 【氏名】岩崎 喬夫

【氏名】山下 喜一

【氏名】小高 武

【要約】 【課題】

【解決手段】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 複数の構成部材を接合して形成される中空構造物において、この中空構造物の側面位置の構成部材の基礎部下面に高さ調整を行う高さ調整手段を設けたことを特徴とする高さ調整手段を有する中空構造物。
【請求項2】 前記高さ調整手段は、コンクリート製の基礎平面上に固定されるベースプレートと、中空構造物の側面位置の構成部材たる側面部材の下面に配設される金属性の板状部材と、前記ベースプレートと板状部材間に介設される少なくとも1枚のライナとを有する請求項1に記載の高さ調整手段を有する中空構造物。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は高さ調整手段を有する中空構造物に係り、特に中空構造物の側面位置の構成部材の基礎部下面に高さ調整手段を設け、中空構造物を構築する際に、高さ調整手段によって中空構造物の側面位置の構成部材の高さ調整を行い、中空構造物の側面位置の構成部材を適正状態に載置し得て、所定の状態に中空構造物を構築できる高さ調整手段を有する中空構造物に関する。
【0002】
【従来の技術】中空構造物には、2つの側面部材と少なくとも1つの上部部材とを有するフーチングタイプのものや下部部材と2つの側面部材と少なくとも1つの上部部材とを有するインバートタイプのものがあり、内曲面形状に形成されている。
【0003】そして、この中空構造物の断面積は、用途に応じて多種多様である。つまり、例えば小断面積の工業用中空構造物においては、水やその他の流体を運ぶための通路や、歩行者や運搬具の交通のための通路、あるいはケーブル挿通用の導管として使用される。
【0004】また、大断面積を有する中空構造物においては、例えば自動車道路におけるトンネルの構築に使用され、車線に応じて断面積が増減するものである。
【0005】更に、前記中空構造物は、略同一の断面積を保持しつつ、長手方向に延設されており、その延設長さは、任意に設定可能である。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】ところで、従来の中空構造物においては、コンクリート製の基礎平面を形成し、このコンクリート製の基礎平面上にインバートタイプあるいはフーチングタイプの中空構造物を構築している。
【0007】しかし、コンクリート製の基礎平面の製作精度や中空構造物の側面位置の構成部材である側面部材の下面の製作精度が不足すると、コンクリート製の基礎平面と中空構造物の側面部材との接触面部位において凹凸状態が惹起され、所定の状態に中空構造物を構築することができなくなり、実用上不利であるという不都合がある。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明は上述の要因を除去するために、複数の構成部材を接合して形成される中空構造物において、この中空構造物の側面位置の構成部材の基礎部下面に高さ調整を行う高さ調整手段を設けたことを特徴とする。
【0009】
【発明の実施の形態】上述の如く発明したことにより、中空構造物を構築する際には、先ず、中空構造物の側面位置の構成部材の基礎部下面に設けた高さ調整手段によって、中空構造物の側面位置の構成部材の高さ調整を行い、中空構造物の側面位置の構成部材を適正状態に載置し、所定の状態に中空構造物を構築している。
【0010】
【実施例】以下図面に基づいてこの発明の実施例を詳細に説明する。
【0011】図1〜図5はこの発明の実施例を示すものであり、図2において、2は中空構造物である。
【0012】この中空構造物2は、複数の構成部材を順次接合して内曲面形状に形成される。
【0013】そして、前記中空構造物2には、インバートタイプの中空構造物やフーチングタイプの中空構造物等があるが、この実施例においては、インバートタイプの中空構造物について説明する。
【0014】インバートタイプの中空構造物2は、図2に示す如く、下部部材4と、2つの側面部材6−1、6−2と、少なくとも1つ、例えば1つの上部部材8とを有する。
【0015】ここで、参考までに記載すると、前記フーチングタイプの中空構造物の場合には、2つの側面部材と、少なくとも1つ、例えば1つの上部部材とを有している。
【0016】また、前記中空構造物2の側面位置の構成部材たる側面部材6−1、6−2の基礎部10の下面に高さ調整を行う高さ調整手段12を設ける構成とする。
【0017】なお、前記側面部材6−1と側面部材6−2とは、対称構造となっていることにより、側面部材6−1側のみについて説明し、側面部材6−2側の説明は省略する。
【0018】詳述すれば、高さ調整手段12は、図3及び図4に示す如く、側面部材6−1の下部の基礎部10において、前記中空構造物2の内側部位と外側部位とに平行に配設されている。
【0019】そして、前記高さ調整手段12は、図1に示す如く、コンクリート製の基礎平面14上に固定されるベースプレート16と、側面部材6−1の下面に配設される金属性、例えば鋼性の板状部材18と、前記ベースプレート16と板状部材18間に介設される少なくとも1枚、例えば2枚の平板状第1、第2ライナ20、22と有している。
【0020】すなわち、図1に示す如く、コンクリート製の基礎平面14上に長手方向に延びるベースプレート16を設けるとともに、このベースプレート16途中の複数箇所の両端を固定ボルト24、24によってコンクリート製の基礎平面14上に固定し、固定後のベースプレート16上に第1、第2ライナ20、22を積層して載置し、この第1、第2ライナ20、22上には側面部材6−1の下面に配設される金属性の板状部材18を載置する。
【0021】このとき、第1、第2ライナ20、22の厚みや枚数を異ならしめて側面部材6−1の高さ調整を行うものである。
【0022】なお符号26は、前記固定ボルト24、24をコンクリート製の基礎平面14に螺合させるためのアンカ、28は下部部材4の端部と例えば側面部材6−1の端部とを接触させた際に、接合部位内面に現出される弾性シーリングのための止水用目地部である。
【0023】次に作用を説明する。
【0024】前記中空構造物2を構築する際には、先ず、コンクリート製の基礎平面14上に下部部材4を載置し、この下部部材4の両側部位に前記高さ調整手段12を配設する。
【0025】つまり、コンクリート製の基礎平面14上にベースプレート16を中空構造物2の長手方向に配設し、このベースプレート16途中の複数箇所の両端を固定ボルト24、24によってコンクリート製の基礎平面14上に固定する。
【0026】そして、固定後のベースプレート16上、すなわち固定ボルト24、24間に第1、第2ライナ20、22を積層して載置し、この第1、第2ライナ20、22上には側面部材6−1及び6−2の下面に配設される金属性の板状部材18を載置する。
【0027】このとき、側面部材6−1及び6−2の高さ調整は、第1、第2ライナ20、22の厚みや枚数を任意に選定して行われる。
【0028】実際には、前記中空構造物2の内側部位に位置する高さ調整手段12と外側部位に位置する高さ調整手段12との両方によって側面部材6−1の高さ調整を行う。
【0029】そして、必要に応じて前記中空構造物2の内側部位に位置する高さ調整手段12と外側部位に位置する高さ調整手段12との少なくともいずれか一方の高さ調整手段12によって高さ位置を加減し、コンクリート製の基礎平面14や側面部材6−1及び6−2の下面の製作精度の不足を吸収することも行われる。
【0030】また、2つの側面部材6−1、6−2の高さ調整を行いつつ、コンクリート製の基礎平面14上に2つの側面部材6−1、6−2を載置した後に、2つの側面部材6−1、6−2上に上部部材8を係合固定させ、前記中空構造物2を構築する。
【0031】更に、上述の如き前記中空構造物2の構築が、略同一の断面積を保持しつつ、長手方向に延設されて、任意の長さの中空構造物2が構築される。
【0032】これにより、前記高さ調整手段12によってコンクリート製の基礎平面14や側面部材6−1及び6−2の下面の製作精度の不足、つまりコンクリート製の基礎平面14と中空構造物2の側面部材6−1及び6−2との接触面部位において惹起される凹凸状態を確実に吸収することができ、コンクリート製の基礎平面14上に側面部材6−1及び6−2を適正状態に載置し得て、所定の状態に中空構造物2を構築することができ、実用上有利である。
【0033】また、前記高さ調整手段12を、ベースプレート16と板状部材18と第1、第2ライナ20、22と有する構成としたことにより、構成が簡略であり、徒に構成が複雑化する惧れがなく、製作が容易で、コストを低廉に維持し得て、経済的にも有利である。
【0034】更に、前記高さ調整手段12を形成する際に、中空構造物2側、すなわち、側面部材6−1及び6−2側の設計変更を必要としないことにより、側面部材6−1及び6−2の製作工程を変更させる必要がなく、側面部材6−1及び6−2の製作作業性を良好な状態に維持し得るとともに、側面部材6−1及び6−2の製作コストがアップする惧れもなく、よりコストの低廉化に寄与し得る。
【0035】更にまた、前記高さ調整手段12の第1、第2ライナ20、22の厚みや枚数を任意に選定することにより、側面部材6−1及び6−2の高さ調整を容易に行うことができ、調整作業性が良く、使い勝手を向上し得るものである。
【0036】なお、この発明は上述実施例に限定されるものではなく、種々の応用可変が可能である。
【0037】例えば、この発明の実施例においては、前記中空構造物の側面部材の高さ調整を行う際に、高さ調整手段の少なくとも1枚の平板状ライナの厚みや枚数を任意に選定して行う構成としたが、ライナの表裏両面部位に梨地状やその他の細かな凹凸形状を形成することも可能である。
【0038】さすれば、ライナの表裏両面部位に形成される梨地状やその他の細かな凹凸形状によって、ベースプレートや側面部材側の板状部材、あるいは他のライナとの接触後の滑りを防止し、ライナを確実に設置することができ、信頼性及び安全性を向上し得るものである。
【0039】また、この発明の実施例においては、ベースプレートや側面部材側の板状部材、そしてライナを全て平板状に形成したが、接触面部位の少なくとも一部を断面波形形状に形成し、接触後の滑りを確実に防止する構成とすることも可能である。
【0040】さすれば、ベースプレートや側面部材側の板状部材、そしてライナの接触面部位に形成される断面波形形状によって、ベースプレートや側面部材側の板状部材、そしてライナの接触後の滑りを確実に防止し、信頼性及び安全性をより一層向上し得る。
【0041】
【発明の効果】以上詳細に説明した如くこの発明によれば、複数の構成部材を接合して形成される中空構造物において、この中空構造物の側面位置の構成部材の基礎部下面に高さ調整を行う高さ調整手段を設けたので、高さ調整手段によってコンクリート製の基礎平面や中空構造物の側面位置の構成部材下面の製作精度の不足、つまりコンクリート製の基礎平面と中空構造物の側面位置の構成部材との接触面部位において惹起される凹凸状態を確実に吸収することができ、コンクリート製の基礎平面上に中空構造物の側面位置の構成部材を適正状態に載置し得て、所定の状態に中空構造物を構築することができ、実用上有利である。また、前記高さ調整手段の構成が簡略であることにより、徒に構成が複雑化する惧れがなく、製作が容易で、コストを低廉に維持し得て、経済的にも有利である。
【出願人】 【識別番号】000230010
【氏名又は名称】ジオスター株式会社
【識別番号】000229128
【氏名又は名称】日本ゼニスパイプ株式会社
【識別番号】000229667
【氏名又は名称】日本ヒューム管株式会社
【出願日】 平成11年6月30日(1999.6.30)
【代理人】 【識別番号】100080056
【弁理士】
【氏名又は名称】西郷 義美
【公開番号】 特開2001−11928(P2001−11928A)
【公開日】 平成13年1月16日(2001.1.16)
【出願番号】 特願平11−185149