トップ :: E 固定構造物 :: E03 上水;下水

【発明の名称】 雨水ます用シールリング
【発明者】 【氏名】佐々木 基宗

【要約】 【課題】雨水ます本体に排水管を簡単に一定の挿入長さで取り付けることができる雨水ます用シールリングを提供する。

【解決手段】シールリング3aには、円筒状のシール部31の一端部の外周に嵌合溝32を設けてあり、他端部の内周に排水管2の止め部34を設けてある。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 雨水ます本体の周壁に設けられた排水管取付け孔の周縁に装着される雨水ます用シールリングであって、筒状のリング本体の一端部の外周に前記排水管取付け孔の周縁に嵌合する嵌合部が設けられ、他端部の内周に排水管が当接して係止する止め部が設けられていることを特徴とする雨水ます用シールリング。
【請求項2】 前記筒状のリング本体の他端部にフィルター用係止部が設けられていることを特徴とする請求項1記載の雨水ます用シールリング。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、雨水ます本体の周壁に設けられた排水管取付け孔の周縁に装着される雨水ます用シールリングに関する。
【0002】
【従来の技術】従来、雨水ます用シールリングとしては、例えば実開昭59−27285公報において、筒状のリング本体の外周に嵌合部を設けたものが記載されている。図4に示すように、雨水ます本体1の周壁の排水管取付孔11の周縁にリング本体の嵌合部を使ってシールリング3を装着し、リング本体に排水管2を挿入することにより、排水管2を雨水ます本体1に取り付けることができるようになされている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】排水管をシールリングを介して雨水ます本体へ取り付けた際に、排水管の挿入長さが大きすぎる場合には、雨水ます本体内に突出した排水管がじゃまになり、雨水ますのメンテナンスが困難になる。逆に、挿入長さが小さすぎると排水管が抜けたり水漏れの恐れがある。そのため、排水管の挿入長さを一定にすることが重要である。上記実開昭59−27285公報における雨水ます用シールリングの場合、雨水ますに排水管を簡単に取り付けることができる。しかし、排水管の雨水ます本体への挿入長さを一定にするためには、いったん、シールリングを介して排水管を雨水ます本体の内に挿入した後、治具等を使って挿入長さを計測し、正確な挿入長さに修正する必要がある。そのため、施工工数が余分にかかるという問題点があった。また、雨水ますから排水管にゴミが流出したり、逆に排水管から雨水ますに不適切なゴミが流入するのを防ぐためのフィルターを取り付けるためには特別な加工が必要という問題点があった。
【0004】本発明は上述の問題点に鑑みてなされたものであって、雨水ます本体に排水管を簡単に一定の挿入長さで取り付けることができる雨水ます用シールリングを提供することを目的としている。また、フィルターを簡単に取り付けることができる雨水ます用シールリングを提供することを目的としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため請求項1記載の発明は、雨水ます本体の周壁に設けられた排水管取付け孔の周縁に装着される雨水ます用シールリングであって、筒状のリング本体の一端部の外周に前記排水管取付け孔の周縁に嵌合する嵌合部が設けられ、他端部の内周に排水管が当接して係止する止め部が設けられていることを特徴とする雨水ます用シールリングである。
【0006】また、請求項2記載の発明は、請求項1において、前記筒状のリング本体の他端部にフィルター用係止部が設けられていることを特徴とする雨水ます用シールリングである。
【0007】本発明におけるシールリングは、柔軟性のある合成ゴムや合成樹脂製とすると雨水ます本体の周壁の排水管取付孔の周縁に装着するのが容易である。また、排水管をそのリング本体に容易に挿入でき、かつ、止水性が良いので好ましい。また、筒状のリング本体の一端部とは、必ずしもリング本体の端面に接している必要はない。つまり、嵌合部からリング本体が両端部に向けて延設されていても構わない。また、排水管は、表面が滑らかなポリ塩化ビニル管等の合成樹脂管であれば、リング本体に挿入するのが容易で、止水性が良いので好ましい。排水管の断面形状は、円形や楕円形が水の掃流性がよく好ましい。
【0008】本発明のシールリングを装着する雨水ます本体はポリプロピレンやポリ塩化ビニル等の合成樹脂やポリプロピレン等の合成樹脂の発泡体を用いると、雨水ます本体の周壁を薄くできるので、シールリングの取り付けが容易である。また、軽量で施工し易いので効果的である。
【0009】
【作用】請求項1記載の発明の雨水ます用シールリングにおいては、筒状のリング本体の一端部の外周に排水管取付け孔の周縁に嵌合する嵌合部が設けられている。従って、シールリングを簡単に雨水ます本体に装着することができる。また、シールリングの他端部の内周に止め部が設けてある。従って、止め部を雨水ます本体の内にむけてシールリングを装着し、排水管を止め部まで挿入すれば、排水管を所定の挿入長さで雨水ます本体に取り付けることができる。
【0010】請求項2記載の発明の雨水ます用シールリングにおいては、筒状のリング本体の他端部にフィルター用係止部が設けられている。従って、フィルターを特別な加工をせずに雨水ます用シールリングに取り付けることができる。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を実施例にもとづき図面を参照して説明する。図1は本発明の雨水ます用シールリングの使用状態を示す縦断面図である。合成ゴム製のシールリング3aは、円筒状のリング本体31の一端部の外周に嵌合溝32(嵌合部)が設けられており、他端部の内周に止め部34が設けられている。このシールリング3aを、ポリプロピレン製雨水ます本体1の周壁に設けられた排水管取付け孔11の周縁に嵌合溝32を使って装着し、円筒状のリング本体31にポリ塩化ビニル製排水管2を挿入してある。シールリング3aのリング本体31は、雨水ます本体1の内側に延設されており、その延設された端部の円周にわたって止め部34が内側に突設されている。その止め部34に排水管2の端面が当接させてある。その止め部34に設けた孔の径は、排水管2の内径と略同じにされている。
【0012】以上のように構成してあるので、シールリング3aは嵌合溝32で簡単に雨水ます本体1に装着することができる。また、シールリング3aのリング本体31に排水管2を止め部34に当接させて挿入すれば、排水管2を所定の挿入長さで雨水ます本体1に取り付けることができる。また、また、雨水ます本体1と排水管2との間は、シールリング3aの嵌合溝32とリング本体31とで止水してあるので、水が洩れることがない。
【0013】図2は本発明の他の雨水ます用シールリングの使用状態を示す縦断面図であり、図3は図2の雨水ます用シールリングを示すものであり、(a)は断面図、(b)は正面図である。 図3に示すように、シールリング3bは、筒状のリング本体31の一端部の外周に嵌合溝32(嵌合部)が設けられ、他端部の内周に排水管2が当接して係止する止め部34が設けられている。その止め部34の先端の下部には、溝部を有するフィルター用係止部35,35,35が形成されている。図2の使用状態を図1と異なる点を中心に説明する。雨水ます本体1の周壁に設けられた排水管取付け孔11の周縁にシールリング3bを装着し、そのシールリング3bの円筒状のリング本体31に、排水管2をその端面を止め部34に当接させて挿入してある。フィルター4は、円形のフレーム42に網状体41を固着したものであり、そのフレーム42をフィルター用係止部35,35,35に形成した溝部に嵌合することにより取り付けてある。
【0014】以上のように構成してあるので、フィルター4をシールリング3bのフィルター用係止部35,35,35に特別な加工をせずに取り付けることができる。
【0015】以上、本発明の実施例を図面により説明したが、本発明の具体的構成はこの実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計の変更等があっても本発明に含まれる。
【0016】例えば、シールリングの止め部の孔の径は排水管の外径より小さく、内径より大きくしてあれば、排水管を雨水ます本体に所定の挿入長さで取り付けることができる。また、止め部は部分的な突起であっても効果を発揮する。また、リング本体の断面は、円形に限られず例えば楕円形であってもよい。
【0017】フィルター用係止部はリング本体の下端部には設けないで、溝部のごみの掃除が容易にできるようにしてもよいし、また、一体のものとして形成してもよい。また、フィルターの係止部はリング本体の他端部外周に設けられてもよい。フィルターには、取り付けたりメンテナンスの時に取り外したりするための把手を設けてもよい。
【0018】
【発明の効果】請求項1記載の発明の雨水ます用シールリングにおいては、シールリングを簡単に雨水ます本体に装着することができる。また、排水管を所定の挿入長さで雨水ます本体に取り付けることができるので、余分な施工工数を要さず、施工費を削減できる。また、安定した施工品質を実現できる。
【0019】また、請求項2記載の発明の雨水ます用シールリングにおいては、フィルター用係止部に特別な加工をせずにフィルターを取り付けることができる。また、フィルターをメンテナンス等のために簡単に取り替えることができる。
【出願人】 【識別番号】000002174
【氏名又は名称】積水化学工業株式会社
【出願日】 平成11年6月18日(1999.6.18)
【代理人】
【公開番号】 特開2001−3446(P2001−3446A)
【公開日】 平成13年1月9日(2001.1.9)
【出願番号】 特願平11−172373