トップ :: E 固定構造物 :: E03 上水;下水

【発明の名称】 道路側溝用縁石付きU字溝用どぶ板
【発明者】 【氏名】中山 聡雄

【要約】 【課題】今まで縁石施工できなかった場所でも、U字溝のふたを利用して、工事なしで縁石を設置出来るコンクリート製縁石付きU字溝用どぶ板を提供する。

【解決手段】平板状のどぶ板(3)に穴付き取っ手(4)を設けた物に、取っ手(1)を設けた縁石(2)を取り付けた物で、取っ手(1)を利用することにより簡単にU字溝の上に縁石を設ける事が出来る事を特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 平板状のどぶ板(3)に、全体の断面がT字状に縁石(2)を取り付け組み合わせたコンクリート製縁石付きU字溝用どぶ板。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、道路側溝のU字溝の上に置くだけで、工事なしで簡単に縁石が設置できる発明に関する物で有る。
【0002】
【従来の技術】従来、道路側溝には縁石を設けて交通の安全策にしているが、縁石は、U字溝とは別に施工されていた。
【0003】
【発明が解決しょうとする課題】これは次のような欠点があった。イ.U字溝は施工出来ても、縁石まで施工するスペースがないと取り付ける事が出来なかった。ロ.縁石を別に施工する事で、工事費がかさんだ。本発明は、以上の欠点を解決するためになされたものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】道路側溝のU字溝に被せる平板状のコンクリート製どぶ板(3)の上に、コンクリート製縁石(2)を全体の断面がT字状になるように取り付け組み合わせ、縁石(2)の両側に取っ手(1)を設け、どぶ板(3)にも穴付き取っ手(4)を設け、下にはU字溝用のみぞ(5)を設ける。本発明は、以上の構成よりなるコンクリート製えんせき付きU字溝用どぶ板である。
【0005】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を説明する。
(イ)コンクリート製からなる平板状のどぶ板(3)の底面に穴付き取っ手(4)をつける。
(ロ)コンクリート製穴付きどぶ板(3)の上に、縁石(2)を全体の断面がT字状になるように一体に形成する。また、縁石(2)の両側面の上方に凹状の取っ手(1)を設けている。
(ハ)どぶ板(3)の縦長方向の両側にU字溝用みぞ(5)を取り付ける。
(ニ)本発明は、縁石がどぶ板の表面積の半分の割合なので(図5)に示す用に、重ねて運搬する事ができる。
本発明は、以上の構成よりなっている。本発明を使用するときは、あらかじめU字溝施工された上に、縁石(3)の取っ手(1)を利用して、ただ上から置くだけという簡単なもので、縁石が取り付けできるものである。
【0006】
【発明の効果】本発明を使用することにより、今までスペースがなく縁石が施工出来なかった所、また施工費等コストの問題で施工できなかったところにも、簡単に工事なしで素人でも縁石を設置する事ができる。
【出願人】 【識別番号】599106363
【氏名又は名称】中山 聡雄
【出願日】 平成11年6月24日(1999.6.24)
【代理人】
【公開番号】 特開2001−3444(P2001−3444A)
【公開日】 平成13年1月9日(2001.1.9)
【出願番号】 特願平11−215730