トップ :: E 固定構造物 :: E03 上水;下水

【発明の名称】 側溝蓋の型枠装置
【発明者】 【氏名】後藤 幸三

【要約】 【課題】側溝蓋の厚さや、雨水排出用溝の幅や深さが異なる場合でも、一つの型枠装置で製造する。

【解決手段】連携部材6と蓋枠5A,5Bとは、これらのいずれかに上下方向に長く形成される長孔5aとこの長孔5aに対して位置決めされる位置決め部材8とにより相対的に連結される。また、底枠2に、幅狭溝W1を形成する幅狭溝用アタッチメント11が取り付けられるとともに、この幅狭溝用アタッチメント11を囲むように、少なくとも1つの幅広溝W2を形成する幅広溝用アタッチメント12が着脱自在に取り付けられる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 底枠と、底枠の左右に取り付けられる一対の左右側枠と、底枠の前後方向に取り付けられる一対の小口枠と、上記一対の左右側枠に連携部材を介して各々取り付けられる一対の蓋枠と、底枠に取り付けられ雨水排出孔を形成する溝用アタッチメントと、この溝用アタッチメントに接触するように昇降動されるスリット抜き型とを備え、雨水排出孔が所定間隔をおいて形成された側溝蓋を逆さ姿勢で成型する型枠装置において、上記蓋枠は、連携部材に対し高さが調整可能に連結され、上記底枠に、幅狭溝を形成する幅狭溝用アタッチメントが取り付けられるとともに、この幅狭溝用アタッチメントを囲むように、少なくとも1つの幅広溝を形成する幅広溝用アタッチメントが着脱自在に取り付けられることを特徴とする側溝蓋の型枠装置。
【請求項2】 前記連携部材と蓋枠とは、これらのいずれかに上下方向に長く形成される長孔とこの長孔に対して位置決めされる位置決め部材とにより相対的に連結されることを特徴とする請求項1記載の側溝蓋の型枠装置。
【請求項3】 前記幅狭溝用アタッチメントと幅広溝用アタッチメントに、ボルト止め用のボルト用穴が各々連続的に形成されていることを特徴とする請求項1記載の側溝蓋の型枠装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、U字状側溝の上方開口部に配設される側溝蓋を成型する側溝蓋の型枠装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、道路等に埋設されるU字状側溝には、その上方開口部(「蓋掛かり部」とも呼ばれる)に配設される側溝蓋と共に使用されることが多い。U字状側溝は、埋設する場所、流水量や施工費用等から種々のものが開発されているが、側溝蓋も、U字状側溝の種類に応じて種々のものが製造されている。
【0003】例えば、通常多く見受けられる側溝蓋は、平板状のものであるが、その大きさや厚みは一様ではなく様々であり、雨水を流すための雨水排出孔W1,W2が形成されている側溝蓋Sもある(図11(a)(b)参照)。また、縁石が付いたものか否かにも相違が生じる。
【0004】また、図11(c)(d)に示すように、雨水排出孔W1,W2が形成された側溝蓋S1,S2ものであっても、その長手方向に沿って貫通した幅狭の雨水排出孔W1であったり、グレーチングが配設される幅広の雨水排出孔W2であったり種々のものがあり、これらの幅の広狭は、側溝蓋S1,S2の厚さhに影響を与えている。また、実際の雨水排出孔W1,W2は、目ズマリ防止のため、路面側となる上方よりも下方側に拡開した形状に形成されているが、この形状等も一様ではない。
【0005】このような側溝蓋を製造する従来の型枠装置は、底枠と、底枠の左右に取り付けられる一対の左右側枠と、底枠の前後方向に取り付けられる一対の小口枠と、上記一対の左右側枠に連携部材を介して各々取り付けられる一対の蓋枠とを備え、これらの枠体の中にコンクリートを打ち込み養生させて側溝蓋を製造している。
【0006】また、上記雨水排出孔W1,W2が形成された側溝蓋S1,S2を製造する従来の型枠装置は、上記各枠の他に、上記底枠に取り付けられ雨水排出孔W1,W2を形成する溝用アタッチメントと、溝用アタッチメントに向かって昇降動されるスリット抜き型とを備えている。スリット抜き型は、雨水排出孔W1,W2を所定間隔をおいて形成するもので、所望の形状のものがいくつか用意されている。したがって、溝用アタッチメントにスリット抜き型を接触させた状態でコンクリートを打ち込んで養生させた後、スリット抜き型を吊り上げると、所定形状の雨水排出孔W1,W2が形成される。
【0007】
【考案が解決しようとする課題】このような従来の側溝蓋の型枠装置は、側溝蓋の大きさや形状等が種々異なることは勿論、側溝蓋の厚さが異なる場合や、雨水排出孔の幅が異なる場合でさえ、それらに対応した型枠装置を一つ一つ作り、この型枠装置により各種の側溝蓋を製造している。
【0008】ところで、側溝蓋の厚さには、強度上の観点から実際に必要な有効な厚さである「有効幅厚」なるものが決められている。例えば、図12(a)(b)に示す側溝蓋S1,S2が、両者共に、長さ(2000mm)、横寸法(符号b=500mm)等が同じであるとすると、雨水排出孔W1,W2の幅は、その深さgにも影響を与えるが、上方よりも下方側に拡開した形状の部分(「有効幅厚」符号f)は、両者共に85mmが必要である。すなわち、上記深さgの相違から、図12(a)の厚さhは、115.5mmであり、図12(b)の厚さhは、135.5mmが必要となる。したがって、この「有効幅厚」fを確保するためには、厚さhを調節しなければならないが、従来は、厚さが異なる側溝蓋に対応した型枠装置を一つ一つ作らなればならなかった。
【0009】しかしながら、側溝蓋の厚さが異なる場合や、雨水排出孔の幅間隔が異なる場合等において、型枠装置を個別に製作することは、多大な費用がかかる問題を有していた。
【0010】そこで、本発明の目的は、側溝蓋の厚さや、雨水排出用溝の幅や深さが異なる場合でも、一つの型枠装置で製造することが可能な側溝蓋の型枠装置を提供するにある。
【0011】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明の請求項1記載の側溝蓋の型枠装置は、底枠と、底枠の左右に取り付けられる一対の左右側枠と、底枠の前後方向に取り付けられる一対の小口枠と、上記一対の左右側枠に連携部材を介して各々取り付けられる一対の蓋枠と、底枠に取り付けられ雨水排出孔を形成する溝用アタッチメントと、この溝用アタッチメントに接触するように昇降動されるスリット抜き型とを備え、雨水排出孔が所定間隔をおいて形成された側溝蓋を逆さ姿勢で成型する型枠装置において、上記蓋枠は、連携部材に対し高さが調整可能に連結され、上記底枠に、幅狭溝を形成する幅狭溝用アタッチメントが取り付けられるとともに、この幅狭溝用アタッチメントを囲むように、少なくとも1つの幅広溝を形成する幅広溝用アタッチメントが着脱自在に取り付けられることを特徴とする。
【0012】この請求項1記載の発明によれば、幅狭の雨水排出孔を形成する場合には、底枠に幅狭溝用アタッチメントのみを取り付けて、これに対応するスリット抜き型を降下させて、上記幅狭溝用アタッチメントに接触させて、コンクリートを打ち込むと、幅狭の雨水排出孔を形成することができる。一方、幅広の雨水排出孔を形成する場合には、底枠に幅広溝用アタッチメントを取り付けることができるので、底枠に上記狭溝用アタッチメントの他に、更に幅広溝用アタッチメントを取り付けて、幅広溝用アタッチメントに対応するスリット抜き型を降下させて、同じように、コンクリートを打ち込むと、幅広の雨水排出孔を形成することができる。
【0013】そして、雨水排出孔の幅の大小の相違が、側溝蓋の「有効幅厚」やこの「有効幅厚」を考慮に入れた全体の厚さに影響を与えることがあるが、本発明によれば、上記蓋枠は、連携部材に対し高さが調整可能に連結されているために、厚さが異なる側溝蓋も成型することができる。
【0014】本発明の請求項2記載の側溝蓋の型枠装置は、前記請求項1記載の発明を前提として、前記連携部材と蓋枠とは、これらのいずれかに上下方向に長く形成される長孔とこの長孔に対して位置決めされる位置決め部材とにより相対的に連結されることを特徴とする。
【0015】この請求項2記載の発明によれば、上記上下方向に形成される長孔の長さに対応して位置決め部材の高さ位置を調整することにより、上記連携部材に対する蓋枠の高さ位置を容易に変更させることができる。
【0016】本発明の請求項3記載の側溝蓋の型枠装置は、前記請求項1記載の発明を前提として、幅狭溝用アタッチメントと幅広溝用アタッチメントに、ボルト止め用のボルト用穴が各々連続的に形成されていることを特徴とする。
【0017】この請求項3記載の発明によれば、上記連続したボルト用穴を介してボルト止めするだけで、底枠に幅広溝用アタッチメントを容易に取り付けることができ、他方、上記ボルトを除去すると、底枠から幅広溝用アタッチメントを容易に取り外すことができる。また、上記ボルトを除去すると、幅狭の雨水排出孔が形成された側溝蓋には、幅広溝用アタッチメントの取り付けのためのボルト用穴などの痕跡が残ることがない。
【0018】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施の形態を図面を参照しながら説明する。本実施の形態の側溝蓋の型枠装置1は、縁石付きで、雨水排出孔W1,W2が所定間隔をおいて形成された側溝蓋S1,S2を逆さ姿勢で成型するものである(図12(a)(b)参照)。この側溝蓋S1,S2は、図13に示すように、U字状の左右壁の幅寸法Hが底部から開口部まで一定なU字状側溝101の蓋掛かり部K1,K2に載置されるものである。
【0019】この側溝蓋の型枠装置1は、図1乃至図3に示すように、底枠2と、この底枠2の左右に取り付けられる一対の左右側枠3A,3Bと、底枠2の前後に取り付けられる一対の小口枠4A,4Bと、上記一対の左右側枠3A,3Bに連携部材6を介して各々取り付けられる蓋枠5A,5Bとからなる枠体である。この枠体は、いずれも鋼板製のもので、この鋼板製の枠体の中にコンクリートを打ち込んで養生させて、側溝蓋S1,S2を逆さ姿勢で成型する。側溝蓋S1,S2を逆さ姿勢で成型するのは、離型作業を省力化することができること、側溝蓋S1,S2の蓋掛かり部K1,K2の表面の平坦化に優れること、コンクリートの打ち込みが容易であること等の理由による。
【0020】底枠2は、ベース部10に固定されるものであるが、一対の小口枠4A,4Bは可動枠である。すなわち、一対の小口枠4A,4Bは、底枠2の長手方向の側縁部にヒンジ連結され、相互に外側に倒れるように揺動動作する。また、一対の左右側枠3A,3Bは、わずかに左右両側に各々倒れるように動作する。なお、一対の左右側枠3A,3Bと一対の小口枠4A,4Bには、厚手の堰板に縦横に補強桟3a,4aが取り付けられている。
【0021】底枠2は、側溝蓋S1,S2の上面側を形成するもので、片側の下方に縁石の形状となる膨出部2aが形成されている。そして、底枠2のほぼ中央には、図4に示すように、幅狭溝を形成する幅狭溝用アタッチメント11が着脱自在に取り付けられている。すなわち、この幅狭溝用アタッチメント11は、側溝蓋S1に幅狭溝である雨水排出孔W1を上面側から形成する上方に凸状に突出する鋼鉄製のものである。上記凸状の内部は、連結ボルトBが通し得るようにボルト用穴11bが形成されるとともに、このボルト用穴11bの上方に後述する狭い幅のスリット抜き型15Aの先端15aが嵌合される嵌合部11aが形成されている。なお、本実施の形態の幅狭溝用アタッチメント11は、雨水排出孔W1,W2を有しない側溝蓋も成型できるように、底枠2に取付け孔2bを介して着脱自在に取り付けられているが、一体的に溶接止めされるものでも良い。
【0022】また、上記幅狭溝用アタッチメント11が取り付けられた底枠2には、図5に示すように、幅広溝用アタッチメント12が着脱自在に取り付けられている。この幅広溝用アタッチメント12は、幅広溝であるグレーチングの配設を可能にするもので、箱形状を呈しる鋼鉄製のもので、幅狭溝用アタッチメント11を囲むように底枠2に取り付けられている。すなわち、幅広溝用アタッチメント12の中央には、幅狭溝用アタッチメント11と接触する凹状の嵌合部12aが設けられている。この嵌合部12aの上方は、後述する広い幅のスリット抜き型15Bの先端15aが嵌合され、下方の中央は、上記ボルト用穴11bと連続するようにボルト用穴12bが設けられている。したがって、上記幅狭溝用アタッチメント11のボルト用穴11bに連結ボルトBを通すと共に、上記幅広溝用アタッチメント12のボルト用穴12bに連結ボルトBを上方から通すことにより、幅狭溝用アタッチメント11と幅広溝用アタッチメント12とが連結される構成となっている。
【0023】また、上記幅広溝用アタッチメント12は、底枠2とシール部材13を介して連結されている。このシール部材13は、コンクリートの流入を防止すると共に、緩衝部材としての役割を果たすもので、片面が接着面とされたスポンジにより構成されている。また、幅広溝用アタッチメント12の下方端部は、折り返されてシール部材13と重なり合うように底枠2と連結されている。
【0024】一対の蓋枠5A,5Bは、図2に示すように、側溝蓋S1,S2の左右両側の蓋掛かり部K1,K2を平坦に形成するもので、一対の左右側枠3A,3Bに連携部材6を介して各々取り付けられている。また、一対の蓋枠5A,5Bの幅間隔K3,K4は、U字状側溝101の蓋掛かり部K1,K2の幅間隔と同じ幅に設定されている。なお、一対の蓋枠5A,5Bの間には、蓋は設けられていないが、U字状側溝101の蓋掛かり部K1,K2に対応する上記幅間隔K3,K4にコンクリートが平坦に打ち込まれれば(符号C)、一対の蓋枠5A,5Bの間は、特に平坦化しなくとも良いからである。
【0025】連携部材6は、一対の左右側枠3A,3Bと蓋枠5A,5Bとを連携するヒンジであり、一対の左右側枠3A,3Bの端部から回転動作する。また、上記連携部材6には、上下方向に貫通するボルトとナットにより、一対の左右側枠3A,3Bの締め付け状態を得るようになっている。
【0026】そして、蓋枠5A,5Bと連携部材6とは、位置決め部材である連結ピン8と、ノックボルト9やボルトBにより連結されている。すなわち、図6乃至図8に示すように、蓋枠5Bには上下方向に長い長孔5aが形成されている。上記長孔5aは、各蓋枠5A,5Bの長手方向に所定間隔をおいて複数形成されている。他方、連携部材6には、上記長孔5aに対応する丸穴6aが形成されている。したがって、位置決め部材である連結ピン8を連携部材6の方に予め通しておき、この連結ピン8を蓋枠5A,5Bの長孔5aに通してナット等で締め付けることで、蓋枠2を連携部材6に位置決めし得るようになっている。なお、連携部材6に長孔5aが形成され、蓋枠5A,5Bにボルト用穴6aが形成されるものでも良い。
【0027】ボルトBは、上記長孔5aと連結ピン8の連結を補強するもので、図6及び図9に示すように、段差eを変えて形成されるネジ孔7a,7bに螺合されるようになっている。上記段差eは、上記長孔5aと連結ピン8の連結位置が変わることに対応したものである。また、ノックボルト9も、上記長孔5aと連結ピン8の連結を補強するもので、一方にネジ孔7a,7bを介して螺合部9aが設けられ、他方にボルト受け部9bが設けられ、ノックボルト9の連結が強固に行える構成である。上記ネジ孔7a,7bも、上記長孔5aと連結ピン8の連結位置が変わることに対応して、上記段差eを変えて形成されている。したがって、ボルト受け部9bにノックボルト9を予め通しておき、蓋枠5A,5Bの螺合部9aに螺合させると、連結状態が強固に得られる。ノックボルト9の高さ位置の変更は、2種類の本実施の形態よりも多く設定できるようにすることも、実施に応じ任意である。また、上記ノックボルト9や上記ボルトBの代わりに、上記長孔5aのような孔とこの孔に螺合される連結ピンとにより、蓋枠5A,5Bの高さを調節しながら強固に連結し得るようにすることも可能である。
【0028】型枠装置1の上方には、種類の異なる雨水排出孔W1,W2を各々形成するスリット抜き型15A,15Bが配設されている。このスリット抜き型15A,15Bは、棒状の支持部材16に所定間隔をおいて複数取り付けられており、溝用アタッチメント11,12に向かって昇降動される。すなわち、このスリット抜き型15A,15Bは、種類の異なる雨水排出孔W1,W2に対応して交換して使用されるもので、工場内のクレーン等の吊り上げ装置により吊り下げられている。このような各スリット抜き型15A,15Bは、先端15aに向かって徐々に幅狭に形成されているが、幅狭の溝である雨水排出孔W1を形成する場合は、図4に示すように、狭い幅のスリット抜き型15Aが使用され、幅広の溝であるグレーチング用の雨水排出孔W2を形成する場合には、図5に示すように、広幅のこのスリット抜き型15Bが使用される。
【0029】次に、本実施の形態の側溝蓋の型枠装置1を使用して、側溝蓋S1,S2に雨水排出孔W1,W2を形成する場合について説明する。まず、図11(c)に示す側溝蓋S1に幅狭の雨水排出孔W1を形成する場合には、図4に示すように、底枠2に幅狭溝用アタッチメント11のみを取り付けるとともに、型枠装置1の上方には、吊り下げられた幅狭のスリット抜き型15Aを降下させ、その先端15aを幅狭溝用アタッチメント11の嵌合部11aに嵌合させて接触させる。そして、上記各枠により構成される装置1に、図2の二点鎖線の位置(符号C)までコンクリートを打ち込み養生させた後、スリット抜き型15Aを上昇させて抜き取ると、所定間隔をおいて幅狭の雨水排出孔W1が形成された側溝蓋S1が成型されることとなる。
【0030】次に、図11(d)に示す側溝蓋に幅広の雨水排出孔W2を形成する場合には、図5に示すように、底枠2に幅広溝用アタッチメント12を幅狭溝用アタッチメント11を囲むように取り付ける。すなわち、幅広溝用アタッチメント12の嵌合部12aを幅狭溝用アタッチメント11の上端に接触させた状態で、各ボルト用穴11b,12bにボルトBを上方から通し、底枠2に幅広溝用アタッチメント12を取り付ける。そして、吊り下げられた幅広のスリット抜き型15Bを降下させて、その先端15aを上記幅広溝用アタッチメント12の嵌合部12aに嵌合させて、接触させる。そして、上記各枠により構成される装置1に、図2の二点鎖線の位置(符号C)までコンクリートを打ち込み養生させた後、スリット抜き型15Bを上昇させて抜き取ると、所定間隔をおいて幅狭の雨水排出孔W2が形成された側溝蓋S2が成型されることとなる。なお、コンクリートを打ち込む際には、凹状の嵌合部12aにコンクリートが流れ込まないように、充填材料を埋め込んだり、カバー部材でカバーすることが好ましい。
【0031】また、本実施の形態によれば、先に、幅広の雨水排出孔W2が形成された側溝蓋S2を成型して、その成型の際の幅広溝用アタッチメント12を取り外して、次に、幅狭の雨水排出孔W1が形成された側溝蓋S1を成型することが可能である。しかし、この場合でも上述の順序の場合でも、何れの場合も互いのアタッチメント11,12の痕跡やボルト用穴11b,12b、さらには連結ボルトB等の痕跡が残らず綺麗に成型される。これは、幅広溝用アタッチメント12が幅狭溝用アタッチメント11を囲むように底枠2に取り付けられることと、他方、上記嵌合部11a,12aや連続的に形成されるボルト用穴11b,12bを介してボルト止めされることから、これらにより幅広溝用アタッチメント12を取り外すと、最早、その痕跡が残らない構造となっているからである。
【0032】ところで、本実施の形態の側溝蓋の型枠装置1を使用して、上述のように形状の異なる雨水排出孔W1,W2を形成すると、上記図11(c)に示す幅狭のものと、図11(d)に示すグレーチングが配設されるものでは、これらの箇所の厚さが異なって形成される。すなわち、図12に示す側溝蓋S1,S2には、強度上の観点から上記「有効幅厚」(符号f)が決められているために、この「有効幅厚」の条件を満たすものを製造する必要がある。また、上記図12に示す側溝蓋S1,S2は、上記「有効幅厚」を考慮に入れた厚さ(符号h)にする必要がある。このように、雨水排出孔W1,W2の幅は、その深さgにも影響を与え、その結果、全体の厚みhにも影響を与える。
【0033】しかし、本実施の形態の型枠装置1では、一対の蓋枠5A,5Bは、連携部材6に対し高さの調整が可能である。このため、側溝蓋の厚さhが異なるものを製造する場合には、上記連携部材6に対する蓋枠5A,5Bの高さ位置を変更させる。すなわち、図12(a)に示す厚さhの薄い側溝蓋S1を成型する場合には、図6に示すように、連結ピン8を蓋枠5A,5Bの長孔5aの上方側に通してナット等で締め付けるとともに、上記ノックボルト9も上方側のネジ孔7aに通して連結させる。一方、図12(b)に示す厚さhの厚い側溝蓋S2を成型する場合には、図6に示すように、連結ピン8を蓋枠5A,5Bの長孔5aの下方側に通してナット等で締め付けるとともに、上記ノックボルト9も下方側のネジ孔7bに通して連結させる。このように連結固定することで、側溝蓋S1,S2の厚さhが異なるものを一つの型枠装置1で成型可能である。
【0034】ここで、実際に、本実施の形態の型枠装置1により製造される側溝蓋S1,S2の長さは2000mmであり、横500mmである。そして、図12(a)に示す側溝蓋のS1の厚さ幅hは115.5mmで、他方、図12(b)に示す側溝蓋S2の厚さ幅hは135.5mmである。そして、上述した「有効幅厚」fは、いずれも85mmが確保されたものである。このように、本実施の形態によれば、雨水排出用溝W1,W2の幅や、深さgが異なるものを一つの型枠装置1で製造することが可能である。
【0035】なお、本実施の形態の型枠装置1により、図11(a)と図11(b)に示す側溝蓋Sを成型する場合は、図10に示すような上記底枠2を使用することにより、一つの側溝蓋の型枠装置1で幅狭の雨水排出孔W1も幅広の雨水排出孔W2も形成することができる。
【0036】以上、本実施の形態に関する説明では、幅広溝を形成する幅広溝用アタッチメント12が一つのもので説明したが、本発明は、大きさや形状が異なる複数の幅広溝用アタッチメント12が取り付けられるものにも適用できるものである。また、本実施の形態の型枠装置1により製造される側溝蓋はコンクリートのみで製造するもので説明したが、鉄筋がコンクリートに埋設される側溝蓋も製造できるものである。さらに、本実施の形態に関する説明では、縁石付きの側溝蓋S1,S2を用いて説明したが、本発明は、平板状の側溝蓋Sの他、各種の側溝蓋にも適用できることは言うまでもない。
【0037】
【発明の効果】本発明載の側溝蓋の型枠装置によれば、幅狭の雨水排出孔を形成する場合には、底枠に幅狭溝用アタッチメントのみを取り付ける一方、幅広の雨水排出孔を形成する場合には、底枠に更に幅広溝用アタッチメントを取り付けることができるので、一つの側溝蓋の型枠装置で幅狭の雨水排出孔も幅広の雨水排出孔も形成すること可能となる。また、蓋枠は、連携部材に対し高さの調整が可能であるので、側溝蓋の厚さが異なるものも成型することが可能となる。したがって、側溝蓋の厚さや、雨水排出用溝の幅や深さが異なる場合でも、一つの側溝蓋の型枠装置で成型することができ、安価にかつ綺麗に種々の側溝蓋を製造することが可能となる。
【0038】
【出願人】 【識別番号】595062780
【氏名又は名称】株式会社フォーテック
【出願日】 平成11年6月23日(1999.6.23)
【代理人】 【識別番号】100105809
【弁理士】
【氏名又は名称】木森 有平
【公開番号】 特開2001−3442(P2001−3442A)
【公開日】 平成13年1月9日(2001.1.9)
【出願番号】 特願平11−176589