Warning: copy(htaccessbak): failed to open stream: No such file or directory in /home/jtokkyo/public_html/header.php on line 10
車両配線構造 - 特開2001−1844 | j-tokkyo
トップ :: B 処理操作 運輸 :: B60 車両一般

【発明の名称】 車両配線構造
【発明者】 【氏名】谷道 太雪

【氏名】斎藤 博之

【氏名】吉田 龍也

【氏名】坂本 伸一

【氏名】倉持 祐一

【氏名】岡本 周幸

【氏名】大坂 一朗

【要約】 【課題】コネクタボックスの種類を削減する。

【解決手段】車両上に左右対称に左前コネクタボックス108と右前コネクタボックス122,左後コネクタボック135と右前コネクタボックス128を配置し、電装品142と144は右前コネクタボックス122に接続し、電装品143と145は左後コネクタボックスに接続し、電装品146は右前コネクタボックスに接続し、電装品147は左後コネクタボックスに接続するというように、左右のコネクタボックスの信号入出力回路や電源入出力回路がほぼ同じ数になるように電装品を接続する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】車両配線装置において、運転席及び助手席下部のファイヤウォール部を貫通するワイヤハーネスの端部に各々コネクタボックスを接続し、該コネクタボックスで車両用電装品への電力の分配を行い、該車両用電装品への電力の分配のための電気的手段のための制御信号の伝達を前記コネクタボックス間の多重通信で行うよう構成した車両配線装置の配線構造。
【請求項2】請求項1に記載の車両配線装置において、ルームランプ,スポットランプ,イグニッションキー照明,ラゲージルームランプに接続される電線を、車両左右方向において中央から助手席側のコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項3】車両配線装置において、ワイパーコントロールスイッチに接続される電線を、車両左右方向において中央から助手席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項4】車両配線装置において、フォグランプスイッチに接続される電線を、車両左右方向において中央から助手席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項5】車両配線装置において、ライセンスランプスイッチに接続される電線を、車両左右方向において中央から助手席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項6】車両配線装置において、リモコンミラーコントロールスイッチに接続される電線を車両左右方向において中央より助手席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項7】車両配線装置において、ハザードスイッチに接続される電線を、車両左右方向において中央より助手席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項8】車両配線装置において、ハイマウントストップランプに接続される電線を、車両左右方向において中央より運転席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項9】車両配線装置において、リアデフォッガースイッチに接続される電線を、車両左右方向において中央より助手席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項10】車両配線装置において、リアデフォッガーに接続される電線を、車両左右方向において中央より運転席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項11】車両配線装置において、ワイパーディアイサースイッチに接続される電線を、車両左右方向において中央より助手席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項12】車両配線装置において、ワイパーディアイサーに接続される電線を、車両左右方向において中央より助手席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項13】車両配線装置において、トランクオープナスイッチとフューエルオープナに接続される電線を、車両左右方向において中央より助手席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項14】車両配線装置において、トランクオープナとフューエルオープナに接続される電線を、車両左右方向において中央より右側に置かれたコネクタボックスと左側に置かれたコネクタボックスに振り分けて接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項15】車両配線装置において、ホーンに接続される電線を、車両左右方向において中央より左側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項16】車両配線装置において、ストップランプスイッチに接続される電線を、車両左右方向において中央より助手席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項17】車両配線装置において、リアワイパースイッチに接続される電線を、車両左右方向において中央より助手席側に置かれたコネクタボックスに接続することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【請求項18】車両配線装置において、イグニッションリレーとACCリレーを、車両左右方向において中央を挟んで右側と左側に搭載されたコネクタボックスに分けて搭載し、スタータリレーをエンジンルームのリレーボックス内に搭載することを特徴とする車両配線装置の配線構造。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、車両において信号の分配や電源の分配及びワイヤハーネス同士を接続するコネクタボックスを備えた車両配線装置の配線構造に関する。
【0002】
【従来の技術】車両のワイヤハーネスの接続とヒューズ及びリレーの格納手段として、コネクタボックスが広く用いられている。
【0003】従来のコネクタボックスは、車両のワイヤハーネスの回路構成に合わせて内部構造を設計していたため、同じ車種の異なる仕様の車両のコネクタボックスや、車両上で左右対称に搭載するためにハウジングの形状が共通化されたコネクタボックスにおいても、内部構造は共通化されず、コネクタボックスの生産性の悪化とコストアップを招いていた。
【0004】これを解決する一つの手段として、例えば特開平9−215154 号公報に開示されているように、コネクタボックスを機能毎のブロックに分割し、各コネクタボックスに接続されるワイヤハーネスの回路構成に合わせて前記ブロックを組み合わせることにより、コネクタボックスを構成する各ブロックを共通化し、コネクタボックスの生産性とコストダウンを図る方法が提案されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記発明ではコネクタボックスの種類数が、コネクタボックスを構成する各ブロックの組み合わせ総数分となるため、コネクタボックスの最終組立工程の生産性の悪化と、管理工数及び費用が増加するという問題があった。そこで、本発明はコネクタボックスを機能毎に分割して構成せず、共用化できる車両配線装置を提案することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため、本発明は、車両のファイヤウォールを貫通した助手席側ワイヤハーネスと運転席側ワイヤハーネスとの端部に各々コネクタボックスを接続し、前記コネクタボックスによってワイヤハーネス同士の接続と信号及び電力の分配を行い、信号の伝達には多重通信を使用する。
【0007】
【発明の実施の形態】図1に本発明を適用した、車両配線構造の一実施例を示す。
【0008】左前コネクタボックス108には、左エンジンルームワイヤハーネス103がコネクタ107を介し、左前ドアワイヤハーネス110がコネクタ109を介し、メインワイヤハーネス114がコネクタ111を介し、ルーフワイヤハーネス141がコネクタ140を介し、左フロアワイヤハーネス113がコネクタ112を介し接続される。ここで、左エンジンルームワイヤハーネス103は、リレーボックス101とヒューズボックス102とバッテリ104とスタータ137とオルタネータ138に接続される。左エンジンルームワイヤハーネス103上のグロメット106は、左エンジンルームワイヤハーネス103が貫通するボデーの貫通穴の防水を行う。また、メインワイヤハーネス114には、エンジンワイヤハーネス105がコネクタ115を介し接続される。エンジンワイヤハーネス105上のグロメット116は、グロメット106と同様にボデーのファイヤーウォールFWに穿孔した貫通穴の防水を行う。
【0009】右前コネクタボックス122には、右エンジンルームワイヤハーネス117がコネクタ120を介し、右前ドアワイヤハーネス123がコネクタ121を介し、メインワイヤハーネス114がコネクタ119を介し、右フロアワイヤハーネス124がコネクタ140と139を介し接続される。ここで、右エンジンルームワイヤハーネス117はスタータ138に接続される。右エンジンルームワイヤハーネス117上のグロメット118は、グロメット106と同様にボデーの貫通穴の防水を行う。
【0010】左後コネクタボックス135には、左フロアワイヤハーネス113がコネクタ136を介し、左後ドアワイヤハーネス132がコネクタ134を介し、左ラゲージルームワイヤハーネス131がコネクタ133を介し接続される。
【0011】右後コネクタボックス128には、右フロアワイヤハーネス124がコネクタ125を介し、右後ドアワイヤハーネス129がコネクタ126を介し、右ラゲージルームワイヤハーネス130がコネクタ127を介し接続される。
【0012】電装部品142,143,144,145,146,147は、ワイヤハーネスを介してコネクタボックスに接続されている電装品の一例、例えばストップランプスイッチ,ハザードスイッチ,ターンシグナルスイッチ,パーキングブレーキスイッチ,ハイマウントストップランプ,ラゲージオープナを示している。電装品143と145に接続される電線はメインワイヤハーネス114とコネクタ111を介し左前コネクタボックス108に接続され、電装品142と144に接続される電線はメインワイヤハーネス114とコネクタ119を介し右前コネクタボックス122に接続される。電装品147に接続される電線は左ラゲージルームワイヤハーネス131とコネクタ133を介し左後コネクタボックス135に接続され、電装品146に接続される電線は右ラゲージルームワイヤハーネス130とコネクタ127を介し右後コネクタボックス128に接続される。
【0013】図2に本車両配線構造における、電源分配構造を示す。
【0014】オルタネータ138は、ヒューズボックス102に接続され、ヒューズ203を介しバッテリ104及びヒューズ204,205,206,207,208,209,210,211,212,213,214,215,216,217,218,219に接続される。又、バッテリ104もヒューズボックス102に接続され、ヒューズ204,205,206,207,208,209,210,211,212,213,214,215,216,217,218,219を介して各負荷に電源を供給する。
【0015】右前コネクタボックス122には、ヒューズ204,コネクタ270を介してとオルタネータ138からコネクタ261を介して電源が供給される。右前コネクタボックス122に供給された電源は、コネクタボックスの中でコントロールユニット233及び、イグニッションリレー235とヒューズ234,236,237,238,239,240,241,242を介して各負荷に供給される。メータにはヒューズ234を介し、各電装品のイグニッション信号端子にはヒューズ236を介し、電源にはヒューズ237を介し、ABSユニットにはヒューズ238を介し、テンションレデューサにはヒューズ239を介し、エアコンにはヒューズ240を介し、オートドライブコントロールユニットにはヒューズ241を介し、エアバッグコントロールユニットにはヒューズ242を介して電源が供給される。
【0016】左前コネクタボックス108にはヒューズ205,コネクタ280を介して電源が供給される。左前コネクタボックス108に供給された電源は、コネクタボックスの中でコントロールユニット243及び、ACCリレー245とヒューズ244,246,247及びヒューズ248,249,250を介し各負荷に供給される。シガライターにはヒューズ244を介して、オーディオユニットにはヒューズ246を介して、各電装品のアクセサリー信号端子にはヒューズ247を介して、エアコンユニットにはヒューズ248を介して、各電装品のバックアップ用常時通電電源にはヒューズ249を介して、ルームランプにはヒューズ250を介して電源が供給される。
【0017】右後コネクタボックス128にはヒューズ206を介して、左後コネクタボックス135にはヒューズ207を介して、オルタネータ138のS端子にはヒューズ208を介して、パワーシートにはヒューズ209を介して電源が供給される。
【0018】ブロアモータにはヒューズ210とリレー231を介して、ラジエータファンモータ1にはヒューズ211とリレー230を介して、ラジエータファンモータ2にはヒューズ212とリレー229を介して、スタータマグネットにはヒューズ213とリレー222を介して、サンルーフモータにはヒューズ214とサンルーフリレー223を介して、ABSモータにはヒューズ215とリレー224を介して、ABSソレノイドにはヒューズ216とリレー232を介して、エンジンコントロールユニットにはヒューズ217とリレー225を介して、インジェクタとイグナイタにはヒューズ218とリレー226を介して、リアデフォッガにはヒューズ219とリレー227を介して電源が供給される。リレー222,223,224,225,226,227,228,229,230,231,232は、リレーボックス101に搭載される。また、リレー228はリレー229,230間の接続切り替えを行う。
【0019】図3に左前コネクタボックス108の入出力信号の結線状態を示す。左前コネクタボックス108には、左前エンジンルームワイヤハーネス103から、コネクタ107を介して16本の出力信号線301が接続され、メインワイヤハーネス114から、コネクタ111を介して18本の入力信号線と1本の通信線と1本の出力信号線と5本の電源線305が接続され、左前ドアワイヤハーネス110から、コネクタ109を介して10本の出力信号線と5本の入力信号線302が接続され、左フロアワイヤハーネス113から、コネクタ112を介して1本の入力信号線と1本の通信線303が接続され、ルーフワイヤハーネス141から、コネクタ140を介して1本の出力信号線と1本の電源線304が接続される。これら、左前コネクタボックス108に接続された入出力信号及び電源はコントロールユニット243に接続される。また、前記電力はリレー242とヒューズ244,246,247,248,249,250を介し、他の電装品に分配される。電装品への電源分配については、図2の電源分配構造で説明しているので、ここでは割愛する。
【0020】図4に右前コネクタボックス122の入出力信号の結線状態を示す。右前コネクタボックス122には、右前エンジンルームワイヤハーネス117から、コネクタ120を介して12本の出力信号線と1本の入力信号線401が接続され、メインワイヤハーネス114から、コネクタ119を介して15本の入力信号線と1本の出力信号線と1本の通信線と6本の電源線402が接続され、右前ドアワイヤハーネス123から、コネクタ121を介して12本の入力信号線と10本の出力信号線404が接続され、左フロアワイヤハーネス124から、コネクタ139と141を介して1本の入力信号線と1本の通信線と2本の電源線403が接続され。これら、右前コネクタボックス122に接続された入出力信号及び電力はコントロールユニット233に接続される。また、前記電力はリレー235とヒューズ234,236,237,238,240,242を介し、他の電装品に分配される。電装品への電源分配については、図2の電源分配構造で説明しているので、ここでは割愛する。
【0021】図31に右前コネクタボックス122と左前コネクタボックス108として使用されるコネクタボックス3101の入出力回路数を示す。
【0022】コネクタ3103は、左前コネクタボックス108ではコネクタ107に、右前コネクタボックス122ではコネクタ120として使用される。前記コネクタ3103は17極で、コントロールユニット3102とは、16回路の出力3104と1回路の入力3105でつながれる。
【0023】コネクタ3106は左前コネクタボックス108ではコネクタ109に、右前コネクタボックス122ではコネクタ121として使用される。前記コネクタ3106は22極で、コントロールユニット3102とは、10回路の出力3107と12回路の入力3108でつながれる。
【0024】コネクタ3109は左前コネクタボックス108ではコネクタ140に、右前コネクタボックス122ではコネクタ140として使用される。前記コネクタ3109は2極で、左前コネクタボックス108では1回路はコントロールユニット3102の出力3111と、1回路はヒューズ250の下流につながれ、右前コネクタボックス122では1回路はヒューズ241の下流に、1回路はヒューズ339の下流につながれる。このとき、片方の回路3110はヒューズに接続する場合と、コントロールユニットに接続する場合の2種類があるが、これはコントロールユニット3102内のジャンパー等により差違を吸収する。
【0025】コネクタ3114は左前コネクタボックス108ではコネクタ112に、右前コネクタボックス122ではコネクタ139として使用される。前記コネクタ3114は2極で、コントロールユニット3102とは、1回路の入力3113と1回路の通信線3112でつながれる。
【0026】コネクタ3119は左前コネクタボックス108ではコネクタ111に、右前コネクタボックス122ではコネクタ119として使用される。前記コネクタ3119は25極で、コントロールユニット3102とは、1回路の出力3117と18回路の入力3118と1回路の通信線3116でつながれ、残り6極3115はヒューズの下流に接続される。
【0027】図3,図4に示されるように、右前コネクタボックス122と左前コネクタボックス108の各コネクタの入出力回路数をほぼ同数にすることにより、図31に示すように二つのコネクタボックスを一種類のコネクタボックスで共用することができる。
【0028】図5に左後コネクタボックス135の入出力信号の結線状態を示す。左後コネクタボックス135には左後ドアワイヤハーネス132から、コネクタ134を介して4本の出力信号線と3本の入力信号線502が接続され、左フロアワイヤハーネス113から、コネクタ136を介して1本の電源線と1本の通信線503が接続され、左ラゲージルームワイヤハーネス131から、コネクタ133を介して2本の入力信号線と7本の出力信号線504が接続される。これら左後コネクタボックス135に接続された入出力信号はコントロールユニット501に接続される。
【0029】図6に右後コネクタボックス128の入出力信号の結線状態を示す。左後コネクタボックス128には右後ドアワイヤハーネス129から、コネクタ126を介して4本の出力信号線と3本の入力信号線602が接続され、右フロアワイヤハーネス124から、コネクタ125を介して1本の電源線と1本の通信線603が接続され、左ラゲージルームワイヤハーネス130から、コネクタ127を介して3本の入力信号線と6本の出力信号線604が接続される。これら、左後コネクタボックス128に接続された入出力信号はコントロールユニット601に接続される。
【0030】図5,図6に示されるように、左後コネクタボックス135と右後コネクタボックス128の各コネクタにおける入出力信号線数をほぼ同数にしている。
【0031】図7から図18に、上記各コネクタボックスに接続されるワイヤハーネスの詳細回路構成を示す。
【0032】図7にルームランプとスポットランプとイグニッションキー照明とラゲージルームランプにおけるワイヤハーネスの回路図を示す。左前コネクタボックス108と右前コネクタボックス122は通信線712で接続され、制御信号の伝達を多重信号により互いに行う。左前コネクタボックス108と左後コネクタボックス135は通信線713で接続され、制御信号の伝達を多重信号により互いに行う。右前コネクタボックス122と右後コネクタボックス128は通信線714で接続され、制御信号の伝達を多重信号により互いに行う。各コネクタボックス間の通信線の接続は他の電装品についても同様なので、これ以降の説明については通信線の接続について割愛する。
【0033】イグニッションキー照明701はコネクタ111を介して左前コネクタボックス108に接続され、電力が供給される。スポットランプ702,703,704とルームランプ705はコネクタ140を介してコネクタボックス108に接続され、電力が供給される。ラゲージルームランプスイッチ709はラゲージルームランプ708に接続され、前記ラゲージルームランプ708と左前ドアスイッチ706と左後ドアスイッチ707は、コネクタ133を介して左後コネクタボックス135に接続され、ラゲージルームランプには電源が供給され、ドアスイッチ706,707からはドアの開閉信号が入力される。右前ドアスイッチ711と右後ドアスイッチ710はコネクタ127を介して右後コネクタボックス128に接続され、ドアの開閉信号が入力される。
【0034】図8にヘッドランプとクリアランスランプとフォグランプと室内イルミネーションとテールランプとライセンスランプにおけるワイヤハーネスの回路を示す。左ヘッドランプ802と左フォグランプ803とクリアランスランプ801は、コネクタ107を介し左前コネクタボックス108に接続され、電力が供給される。フォグランプスイッチ805はコネクタ111を介しコネクタボックス108に接続され、フォグランプオン信号が入力される。右ヘッドランプ808と右フォグランプ807と右クリアランスランプ809は、コネクタ120を介しコネクタボックス122に接続され、電力が供給される。室内イルミネーション804とヘッドランプスイッチ806はコネクタ119を介してコネクタボックス122に接続され、室内イルミネーション804には電力が供給され、ヘッドランプスイッチ806からは、テイル,ヘッドランプロウ,ヘッドランプハイ,パッシング信号が入力される。左テイルランプ812とライセンスランプ811は、コネクタ133を介し左後コネクタボックス135に接続され、電力が供給される。右テイルランプ810は、コネクタ127を介しコネクタボックス128に接続され、電力が供給される。このように、運転席付近に取り付けられているヘッドランプスイッチ806とフォグランプスイッチ805を左右のコネクタボックス108と122に振り分けて接続している。
【0035】図9にフロントワイパモータにおけるワイヤハーネスの回路図を示す。フロントワイパモータ901は、コネクタ107を介し左前コネクタボックス108に接続され、電力が供給される。ワイパースイッチ902はコネクタ111を介し左前コネクタボックス108に接続され、インターバル,ハイ,ロウ,ウォッシャオン信号が入力される。ウォッシャモータ903は、コネクタ120を介しコネクタボックス122に接続され、電源が供給される。ここでは、運転席側にあるワイパスイッチ902を助手席側のコネクタボックス108に接続している。図10にターンランプとコーナーリングランプにおけるワイヤハーネスの回路図を示す。左フロントターンランプ1001と左コーナーリングランプ1002は、コネクタ107を介し左前コネクタボックス108に接続され、電力が供給される。ハザードスイッチ1003はコネクタ111を介し左前コネクタボックス108に接続され、電力が供給される。右前ターンランプ1009と右コーナーリングランプ1008は、コネクタ120を介しコネクタボックス122に接続され、電力が供給される。ターンスイッチ1004は、コネクタ119を介しコネクタボックス122に接続され、ターン信号が入力される。メータ1007は、通信線712に接続され、ターン信号を多重信号より受信する。左後ターンランプ1005はコネクタ133を介し左後コネクタボックス135に接続され、電力が供給される。右後ターンランプ1006は、コネクタ127を介し右後コネクタボックス128に接続され、電力が供給される。ここでは、運転席側にあるハザードスイッチ1003を助手席側のコネクタボックス108に接続している。
【0036】図11にストップランプとハイマウントストップランプにおけるワイヤハーネスの回路図を示す。ストップランプスイッチ1104は、コネクタ119を介して右前コネクタボックス122に接続され、ブレーキ信号が入力される。左ストップランプ1101は、コネクタ133を介してコネクタボックス135に接続され、電力が供給される。右ストップランプ1120とハイマウントストップランプ1103は、コネクタ127を介し右後コネクタボックス128に接続され、電力が供給される。
【0037】図12にリモコンミラーにおけるワイヤハーネスの回路図を示す。左フェンダミラー1201は、コネクタ107を介し左前コネクタボックス108に接続され、電力が供給される。左ドアミラー1202は、コネクタ109を介し左前コネクタボックス108に接続され、電力が供給される。リモコンミラースイッチ1205は、コネクタ111を介しコネクタボックス108に接続され、ミラー調整信号が入力される。右フェンダミラー1206は、コネクタ120を介しコネクタボックス122に接続され、電力が供給される。右ドアミラー1203は、コネクタ121を介しコネクタボックス122に接続され、電力が供給される。アクセサリースイッチ1204はコネクタ199を介しコネクタボックス122に接続され、ACC信号が入力される。ここでは、運転席側にあるリモコンミラースイッチ1205を助手席側のコネクタボックス108に接続している。
【0038】図13にリアデフォッガとミラーヒータにおけるワイヤハーネスの回路図を示す。左ミラーヒータ1304は、コネクタ109を介し左前コネクタボックス108に接続され、電力が供給される。リアデフォッガスイッチ1305はコネクタ111を介して左前コネクタボックス108に接続され、リアデフォッガオン信号が入力される。エンジンコントロールユニット1301はワイヤtoワイヤコネクタ1302を介して、メータ1007は直接に、通信線712に接続することにより、リアデフォッガオン信号を多重通信線より受信し、エンジンコントロールユニットはアイドリング回転数のアップを、メータはリアデフインジゲータの点灯を行う。イグニッションスイッチ1303は、コネクタ119を介し右前コネクタボックス122に接続され、イグニッションスイッチオン信号が入力される。右ミラーヒータ1308は、コネクタ121を介し右前コネクタボックス122に接続され、電力が供給される。リアデフォッガ1307は、コネクタ127を介し右後コネクタボックス128に接続され、電力が供給される。ここでは、運転席側にあるリアデフォッガスイッチ1305を助手席側のコネクタボックス108に接続している。
【0039】図14にメータにおけるワイヤハーネスの回路図を示す。A/Tシフトポジションスイッチ1401は、エンジンコントロールユニット1301に接続され、A/Tのシフトポジションは多重信号で通信線712に出力される。オイルプレッシャースイッチ1403とスピードセンサ1404はワイヤtoワイヤコネクタ1406を介しメータ1007に接続され、オイルの油圧状態と車両の速度を伝達する。メータ1007は通信線712に接続され、A/Tシフトポジションスイッチ1401とブレーキフルードスイッチ1405とパーキングブレーキスイッチ1410と左シートベルトスイッチ1413と右シートベルトスイッチ1411と残燃料量センサ1415とイグニッションスイッチ1303とアクセサリースイッチ1204とヘッドランプスイッチ804の状態信号を取得する。ブレーキフルードスイッチ1405はコネクタ120を介し右前コネクタボックス122に接続され、ブレーキフルードウォーニング信号が入力される。パーキングブレーキスイッチ1410は、コネクタ119を介し右前コネクタボックス122に接続され、パーキングブレーキの状態が入力される。右シートベルトスイッチ1411はコネクタ139を介し右前コネクタボックス122に接続され、シートベルトの装着状態が入力される。残燃料量センサ1415は、コネクタ127を介し右後コネクタボックス128に接続され、残燃料量が入力される。左シートベルトスイッチ1413は、コネクタ122を介し左後コネクタボックス108に接続され、シートベルトの装着状態が入力される。
【0040】図15にワイパーディアイサにおけるワイヤハーネスの回路図を示す。ワイパーディアイサ1501はコネクタ107を介して左前コネクタボックス108に接続され、電力が供給される。ワイパディアイサスイッチ1502はコネクタ112を介し左前コネクタボックス108に接続され、ワイパディアイサオン信号が入力される。ここでは、運転席側にあるワイパディアイサ1502を助手席側のコネクタボックス108に接続している。
【0041】図16にトランクオープナとフューエルオープナにおけるワイヤハーネスの回路図を示す。トランク&フューエルオープナスイッチ1603はコネクタ119を介して右前コネクタボックス122に接続され、トランク及び給油口の蓋を開ける信号が入力される。トランクオープナ1601はコネクタ133を介して左後コネクタボックス135に接続され、電源が供給される。フューエルオープナ1602はコネクタ127を介して右後コネクタボックス128に接続され、電力が供給される。
【0042】図17にホーンにおけるワイヤハーネスの回路図を示す。左ホーン1701と右ホーン1702は、コネクタ107を介して左前コネクタボックス108に接続され、電力が供給される。ホーンスイッチ1703はコネクタ119を介して右前コネクタボックス122に接続され、ホーンオン信号が入力される。
【0043】図18にリアワイパにおけるワイヤハーネスの回路図を示す。リアワイパウォッシャモータ1801は、コネクタ120を介し右前コネクタボックス122に接続され、電力が供給される。リアワイパスイッチ1802は、コネクタ111を介し左前コネクタボックス108に接続され、リアワイパオン,リアワイパインターバル,ウォッシャオン信号が入力される。リアワイパモータ1803は、コネクタ127を介し右後コネクタボックス128に接続され、電力が供給される。
【0044】図7から図18に示したように、電装品とコネクタボックスの位置関係によらず、左右対称に配置されたコネクタボックスに、電装品に接続される電線を接続することにより、前記コネクタボックスの入力信号数と出力信号数と電源入力数及び電源分配数を調整することができる。
【0045】次にコネクタボックスの構造について説明する。
【0046】図19に左前コネクタボックス108と右前コネクタボックス122の構造を示す。ハウジング1905に駆動部基板1904と制御部基板1902と蓋1901が組み付けられることにより、該コネクタボックスは完成する。
【0047】コネクタ1905−a,b,c,d,eは、ワイヤハーネスと該コネクタボックスを接続する為のコネクタで、コネクタ1905−aは左前コネクタボックス108のコネクタ107及び右前コネクタボックス122のコネクタ120に、コネクタ1905−aは左前コネクタボックス108のコネクタ111及び右前コネクタボックス122のコネクタ119に、コネクタ1905−cは左前コネクタボックス108のコネクタ109及び右前コネクタボックス122のコネクタ121に、コネクタ1905−dは左前コネクタボックス108のコネクタ140及び右前コネクタボックス122のコネクタ140に、コネクタ1905−eは左前コネクタボックス108のコネクタ112及び右前コネクタボックス122のコネクタ139にあたり、コネクタボックスの側面に取り付けられる。コネクタ1905−fは制御部基板1902と接続するためのコネクタである。コネクタボックスからのステー1905−gは、コネクタボックスの側面に取り付けられ、車両にコネクタボックスを固定するために設けられている。
【0048】ヒューズボックス1903は、駆動部基板1904に搭載され1903−aに電力供給用コネクタが、1903−bにヒューズが接続される。
【0049】コネクタボックスの蓋1901に取り付けられた窓1901−aは、電源供給用コネクタの接続とヒューズ交換用の窓である。この窓に蓋を設けてもよい。
【0050】図20に左前コネクタボックス108と右前コネクタボックス122の内部回路のブロック構成図を示す。コネクタボックス2001は大きく分けて、制御部2003と駆動部2009から構成される。コネクタボックス2001に入力される入力信号2005は、入力回路2004を介し制御回路2002に伝えられる。該制御回路2002は入力信号2005と多重通信ドライバ2006を介して受信した制御信号とを処理し、駆動回路2011に駆動信号を出力して、負荷駆動電源2010を出力するとともに、他のコネクタボックスへ多重通信ドライバ2006を介して制御信号を伝送する。
【0051】負荷駆動電源2010から各負荷に供給される電力容量は負荷の種類によって異なるが、駆動回路2011内のスイッチング素子の許容電力容量を、コネクタボックスに接続される負荷の内の最大の負荷に合わせることにより駆動回路の共用化が図れる。
【0052】コネクタボックス2001に供給される電源は、ヒューズホルダ2008に供給され、該ヒューズホルダ2008から駆動回路2011と電源回路2007に供給される。電源回路2007は、通信ドライバ2006と制御回路2002と入力回路2004に電源を供給する。
【0053】図21に左前コネクタボックス108と右前コネクタボックス122内の各基板の接続構造及び搭載構造を示す。該コネクタボックスのハウジング1905に取り付けられるワイヤハーネス接続用のコネクタ1905−aの端子2104,2105の反対側はワイヤフレーム構造となっておりハウジング1905内で制御部1902と駆動部1904と接続される。制御部1902はコネクタ2102により、駆動部1904はワイヤボンディング2103で該ワイヤフレームそれぞれと接続される。制御部1902から駆動部1904への制御信号の伝達は光通信2012で行われる。例えば、制御部にLEDを設け、駆動部にフォトトランジスタを設けて通信を行う。制御部1902は蓋1901の突起2101により押さえられており、蓋1901でコネクタ2102の嵌合を確実なものとする。図22に蓋1901の固定法を示す。蓋1901はボルト2104でハウジング1905に固定される。
【0054】このとき、蓋1901が確実に閉まっていることを確認するために、ハウジング1905の底面に薄膜壁2105を設けている。ボルト2104を締め込んだときに該薄膜壁2105が破れることにより、ボルト2104の締結状態が確認でき、図21で説明したコネクタ2101の嵌合の確実化が図れる。
【0055】図23にヒューズホルダ1903の接続構造を示す。ヒューズホルダ1903は駆動部1904にはんだ2106によって接続される。また、該ヒューズホルダはボルト2301によって固定される。
【0056】図24,図25,図26に右前コネクタボックス108と左前コネクタボックス122の放熱構造を示す。コネクタボックス内には、例えばパワーMOS FET などの、負荷駆動素子が多数存在するため放熱が必要となる。コネクタボックスをボデーパネルに取り付けて車体に固定する方法を以下に説明する。固定方法は図24から図26において三通りの方法である。
【0057】車両のボデーパネル2403にスタッドボルト2401が固定される。該スタットボルト2401でコネクタボックスのハウジング1905を固定するためのステー2402が取り付けられている。なお本実地例では述べていないが、コネクタボックスをクリップで固定してもよいし、コネクタボックスをブラケットにはめ込むことにより固定してもよい。なお、ハウジング1905には蓋1901,制御部1902,駆動部1904,放熱板2405が組み付けられ、コネクタボックスが構成される。以下に、図24,図25,図26の異なる部分を説明する。
【0058】図24では、放熱板2405は、熱伝導部材2404を介し凹形状のボデーパネル2403に接触し、放熱が行われる。
【0059】図25では、放熱板2405は、熱伝導部材2404を介しボデーパネル2403の外側のボデーパネル2502に熱的に接続される。
【0060】図26では、放熱板2405は、熱伝導部材2404を介し平面形状のボデーパネル2401に熱的に接続される。
【0061】熱伝導部材2404は、ボデーパネルとコネクタボックスとの隙間を埋めて完全に密着させ、熱伝導度を向上させる為の緩衝材であるが、放熱性能が満足できる場合は前記熱伝導部材2404はなくともよい。
【0062】右前コネクタボックス108と左前コネクタボックス122においては、上記三つの内どの放熱構造を使用してもよい。
【0063】図27に右前コネクタボックス122の車両への搭載状態を示す。車両のAピラー2702はボデーパネル2403と2502によって構成され、該右前コネクタボックス122はボデーパネルパネル2403にボルト2401,2701によって固定される。なお本実地例では述べていないが、コネクタボックスをクリップで固定してもよいし、コネクタボックスをブラケットにはめ込むことにより固定してもよい。Aピラーの後部の空間2703は右前側ドアの開口部である。左前コネクタボックス108の搭載状態は右前コネクタボックス122の搭載状態と対称なので説明を割愛する。
【0064】このようにコネクタボックスを搭載することにより、放熱板を廃止しコネクタボックスの小型化が図れるので、Aピラーへのコネクタボックスの搭載が可能になり、左前コネクタボックス108と右前コネクタボックス122を車両上の左右対称位置に搭載する事ができる。
【0065】図28に右後コネクタボックス128の構造を示す。該コネクタボックス128は、ハウジング2801とフレキシブルプリント基板2807と蓋2809により構成される。フレキシブルプリント基板2807に接続されているコネクタ2804は、ハウジング2801の窓2902を通し右後ドアワイヤハーネス129と接続され、コネクタ2808はハウジング2801の窓2803を通し右フロアワイヤハーネス124と接続され、コネクタ2807はハウジング2801の窓2806を通し右ラゲージルームワイヤハーネス130と接続される。
【0066】左後コネクタボックス135については同様の構造なので説明を割愛する。
【0067】図29に左後コネクタボックス135と右後コネクタボックス128の内部回路のブロック構成図を示す。コネクタボックスの回路2901は前記フレキシブルプリント基板2807上に配線され、入力回路2902と制御回路2903と駆動回路2904と通信ドライバ2907と電源回路2908から構成される。コネクタボックス2901に入力される信号2906は、入力回路2902を介し制御回路2903に伝えられる。該制御回路2903は入力信号2906と多重通信ドライバ2907を介して受信した制御信号とを処理し、駆動回路2904に駆動信号を出力して、負荷駆動信号2905を出力するとともに、他のコネクタボックスへ多重通信ドライバ2907を介して制御信号を伝送する。負荷駆動電源2905から各負荷に供給される電力容量は負荷の種類によって異なるが、駆動回路2904内のスイッチング素子の許容電力容量を、コネクタボックスに接続される負荷の内の最大の負荷に合わせることにより駆動回路2904の共用化が図れる。
【0068】図30に右後コネクタボックス128の車両への搭載状態を示す。車両のBピラー3001に右後コネクタボックス128は搭載され、コネクタ1804はBピラーの窓3003を通し右後ドアワイヤハーネス129のコネクタ126に接続され、右フロアワイヤハーネス240のコネクタ125はコネクタ2808に接続され、右ラゲージルームワイヤハーネス130のコネクタ127はコネクタ2807に接続される。
【0069】左後コネクタボックス135と右後コネクタボックス128を図28から図30に示されるような構造にすることにより、搭載スペースの限られた車両前方から2番目以降のピラーにコネクタボックスを搭載することができる。また、フレキシブルプリント基板2807のコネクタ2804の折り目を反対側に折ることにより、左後コネクタボックス135と右後コネクタボックス128の回路基板を共用化することができる。
【0070】以上に説明したワイヤハーネスの回路構成とコネクタボックスの構造により、車両に左右対称に搭載されたコネクタボックスを共用化することができるので、コスト低減の効果がある。
【0071】
【発明の効果】以上本発明の車両用電気配線構造によれば、ワイヤハーネスを接続し信号及び電力の分配を行うコネクタボックスを共用化することができ、コストの削減及び品番点数の削減による管理工数の削減を行うことができる。
【出願人】 【識別番号】000005108
【氏名又は名称】株式会社日立製作所
【出願日】 平成11年6月21日(1999.6.21)
【代理人】 【識別番号】100075096
【弁理士】
【氏名又は名称】作田 康夫
【公開番号】 特開2001−1844(P2001−1844A)
【公開日】 平成13年1月9日(2001.1.9)
【出願番号】 特願平11−173696