Warning: copy(htaccessbak): failed to open stream: No such file or directory in /home/jtokkyo/public_html/header.php on line 10
自動車用防眩ミラー - 特開2001−1835 | j-tokkyo
トップ :: B 処理操作 運輸 :: B60 車両一般

【発明の名称】 自動車用防眩ミラー
【発明者】 【氏名】持塚 多久男

【要約】 【課題】低コストでインナーミラーとアウターミラー双方の防眩機能を実現する。

【解決手段】光量差検出回路54は周囲光センサ22で検出される周囲光量と後方光センサ24で検出される後方光量の光量差を検出する。EC素子駆動回路56は周囲光量に対する後方光量の増分が大きくなるに従いEC素子20の着色量を多くして反射率を低下させ、インナーミラー12を防眩状態にする。比較回路58は周囲光量に対する後方光量の増分が所定値以上に達すると、アウターミラー14,16の電動格納装置36,38または電動鏡面角度調整装置40,42を駆動して、後方からの入射光が運転者の視点に正反射しないようにして、アウターミラー14,16を防眩状態にする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】反射面の前面側にEC層を配置したEC素子でミラー本体が構成され、該EC素子の着色量に応じて反射率が変化するインナーミラーと、電動格納装置により格納、排出されるアウターミラーと、自動車の周囲光量を検出する周囲光センサと、該自動車の後方光量を検出する後方光センサと、前記周囲光量と前記後方光量との光量差を検出し、周囲光量に対する後方光量の増分が大きくなるに従い前記インナーミラーのEC素子の着色量を多くし、かつ該増分が所定値以上のときに前記電動格納装置を駆動して前記アウターミラーを通常の使用位置から後方からの入射光が運転者の視点に正反射しない方向に変位させる制御装置とを具備してなる自動車用防眩ミラー。
【請求項2】前記制御装置が、前記周囲光量と前記後方光量との光量差を検出する光量差検出回路と、該光量差に応じて前記インナーミラーのEC素子を駆動してその着色量を制御するものであって前記周囲光量に対する前記後方光量の増分が大きくなるに従い前記インナーミラーのEC素子の着色量を多くするEC素子駆動回路と、前記周囲光量に対する前記後方光量の増分が所定値以上かどうかを検出する比較回路と、該比較回路により前記増分が所定値以上であることが検出されたときに、前記電動格納装置を駆動して前記アウターミラーを通常の使用位置から後方からの入射光が運転者の視点に正反射しない方向に向けて変位させる電動格納装置駆動回路とを具備してなる請求項1記載の自動車用防眩ミラー。
【請求項3】前記光量差が所定値以上のときに前記アウターミラーを変位させる位置が格納位置である請求項1または2記載の自動車用防眩ミラー。
【請求項4】反射面の前面側にEC層を配置したEC素子でミラー本体が構成され、該EC素子の着色量に応じて反射率が変化するインナーミラーと、電動鏡面角度調整装置により鏡面の角度を調整するアウターミラーと、自動車の周囲光量を検出する周囲光センサと、該自動車の後方光量を検出する後方光センサと、前記周囲光量と前記後方光量との光量差を検出し、周囲光量に対する後方光量の増分が大きくなるに従い前記インナーミラーのEC素子の着色量を多くし、かつ該増分が所定値以上のときに前記電動鏡面角度調整装置を駆動して前記アウターミラーの鏡面の角度を後方からの入射光が運転者の視点に正反射しない方向に変化させる制御装置とを具備してなる自動車用防眩ミラー。
【請求項5】前記制御装置が、前記周囲光量と前記後方光量との光量差を検出する光量差検出回路と、該光量差に応じて前記インナーミラーのEC素子を駆動してその着色量を制御するものであって前記周囲光量に対する前記後方光量の増分が大きくなるに従い前記インナーミラーのEC素子の着色量を多くするEC素子駆動回路と、前記周囲光量に対する前記後方光量の増分が所定値以上かどうかを検出する比較回路と、該比較回路により前記増分が所定値以上であることが検出されたときに、前記電動鏡面角度調整装置を駆動して前記アウターミラーの鏡面の角度を後方からの入射光が運転者の視点に正反射しない方向に変化させる電動鏡面角度調整装置駆動回路とを具備してなる請求項4記載の自動車用防眩ミラー。
【請求項6】前記周囲光センサ、後方光センサ、制御装置が、前記インナーミラーに配設されている請求項1から5のいずれかに記載の自動車用防眩ミラー。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、自動車用防眩ミラーに関し、低コストでインナーミラーとアウターミラー双方の防眩機能を実現したものである。
【0002】
【従来の技術】インナーミラーとアウターミラーの双方に防眩機能を持たせた自動車用防眩ミラーとして、インナーミラー、アウターミラーのミラー本体を反射面の前面側にEC(Electro chromic )膜を配置したEC素子でそれぞれ構成し、インナーミラーに周囲光センサ、後方光センサおよび制御装置を配置し、両センサの検出値に応じて制御装置でインナーミラー、アウターミラーのEC素子の着色量を共通に制御するようにしたものが実用化されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】前記従来の自動車用防眩ミラーでは、インナーミラー、アウターミラーの双方にEC素子が必要となるため、コストが高くついていた。この発明は前記従来の技術における問題点を解決して、低コストでインナーミラーとアウターミラー双方の防眩機能を実現した自動車用防眩ミラーを提供しようとするものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】この発明は、反射面の前面側にEC層を配置したEC素子でミラー本体が構成され、該EC素子の着色量に応じて反射率が変化するインナーミラーと、電動格納装置により格納、排出されるアウターミラーと、自動車の周囲光量を検出する周囲光センサと、該自動車の後方光量を検出する後方光センサと、前記周囲光量と前記後方光量との光量差を検出し、周囲光量に対する後方光量の増分が大きくなるに従い前記インナーミラーのEC素子の着色量を多くし、かつ該増分が所定値以上のときに前記電動格納装置を駆動して前記アウターミラーを通常の使用位置から後方からの入射光が運転者の視点に正反射しない方向に変位させる制御装置とを具備してなるものである。
【0005】この場合、制御装置は例えば、前記周囲光量と前記後方光量との光量差を検出する光量差検出回路と、該光量差に応じて前記インナーミラーのEC素子を駆動してその着色量を制御するものであって前記周囲光量に対する前記後方光量の増分が大きくなるに従い前記インナーミラーのEC素子の着色量を多くするEC素子駆動回路と、前記周囲光量に対する前記後方光量の増分が所定値以上かどうかを検出する比較回路と、該比較回路により前記増分が所定値以上であることが検出されたときに、前記電動格納装置を駆動して前記アウターミラーを通常の使用位置から後方からの入射光が運転者の視点に正反射しない方向に向けて変位させる電動格納装置駆動回路とを具備して構成することができる。光量差が所定値以上のときにアウターミラーを変位させる位置としては、例えば格納位置に定めることができる。
【0006】また、この発明は、反射面の前面側にEC層を配置したEC素子でミラー本体が構成され、該EC素子の着色量に応じて反射率が変化するインナーミラーと、電動鏡面角度調整装置により鏡面の角度を調整するアウターミラーと、自動車の周囲光量を検出する周囲光センサと、該自動車の後方光量を検出する後方光センサと、前記周囲光量と前記後方光量との光量差を検出し、周囲光量に対する後方光量の増分が大きくなるに従い前記インナーミラーのEC素子の着色量を多くし、かつ該増分が所定値以上のときに前記電動鏡面角度調整装置を駆動して前記アウターミラーの鏡面の角度を後方からの入射光が運転者の視点に正反射しない方向に変化させる制御装置とを具備してなるものである。
【0007】この場合、制御装置は例えば、前記周囲光量と前記後方光量との光量差を検出する光量差検出回路と、該光量差に応じて前記インナーミラーのEC素子を駆動してその着色量を制御するものであって前記周囲光量に対する前記後方光量の増分が大きくなるに従い前記インナーミラーのEC素子の着色量を多くするEC素子駆動回路と、前記周囲光量に対する前記後方光量の増分が所定値以上かどうかを検出する比較回路と、該比較回路により前記増分が所定値以上であることが検出されたときに、前記電動鏡面角度調整装置を駆動して前記アウターミラーの鏡面の角度を後方からの入射光が運転者の視点に正反射しない方向に変化させる電動鏡面角度調整装置駆動回路とを具備して構成することができる。なお、いずれの発明においても、周囲光センサ、後方光センサ、制御装置は例えばインナーミラーに配設することができる。
【0008】この発明によれば、周囲光量と後方光量の光量差に応じて、インナーミラーはEC素子の着色量を変化させて防眩状態を得、アウターミラーは電動格納装置または電動鏡面角度調整装置を駆動して後方からの入射光が運転者の視点に正反射しない方向に変位させて防眩状態を得ている。したがって、アウターミラーについて電動格納装置あるいは電動鏡面角度調整装置を本来の目的以外に防眩機能に兼用するのでEC素子が不要になり、低コストでインナーミラー、アウターミラー双方の防眩機能を実現することができる。
【0009】
【発明の実施の形態】この発明の実施の形態を以下説明する。図2にこの発明を適用した自動車の概要を示す。自動車10の車内の天井部11にはインナーミラー12が配設され、車外の車体部13の左右にはアウターミラー14,16(ここではドアミラー)が配設されている。インナーミラー12はハウジング18の開口部にはめ込まれたミラー本体20がEC素子で構成されている。ハウジング18には周囲光センサ22と後方光センサ24がそれぞれ所定の方向に向けて配設されている。ハウジング18内には制御装置26が配設されている。
【0010】アウターミラー14,16は電動格納ミラーおよび(または)電動鏡面角度調整ミラーとして構成されている。ハウジング28,30の開口部には、ミラー本体32,34(非EC素子。すなわち基板に反射膜を形成した通常のミラー)が鏡面角度調整可能に配設されている。ハウジング28,30内には、電動格納装置36,38および(または)電動鏡面角度調整装置40,42が配設されている。インナーミラー12のハウジング18内に配置された制御装置26は周囲光センサ22および後方光センサ24の検出信号に応じて、EC素子20の着色量を制御するとともに、電気ケーブル25を介して左右のアウターミラー14,16の電動格納装置36,38または電動鏡面角度調整装置40,42を制御する。なお、電動格納装置36,38、電動鏡面角度調整装置40,42は、当然のことながら、それぞれの操作手段(図示せず)の操作に応じて通常どおりの電動格納排出動作、電動鏡面角度調整動作を行うことができる。
【0011】インナーミラー12の側面断面構造を図3に示す。インナーミラー12はステー44で車内の天井部11に取り付けられている。ステー44の下端部にはハウジング18が角度調整自在に取り付けられている。ハウジング18内の開口部には、EC素子で構成されるミラー本体20がはめ込まれている。EC素子20は例えば2枚の基板46,48間にEC層50を挟み込み、基板48の背面に金属膜等で反射面52を形成して構成される。EC層50の着色量を変化させることにより反射率が変化し、着色量を多くすることにより防眩状態が得られる。
【0012】ハウジング18には自動車10の周囲光量を検出する周囲光センサ22が自動車10の前方(あるいは側方等)に向けて配設され、後方光量を検出する後方光センサ24が自動車10の後方に向けて配設されている。これら光センサ22,24はフォトダイオードやCdS等で構成される。ハウジング18内の空間には、制御装置26が配設されている。制御装置26は、周囲光センサ22および後方光センサ24の検出信号に応じて、インナーミラー12についてはEC素子20の着色量を制御し、アウターミラー14,16については電気ケーブル25を介して電動格納装置36,38または電動鏡面角度調整装置40,42を駆動して防眩状態を実現する。
【0013】制御装置26の具体例を図1に示す。光量差検出回路54は後方光センサ24の受光量と周囲光センサ22の受光量との光量差を検出する。EC素子駆動回路56は該光量差に応じてEC素子20を駆動する。すなわち、周囲光量に対する後方光量の増分が大きくなるに従いEC素子20の着色量を多くして反射率を低下させて防眩状態を得る。比較回路58は周囲光量に対する後方光量の増分が所定値以上になると、電動格納装置駆動回路60により電動格納装置36,38を駆動して、アウターミラー14,16を図4(a)の通常の使用位置から図4(b)の格納位置に格納する。これにより、後方からの入射光64は運転者の視点66に正反射しなくなり、防眩状態を得る。前記増分が所定値以下に低下すると、アウターミラー14,16は図4(a)の通常の使用位置に戻される。
【0014】電動格納装置36,38に代えて電動鏡面角度調整装置40,42を動作させて防眩状態を得る場合は、図1において電動格納駆動装置駆動回路60に代えて電動鏡面角度調整装置駆動回路62を用意する。そして、比較回路58は周囲光量に対する後方光量の増分が所定値以上になると、電動鏡面角度調整装置駆動回路62により電動鏡面角度調整装置40,42を駆動して、アウターミラー14,16の鏡面角度を図5(a)の通常の使用時の角度から図5(b)の別の角度に強制的に変化させる(上下左右いずれの方向に変化させても可)。これにより、後方からの入射光64は運転者の視点66に正反射しない方向に向けられて防眩状態を得る。前記増分が所定値以下に低下すると、アウターミラー14,16の鏡面角度は図5(a)の元の位置に戻される。
【0015】なお、前記実施の形態では電動格納装置で防眩状態を得る場合に、アウターミラー14,16を格納位置に格納するようにしたが、格納位置よりも手前で停止させるようにすることもできる。また、アウターミラー14,16を外方向(格納方向と逆方向)に変位させることもできる。また、前記実施の形態では制御装置をすべてインナーミラー内のハウジング内に配置したが、インナーミラーのハウジング内とアウターミラーのハウジング内に分けて配置したり、これらハウジング内以外の箇所に配置することもできる。また、光センサをインナーミラー以外の部分に配置することもできる。
【出願人】 【識別番号】000148689
【氏名又は名称】株式会社村上開明堂
【出願日】 平成11年6月18日(1999.6.18)
【代理人】 【識別番号】100090228
【弁理士】
【氏名又は名称】加藤 邦彦
【公開番号】 特開2001−1835(P2001−1835A)
【公開日】 平成13年1月9日(2001.1.9)
【出願番号】 特願平11−172010