トップ :: B 処理操作 運輸 :: B60 車両一般

【発明の名称】 車両の懸架装置
【発明者】 【氏名】早坂 善広

【要約】 【課題】安価な機構で車軸位置の調整作業が容易にできるようにした車両の懸架装置を提供する。

【解決手段】車軸が取り付けられたリーフスプリング4の端部9を、前後位置調整機構11を介して、車体のフレームに固着されたメインハンガー2に固定した。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 車軸が取り付けられたリーフスプリングの端部を、前後位置調整機構を介して、車体のフレームに固着されたメインハンガーに固定したことを特徴とする車両の懸架装置。
【請求項2】 メインハンガーの表面に連結ボルトガイドブロックを回転可能に装着し、リーフスプリングの端部を枢着する連結ボルトを前記連結ボルトガイドブロックの回転中心から外れた位置に貫通して前後位置調整機構としたことを特徴とする請求項1に記載の車両の懸架装置。
【請求項3】 メインハンガーに車両の前後方向に長い長孔を穿設し、連結ボルトガイドブロックには連結ボルトの頭部を回転不能に挟持する溝を形成し、連結ボルトの頭部を前記溝に嵌合させて該連結ボルトを前記長孔に貫通させたことを特徴とする請求項2に記載の車両の懸架装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、トレーラー等に使用する車両の懸架装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】図7は、トレーラー等に使用されている従来の車両の懸架装置の一例を示す側面図であって、車体の下側に取り付けられているフレーム1には、下方に向けてメインハンガー2が固着されており、このメインハンガー2には、中間部に車軸3が取り付けられているリーフスプリング4の前端が連結ボルト5により枢着されていて、リーフスプリング4の後端とフレーム1との間にはエアスプリング6が取り付けられている。
【0003】このままではメインハンガー2の取付位置のバラツキや部品の寸法のバラツキからフレーム1と車軸3との直角度が保持できず、トレーラー本体等の車体が斜め方向に走行して、タイヤの偏磨耗や直進安定性が悪化し、さらにはトラクタヘッドとの連結状態での操縦安定性に影響することがある。そのためトレーラー等の懸架装置におていは、メインハンガー2と車軸3との間に、長さが自由に調整できるターンバックル等のアジャスタブル機構7を設けている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、図7に示す従来の車両の懸架装置は、メインハンガー2と車軸3との間に、リーフスプリング4とは別個にターンバックル等のアジャスタブル機構7を設ける必要があるため部品点数が増加して価格が高くなり、またアジャスタブル機構7の長さ調整作業に手間がかかる問題があった。
【0005】本発明は、このような従来の問題を解消し、安価な機構で車軸位置の調整作業が容易にできるようにした車両の懸架装置を提供することを目的とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】請求項1の発明は、車軸が取り付けられたリーフスプリングの端部を、前後位置調整機構を介して、車体のフレームに固着されたメインハンガーに固定したことを特徴とする車両の懸架装置に係るもので、メインハンガーと車軸との間にはリーフスプリングを設けるだけで構成が簡単になり、前後位置調整機構により、車軸位置の調整作業が容易にできるようになる。
【0007】請求項2の発明は、メインハンガーの表面に連結ボルトガイドブロックを回転可能に装着し、リーフスプリングの端部を枢着する連結ボルトを前記連結ボルトガイドブロックの回転中心から外れた位置に貫通して前後位置調整機構としたことを特徴とする請求項1に記載の車両の懸架装置に係るもので、連結ボルトガイドブロックを回転するだけでリーフスプリングの端部を枢着する連結ボルトの位置が変わり、車軸位置の調整作業ができることになる。
【0008】請求項3の発明は、メインハンガーに車両の前後方向に長い長孔を穿設し、連結ボルトガイドブロックには連結ボルトの頭部を回転不能に挟持する溝を形成し、連結ボルトの頭部を前記溝に嵌合させて該連結ボルトを前記長孔に貫通させたことを特徴とする請求項2に記載の車両の懸架装置に係るもので、連結ボルトの頭部を回すと連結ボルトガイドブロックが回転するため、特殊な工具を使用せずに車軸位置の調整作業ができることになる。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を、図に基づいて説明する。
【0010】図1は、本発明の車両の懸架装置に使用する前後位置調整機構の実施形態の一例を示す側面図、図2は図1のII−II断面図であって、車体の下側に取り付けられている図示しないフレームに固着されているメインハンガー2の表面には、次に詳細に説明するように円盤状の連結ボルトガイドブロック8が回転可能に装着されるようになっていて、この連結ボルトガイドブロック8の回転中心から外れた位置には、リーフスプリング4の端部9を枢着する連結ボルト10を貫通することができるようになっている。上述した連結ボルトガイドブロック8並びに連結ボルト10は、後述するようにリーフスプリング4の端部9の位置を調整する前後位置調整機構11を構成するものである。
【0011】メインハンガー2のリーフスプリング4の端部9を枢着すべき位置には、図3に示すように車両の前後方向に長い長孔12が穿設されていて、メインハンガー2の長孔12に対して前後の位置には、前述した円盤状の連結ボルトガイドブロック8の直径に等しい寸法だけ離して、1対の位置決め凸部13が突設されている。
【0012】図4は、連結ボルトガイドブロック8の実施形態の一例を示す側面図、図5は、図4を左方から見た正面図であって、連結ボルトガイドブロック8の円盤状の中心から外れた位置には、連結ボルト10(図1、図2参照)の軸部を密に貫通させることができる貫通孔14が穿設されている。そして連結ボルトガイドブロック8の表面には、連結ボルトガイドブロック8の円盤状の中心と貫通孔14の中心とを結ぶ中心線15を中心とする溝16が形成されている。この溝16の幅は、図1に示すように、連結ボルト10の多角形の頭部17の相対する辺を密に挟持できる寸法になっている。
【0013】連結ボルトガイドブロック8の背面には、図5に示すように、連結ボルトガイドブロック8に穿設されている貫通孔14を中心するボス部18が突設されている。このボス部18の外径の寸法は、図3に示すメインハンガー2の長孔12の上下方向の間隔に対し微小寸法だけ小さくなっていて、ボス部18が長孔12に嵌入した状態では、長孔12の水平縁の長さ19だけボス部18を長孔12に対して水平方向に移動させることができるようになっている。
【0014】上述した図4、図5の連結ボルトガイドブロック8ならびに図1、図2の連結ボルト10を用いて前後位置調整機構11を組み付ける際には、図2に示すように連結ボルトガイドブロック8のボス部18をメインハンガー2の表面側から長孔12に嵌入し、連結ボルトガイドブロック8を図1に示すように1対の位置決め凸部13の間に嵌め込む。
【0015】次に、図2に示すようにリーフスプリング4の端部9をメインハンガー2の間に差し込むと共に、連結ボルトガイドブロック8の貫通孔14(図4、図5参照)とリーフスプリング4の端部9とに連結ボルト10を貫通させ、更に図1に示すように連結ボルト10の頭部17を連結ボルトガイドブロック8表面の溝16に嵌め、連結ボルト10の先端を図2に示すようにメインハンガー2の背面側の長孔12に通してスリーブ20とワッシャ21とを嵌め、ナット22を螺合して仮締めする。
【0016】この状態で連結ボルト10の頭部17にレンチ或いはボックススパナ等を嵌めて連結ボルト10を回すと、連結ボルト10の頭部17を密に挟持している溝16を介して、図6に示すように円盤状の連結ボルトガイドブロック8が1対の位置決め凸部13の間で回動する。この際連結ボルトガイドブロック8背面のボス部18は、メインハンガー2に穿設されている長孔12の水平縁の長さ19(図3参照)の範囲で車両の前後方向に移動する。
【0017】ボス部18の前後方向移動に伴い、連結ボルト10も共に前後方向に移動してリーフスプリング4の端部9(図1参照)を前後方向に変位させ、リーフスプリング4の中間部に取り付けられている図示しない車軸の位置を調整して、フレームと車軸との直角度を保持させることができ、連結ボルトガイドブロック8並びに連結ボルト10は前後位置調整機構11の働きを達成する。
【0018】車軸の位置を調整した後は、図6に示すように溶接23等の手段で連結ボルトガイドブロック8をメインハンガー2に接合し、図2に示すナット22を締め付ける。ナット22締め付けの際には、連結ボルト10の頭部17が連結ボルトガイドブロック8の溝16に挟持されていて回転しないため、ナット22の締め付け作業を非常に楽に行うことができる。
【0019】
【発明の効果】請求項1の発明は、前後位置調整機構を設けるだけの簡単且つ安価な機構で、車軸位置の調整作業を容易に行える効果がある。
【0020】請求項2の発明は、連結ボルトガイドブロックを回転するだけでリーフスプリングの端部を枢着する連結ボルトの位置が変わり、簡単に車軸位置の調整作業ができる効果がある。
【0021】請求項3の発明は、連結ボルトを回転させることにより連結ボルトガイドブロックが回動して車軸位置の調整が行えるため、特殊な工具や技能を必要とせず、レンチ或いはボックススパナ等の一般に使用されている工具で車軸位置の調整作業を容易に行える効果がある。
【出願人】 【識別番号】000176833
【氏名又は名称】三菱製鋼株式会社
【出願日】 平成11年6月23日(1999.6.23)
【代理人】 【識別番号】100078994
【弁理士】
【氏名又は名称】小松 秀岳 (外2名)
【公開番号】 特開2001−1728(P2001−1728A)
【公開日】 平成13年1月9日(2001.1.9)
【出願番号】 特願平11−177205