トップ :: H 電気 :: H04 電気通信技術

【発明の名称】 携帯電話用クリップ
【発明者】 【氏名】脇屋 正則

【要約】 【課題】携帯電話への装着が容易で、かつ、使い勝手の良好な携帯電話用クリップの提供を目的とする。

【解決手段】金属薄板材により形成され、裏面に粘着テープ1を貼り付けた平面状の基部2と、基部2の先端を折り返した覆い片3とにより挟み付け部4を形成するとともに、前記覆い片3と基部2の双方から挟み付け部4側に膨隆部5を押し出してなり、基部2を携帯電話6の背面壁6aに粘着テープ1を使用して接着する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】金属薄板材により形成され、裏面に粘着テープを貼り付けた平面状の基部と、基部の先端を折り返した覆い片とにより挟み付け部を形成するとともに、前記覆い片と基部の双方から挟み付け部側に膨隆部を押し出してなり、基部を携帯電話の背面壁に粘着テープを使用して接着する携帯電話用クリップ。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は携帯電話用クリップに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、携帯電話がポケット等から不用意に落ちないようにするための携帯電話用クリップとしては、合成樹脂材により形成されたものが提案されている。しかし、合成樹脂材は長期の使用によりクリープ等が発生しやすく、保持力が弱くなったり、あるいは挟み付け部の破損が生じやすいという欠点を有する。また、携帯電話の背面壁は機種により異なった曲率面を有しているが、合成樹脂材は塑性変形能が少ないために、背面壁に完全に沿わせた状態で接合することができず、機種汎用性に劣る。
【0003】一方、金属板材を使用したクリップとしては、図4に示すものが提案されている。このクリップは基部2の先端から覆い片3を折り返したもので、基部2と覆い片3と覆い片3の終端部はほぼ面当たりして基部2と覆い片3との間に形成される挟み付け部4を閉塞する。
【0004】しかし、このクリップを携帯電話用クリップとして利用する場合には、挟み付け部4の差し込み口7は面当たり状態にあるために、ポケット等に差し込みにくく、使い勝手が悪いという欠点がある。これを解消するために、覆い片3の先端の折り返し部7aの折り返し高さ7hを高くすることも可能であるが、この場合には、ポケット等に差し込んだ状態で折り返し部が鋭利にポケットから飛び出す状態となるために、安全性に問題が生じる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は以上の欠点を解消すべくなされたもので、携帯電話への装着が容易で、かつ、使い勝手の良好な携帯電話用クリップの提供を目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明によれば上記目的は、金属薄板材により形成され、裏面に粘着テープ1を貼り付けた平面状の基部2と、基部2の先端を折り返した覆い片3とにより挟み付け部4を形成するとともに、前記覆い片3と基部2の双方から挟み付け部4側に膨隆部5を押し出してなり、基部2を携帯電話6の背面壁6aに粘着テープ1を使用して接着する携帯電話用クリップを提供することにより達成される。
【0007】携帯電話用クリップは金属薄板材を折曲して形成され、基部2の背面に設けた粘着テープ1により携帯電話6の背面壁6aに接着して使用する。金属薄板材を使用することにより、携帯電話6の背面壁6aが曲率面であっても、容易にこの曲率面に沿うように変形させることができ、異なった機種の携帯電話6であっても使用することができる。挟み付け部4の差し込み口7は覆い片3と基部2の双方から膨隆される膨隆部5の頂部同士が当接するために、予め開放されており、容易にポケット等に差し込むことができる。また、差し込み口7の開放は膨隆部5同士の当接により行われ、覆い片3全体はほぼ基部2に対して平行となっているために、ポケット等に差し込んだ際に鋭角に飛び出すこともなく、安全性が高い。加えて、膨隆部5は基部2と覆い片3の双方から押し出されるために、押し出し寸法を少なくすることができるために、加工時の材料割れ等が発生することがなく製造歩留まりが向上する。
【0008】
【発明の実施の形態】図1に示すように、携帯電話用クリップAは金属薄板材に折曲加工を施して形成される。金属板材としては、ばね用ステンレス鋼、あるいは硬質ステンレス鋼等が使用される。基部2を携帯電話6の背面壁6aに沿わせて容易に変形させることができるように、板厚は0.5mm程度が望ましい。
【0009】平面状に形成される基部2の背面部には両面粘着テープ1が貼着され、粘着面には離型紙8が貼られる。後述するように、ポケットの深さにより携帯電話6への取り付け高さを調整できるように、粘着テープ1は基部2の上端からやや下方、すなわち、図1において寸法Hだけ下方に上端縁が位置する部位に配置するのが望ましい。また、基部2の下端には背面側に向けて折曲部9が折り曲げられ、携帯電話6への接着時に携帯電話6の背面壁6aとの間に隙間が生じるのを防止する。折曲部9の折り曲げ高さ9hは粘着テープ1の粘着層の厚さ1tよりやや小寸とされ、接着時の携帯電話6の背面壁6aとの干渉が防止される。この折曲部9は基部2下端の狭い領域(この実施の形態においてはH2=2mm程度)に形成されることにより、当該折曲部9の剛性が相対的に高められており、利用者が基部2全体を携帯電話6の背面壁6aに沿わせて変形させた場合にも、基部2の下端が携帯電話6の背面壁6aにほぼ当接する状態を保証する。
【0010】基部2の上端部は所定の曲率半径Rで折り返されて覆い片3が形成され、基部2と覆い片3により挟み付け部4が構成される。覆い片3は、基部2に対してほぼ平行な平面に形成され、その下端は基部2の下端縁からやや上方に位置する。
【0011】また、基部2と覆い片3の双方には半球形状の膨隆部5が押し出されて挟み付け部4を閉塞する。膨隆部5は基部2、および覆い片3の双方に打ち出し加工を施して形成される。膨隆部5は覆い片3の下端3aより下端頂部5aがやや上方に位置するように配置される。なお、この実施の形態において、双方の膨隆部5は同一寸法に形成されるが、飛び出し高さ、あるいは曲率を相違させることも可能である。
【0012】以上のように構成される携帯電話用クリップAは、装着する携帯電話6の背面壁6aに沿うように基部2を手で変形させた後、離型紙8を剥がして携帯電話6の背面壁6aに接着して使用する。ポケット等に差し込んで使用する場合には、図2に示すように、ポケット10の下縁10aに携帯電話6の下縁が触れ、あるいは少し浮いた状態でポケット10の上縁を把持できる位置に接着位置を調整する。粘着テープ1は上縁が基部2の上縁から下がった位置に配置されているために、携帯電話用クリップAを上方にずらせて接着しても粘着部が外部に露出することはない。ポケット10に携帯電話6を入れた状態で膨隆部5はポケット10の布を挟持し、不用意な携帯電話6の落下を防止する。
【0013】なお、膨隆部5は挟み付け部4の内方に突出することにより、挟み付け部4の上部領域に閉じられた空間を形成するものであるから、上述したように膨隆部5により布等を挟み付けて携帯電話6を保持する以外、例えば、図3に示すように、ベルト11、あるいはベルト通し等を利用して携帯電話6を保持することができる。すなわち、この場合、図3(b)に示すように、挟み付け部4内にベルト11、あるいはベルト通しが収容され、その出口が膨隆部5により遮られた状態となって落下を防止できる。
【0014】
【発明の効果】以上の説明から明らかなように、本発明によれば、携帯電話への装着が容易で、かつ、使い勝手を良好にすることができる。
【出願人】 【識別番号】594149608
【氏名又は名称】有限会社アトズム
【出願日】 平成10年7月15日(1998.7.15)
【代理人】 【識別番号】100093986
【弁理士】
【氏名又は名称】山川 雅男
【公開番号】 特開2000−32101(P2000−32101A)
【公開日】 平成12年1月28日(2000.1.28)
【出願番号】 特願平10−200117