トップ :: D 繊維 紙 :: D01 天然または人造の糸または繊維;紡績

【発明の名称】 異種生糸複合糸の製造方法および異種生糸複合糸
【発明者】 【氏名】松本 陽一

【要約】 【課題】

【解決手段】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 異種生糸複合糸の芯糸となる生糸、すなわち供給糸に所定の張力を付与し、あるいは繰糸機の繰解槽部で槽液温度を調節することにより、芯糸となる繭糸に所定の繰糸張力を付与することを特徴とする、異種生糸複合糸の製造方法。
【請求項2】 異蚕種生糸を芯糸および鞘糸として、包み込むように加撚した異種生糸複合糸。
【請求項3】 異蚕種生糸を芯糸およびカバーリング糸として、加撚した異種生糸複合糸。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、複合生糸の製造方法に関し、特にたとえばコア糸またはカバード糸を製造するのに用いられる、異種生糸複合糸の製造方法および異種生糸複合糸に関する。
【0002】
【従来の技術】通常の生糸は、同一蚕種、特に家蚕の繭糸を何本か抱合させて、1本の糸としたものである。一方、従来の技術としては、複合糸や複合生糸の製造方法および装置(たとえば特開昭63−282304、特開昭62−69814)、網状複合生糸(特開昭62−33839)、複合纏絡方法(特開昭61−258042)などが知られているが、その製造方法においては、幾何学的な糸構造から得られる各層に必要な径路長を考慮した積極的かつ正確な糸張力の制御を行おうとせずに、芯糸を供給しているため、複合糸中における各層の糸の位置が不安定となり、均一に被覆することが困難となっている。また、従来のハイブリッドシルクやスーパーハイブリッドシルクの製造法では、エアージェットノズルの装着により高速空気渦流を発生させ、あるいはエアージェットノズル未装着のままに高速で、化学繊維を芯糸として、その周りに家蚕の繭糸を絡みつかせた交絡複合糸を製造するものである。したがって、家蚕生糸では単一の特性であり、この家蚕生糸の特性に化学繊維の機能性を組み込んだ交絡複合糸では、異種繊維の摩擦係数の大きな差異のために、糸の実際強力と単純な複合則から予想される理論強力との偏差値が大きく、また両糸の光沢の違いから化学繊維が生糸本来の光沢、特に底光りを阻害する欠点をもっている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】これに対して、本発明の異蚕種生糸複合糸は、ともに天然素材である異蚕種生糸の組み合わせであるために、それぞれの生糸の特性や光沢、ならびに風合いを損なうことなく、本来の糸強力を十分に発揮でき、相互に補完しあって独特の光沢と風合いをもつ新規複合生糸である。また、異蚕種生糸を芯糸と鞘糸、あるいはカバーリング糸とするコア糸やカバード糸を簡単にかつ安定的に製造できる、異種生糸複合糸の製造方法および異種生糸複合糸を提供することを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記課題は、異蚕種繭糸の繰糸時において、芯糸と鞘糸、あるいはカバリング糸との間に張力差を発生させるために、芯糸となる供給糸に所定の張力を付与するテンサ等の張力付与手段、あるいは繰糸機の繰解槽部において槽液温度を調節することにより、芯糸となる繭糸に所定の繰糸張力を付与するヒータ等の温度調整手段を設け、芯糸となる糸に所定の張力を付与して、芯糸と鞘糸、あるいはカバリング糸を撚り合わせ、巻き取ることによって、異種生糸複合糸であるコア糸、ならびに異種生糸複合糸であるカバード糸が製造できるようになった。
【0005】
【作用】本発明は、同一蚕種の繭糸で構成した生糸、たとえば家蚕生糸を芯糸に、他蚕種の繭糸で構成した生糸、たとえば野蚕生糸を鞘糸、あるいはカバリング糸として撚り合わせ被覆することを特徴とする異種生糸複合糸の製造方法および異種生糸複合糸、すなわちコア糸またはカバー糸からなるものであり、それぞれの生糸の欠点を補いかつ長所を生かした特性、ならびに独特の光沢と風合いを有する複合生糸が得られる。
【0006】
【実施例】以下、本発明の異種生糸複合糸の製造方法および異種生糸複合糸の具体的な構成を実施例に基づいて説明すると共に、その特性を説明する。
【0007】実施例1第1図に示すこの実施例の異種生糸複合糸の製造方法は、それぞれ所定の温度と処理時間で煮繭した異蚕種の原料繭、特にここでは家蚕繭群1および天蚕繭群2をそれぞれ所定の繊維含有割合で、機台中の異なる繰解槽部3および3’に入れた繭糸繰糸時において、家蚕繭群1の繭糸はケンネル撚り掛け部13とガイドローラ6を通ることによって家蚕生糸7となった後、家蚕生糸は供給糸7’としてテンサ等の張力付与手段9を介し、天蚕繭群2の繰解槽3’中に通し、天蚕生糸と一緒に繰糸して、天蚕生糸が家蚕生糸を包み込むように加撚し、巻取りローラ10で巻取ることによって、異蚕種の原料繭から1回の繰糸工程で、天蚕・家蚕の異種生糸複合糸8を得ることができた。
【0008】実施例2第2図に示したこの実施例の異種生糸複合糸の製造方法は、前記実施例1に示した製造方法において、家蚕繭による生糸の作成部を省略して、予め作製され供給ボビン10等に巻き取られた他蚕種の生糸、特にここでは家蚕生糸、を供給糸として使用し、テンサ等の張力付与手段9’を介し、天蚕繭群の繰解槽中に通して、天蚕生糸と一緒に繰糸し、加撚し、巻取りローラで巻取ることによって、天蚕・家蚕の異種生糸複合糸を得ることもできた。
【0009】実施例3第3図に示したこの実施例の異種生糸複合糸の製造方法は、前記実施例1に示した製造方法において、異蚕種の原料繭それぞれの繰解槽中に、繭糸に所定の繰糸張力を付与するヒータ等の温度調整手段11を備えることによっても、天蚕・家蚕の異種生糸複合糸を得ることができた。
【0010】前記実施例1〜3に示した製造方法において、家蚕繭および天蚕繭それぞれの煮繭温度と煮繭時間や、繊維含有割合、あるいは供給糸付与張力の調整によって、それぞれ異なる天蚕・家蚕の異種生糸複合糸、すなわちコア糸あるいはカバード糸が製造できた。家蚕繭および天蚕繭、それぞれの煮繭温度と煮繭処理時間や、繊維含有割合、あるいは供給糸付与張力を調整した場合に、製造できる異種生糸複合糸の具体的な種類を実施例4〜11に基づいて説明する。
【0011】実施例4家蚕繭および天蚕繭、両繭をそれぞれ通常の煮繭温度と煮繭時間で処理した場合には、繊維含有割合、あるいは供給糸付与張力の調整によらず、家蚕生糸および天蚕生糸を撚り合わせた複合生糸、あるいは天蚕生糸を芯糸として家蚕生糸で被覆したことを特徴とする異種生糸複合糸、すなわちカバード糸が製造できた。通常の煮繭処理された家蚕繭と天蚕繭の場合では、天蚕繭の繰糸張力が家蚕繭の繰糸張力よりも大きくなるために、家蚕生糸に比べて、天蚕生糸が芯糸となりやすい。
【0012】実施例5また、家蚕繭は通常煮繭の温度と時間で処理し、天蚕繭を所定の高温で、長時間の煮繭処理した場合には、供給糸付与張力の調整により、家蚕生糸を芯糸として天蚕生糸で被覆したことを特徴とする異種生糸複合糸、すなわちコア糸あるいはカバード糸が製造できた。ここで、天蚕繭を90℃以上の高温で、30分間以上の煮繭処理した場合に前記異種生糸複合糸、すなわちコア糸が製造できるが、95〜100℃・40〜60分間の煮繭処理した場合に、最も良好な被覆状態をもつコア糸が得られた。しかし、前記煮繭の温度と時間の範囲以外では、前記異種生糸複合糸、すなわちカバード糸が製造できた。
【0013】実施例6さらに、家蚕繭および天蚕繭ともに、所定の高温で長時間煮繭、特にここでは家蚕繭:45〜60℃・4〜8分間、天蚕繭:95〜100℃・40〜60分間処理した場合には、供給糸付与張力の調整によらず、家蚕生糸を芯糸として天蚕生糸で被覆したことを特徴とする異種生糸複合糸、すなわちコア糸あるいはカバード糸が製造できた。繭糸の繰糸張力は、蚕種と煮繭状態による1粒当たりの解じょ張力、ならびに粒付け数(あるいは繊維含有割合)によって変化するために、鞘糸用あるいはカバリング糸用繭糸の繰糸張力と比べて、供給糸用あるいは芯糸用繭糸の繰糸張力が常に大きくなるように、所定の張力付与手段を併用することで、より良好な被覆状態をもつ異種生糸複合糸が製造できた。なお、前記した所定の温度および時間で煮繭処理した場合、1粒当たりの解じょ張力は、天蚕繭1.0〜2.0gf、家蚕繭2.0〜3.0gfであった。
【0014】実施例7前記実施例5と6に示した製造方法において、家蚕繭および天蚕繭の繊維含有割合が、所定の範囲内、すなわち家蚕/天蚕の繊維含有割合:およそ20/80%から40/60%では、前記異種生糸複合糸、すなわちコア糸が製造できた。すなわち、第4図に示した異種生糸複合糸の横断面電子顕微鏡写真の一例において、偏平な二等辺三角形の断面形状をもつ天蚕繭糸群が、正三角形に近い断面形状をもつ家蚕繭糸群、あるいは家蚕生糸を、完全に包み込んだ芯鞘状の二層構造で、きちんとセリシン固着した状態が確認できた。
【0015】実施例8しかし、前記した家蚕と天蚕の繊維含有割合の範囲以外においては、芯糸を完全に被覆したコア糸ではない前記異種生糸複合糸、すなわちカバード糸が製造できた。すなわち、第5図に示した異種生糸複合糸の横断面電子顕微鏡写真の一例において、天蚕繭の繊維含有割合の少なさ、あるいは家蚕繭の繊維含有割合の多さのために、天蚕繭糸群が家蚕繭糸群を完全に包み込んだ芯鞘構造を得ることはできず、それ以外の糸構造、ここではアルファベット文字のC型様の二層構造となり、複合糸表面上に家蚕生糸は露出したが、きちんとセリシン固着した状態が確認できた。
【0016】実施例9一方、前記実施例4に示した製造方法において、機台中の両繭の繰解槽中に、ヒータ等の温度調整手段を備えることにより、家蚕繭あるいは天蚕繭を、所定の高温で、長時間処理した場合には、前記実施例5と6に示した製造方法と同じ結果となり、前記実施例7と8に示した異種生糸複合糸が製造できた。
【0017】実施例10前記実施例1および3に示した製造方法は、機台中の異なる複数の繰解槽を使用する場合であったが、単一の繰解槽を使用した場合であっても、同様な異種生糸複合糸を製造でき、特に前記実施例4および5の製造方法では、単一繰解槽の使用が簡便かつ有効な方法であった。また、上記単一繰解槽の使用にあたっては、異蚕種の繭群を金属製の小枠等を使用して、同一蚕種繭群に相互分離、特に芯糸用繭群を繰解槽の中心付近に配置することは、複合糸の構造上からもより有効な方法であった。
【0018】実施例11前記実施例1と3の製造方法を組合わせ、すなわち実施例1の方法で製造した複合生糸を、実施例3の方法における芯糸として供給することにより、異蚕種生糸を複数の層状に撚り合わせた多層構造複合生糸が製造できた。
【0019】本発明の製造方法および複合糸は、異蚕種生糸を使用するものであり、家蚕と野蚕のすべての品種に対して、応用することが可能であり、その組み合わせによっては、独特の光沢と風合いをもつ広範囲な新規複合生糸が安定的に製造できる。また、各蚕種の生糸を芯糸や鞘糸として、化学繊維や金属繊維、あるいは天然繊維等の多種な糸を目的に応じて組み合せた新規複合生糸、たとえば金属繊維を芯糸として家蚕生糸と一緒に撚り合わせた電磁波防止用複合生糸や炭素繊維と組み合せた特殊な複合生糸なども製造できる。さらに、従来の技術、たとえば交絡複合糸や複合生糸等の製造方法において、本法に示した所定の張力を付与するための張力付与手段(テンサ等)や繰解槽液温度調整手段(ヒータ等)を付設することにより、複合糸中での各糸径路を正確かつ簡単に調整できるために、より被覆状態の良好な交絡複合糸や複合糸等を安定的に得ることができる。
【0020】
【効果】本発明によれば、異蚕種生糸複合糸、すなわちコア糸あるいはカバード糸は、ともに天然素材である異蚕種生糸の組み合わせであるので、それぞれの生糸の特性や光沢、ならびに風合いを損なうことなく、また本来の糸強力を十分に発揮でき、相互に補完しあって独特の光沢と風合いをもつ新規複合生糸であるばかりではなく、たとえば天蚕・家蚕の異種生糸複合糸によれば、その外観形状は繊維のダイアモンドと呼ばれている天蚕生糸でありながらも、家蚕生糸の含有によってその性能が向上した糸を、安定的にかつ安価に製造できる。
【0021】
【出願人】 【識別番号】598136323
【氏名又は名称】松本 陽一
【識別番号】599021468
【氏名又は名称】財団法人上田繊維科学振興会
【出願日】 平成10年8月28日(1998.8.28)
【代理人】
【公開番号】 特開2000−73223(P2000−73223A)
【公開日】 平成12年3月7日(2000.3.7)
【出願番号】 特願平10−283232