トップ :: C 化学 冶金 :: C04 セメント;コンクリ−ト;人造石;セラミツクス;耐火物

【発明の名称】 コンクリ−ト面の塗装方法
【発明者】 【氏名】加藤 明宏

【要約】 【課題】本発明は、コンクリート材特に表面が緻密なコンクリ−ト材への付着性に優れ、長期にわたってコンクリ−ト材の素材感を失うことのない塗装方法を提供する。

【解決手段】コンクリ−ト材の表面を無機酸または有機酸溶液で処理した後、水洗、乾燥し、浸透性吸水防止剤を塗布し、さらにクリヤ−塗料を塗装することを特徴とするコンクリ−ト面の塗装方法。
【特許請求の範囲】
【請求項1】コンクリ−ト材の表面を無機酸または有機酸溶液で処理した後、水洗、乾燥し、浸透性吸水防止剤を塗布し、さらにクリヤ−塗料を塗装することを特徴とするコンクリ−ト面の塗装方法。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、コンクリ−ト面の自然の色を損なうことなく、長期にわたりコンクリ−ト面に耐久性の優れた保護皮膜を形成することが可能な、コンクリ−ト面の塗装方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】打ち放しコンクリ−ト、プレキャストコンクリ−ト、中空押し出し成形板等のコンクリ−ト材をそのまま仕上げ材として使用する工法が注目されている。このようなコンクリ−トは雨水により濡れ色になるとか、大気中の汚染物質により汚れたりするため外観が損なわれるなどの問題があった。かかる問題解決のためにイ)浸透性吸水防止剤と呼ばれるコンクリート材に浸透し発水性を与えるシラン化合物を塗布して、表面に雨水が浸み込むことを防止する方法、ロ)クリヤ−塗料あるいはカラ−クリヤ−塗料を塗装する方法、ハ)浸透性吸水防止剤を塗布してからクリヤ−塗料あるいはカラ−クリヤ−塗料を塗装する試みがなされてきた。しかしながら、イ)の方法は耐久性の面で問題があり、ロ)の方法はコンクリ−ト材のヘア−クラックから雨水が入り込んでコンクリ−ト面が濡れ色になったり、コンクリ−トの保護機能が低下する、ハ)の方法はイ)、ロ)の工法に比べて優れた工法である。しかしながら、近年コンクリ−ト打ち込み用の型枠に塗装合板枠、プラスチック型枠、金属型枠等の吸水性のない素材が使用されるようになり、コンクリ−トの硬化時に型枠面に接するコンクリ−ト材表面の表層が相対的にカルシウム成分が多く、ケイ素成分の少ない緻密なコンクリ−ト材面ができやすくなっている。この緻密なコンクリ−ト材面は浸透性吸水防止剤や塗料の付着性が不充分であり、短期、長期的に素材から剥離するという問題があった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明者は、このような現状に鑑み、コンクリ−ト材特に表面が緻密なコンクリート材への付着性に優れ、長期にわたってコンクリ−ト材の素材感を失うことのない塗装方法を鋭意検討し、本発明に至ったものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】すなわち本発明は、コンクリ−ト材の表面を無機酸または有機酸溶液で処理した後、水洗、乾燥し、浸透性吸水防止剤を塗布し、さらにクリヤ−塗料を塗装することを特徴とするコンクリ−ト面の塗装方法に関するものである。以下本発明を詳細に説明する。
【0005】
【発明の実施の形態】本発明において使用される無機酸、有機酸としてはリン酸、塩酸、硝酸、硫酸、スルファミン酸などであって、緻密なコンクリ−ト材表面をエッチングする効果を有するものを使用することができる。これらの酸は単独または二種以上を混合して使用することができる。これらの酸は通常水溶液の状態で用いられるが、コンクリ−ト材表面への濡れ性を良くするために水と相溶性のある溶剤、例えばアルコ−ル類、グリコ−ル類またはこれらのエステル、エーテル誘導体などの水溶性有機溶剤を併用することもできる。さらにコンクリ−ト材表面への浸透性を高めるために界面活性剤を添加することができる。
【0006】前記水溶性有機溶剤としてはメタノール、エタノール、n−プロピルアルコール、イソプロピルアルコール、エチレングリコール、プロピレングリコール、エチレングリコールモノメチルエーテル、エチレングリコールモノエチルエーテル、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート、ジエチレングリコール、グリセリン等があげられる。また界面活性剤としては、アニオン系界面活性剤、ノニオン系界面活性剤、両性イオン系界面活性剤等が使用可能である。これらの界面活性剤の市販品としてはパーソフトSL(日本油脂(株)製、商品名、アニオン系界面活性剤)、ノニオンNS−210(日本油脂(株)製、商品名、ノニオン系界面活性剤)、アノンBF(日本油脂(株)製、商品名、両性イオン系界面活性剤)等をあげることができる。
【0007】本発明の酸溶液の酸濃度、有機溶剤の量、界面活性剤の量は、特にこの工法の効果を大きく左右するものではなく、溶液が均一溶解可能な範囲であればよい。但し酸の濃度が高ければ少量の処理液で効果が出やすいが、コンクリ−ト材の表面の状態によっても効果に差が出るので一概に濃度を規定する必要はない。
【0008】本発明の酸処理後の水洗の方法としては特に限定されないが、過剰の酸等を除去するために高圧水洗が望ましい。水洗後コンクリ−ト材表面を乾燥させ表面水分が10%以下になったら、浸透性吸水防止剤を塗布する。乾燥方法としては通常自然乾燥法が用いられる。
【0009】本発明で用いる浸透性吸水防止剤としては、シリコーン系または非シリコーン系のいずれも使用することができるがシリコーン系が望ましい。シリコーン系の中でも、シリコネ−ト系、シラン系、低分子シロキサン系、高分子シロキサン系があるが、一般にはシラン系が効果の面から望ましい。浸透性吸水防止剤の塗布量は、コンクリ−ト材表面の粗密差により異なるが、一般的に1m2当たり50g〜300g/回を一回または二回塗りする。浸透性吸水防止剤の市販品としては例えばトスバリア100(東芝シリコーン(株)社製、商品名)、タイトシラン(東洋インキ製造(株)社製、商品名)、アクアシール200S(住友精化(株)社製、商品名)、KBM3103(信越化学工業(株)社製、商品名)などをあげることができる。
【0010】本発明の塗装方法においてはさらにクリヤー塗料を塗装する。クリヤ−塗料としては、特に限定されるものではないが、例えばコンクリ−ト表面の塗装用として通常使用されている溶剤形合成樹脂溶液(ワニス)をそのまま用いることができる。またこれに適宜、有機溶剤、体質顔料、艶消し剤、紫外線吸収剤、酸化防止剤、増粘剤、沈降防止剤等の各種添加剤等を配合せしめたものを用いることができる。また本発明のクリヤー塗料としては、前記クリヤ−塗料に更に酸化チタン等の着色顔料を配合せしめた、いわゆるカラークリヤー塗料をも包含する。クリヤ−塗料、カラ−クリヤ−塗料は、ウレタン系、フッ素系、アクリル系などの他、水系の合成樹脂を使用したものも使用可能である。また前記クリヤ−塗料、カラ−クリヤ−塗料の塗装だけでも良いが、更に艶有りもしくは、艶消しのクリヤ−塗料あるいはカラ−クリヤ−塗料を塗り重ねることも可能である。
【0011】本発明の塗装方法においては、まず酸溶液を打ち放しコンクリ−ト、プレキャストコンクリ−ト等のコンクリ−ト材表面に刷毛塗り、ロ−ラ−刷毛塗り、吹き付け塗り等で素材表面に塗装し、素材に十分吸い込ませて、エッチング処理を行った後、過剰の酸溶液成分を高圧水洗等で十分に洗い流し、コンクリ−ト材表面の水分が10%以下になるまで乾燥させてから、浸透性吸水防止剤を1m2当たり50g〜300g/回を一回または二回塗りする。浸透性吸水防止剤を乾燥させた後に、クリヤ−塗料あるいはカラ−クリヤ−塗料を乾燥膜厚が10〜50μmになる程度に塗装する。塗装方法としてはロ−ラ−刷毛塗り、吹き付け塗り等が望ましい。
【0012】
【実施例】以下本発明を実施例により更に詳細に説明する。なお、実施例中、部、%は重量基準で示す。
実施例1〜5水/セメント比45%(水/セメント重量比=45/100)、絶対細骨材率45%(細骨材/(細骨材+粗骨材)=容量比45/100)の組成物を硬質ポリプロピレン製の型枠に打ち込み、2日後に脱型しコンクリートを得た。これを1ヶ月後放置した後に供試体とした。表1に示した配合で5種の酸溶液を作成し、5個の上記供試体にそれぞれ刷毛で塗布した。その後16時間後に水洗し、24時間自然乾燥して、コンクリ−ト表面の水分が10%以下であることを確認した後、浸透性吸水防止剤を刷毛で70g/m2/回で3時間の塗布間隔を置いて2回塗りした。さらに16時間後にクリヤ−塗料あるいはカラ−クリヤ−塗料を所定のシンナ−で希釈して、乾燥膜厚が約30μmになるようにエア−スプレ−で塗装した。実施例3および実施例5では、さらに16時間後に、同様の方法で乾燥膜厚が約20μmになるように上塗を塗装した。用いた水洗方法、浸透性吸水防止剤、クリヤー塗料、カラークリヤー塗料を表2に示す。得られた試験体につき、1ヶ月自然乾燥させたものと、その後1年間屋外(横浜市)に曝露した後のものについて塗膜の付着性、外観を評価した。結果を表2に示す。なお試験方法は以下のとおりである。
【0013】付着性:JIS K 5400 8.5.2の碁盤目テ−プ法に準じて実施した。ただし、すきま間隔は、5mmとした。評価点数は、上記規格の表8および図52に準じて行った。ただし、素地の凝集破壊による剥離部分は評価の対象外とした。評価点数は高いほど付着性が良好であることを示す。外観:コンクリ−ト面の素材感、質感が損なわれていないかを目視により判定した。
【0014】
【表1】

【0015】表1の注(*1)日本油脂(株)製、商品名、非イオン系界面活性剤【0016】
【表2】

【0017】表2の注(*1)東芝シリコーン(株)製、商品名(*2)東洋インキ製造(株)製、商品名(*3)住友精化(株)製、商品名(*4)信越化学工業(株)製、商品名(*5)日本油脂(株)製、商品名、アクリルウレタン樹脂塗料(*6)日本油脂(株)製、商品名、アクリルシリコーン系樹脂塗料(*7)日本油脂(株)製、商品名、アクリルシリコーン系樹脂塗料(*8)日本油脂(株)製、商品名、フッ素樹脂塗料(*9)日本油脂(株)製、商品名、アクリルシリコーン系樹脂塗料(*10)日本油脂(株)製、商品名、アクリルシリコーン系樹脂塗料(*11)日本油脂(株)製、商品名、フッ素樹脂塗料【0018】比較例1〜5実施例に準じて、本発明の塗装方法の工程の一部を除いた塗装方法にて供試体を塗装し評価した。塗装方法と評価結果を表3に示す。
【0019】
【表3】

【0020】表2、3の結果から、本発明の塗装方法によればコンクリートに塗装した塗膜はきわめて優れた付着性、塗膜外観性を有していることがわかる。これに反し本発明の塗装方法の工程から、酸溶液処理またはその他の工程を用いない場合には塗膜の付着性、塗膜外観性が著しく劣ることがわかる。
【0021】
【発明の効果】本発明の方法により、コンクリ−ト材本来の素材感、質感を損なうことなく、特に素地に対する付着性に優れ、長期にわたりコンクリ−ト材表面に塗膜強度等に優れた保護皮膜を形成することが可能となり、実用的価値の高い方法である。
【出願人】 【識別番号】000004341
【氏名又は名称】日本油脂株式会社
【出願日】 平成10年6月10日(1998.6.10)
【代理人】
【公開番号】 特開2000−1384(P2000−1384A)
【公開日】 平成12年1月7日(2000.1.7)
【出願番号】 特願平10−161613