トップ :: F 機械工学 照明 加熱 武器 爆破 :: F02 燃焼機関;風力原動機,ばね原動機,重力原動機;他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの

【発明の名称】 内燃機関を用いた乗用車両の加速時燃料増量補正機構の改善と該装置の制御方法
【発明者】 【氏名】永冶 司

【要約】 【課題】乗用車両の、発進、停止を繰り返した時の低中速域燃費を向上させ排出ガスを低減させることを目的とし、内燃機関のより円滑な運転を得る。

【解決手段】スロットルと連動した電子制御機構を設け、ポンプ室圧力作動吸引弁を電磁弁に変更し独立制御する。また、機種ごとに異なる内燃機関回転数や特性に対し調整機構は、抵抗をボリュームダイヤルによる無段階調整として対応。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 内燃機関回転数と連動する加速時燃料増量補正制御機構。
【請求項2】 請求項1に関する制御方法。
【請求項3】 環方向、又は軸回転に関する電算機を用いない進退方向検出装置。
【請求項4】 請求項3に関する位相ズレ発生部の駆動構造及び材料。
【請求項5】 使用目的に応じた該装置のスイッチ機構に関して。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、内燃機関を用いた乗用車両の加速時燃料増量補正機構と該装置の制御方法及び利用、製造方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の加速時燃料増量補正機構は、ポンプ室の吸排側の各々は室内圧変動により作動するスチールボール弁を用いており、排出量は制御する構造となっていない。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来の加速時燃料増量補正機構は、構造上一度ポンプ室内に取り込まれた燃料は、内燃機関が増量燃料を必要としない回転域に達した後も、継続して停止位置まで作動するため、加速条件に関わりなく一定量の燃料が供給され燃費の悪化、排出ガス濃度、円滑な運転を阻害し該機構や主燃料供給装置の調整もより困難になる問題があった。また、未始動時にスロットルを操作すると該機構から燃料が排出され始動困難となる場合がある。
【0004】本発明は、吸引側弁を独立制御することで、発進、停止を繰り返した時の低中速域燃費を向上させ、排出ガスを低減させることを目的としておりさらに、既存車両への追加取り付けも容易である。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明の加速時燃料増量補正機構は、吸引弁を電磁弁に変更することで該機構の作動状態を停止させることなく、燃料排出行程のみを電気制御により終了させる機構とした。
【0006】さらに、排出行程終了後に該機構が継続作動状態にある時の余剰燃料は、フロート室に戻し燃費を軽減するため、排気ガス低減化にも寄与する。
【0007】吸引弁を電磁弁制御とすることで、電源の入らない状態でのスロットル操作に対し該機構は、燃料排出作業を行わないために始動性を阻害しなくなる。
【0008】機種ごとに異なる内燃機関回転数や特性に対し調整機構は、抵抗をボリュームダイヤルによる無段階調整として対応。また、排出終了位置に加えて、開始位置の制御も電子部品構成を換えることで可能となる。
【0009】本特許の進退方向検出装置は、現在位置を逐次計算監視することなく作動方向が確認できるため電算機を用いない。したがって安価で汎用性に富み、さらにスロットル進退方向を内燃機関回転数と連動することで、踏力の強弱に応じた燃料増量補正が自動的に可能となる。
【0010】機関回転数と連動させ、任意の回転数に達した時に排出を停止すると、強い踏力の場合はポンプ圧が高く排出量も多くなり、弱い踏力の場合はポンプ圧が低く排出量も少なくなる。
【0011】自動2輪等のスロットル操作を手で行う場合、操作機構に上下左右に余裕隙間が多いため進退方向検出装置は、隙間に左右されにくい機構とした。
【0012】また、該装置駆動機構は使用条件に合わせ、弾性体輪を環内側と外側のいずれかを組み合わせることができ、進退方向検出機構は、摺動抵抗を嫌う構造に対して近接センサーを用い、他はマイクロスイッチ等を使用する。
【0013】本装置は、ダイヤフラム式又は、プランジャータイプ式の形式を問わず利用できる。
【0014】電子制御優先順位設定は、正方向移動中は内燃機関回転数が設定位置に達するまで回転数信号が優先され通電する。設定位置を越えると、進、退どちらの信号が入力された場合でも無視され、再度設定回転数以下の進行方向移動の状態とならなければ装置に通電はしない。
【発明の実施の形態】
【0015】図1の実施例は、加速用燃料ポンプ加圧室の交換の手順である。予め取り外された主燃料供給装置の下部に設けられた組み付けている3本のビスを外し、電磁弁の組み込んだポンプ加圧室と交換する。
【0016】図2の実施例は、加速用燃料をポンプ加圧室(4)へ補充状態にある。この状態は、スロットルが戻っているため内燃機関回転数は下がり、進退方向検出信号は後退方向信号となって、電磁弁(2)の電気は遮断され開いている。スロットル弁駆動ドラムで押されていたプッシュロッド(5)はフリーとなり、ダイヤフラム弁(6)を介しリターンスプリング(7)の力で押し戻される。このとき、ポンプ加圧室の体積が増えるためフロート室(1)より燃料が補充される。
【0017】図3の実施例は、加速用燃料を主燃料供給装置内へ吐出状態にある。この状態では、スロットルが開き始め、方向検出信号は進行方向信号に変わり、電磁弁(2)は通電され閉じている。スロットル弁駆動ドラムで押されたプッシュロッド(5)はダイヤフラム弁(6)を押さえ始める。このとき、ポンプ加圧室(4)の体積が減少するため加速用燃料は吐出ノズルを通り、主燃料供給装置内に吐出され機関回転の上昇を助ける。
【0018】図4の実施例は、加速用余剰燃料をフロート室(1)内へ還元状態にある。この状態では、スロットルが更に開き、方向検出信号は進行方向信号のままであるが、機関回転数は加速用燃料を必要としない回転域に達したため、回転数優先の信号が入り電磁弁(2)の電気は遮断され開いている。スロットル弁駆動ドラムで押されたプッシュロッド(5)は、ダイヤフラム弁(6)を押さえポンプ加圧室(4)の体積は更に減少するが、排出側の通路よりも電磁弁が開いている吸引側の通路抵抗が小さいため、余剰燃料はフロート室に戻る。
【0019】図5の実施例は、進退方向検出装置の構成図である。本装置は、電気信号制御箱、固定軸(8)、回転軸(9)、浮動輪(10)によって構成され、浮動輪(10)は弾性体輪(11)の摺動抵抗により回転軸で駆動される。浮動輪にはガイドピン(12)が設けられ、作動範囲を規制すると同時に信号検出の接点の役目も果たす。
【0020】図6は、後退方向信号の検出行程である。スロットルを閉じた状態で浮動輪(10)は回転軸(9)により閉じ方向に駆動され、ガイドピン(12)が近接センサー(13)に最も近づいた状態となり、電気信号制御箱に信号を送る。送られた信号は後退方向信号として処理され、電磁弁(2)が開く。
【0021】図7は進行方向信号の検出方法である。スロットルを開いた状態では浮動輪(10)は回転軸(9)により開き方向に駆動され、誘導溝に沿ってガイドピン(12)が近接センサー(13)から離れた状態となり、電気信号制御箱に信号を送る。送られた信号は進行方向信号として処理され、電磁弁が閉じる。以上説明した機構により、スロットルがどの位置から動いても進、退方向に信号処理することが可能である。
【0022】図8,図9,図10は、目的別浮動輪の構造図である。(図8)は、摺動抵抗低減や取り付け隙間が多い等の理由により、制限がある場合の構造に対して弾性体輪(11)を浮動輪(10)外側に配し、近接センサー(13)を用いた場合の構造図である。弾性体輪収納溝の一部を切り欠き、その部分に弾性体輪(11)を露出させることで摺動抵抗を得る。(図9)は、主燃料供給装置、弁開閉軸に直接取り付ける小型仕様の構造図である。(図10)は、上記述の制限が緩い場合に、弾性体輪(11)を環内側に配し、マイクロスイッチ(14)を用いた場合の構造図である。
【発明の効果】本発明は、以上説明したように構成されているので以下に記載されるような効果を奏す。
【0023】発進加速時に、予めボリュームダイヤルで任意設定した機関回転数に達した後の余分な加速用燃料を、フロート室に戻すことによって発進、停止を繰り返した時の低中速域燃費を向上させ、排出ガスを低減させる。また、踏力の強弱に応じた燃料増量補正が自動的に可能となる。
【0024】(図1)ポンプ加圧室のみを交換することで、既存主燃料供給装置に容易に増設できる。
【0025】異なる内燃機関回転数や特性に対し調整機構を、ボリュームダイヤルによる無段階調整として対応しており、多機種への増設が計れる。
【0026】電算機を用いないため。安価で汎用性に富み、排出終了位置に加えて、開始位置の制御も電子部品構成を換えることで可能となる。
【0027】(図8)の浮動輪は、切り欠きの大きさや、弾性体輪の外径、線径、材質、大きさを調整することで相手の精度に合わせた摺動抵抗値を容易に得ることが出きる。
【0028】(図8)の浮動輪は、小型化や生産コスト低減が計れる。
【0029】本装置は、ダイヤフラム式又は、プランジャータイプ式の形式を問わず利用できる。
【出願人】 【識別番号】397045116
【氏名又は名称】株式会社ナグ・エスイーディ
【出願日】 平成10年(1998)3月4日
【代理人】
【公開番号】 特開平11−247718
【公開日】 平成11年(1999)9月14日
【出願番号】 特願平10−71411