トップ :: B 処理操作 運輸 :: B09 固体廃棄物の処理;汚染土壌の再生

【発明の名称】 重金属汚染地盤の安定化処理方法
【発明者】 【氏名】近藤 司
【氏名】熊本 進誠
【氏名】辻 哲
【課題】重金属で汚染された地盤に連続壁を構築する場合において、連続壁自体から重金属が溶出しないようにした重金属汚染地盤の安定化処理方法を提供する。

【解決手段】工場跡地等重金属で汚染された地盤に連続壁を構築する場合において、攪拌翼を備えた掘削機で所定の深さに掘削すると共に、重金属固定化剤を添加したセメントスラリーを吐出し、前記攪拌翼を介して原位置土壌と混合する。重金属固定化剤は、土壌中に含まれる重金属類と反応して不溶な有機化合物を形成し安定化させる化学薬剤である。
【特許請求の範囲】
【請求項1】工場跡地等重金属で汚染された地盤に連続壁を構築する場合において、攪拌翼を備えた掘削機で所定の深さに掘削すると共に、重金属固定化剤を添加したセメントスラリーを吐出し、前記攪拌翼を介して原位置土壌と混合することを特徴とする重金属汚染地盤の安定化処理方法。
【請求項2】重金属固定化剤は、土壌中に含まれる重金属類と反応して水に不溶な有機化合物を形成し安定化させる化学薬剤である、請求項1記載の重金属汚染地盤の安定化処理方法。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、重金属汚染地盤の安定化処理方法に関する。
【0002】
【従来の技術】工場跡地等重金属で汚染された地盤に施工する場合、その地盤の周囲に連続壁を構築して汚染土壌を閉じ込める手段が採られている。この種の連続壁を構築するには、従来RMW工法(Rectangular Soil Mixing Wall)、SMW工法(Soil Mixing Wall)等が知られている。RMW工法は、図3() に示すように攪拌翼Aを備えた掘削機Bを複数個横に配設して同時に掘削し、プラントにより混練したセメントスラリーをグラウトポンプにより圧送し、攪拌翼Aのヘッドの先端より地盤へ注入し、原位置土壌と攪拌・混合し、その中に鋼矢板等の止水応力負担材(図略)を挿入し、() のような壁厚一定の矩形壁Cを連続的に構築するものである。前記SMW工法は、RMW工法と掘削機が多少異なるとはいえ、安定材としてセメントスラリー又はセメントモルタルを使用し、原位置の土壌に添加し、攪拌翼で攪拌混合して地盤を固結し、連続壁を構築する点で類似している。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】重金属で汚染された地盤に連続壁を構築する場合、前記のようにセメントスラリーと汚染土壌が混合されて連続壁が構築されることになるが、セメントスラリーはセメントとベントナイトの混合物であるため、せっかく連続壁で汚染地盤を取り囲んでも連続壁自体からの重金属の溶出が起こる可能性があり、所期の目的を達成できない問題点がある。
【0004】本発明は、このような従来の問題点を解決するためになされ、重金属で汚染された地盤に連続壁を構築する場合において、連続壁自体から重金属が溶出しないようにした重金属汚染地盤の安定化処理方法を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】前記の目的を達成するための手段として、本発明は、工場跡地等重金属で汚染された地盤に連続壁を構築する場合において、攪拌翼を備えた掘削機で所定の深さに掘削すると共に、重金属固定化剤を添加したセメントスラリーを吐出し、前記攪拌翼を介して原位置土壌と混合することを要旨とする。又、重金属固定化剤は、土壌中に含まれる重金属類と反応して水に不溶な有機化合物を形成し安定化させる化学薬剤であることを要旨とする。
【0006】
【発明の実施の形態】以下、本発明をRMW工法に適用した実施の形態を添付図面に基づいて詳説する。図1() 、() は、重金属で汚染された地盤に連続壁1を構築して汚染土壌2を取り囲んだ状態を示す概略図である。先ず、この連続壁1を構築する前に汚染土壌2の土壌調査を行う。
【0007】次に、従来と同様に攪拌翼を備えた掘削機により掘削を開始し、所定の深さまで掘削する。掘削後、攪拌翼のヘッドの先端からセメントスラリーを吐出するが、本発明の場合はそのセメントスラリーに重金属固定化剤を添加してある。
【0008】前記重金属固定化剤としては、例えばキレート化合物等が挙げられる。これらの化学薬剤は、土壌中に含まれる水銀、カドミウム、銅をはじめとする各種の重金属と強力に結合することで、水に不溶な有機化合物を形成する。又、重金属の再溶出がないので二次公害の問題もない。
【0009】前記重金属固定化剤は、調合プラントのスラリーミキサー(図略)でセメントスラリーを混練する際に、図2に示すように薬液タンク3からダイヤフラムポンプ4によりタイマー操作で適量添加される。
【0010】重金属固定化剤の添加量は、土壌中に含まれる重金属の量により異なるが、例えば処理土壌1m3 当り次のような配合例を採用する。

【0011】重金属固定化剤を添加したセメントスラリーが吐出されると、前記攪拌翼により掘削孔中の原位置土壌と良く混合され、重金属固定化剤は全体に行き渡り、土壌中の重金属と強い化学反応を起こす。この結果、原位置土壌中の重金属は、前記のように不溶性の有機化合物となって掘削孔中に閉じ込められる。
【0012】この後、攪拌翼を回転しながら掘削機を引き抜き、一定の時間を待って鋼矢板等の止水応力負担材(図略)を掘削孔中に挿入し、掘削孔中のセメントスラリーを固化させることにより一定厚の矩形壁を形成し、且つこのような作業を横方向に連続させることで前記連続壁1を構築し、汚染土壌2を取り囲む。前記化学薬剤の添加は、連続壁1の強度等に影響を与えず、重金属で汚染された土壌を用いての実験で、重金属の不溶化効果は確認済みである。
【0013】このようにして構築された連続壁1は、構築後に重金属が溶出することはなく、つまり連続壁1自体からの溶出が皆無であり、隣接地への重金属汚染を確実に防止することができる。又、連続壁1の構築時に地上に上がってくる余分の土壌混合物も重金属の溶出が無いため、基準(金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める総理府令:昭和48総令5)に適合すれば、その余分の土壌混合物を建築汚泥として廃棄することが可能である。
【0014】尚、本発明は、CDM工法(Cement Deep Mixing Method)にも適用でき、連続壁1で囲まれた汚染土壌2全体を、前記重金属固定化剤で処理して汚染土壌2中に含まれる重金属を不溶化処理することも可能である。この場合は、前記CDM工法で行い特に公知のブロック式を採用することが望ましい。他の様式に比べて改良容積が大きいからである。又、連続壁1は汚染土壌2の囲い壁としてのみならず、山留め壁や止水壁等として広く適用することが可能である。
【0015】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、重金属で汚染された地盤に連続壁を構築する場合において、セメントスラリーに重金属固定化剤を添加したので、汚染土壌中の重金属を不溶性の有機化合物に変えて連続壁中に閉じ込めることができ、これにより連続壁の内側から外側への浸出を防止すると共に、連続壁自体からの重金属イオンの溶出を防ぎ、隣接地への重金属汚染公害を確実に防止する効果を奏する。又、重金属固定化剤は、セメントスラリーの混練の際に適量添加するだけで良いので処理方法が極めて簡単であり、従来の連続壁工法でそのまま施工でき、二次公害の心配もない等の実用上優れた効果を奏する。
【出願人】 【識別番号】000002299
【氏名又は名称】清水建設株式会社
【出願日】 平成9年(1997)6月16日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】柳田 良徳 (外1名)
【公開番号】 特開平11−5074
【公開日】 平成11年(1999)1月12日
【出願番号】 特願平9−158573